teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


ホームページ公開

 投稿者:茶屋工事のぶまろ  投稿日:2010年10月15日(金)18時56分35秒
   ようやく、芦屋市茶屋之町自治会のホームページを、試作段階から、(準)公開版へグレードアップできました。
 今後とも、よろしくお願いいたします。

http://homepage3.nifty.com/ashiya/chaya/

 
 

Re: ユニバーサル・モデル地区に

 投稿者:A.チャヤーノフ  投稿日:2009年 4月 7日(火)13時17分28秒
  > No.10[元記事へ]

たより編集部さんへのお返事です。

 期待しています。
 

ユニバーサル・モデル地区に

 投稿者:たより編集部  投稿日:2009年 4月 4日(土)14時50分0秒
編集済
  ★★★
 茶屋之町が【ユニバーサル社会づくり実践モデル地区】に指定されました。

 既報の通り、芦屋市「交通バリアフリー工事」が阪神芦屋駅および市役所周辺で既に始まっておりますが、これに関連して「だれもが暮らしやすい社会」となるよう、一歩進んだ町づくりを目指して「ユニバーサル社会づくり実践モデル地区」として、兵庫県が公光町、大桝町、茶屋之町を指定しました。

 この「まちづくり」を支援するための協議会が設置され、21年度から5年間で実施する内容を検討しております。当面、『まちの案内システムづくり』、『駐車・駐輪対策等、まちの課題の解消』といったソフト施策の具体化から始める計画を策定しました。

 住民の皆様方の生活に密接な関係がありますので、今後会議の内容を皆様方に報告し、ご意見をいただきたいと思います。 <たより11号から>
 

21年度自治会費と資源回収ご報告

 投稿者:たより編集部  投稿日:2009年 4月 4日(土)14時36分33秒
   資源回収金額が順調であれば自治会費を下げたいと考えておりましたが、昨秋以降不況の影響を受け、今年2月度より業者による買取単価が大きく下落するため、21年度は残念ながら据置きを考えております(総会で検討予定)。申し訳ありませんが引き続き資源回収のご協力お願いします。

 また、今年度の実績は以下の表の通りです。業者による買取価格が10月にアルミ缶が下がり、2月以降新聞は1円/㎏(旧価格2円)、雑誌0.5円(同1円)、段ボール0.5円(同1円)、アルミ30円(同40円)に下がります。 <たより11号から>
 

あっ、これは僕では?

 投稿者:W林 N和  投稿日:2009年 3月30日(月)04時21分48秒
   この画像は最近取り沙汰される「 Google Street View 」に写されてしまっていた僕とわが家の写真です。ご覧の通りの荒れ放題の駐車場は、震災後の立ち直りの遅れを物語っています。何気に、ストリートビューで自分の家を見ていると、自分が登場していることに気がついてビックリ。
 写真の状況から大凡の撮影日時を特定することもできます。
 しかし、まったく気がつきませんでした。360度パノラマ写真を撮りながら、道路をゆっくりと進んでいたのなら、カメラの様子など目立つはずと思っていたのですが、いやはや、僕とした事が。巧妙にお仕事をされてたんですね。貴重なワンショットと思い、パソコン画面を保存させてもらいました。
 今は、舗装をしてコインパーキングに変身。ご近所様にはたいそうご迷惑をおかけし、ご辛抱をいただいている今日この頃です。
 ストリートビューは確かに、便利です。そこに行かずとも、目的地近辺の様子を知ることができます。表札など個人情報に関わるものはボカシがかけてあります。また、問題があれば通知すると、対応してもらうことも出来るようです。しかし、洗濯物もはっきり写っていたりすると、ちょっとどうかしら、という気にもなりますね。

 インターネット発達の過渡期の今日、いろんなアイデアで、いろんな可能性を追及すること自体は、賛成なのですけれども……。
 

精道小学校「さくひん展」

 投稿者:自治会特命係  投稿日:2009年 3月18日(水)10時52分13秒
編集済
   昔は図工展といっていましたが、つい先日、鑑賞してきました。
児童数が千数百名だった時代は、画用紙を並べて貼りだすだけで精一杯だったのですが、近頃は、広い体育館の空間をふんだんに使って、毎回新たな展示法に挑む事が出来るようになりました。
 かつては、誰それさんの作品と我が子のものを見比べるのが、親の視点だったかも知れませんが、展示会場全体の美の空間演出を味わうべきレベルに変わっているようです。ですから余計に、毎年の企画が、苦労の多いものになってきているんでしょうねぇ。個々の児童の図画工作の能力よりも、指導する図工の先生の力量が、量られているのかもしれない。大変だな、と思いました。
 

AED・救命講習会

 投稿者:自治会特命係  投稿日:2009年 3月18日(水)10時49分47秒
   ご町内の有志の集いにて、「救急救命講習会」が行われました。心肺蘇生法の実習から、最近見かけるようになったAED装置の使用法まで、倒れている人を見かけたときの緊急の対処の仕方を学びました。
 ともかく、救急車が来るまでは、ひたすら胸部圧迫を続ける事が最も肝要ということが、よくわかりました。
 実は僕も2度、救急車のお世話になったことがあります。友達との飲み会で飲みすぎて倒れる人が出ても、とりあえず命の保証だけは確保しておきたいものです……。

▼懸命に胸部圧迫をやって、やってる方が倒れそうになるくらい真剣勝負です▼
 

立秋の夕暮れのキノコ雲

 投稿者:自治会特命係  投稿日:2009年 3月18日(水)10時45分0秒
   の暑い暑い日々の中、ふと夕闇迫る頃に、大空に姿を現すこんな巨大なキノコ雲。高校時代から気象予報士を気どっていた僕には、夏の終わりを教えてくれるひとつのサインのように見えるのです。でも8月9日のことだったので、大阪に原子爆弾が落ちたらこんなふうに見えるんだろうなぁ、という不謹慎な想像力も働いてしまいました。
 大阪といえば今月中に、阪大歯学部病院に、准教授の慰問(受診)に行ってみるつもりでいます。また写真レポートしますから。
   市内茶屋之町の国道2号線で写す
 

星出さん、いよいよ宇宙へ!

 投稿者:自治会特命係  投稿日:2009年 3月18日(水)10時41分47秒
   少年時代の夢を持ち続け、ついにそれを実現する、というのは、これもまた人生の幸福であることはまちがいありません。
 宇宙開発事業団飛行士の星出彰彦さん(39)をご紹介します!!

 星出さんは今から5年半ほど前、ゲスト・ティーチャーとして母校にお招きし、子どもたちに夢を語って下さいました。小学生からは熱狂的な歓迎を受けるという一大イベントがあったのです。プロデューサーはヤマセン老師でした。幸運にも、星出さんにお出会いし、歓談のひとときをいただく機会に恵まれました。その時の写真です。老師写す。
 スペースシャトル・ディスカバリー号は、日本時間で6月1日、7人の飛行士を乗せ、打ち上げ。初ミッションとなる星出さんは、日本の実験棟「きぼう」の増築作業に挑まれます。今後の報道が楽しみです。

 ひたすら地上勤務が続き、JAXAの営業活動に専念して、初フライトの日が来る事を待ち続けてこられた甲斐があったというものですね。
 初めてお会いした時は、小柄で軽量な方との印象をもっていましたが、最近のロケットエンジンのパワーには余裕があるようで、あまり体重を気にしなくても良くなったようです。これなら僕も、同乗できそうですねぇ。
 2002年秋に来芦された宇宙飛行士一行は、阪神電車で帰路につきました。
 初ミッションの成功と、無事のご帰還を祈ります。「今度は月面で会いましょう」といってお別れしたのも、案外、実現してしまうかも知れません…。  投稿日:2008年 5月 9日(金)
 

春の虹

 投稿者:自治会特命係  投稿日:2009年 3月18日(水)10時37分58秒
   近頃、遅ればせながら、ケータイをツーカーからauに切り替えて、新しい電話機を手にしました。デジカメ機能がついていることに気が付いて、こんなん使うもんか、とタカをくくっていましたが、持ち歩いていると、思わぬシャッターチャンスに遭遇するもんですね。2008年3月31日に、東の空に突如、虹を発見。思わずマンションの屋上に上がって撮ったのがこの一枚です。カメラ小僧の復活第1号作品です。  

誰ですか! 松の木を切ったのは!!

 投稿者:自治会特命係  投稿日:2009年 3月18日(水)10時34分21秒
編集済
   5年程前の130周年式典の様子です。
われらが恩師は、中庭の松の木を1本伐採し、大きなバウムクーヘンをお作りになりました。そして、一生懸命、定規を当てて松の木の年輪を数えられました。
 その数、約150本。
 これで、精小の古い歴史を物語る物証が、またひとつ出来ました。

 ところで、この松の木は、どーなってしまったんでしょうか? ご安心ください。立ち枯れして危険になったものを伐採した際に、スライスしてもらったものなのです。
 新校舎の建築でさらに、3本ほど、やむなく、老松が伐採されました。それでベンチを作ったりして、無駄にならないようにしているとのことです。

 さて、恩師の持論は、精小校地の松は、天然のものではなくて、学校の建築の時に植栽したものだということでした。明治19年の時点で、樹齢30年を越える大きな木を、植えたのかどうか。議論の分かれるところです。

 この写真は、あなたのPC上の画像を、掲示板に貼り付けることができるかどうか、実験するためにアップしました。簡単な操作でWeb上に画像ファイルを送ることができて、みんなに見てもらえるとすれば、大変、便利な機能です。  どうやら、うまくいったようですねぇ。
 

teacup.掲示板 START!

 投稿者:teacup.運営  投稿日:2009年 3月18日(水)10時23分53秒
  掲示板が完成しました!
掲示板のデザイン変更や記事の削除などは管理者メニュー(管理画面)から行えます。
また、ケータイでは50種類以上のデザインテンプレートが選べますので、ぜひケータイからのご利用もお試しください。(※ケータイ版も同じURLでご利用になれます!)

teacup.の掲示板はお一人様いくつでもご利用になれますので、用途に合わせて掲示板を作成して下さい。※この記事を削除してご利用下さい。
【記事の削除方法】
・掲示板下部の管理者メニュー(管理画面)からログイン
・左メニューより「投稿の管理」をクリック
・削除したい記事にチェックを入れ「削除」をクリック

http://www.teacup.com/

 

レンタル掲示板
/1