teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 5月30日(火)07時15分44秒
返信・引用
  市場スケジュール(国内)

4月労働力調査・有効求人倍率(8:30)
4月家計調査(8:30)
2年国債入札

市場スケジュール(海外)

米4月個人所得・個人支出(21:30)
米3月S&Pケース・シラー住宅価格指数(22:00)
米5月CB消費者信頼感指数(23:00)
米5月ダラス連銀製造業活動(23:30)
休場:香港(ドラゴンボートフェスティバル)

日本市場の主な決算発表銘柄社数  3件

菱洋エレクトロ (8068) スリープロG (2375)

------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 
 

本日の東京市場概況

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 5月29日(月)16時00分54秒
返信・引用 編集済
  東京市場・本日(2017.05.29)の結果  小幅続落 !    嫌になっちゃう~

            始値       高値      安値     終値
☆日経平均          19697.18     19736.62    19627.19   19682.57(-  4.27)
☆TOPIX         1569.93      1575.05     1566.41    1570.21(+  0.79)
☆JPX400         13999.46     14040.36    13961.21   13996.49(-  1.33)
☆東証一部出来高      12.75億株
☆東証一部売買代金   17928億円
☆騰落銘柄数         値上り    933,   値下り    942,   変らず    138,
     ※為替は18:30以降に表示しています。
☆東京為替(ドル/円)     111.30      111.47     111.17      111.28(-  0.04)
          (ユーロ/円)     124.30      124.49     124.23      124.27(-  0.27)
☆騰落レシオ   (警戒水域 70.00%以下、130.00%以上)     140.71%(-  1.43)
☆RSI       (警戒水域  30.00%以下、 70.00%以上)      43.00%(+  1.80)
☆東証1単純平均                                       2793.36円(+  1.60)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底値ゾーン)
          N225    ●●○●●○○●○○●●    5勝 7敗   41.67%(-  8.33)
          TOPIX   ●●○●●○○●○○●○    6勝 6敗   50.00%(   0.00)
          JPX400  ●○○●●○○●○○●●    6勝 6敗   50.00%(-  8.33)

東京株式・為替市場コメント
【東京株式概況】29日の東京株式市場で日経平均は小幅に続落した。北朝鮮が29日早朝に弾道ミサイルを発射したと伝わり、地政学リスクを警戒する売りに押された。売り一巡後は好業績の中小型株に押し目買いが入って、小高く推移する場面が目立ったが、大引けにかけては売りが優勢だった。29日は米国がメモリアルデーの祝日で休場のほか、ロンドン市場や中国本土市場も休場で、市場参加者は少なかった。株式市場では「積極的に上値を追う動きはみられなかった一方、好業績の内需関連株には資金が流入した」との声が聞かれた。米国でトランプ大統領の娘婿のクシュナー上級顧問とロシアとの関係を巡る疑惑が浮上するなど、海外発の不透明要因がくすぶっていることも日本株相場の重荷となった。JPX日経インデックス400は続落、TOPIXは小反発した。

市場からは「外国人投資家の売買が細り、経済指標の発表も控えており、様子見の状態だ。ただ、北朝鮮リスクや『ロシアゲート』問題などの不安材料に対してはあまり気にしていないようだ。足元の景況感が良く、そのあたりを踏まえてのことだろう」との声が聞かれた。

業種別では、新日鉄住金<5401>、JFE<5411>、神戸鋼<5406>などの鉄鋼株や、郵船<9101>、川崎汽<9107>などの海運株が軟調。鉱業株では、国際帝石<1605>が安い。個別では、公募増資および株式売り出しのM&Aキャピ<6080>が大幅安。新日無<6911>、オオバ<9765>、エムアップ<3661>、アルビス<7475>などの下げも目立った。

半面、任天堂<7974>、ピジョン<7956>などのその他製品株が上昇。コカ・コーラ<2579>、JT<2914>などの食料品株や、ファストリテ<9983>、ドンキHD<7532>などの小売株も堅調。個別では、GMOクラ<3788>が一時ストップ高となり、スマートガスメーター関連のアイエスビー<9702>も大幅高(前場は一時ストップ高)。第2四半期(16年11月-17年4月)の連結決算で営業利益26.8%減も自社株買いを決めたHIS<9603>や、CDS<2169>、クレスコ<4674>、ローツェ<6323>などの上げも目立った。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 5月29日(月)07時22分54秒
返信・引用 編集済
  本日の外資系動向                

  売り :      410万株      91億円
  買い :     400万株      87億円
  -------------------------------------
  差引 :     -10万株      -4億円

※外資系動向は業界関係者からヒアリングした非公式な情報です。

本日の株価材料(国内)

日経産業
・NTN<6472.T>が風向き問わず効率発電する製品投入
・ダスキン<4665.T>が住宅補修サービスを開始
・東洋紡<3101.T>が包装用フィルムで東南ア開拓

日刊工業
・日産自<7201.T>が新設計手法採用車の生産台数引き上げ
・高砂熱<1969.T>がビルエネルギー管理で気象予報データ活用
・UMCエレ<6615.T>が生産技術など3部門で開発人材5割増

本日のNY市場(2017.05.29)は休場    メモリアルデー

本日の上海市場(2017.05.29~30)は休場    端午節
 

おはようございます(NY市場)

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 5月27日(土)07時58分18秒
返信・引用 編集済
  NY市場・前日(2017.05.26)の結果  小幅反落 !   嫌になっちゃう~

             Farst       High        Low         Last
☆NYダウ          21070.15    21092.82    21050.49    21080.28(-  2.67)
☆S&P500          2414.50     2416.68     2412.20     2415.82(+  0.75)
☆NYナス           6207.04     6211.52     6196.66     6210.19(+  4.94)
☆CME225先物(円ベース)   19810       19810       19590       19705(-  5.00)
    ※CME225先物は円建てであり、前日比は前日の大証日中終値比を記載
☆NY為替(ドル/円)    111.84      111.85      110.88      111.31(-  0.53)
☆原油先物(WTI)        48.75       49.86       48.18       49.80(+  0.90)
☆NY金先物(Gold)     1258.60     1272.70     1256.20     1271.40(+ 11.60)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底1値ゾーン)
        NYダウ     ●●○●●○○○○○○●   7勝 5敗    58.33%(   0.00)
        ナスダック     ●○○○●○○○○○○○  10勝 2敗   83.33%(   0.00)

※中国上海指数       3101.29    3120.66     3100.39     3110.06(+  2.23)
     サイコロジカル      ○○○○●●○●●○○○  8勝 4敗    66.67%(+  8.33)

NY株式・為替・商品市場コメント
【NY株式概況】26日の米株式市場でダウ平均は小幅ながら反落し、前日比2.67ドル安の2万1080.28ドルで終えた。29日がメモリアルデーの祝日で3連休のため薄商いで方向感に乏しい展開だった。前日まで6日続伸した反動で目先の利益を確定する目的や買い持ち高を手じまう売りがやや優勢だった。もっとも、市場予想を上回る米経済指標の発表が相場を支え、下値は堅かった。ホームセンターのホーム・デポが下げ幅を広げ相場の重荷となった。前日に急落し、1バレル50ドル台を割った原油相場の戻りが鈍かったため石油のシェブロンやエクソンモービルなどが売られたのも指数を押し下げた。一方、朝方発表の1-3月期GDP改定値が前期比年率で1.2%増と市場予想(0.8%増)以上に上方修正され、米景気の回復を期待した買いも入った。連休前とあって市場参加者は限られ、方向感は乏しかった。ナスダックは小幅ながら7日続伸し、前日に続いて最高値を更新した。前日比4.937P高の6210.194Pで終えた。機関投資家の多くが運用の参考指標とするS&P500種株価指数も小幅に7日続伸し、3日連続で最高値を更新した。
【CME225先物(円ベース)】日経平均先物は反落した。6月物は前日比105円安の1万9705円で終え、大阪取引所の終値を5円下回った。円相場の上昇が売りを誘った。朝方に円が1ドル=110円台に上昇した場面で売りが膨らみ、6月物は一時1万9590円まで下げた。その後は円が伸び悩むにつれ下げ幅を縮めた。3連休を控えた持ち高調整目的の動きもみられた。この日の6月物の高値は1万9810円。推定売買高は3万9148枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)。
【NY為替(ドル/円)】NY外国為替市場で円相場は反発した。前日比50銭円高・ドル安の1ドル=111円30~40銭で取引を終えた。日欧市場で円高・ドル安が進んだ流れを引き継いだほか、米長期金利の低下で日米金利差の縮小を見込んだ円買いが入った。ドルが英ポンドに対して上昇すると、ドル買いが対円にも広がり上値が重くなった。朝方は原油安を受けたリスク回避目的の円買いが日欧市場から続き、一時110円98銭に上昇した。米金融政策の正常化が緩やかに進むとの見方から米長期金利が低下したのも円の支えだった。メモリアルデーの祝日を含む3連休前とあって商いが盛り上がりを欠いた。ドルが英ポンドに対して買われると円もドル買いに押され、上げ幅を縮小した。前日公表の英世論調査によると、支持率でメイ首相の与党・保守党と最大野党・労働党の差が縮まった。6月8日の総選挙の結果次第で英政治の不透明感が強まりかねないとの見方が英ポンド売りを誘った。ポンドはドルに対して1ポンド=1.2775ドルと4月下旬以来ほぼ1ヶ月ぶりの安値を付けた。ドル買いの圧力が円にも波及し、円は一時111円43銭まで売られた。米経済指標は強弱入り交じる内容となり、外為相場の反応は限られた。1-3月期のGDP改定値は前期比年率換算で1.2%増と速報値から0.5P上方修正され、4月の耐久財受注額は前月比0.7%減った。「GDPの上方修正は先行きの景気持ち直しの勢いを示唆する一方、耐久財受注の低迷は不安材料」との見方が多かった。日米欧7カ国は26~27日にイタリアでサミットを開いている。初参加したトランプ米大統領は各国に公平な貿易条件を求めたと伝わったが、円相場の反応は乏しかった。
【NY為替(ユーロ/円)】円は対ユーロで3日ぶりに大幅反発し、前日比1円の円高・ユーロ安の1ユーロ=124円30~40銭で取引を終えた。対ユーロで下落が続いたため、持ち高調整を目的とした円の買い戻しが入った。円がドルに対して上昇し、ユーロに対しても円買いが優勢になった面もあった。
【NY原油先物】NYMEXで原油先物相場は3日ぶりに反発した。WTIで期近の7月物は前日比0.90ドル高の1バレル49.80ドルで取引を終えた。前日に急落した反動で、原油先物には短期的な反発を見込んだ買い戻しが優勢だった。OPECは25日の総会で、6月末に期限を迎える協調減産を2018年3月まで延長することで合意した。ただ、一部で期待された減産幅の拡大が見送られたことなどから25日の原油先物相場には売りが膨らんだ。市場では「(決定内容への失望というより直前に市場の期待を高めた)OPECの対話方法のまずさ」が急落の背景との指摘があった。米原油在庫の過剰感が一服し、サウジアラビアは米国向け輸出をさらに減らす意向。「産油国による協調減産は効果を発揮しつつある」といい、この日は一転、原油先物を買い戻す動きが優勢になった。米石油サービス大手ベーカー・ヒューズが午後に発表した米石油掘削装置(リグ)の稼働数は19週続けて増えた。ただ増加数が前の週から鈍化したこともあり、相場の反応は限られた。ガソリンは4日ぶり、ヒーティングオイルは3日ぶりにそれぞれ反発した。
【NY金先物】NY金先物相場は続伸した。COMEXで取引の中心である6月物は前日比11.7ドル高の1トロイオンス1268.1ドルで終えた。テロへの懸念や保護主義的な貿易政策の広がりへの警戒感から、現物の裏付けがあり安全資産とされる金に投資資金が流入した。午後の時間外取引で一段と買われ、一時1269.3ドルと1日以来ほぼ4週ぶりの高値を付けた。貴金属などの調査を手掛けるキトコが実施したアナリスト調査では、回答した72%が向こう1週間の金の上昇を予想したという。FRBによる6月の利上げの織り込みが進み、先行きのドル高圧力が限られるとの思惑もドル建てで取引される金を下支えした。銀とプラチナはともに続伸した。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

本日の東京市場概況

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 5月26日(金)16時42分39秒
返信・引用 編集済
  東京市場・本日(2017.05.26)の結果  反落 !    嫌になっちゃう~

            始値       高値      安値     終値
☆日経平均          19798.49     19801.59    19686.49   19686.84(-126.29)
☆TOPIX         1577.24      1577.57     1569.29    1569.42(-  9.00)
☆JPX400         14068.94     14073.40    13997.82   13997.82(- 84.44)
☆東証一部出来高      15.64億株
☆東証一部売買代金   21551億円
☆騰落銘柄数         値上り    379,   値下り    1538,   変らず    99,
     ※為替は18:30以降に表示しています。
☆東京為替(ドル/円)     111.84      111.87     111.28      111.33(-  0.40)
          (ユーロ/円)     125.37      125.44     124.70      124.84(-  0.65)
☆騰落レシオ   (警戒水域 70.00%以下、130.00%以上)     142.14%(- 14.64)
☆RSI       (警戒水域  30.00%以下、 70.00%以上)      41.20%(- 20.90)
☆東証1単純平均                                       2791.76円(- 17.87)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底値ゾーン)
          N225    ○●●○●●○○●○○●    6勝 6敗   50.00%(-  8.33)
          TOPIX   ○●●○●●○○●○○●    6勝 6敗   50.00%(-  8.33)
          JPX400  ○●○○●●○○●○○●    7勝 5敗   58.33%(-  8.33)

東京株式・為替市場コメント
【東京株式概況】26日の東京株式市場で日経平均は3日ぶりに反落した。為替の円高が重荷となり機械や電気機器などの輸出関連株が下落した。主要国首脳会議の開催を前に持ち高を整理する売りも広がり、日経平均は午後に一段と下落した。外国為替市場で円相場は1ドル=111円台前半に上昇した。サミットが日本時間の26日夜から始まるのを前に、投資家のリスク回避姿勢が強まった。「低リスク通貨」とされる円が買われ、日本株には持ち高を減らす売りが出た。NYMEXの原油先物相場が25日に急落し、国際石開帝石の下げが目立った。一方、新型ゲーム機向けに新しいソフトを発売すると発表した任天堂が買われ8年4ヶ月ぶりの高値を付けた。JPX日経インデックス400、TOPIXも3日ぶりに反落した。

市場からは「仕掛け売りが出たかもしれないが、指数は為替と連動している。ドル・円が重く上値に行けない状況だが、下値では押し目買いも控えており、ここ1週間ほどの戻りトレンドは維持している」との声が聞かれた。

業種別では、国際帝石<1605>、石油資源<1662>などの鉱業株が軟調。王子HD<3861>、レンゴー<3941>などのパルプ紙株や、日水<1332>、マルハニチロ<1333>などの水産農林株も安い。コマツ<6301>、日精工<6471>などの機械株も売られた。個別では、日本アG<3751>、KOA<6999>、キューブシス<2335>、MRO<3064>などが値下がり率上位。

半面、新型ゲーム機「Nintendo Switch」の販売が好調で、18年3月期業績に上方修正期待が指摘された任天堂<7974>や、アシックス<7936>などのその他製品株が上昇。個別では、SBI<8473>とフィンテック分野での技術協力合意が引き続き好感されたソルクシーズ<4284>が連日のストップ高。NTTドコモ<9437>と画像認識AIを活用した「画像ソリューション」で共同実証実験を行うサイバーL<3683>もストップ高。コラボレーション公式アプリの事前登録者数が10万人を突破し、きのう連日ストップ高のエムアップ<3661>は連騰し、片倉コープ<4031>、大有機化<4187>、ニチコン<6996>などの上げも目立った。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 5月26日(金)07時44分0秒
返信・引用 編集済
  本日の外資系動向                

  売り :      770万株      119億円
  買い :     820万株      178億円
  -------------------------------------
  差引 :     +50万株      +59億円

※外資系動向は業界関係者からヒアリングした非公式な情報です。

本日の株価材料(国内)

日経産業
・千代建<6366.T>が余剰電力活用で水素精製図る
・帝人<3401.T>が車向け複合材の生産・エンジ拠点を拡充
・コニカミノルタ<4902.T>が診断部のX線画像を鮮明にする技術開発
・アドソル<3837.T>がサポート終了済みOS向けセキュリティソフト販売

日刊工業
・川重<7012.T>が航空機部品工場をスマートファクトリー化
・OKI<6703.T>系が非破壊式電子部品診断体制を整備
・ローソン<2651.T>が来年2月末までに車の移動販売3割増を計画
・ALSOK<2331.T>が自律走行型案内・警備ロボの機能拡充
・NEC<6701.T>が業務システム向け基盤構築ソフトの機能を強化

市場スケジュール(国内)

4月消費者物価指数(8:30)
4月企業向けサービス価格指数(8:50)

市場スケジュール(海外)

G7シチリア・サミット(~5/27)
米1-3月期GDP改定値(21:30)
米4月耐久財受注(21:30)

日本市場の主な決算発表銘柄社数  7件

HIS (9603) ダイドーGH (2590) 内田洋行 (8057) オリバー (7959)
ウチダエスコ (4699)

------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます(NY市場)

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 5月26日(金)07時42分36秒
返信・引用 編集済
  NY市場・前日(2017.05.25)の結果  6日続伸 !   嬉しいな

             Farst       High        Low         Last
☆NYダウ          21062.96    21112.32    21051.41    21082.95(+ 70.53)
☆S&P500          2409.54     2418.71     2408.01     2415.07(+ 10.68)
☆NYナス           6183.02     6217.34     6174.52     6205.26(+ 42.23)
☆CME225先物(円ベース)   19730       19850       19715       19810(+ 10.00)
    ※CME225先物は円建てであり、前日比は前日の大証日中終値比を記載
☆NY為替(ドル/円)    111.49      111.95      111.49      111.85(+  0.36)
☆原油先物(WTI)        51.25       52.00       48.45       48.90(-  2.46)
☆NY金先物(Gold)     1261.60     1262.80     1256.90     1259.80(+  3.30)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底1値ゾーン)
        NYダウ     ●●●○●●○○○○○○   7勝 5敗    58.33%(+  8.33)
        ナスダック     ○●○○○●○○○○○○  10勝 2敗   83.33%(   0.00)

※中国上海指数       3055.34    3114.06     3052.83     3107.83(+ 43.76)
     サイコロジカル      ●○○○○●●○●●○○  7勝 5敗    58.33%(   0.00)

NY株式・為替・商品市場コメント
【NY株式概況】25日の米株式市場でダウ平均は6日続伸した。前日比70.53ドル高い2万1082.95ドルで終えた。上げ幅が約100ドルに達し、3月2日に付けた過去最高値に迫る場面があった。FRBの金融引き締めが緩やかなペースにとどまるとの観測が株式の買い安心感を誘った。家電量販店のベストバイなど四半期決算を手掛かりに急伸する銘柄が朝方から相次ぎ、投資家心理が改善した面もあった。工業製品・事務用品のスリーエム(3M)や医療保険のユナイテッドヘルス・グループ、保険のトラベラーズの上げが目立ち、相場上昇をけん引した。ナスダックは6日続伸した。前日比42.233P高い6205.257Pで終え、約1週間ぶりに最高値を更新した。機関投資家が運用の指標とするS&P500種株価指数も6日続伸し、連日で最高値を更新した。
【CME225先物(円ベース)】日経平均先物は反発した。6月物は前日比85円高の1万9810円で終え、大阪取引所の終値を10円上回った。円安進行と米株高を好感した買いが優勢だった。だが、買い一巡後は動意が乏しい展開となり、狭い値幅でもみ合った。この日の6月物の高値は1万9850円、安値は1万9715円。推定売買高は3万6991枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)。
【NY為替(ドル/円)】NY外国為替市場で円相場は反落した。前日比35銭の円安・ドル高の1ドル=111円80~90銭で取引を終えた。米株高を背景に低金利で投資資金の調達通貨とされる円が売られた。原油相場の下げで、カナダドルなど資源国通貨に対するドル高が進んだことも円売り・ドル買いにつながった。ナスダックとS&P500が過去最高値を更新した。ダウ平均も最高値に迫り、市場心理が改善。投資家が運用リスクを積極的にとる際に下げやすい円には売りが広がった。OPECは25日の総会で6月末に期限を迎える協調減産を9ヶ月延長することで合意した。だが、減産量の拡大が見送られたほか、延長は想定通りの結果だったため、原油先物相場が下落。「原油安で資源国通貨に対するドル高が進み、主要通貨に対してもドル買いが及んだ」との指摘があった。円の安値は111円96銭、高値は111円66銭だった。
【NY為替(ユーロ/円)】円は対ユーロで続落し、前日比25銭の円安・ユーロ高の1ユーロ=125円30~40銭で終えた。「欧州の良好な景気や政治リスクの後退がユーロ高を誘っている」という。米株高で対ユーロでも円が売られたのに加え、実体経済の改善でECBは金融緩和策の縮小に動きやすくなるとして日欧の金融政策の方向性の違いを意識した円売り・ユーロ買いも広がった。
【NY原油先物】NYMEXで原油先物相場が大幅に続落した。WTIで期近の7月物は前日比2.46ドル(4.8%)安の1バレル48.90ドルで終えた。OPECが減産延長を決めたものの、需給改善に向けた取り組みが積極的ではなかったと失望した売りが広がった。OPECは25日の総会で、6月末に期限を迎える協調減産を2018年3月まで9ヶ月延長することで合意した。だが、各国の財務負担を高めるほか、シェール企業にシェアを奪われる可能性があるため減産量の拡大には踏み込まなかった。「延長は相場に織り込まれていたほか、減産量の拡大がなかったことが市場の失望を招いた」。現行の減産量では世界的な需給均衡につながりにくいとの見方は多く、先物は節目の50ドルを割り込むと損失覚悟の売りを巻き込み、下げ幅を拡大した。OPECの減産延長が伝わる前の時間外取引では7月物が一時52ドルちょうどまで上げ、期近物として4月19日以来ほぼ1ヶ月ぶりの高値を付けていた。ガソリンは3日続落し、ヒーティングオイルは続落した。
【NY金先物】金先物相場は3日ぶりに反発した。COMEXで取引の中心である6月物は前日比3.3ドル高の1トロイオンス1256.4ドルで終えた。前日公表の5月のFOMC議事要旨を受け、米金融政策の正常化は緩やかなペースにとどまるとの見方が広がった。緩和的な金融政策が長引き、金市場への資金流入が当面は続くとの安心感が買いを誘った。銀とプラチナも3日ぶりに反発した。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

本日の東京市場概況

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 5月25日(木)15時59分57秒
返信・引用 編集済
  東京市場・本日(2017.05.25)の結果  続伸 !    嬉しいな 

            始値       高値      安値     終値
☆日経平均          19737.21     19850.93    19720.12   19813.13(+ 70.15)
☆TOPIX         1573.94      1582.66     1572.60    1578.42(+  3.31)
☆JPX400         14039.54     14120.82    14029.09   14082.26(+ 31.75)
☆東証一部出来高      16.77億株
☆東証一部売買代金   22213億円
☆騰落銘柄数         値上り    817,   値下り    1039,   変らず    160,
     ※為替は18:30以降に表示しています。
☆東京為替(ドル/円)     111.50      111.78     111.49      111.74(-  0.10)
          (ユーロ/円)     125.09      125.54     125.07      125.48(+  0.45)
☆騰落レシオ   (警戒水域 70.00%以下、130.00%以上)     156.78%(-  7.81)
☆RSI       (警戒水域  30.00%以下、 70.00%以上)      62.10%(-  1.50)
☆東証1単純平均                                       2809.63円(+  0.99)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底値ゾーン)
          N225    ○○●●○●●○○●○○    7勝 5敗   58.33%(+  8.33)
          TOPIX   ○○●●○●●○○●○○    7勝 5敗   58.33%(+  8.33)
          JPX400  ○○●○○●●○○●○○    8勝 4敗   66.67%(+  8.33)

東京株式・為替市場コメント
【東京株式概況】25日の東京株式市場で日経平均は続伸した。外国為替市場で円相場が1ドル=111円台半ばで推移し、一段の円高進行への懸念がやや後退した。米株などに比べて日本株の割安感が強いことから、個別の材料が出た銘柄や業績の伸びが期待できる銘柄に一部の国内機関投資家の買いが入った。時間外取引で米株価指数先物が堅調に推移したことも買い安心感を誘い、上げ幅は一時100円を超えた。JPX日経インデックス400、TOPIXも続伸した。

市場では「日経平均株価が前回のもみ合いゾーン下限の1万9800円台に乗せ、戻り待ちの売りが意識されるなか、現地26-27日にイタリアで開催されるG7首脳会議も控えることから、模様眺めムードが強まったようだ」との声が聞かれた。

業種別では、東電力HD<9501>、東ガス<9531>などの電気ガス株や、三菱倉<9301>や三井倉HD<9302>などの運輸倉庫株が上昇。NTTドコモ<9437>、ソフトバンク<9984>などの情報通信株や、郵船<9101>、商船三井<9104>などの海運株も高い。JR東日本<9020>、JR東海<9022>などの陸運株や、清水建<1803>、鹿島<1812>などの建設株も堅調。三井不<8801>、三菱地所<8802>などの不動産株や、オリックス<8591>、JPX<8697>などのその他金融株も買われた。

個別では、エムアップ<3661>、日本アG<3751>、キューブシス<2335>、リズム時計<7769>、日本ライフL<7575>などが上昇。半面、TSIHD<3608>、ジンズメイト<7448>、オカダアイヨ<6294>、RSTECH<3445>、トランザク<7818>などが下落した。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

2017.3月期決算説明会資料が広報されたね。

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 5月25日(木)14時37分10秒
返信・引用
       日本CMK(6958T1)  プリント基板最大手

◆CMKなど電子部品関連にもビッグチャンス

自動車やIT業界向け中心にプリント配線基板トップメーカーとして需要を取り込み、業績飛躍期にあるのが日本CMK <6958> だ。安全システム関連の普及加速を背景に車載用が今期も収益を押し上げる見通しで、株価も一段と見直しが進もう。

◆4/20@625をボトムに上昇トレンド形成中

 節(3/29@744、12/21@766)を次々に上抜いて、2009.08@1045を目指すのみ。

日足チャート2017.05.25現在 と 説明資料の一部
 

ど~うにもとまらない~~~ (^^♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 5月25日(木)11時31分50秒
返信・引用 編集済
        ケネディクス(4321/T) 目覚めよ不動産ファンド!

陰線はあれど、押し目を作らず、唯々右肩上がりっぱなし。。。 ウハウハ

こんなに急騰するはずがない・・・と空売り増、更には買い残は減少してる、

逆日歩こそ付いてないが貸借倍率は1.0を割り込み それが連日続いてるよ。

安易な空売り屋の買い戻しだろうか? まさか、踏み上げ相場じゃないよね。

さぁ節目(2014.11@669)を目指そう、残る節目は2013.04@849だけだよ♪

日足(上)・週足チャート 2017.05.25現在 と信用残
 

おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 5月25日(木)07時55分1秒
返信・引用 編集済
  本日の外資系動向                

  売り :       600万株      102億円
  買い :     1150万株      193億円
  -------------------------------------
  差引 :     +490万株      +91億円

※外資系動向は業界関係者からヒアリングした非公式な情報です。

本日の株価材料(国内)

日経産業
・キヤノン<7751.T>が産業用カメラ搭載ドローンを発売
・三井化学<4183.T>が不織布の製法を開発
・アマダHD<6113.T>が新興工業国で相次ぎ拠点開設
・ヤフー<4689.T>がネット広告取引の新システムの運用開始

日刊工業
・豊田織機<6201.T>などが露地野菜の収穫・集荷作業を自動化へ
・ヴィンクス<3784.T>がタイ・香港で販売管理システム販売
・富士フイルム<4901.T>系が三重でプラ破砕拠点を開設
・エプソン<6724.T>がインクジェットプリンター販売拡大図る
・味の素<2802.T>が100億円投じASEANで調味料増産

市場スケジュール(国内)

40年国債入札

市場スケジュール(海外)

英1-3月期GDP改定値(17:30)
石油輸出国機構(OPEC)総会(ウィーン)
北大西洋条約機構(NATO)首脳会議(ブリュッセル)
米7年国債入札

------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます(NY市場)

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 5月25日(木)07時53分0秒
返信・引用
  NY市場・前日(2017.05.24)の結果  5日続伸 !   嬉しいな

             Farst       High        Low         Last
☆NYダウ          20949.21    21022.82    20933.58    21012.42(+ 74.51)
☆S&P500          2401.41     2405.58     2397.99     2404.39(+  5.97)
☆NYナス           6154.18     6166.09     6139.33     6163.02(+ 24.31)
☆CME225先物(円ベース)   19780       19790       19690       19725(- 15.00)
    ※CME225先物は円建てであり、前日比は前日の大証日中終値比を記載
☆NY為替(ドル/円)    111.78      112.13      111.49      111.50(-  0.29)
☆原油先物(WTI)        51.44       51.88       51.03       51.36(-  0.11)
☆NY金先物(Gold)     1253.80     1262.20     1250.90     1256.50(-  2.40)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底1値ゾーン)
        NYダウ     ●●●●○●●○○○○○   6勝 6敗    50.00%(   0.00)
        ナスダック     ○○●○○○●○○○○○  10勝 2敗   83.33%(   0.00)

※中国上海指数       3047.57    3064.81     3022.30     3064.08(+  2.13)
     サイコロジカル      ○●○○○○●●○●●○  7勝 5敗    58.33%(+  8.33)

NY株式・為替・商品市場コメント
【NY株式概況】24日の米株式相場は5日続伸した。ダウ平均は前日比74.51ドル高の2万1012.42ドルで終えた。ダウ平均の5日続伸は3ヶ月ぶりで、終値で節目の2万1000ドルを超えるのは5月8日以来。多くの機関投資家が運用の参考指標とするS&P500種株価指数は過去最高値を更新した。FRBが午後2時に5月開催のFOMC議事要旨を発表した後に上げ幅を広げた。物価上昇の鈍さを不安視する声があったことが明らかになり、先行きの利上げやFRBの資産圧縮などが緩やかなペースで進むとの見方が強まった。市場への資金流入が続くとの期待が株買いを誘った。金利低下に伴い、安定した配当が見込める不動産や公益事業株が上昇し相場を支えた。ナスダックは同24.312P高の6163.024Pで終えた。

【CME225先物(円ベース)】日経平均先物は小反落した。6月物は前日比45円安の1万9725円で引け、前日の大取終値を15円下回った。引けにかけて円買いが優勢になるにつれ、日経平均先物は売られた。この日発表になった5月開催のFOMC議事要旨を手がかりに、利上げは緩やかなペースにとどまるとの観測が広がり、円買いにつながった。この日の6月物安値は1万9690円、高値は1万9790円。推定売買高は3万1631枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)。
【NY為替(ドル/円)】NY外国為替市場で円相場は3営業日ぶりに反発し、前日比30銭円高・ドル安の1ドル=111円45~55銭で取引を終えた。5月開催FOMCの議事要旨が発表され、金融引き締めは緩やかなペースにとどまるとの見方が強まると、円買い・ドル売りが優勢となった。FRBが議事要旨を発表したのは午後2時。それまでは利上げやFRBの資産縮小に前向きな内容が盛り込まれるとの見方から、ドル買いが先行した。だが、議事要旨が発表されると一転してドル売り圧力が強まった。年内の資産縮小の開始を目指す意向が示されたが、開始時期の議論は進展していなかった。FRBの資産縮小は緩やかにしか進まないとの見方が広がった。「議事要旨の発表前の期待が外れ、ドル売りを誘った」との指摘があった。5年物国債の入札好調やFOMC議事要旨の発表を受け、米長期金利は低下した。日米金利差が縮小するとの観測が強まり、円相場を支えた。円の高値は1ドル=111円49銭、安値は1ドル=112円13銭だった。
【NY為替(ユーロ/円)】円は対ユーロで反落した。前日比10銭円安・ユーロ高の1ユーロ=125円05~15銭で終えた。
【NY原油先物】NYMEXで原油先物相場は小幅に反落した。WTIで期近の7月物は前日比0.11ドル安の1バレル51.36ドルで取引を終えた。原油在庫の減少を手掛かりに買いが先行したが、OPEC総会を25日に控え、持ち高調整を目的とした売りが徐々に優勢になった。EIAが24日午前に公表した週間の在庫統計で、原油在庫が市場の予想を上回って前週から減った。23日夕に米石油協会(API)が発表した統計では原油在庫が想定ほど減らず、政府統計も一部で在庫増が警戒されていた。発表直後は原油先物に買いが広がった。ただ、買い一巡後は次第に持ち高調整を目的とした売りに押された。25日のOPEC総会で産油国は協調減産の延長を協議する。総会の結果で原油相場が変動する可能性が高く、積み上げてきた買い持ち高を減らす動きが強まった。EIA統計でガソリン在庫の減少が小幅にとどまり、原油相場の重荷になったとの見方もあった。ガソリンは続落。ヒーティングオイルは11営業日ぶりに反落した。
【NY金先物】NY金先物相場は続落した。COMEXで取引の中心である6月物は前日比2.4ドル安の1トロイオンス1253.1ドルで終えた。株式相場が底堅く推移し、実物の裏付けがあり安全資産とされる金にはやや売りが優勢だった。5月開催FOMC議事要旨が公表されると、24日午後の時間外取引で金が急速に買われる場面があった。議事要旨では大半の会合参加者が「経済指標が想定通りなら、間もなく追加利上げが適切になる」と指摘したことが明らかになった。ただ、公表後から外国為替市場でドルが主要通貨に対して下落。ドル建てで取引される金の割安感が意識された。銀とプラチナはともに続落した。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

本日の東京市場概況

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 5月24日(水)15時44分39秒
返信・引用 編集済
  東京市場・本日(2017.05.24)の結果  反発 !    嬉しいな 

            始値       高値      安値     終値
☆日経平均          19777.56     19782.81    19698.10   19947.98(+129.70)
☆TOPIX         1577.65      1578.22     1570.91    1575.11(+  9.89)
☆JPX400         14084.14     14090.71    14016.45   14050.51(+ 77.08)
☆東証一部出来高      17.28億株
☆東証一部売買代金   22226億円
☆騰落銘柄数         値上り    1427,   値下り    466,   変らず    123,
     ※為替は18:30以降に表示しています。
☆東京為替(ドル/円)     111.78      112.04     111.73      111.84(+  0.78)
          (ユーロ/円)     125.02      125.23     124.97      125.02(+  0.27)
☆騰落レシオ   (警戒水域 70.00%以下、130.00%以上)     164.59%(+ 15.02)
☆RSI       (警戒水域  30.00%以下、 70.00%以上)      63.60%(+  0.40)
☆東証1単純平均                                       2808.64円(+ 18.53)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底値ゾーン)
          N225    ●○○●●○●●○○●○    6勝 6敗   50.00%(   0.00)
          TOPIX   ●○○●●○●●○○●○    6勝 6敗   50.00%(   0.00)
          JPX400  ●○○●○○●●○○●○    7勝 5敗   58.33%(   0.00)

東京株式・為替市場コメント
【東京株式概況】24日の東京株式市場で日経平均は反発した。23日の米国株高や為替の円安・ドル高を受け、金融や輸出関連株に買いが入った。買い一巡後は円相場の下落に一服感が出たこともあり、伸び悩んだ。日経平均は午前中に1万9782円まで上昇し、前日比の上げ幅は170円に迫った。急落前の17日の取引時間中の安値1万9764円を上回り、日足のローソク足チャート上の空白の価格帯「窓」を埋めた。買い一巡後は朝方に外国為替市場で1ドル=112円近辺まで進んだ円相場の下落に一服感が出たのをきっかけに、日本株には短期的な利益確定の売りも出て、上げ幅を縮小した。米国で24日にFOMC議事要旨の発表を控えている。25日にはOPEC総会があり、重要イベント前に午後は積極的な売買を見送る投資家が多く、方向感に乏しい展開だった。JPX日経インデックス400、TOPIXも反発した。

市場からは「日足は下値を切り上げて5日線を超え、超目先的には上値を抜く感じだ。ただ、商いは盛り上がらず、買い上がる材料が出てこないと戻り売りに抑えられよう」との声が聞かれた。

業種別では、任天堂<7974>、凸版<7911>などのその他製品株が上昇。商船三井<9104>、川崎汽<9107>などの海運株も堅調。野村<8604>、大和証G<8601>などの証券商品先物株も買われ、王子HD<3861>、北越紀州<3865>などのパルプ紙株も高い。個別では、東海東京調査センターが目標株価を引き上げたデジアーツ<2326>が大幅高。エムアップ<3661>、ブレインP<3655>、ジンズメイト<7448>、GMOクラ<3788>などの上げも目立った。

半面、NTT<9432>、NTTドコモ<9437>などの情報通信株が軟調。小野薬<4528>、沢井製薬<4555>、大塚HD<4578>などの医薬品株も売られた。個別では、公募増資・株式売り出しの南都銀<8367>が大幅安。5月度(20日締め)の既存店売上高4.5%減のしまむら<8227>や、LIFULL<2120>、タカタ<7312>、レオパレス<8848>などの下げも目立った。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 5月24日(水)07時43分46秒
返信・引用 編集済
  本日の外資系動向                

  売り :       770万株       144億円
  買い :     1320万株       257億円
  -------------------------------------
  差引 :     +550万株      +113億円

※外資系動向は業界関係者からヒアリングした非公式な情報です。

本日の株価材料(国内)

日経産業
・牧野フ<6135.T>が金型加工時間半減の放電加工機を開発
・シノブフーズ<2903.T>が弁当商品数集約で生産性向上図る
・メディアドゥ<3678.T>が電子書籍の自動英文翻訳機能を開発へ
・清水建<1803.T>が除染土受け入れる貯蔵施設で前処理開始

日刊工業
・大和ハウス<1925.T>などがIoT活用エコキュート制御を開発
・富士通<6702.T>がシニアSEの職種や勤務先の選択肢拡大
・大ガス<9532.T>がケトン体3HB素材を化粧品市場に投入
・NTN<6472.T>が低トルクで長寿命な車用軸受けを開発

市場スケジュール(国内)

日銀は国際コンファランスを開催。
     黒田総裁が挨拶、バーナンキ前FRB議長が講演(~5/25)

市場スケジュール(海外)

米3月FHFA住宅価格指数(22:00)
米4月中古住宅販売件数(23:00)
5月2・3日開催のFOMC議事録(5/25 3:00)
米5年国債入札

日本市場の主な決算発表銘柄社数  1件

ヤガミ (7488)

------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます(NY市場)

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 5月24日(水)07時42分18秒
返信・引用
  NY市場・前日(2017.05.23)の結果  4日続伸 !   嬉しいな

             Farst       High        Low         Last
☆NYダウ          20908.67    20961.14    20896.22    20937.91(+ 43.08)
☆S&P500          2397.04     2400.85     2393.88     2398.42(+  4.40)
☆NYナス           6149.55     6150.91     6121.79     6138.71(+  5.09)
☆CME225先物(円ベース)   19775       19785       19770       19770(+130.00)
    ※CME225先物は円建てであり、前日比は前日の大証日中終値比を記載
☆NY為替(ドル/円)    111.30      111.86      110.86      111.82(+  0.52)
☆原油先物(WTI)        51.04       51.79       50.57       51.47(+  0.34)
☆NY金先物(Gold)     1260.40     1263.80     1250.50     1255.50(-  5.90)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底1値ゾーン)
        NYダウ     ○●●●●○●●○○○○   6勝 6敗    50.00%(   0.00)
        ナスダック     ○○○●○○○●○○○○  10勝 2敗   83.33%(   0.00)

※中国上海指数       3069.39    3084.24     3050.84     3061.95(- 13.73)
     サイコロジカル      ●○●○○○○●●○●●  6勝 6敗    50.00%(   0.00)

NY株式・為替・商品市場コメント
【NY株式概況】23日の米株式相場は4日続伸した。ダウ平均は前日比43.08ドル高の2万0937.91ドルで終えた。米長期金利の上昇を受けて、収益が改善するとの見方から金融株が買われ指数を押し上げた。原油先物相場の上昇でエネルギー関連株が買われたのも指数を押し上げた。トランプ米政権が初の予算教書を議会に提出したが、株式相場の反応は限定的だった。米長期金利の指標である10年物の米国債利回りが2日続けて上昇(価格は下落)した。長短金利差の縮小で貸出利ざやが縮小するとの思惑で売られていたゴールドマン・サックスやJPモルガン・チェースなど金融株に見直し買いが入り、指数を押し上げた。予算教書では大型減税で経済成長率を3%に高め、財政収支を10年で黒字転換させる案が示された。具体的な内容に乏しかったうえ、トランプ政権は「ロシア疑惑」を巡って議会との摩擦が強まっている。ホワイトハウスの予算案が十分に支持される可能性は低いとの観測が根強く、株式相場の反応は限られた。ナスダックは前日比5.094P高の6138.712Pで終えた。これまで売られていた金融株が買われる一方で、相場をけん引していたアップルやフェイスブックなど大型主力株の一角に利益確定目的の売りが出て指数の上値は重かった。
【CME225先物(円ベース)】日経平均先物は上昇した。6月物は前日比85円高の1万9770円で引け、前日の大取終値を130円上回った。円安に加え米国株が続伸し、日経平均先物も買いが優勢になった。この日の6月物高値は1万9775円、安値は1万9580円。市場は24日発表の5月開催分のFOMC議事要旨に注目している。推定売買高は3万3759枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)。
【NY為替(ドル/円)】NY外国為替市場で円相場は続落し、前日比50銭円安・ドル高の1ドル=111円75~85銭で取引を終えた。米長期金利の上昇(価格は下落)を受け、円売り・ドル買いが優勢だった。米国株が底堅く推移し、相対的に安全資産とされる円は売られやすかった。米債券市場では国債の需給悪化を警戒した売りが加速し、米長期金利が上昇(価格は下落)した。日米の金利差拡大を意識した円売り・ドル買いが強まった。株式市場では金融株やエネルギー関連株が相場を支えた。投資家がリスクを取る動きが強まり、円が売られた面もある。円の安値は1ドル=111円86銭、高値は1ドル=110円98銭だった。
【NY為替(ユーロ/円)】円は対ユーロで小幅ながら4営業日ぶりに反発した。前日比10銭円高・ユーロ安の1ユーロ=124円95銭~125円05銭で終えた。ユーロ買いが続いた反動で、利益確定のためのユーロ売り・円買いが優勢になった。
【NY原油先物】NYMEXで原油先物相場は上昇した。WTIでこの日から期近となった7月物は前日比0.34ドル高の1バレル51.47ドルで取引を終えた。一時51.51ドルまで上昇し、期近物として4月19日以来ほぼ1ヶ月ぶりの高値を付けた。OPECが25日の総会で協調減産の9ヶ月延長を決めるとの見方から買いが優勢となった。協調減産の延長観測はこのところ強まっていたが、有力産油国のイラクが同意するかが不透明だった。22日にイラクを訪れたサウジアラビアのファリハ石油相が「イラクが9ヶ月の延長に合意した」と述べたと23日に伝わり、減産延長の実現性が増したと受け止められた。7月物は午後にかけて上げ幅を広げ、この日の高値圏で終えた。早朝には売りが優勢となる場面もあった。トランプ米政権が23日に公表する予算教書で、戦略石油備蓄の一部を売却する方針を示すと伝わったことが売り材料視されたとの指摘があった。実際の予算教書では戦略備蓄を段階的に半減させる方針が示された。ガソリンは4営業日ぶりに小反落。ヒーティングオイルは10日続伸した。
【NY金先物】NY金先物相場は3営業日ぶりに反落した。COMEXで取引の中心である6月物は、前日比5.9ドル安の1トロイオンス1255.5ドルで終えた。英国で22日夜に起きた自爆テロを受けて、実物資産の裏付けがある金は買いが先行した。ただ、上昇基調が続いていたため上値を積極的に追う動きは限られ、次第に利益確定目的の売りに押された。銀とプラチナも3営業日ぶりに反落した。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

本日の東京市場概況

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 5月23日(火)15時52分49秒
返信・引用 編集済
  東京市場・本日(2017.05.23)の結果  反落 !    嫌になっちゃう~

            始値       高値      安値     終値
☆日経平均          19647.74     19693.02    19585.54   19613.28(- 65.00)
☆TOPIX         1566.40      1570.44     1563.37    1565.22(-  2.43)
☆JPX400         13989.18     14023.09    13955.65   13973.43(- 31.46)
☆東証一部出来高      15.44億株
☆東証一部売買代金   20063億円
☆騰落銘柄数         値上り    978,   値下り    904,   変らず    134,
     ※為替は18:30以降に表示しています。
☆東京為替(ドル/円)     111.30      111.36     110.87      111.05(-  0.24)
          (ユーロ/円)     125.08      125.14     124.56      124.73(+  0.23)
☆騰落レシオ   (警戒水域 70.00%以下、130.00%以上)     149.57%(+  5.82)
☆RSI       (警戒水域  30.00%以下、 70.00%以上)      63.20%(-  0.40)
☆東証1単純平均                                       2790.11円(+  2.56)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底値ゾーン)
          N225    ○●○○●●○●●○○●    6勝 6敗   50.00%(-  8.33)
          TOPIX   ○●○○●●○●●○○●    6勝 6敗   50.00%(-  8.33)
          JPX400  ○●○○●○○●●○○●    7勝 5敗   58.33%(-  8.33)

東京株式・為替市場コメント
【東京株式概況】23日の東京株式市場で日経平均は3営業日ぶりに反落した。英中部マンチェスターのイベント会場で多数の死傷者を出す爆発があり、投資家心理が悪化。円相場が1ドル=110円台後半に強含み、自動車や電機など主力株が売られた。一方、外部要因に左右されにくい内需株に買いが入り、相場を下支えした。英国の地元警察はテロ事件として捜査を進めており、メイ首相は「全容解明に努める」との声明を出した。市場では「きょうは投資家心理を冷やす要因となったが、経済活動に影響しないかぎり一時的な反応にとどまる」との声があった。JPX日経インデックス400、TOPIXも3営業日ぶりに反落した。

市場からは「米国株高は下支え要因ながら、英コンサート会場の爆発事件でやや円高に振れ、上値を抑えている。米予算教書の概要が出てきたが、減税の規模は想定内でサプライズはない。経済成長率3%については楽観的とみられるが、期待値が低かった分失望売りも限定された。ただ、国内企業の業績からみて割安であり、そろそろ水準訂正の動きが期待される」との声が聞かれた。

業種別では、JXTG<5020>、出光興産<5019>などの石油石炭製品株や、JAL<9201>、ANA<9202>などの空運株がさえない。SOMPOHD<8630>、東京海上<8766>などの保険株も売られた。個別では、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断・目標株価を引き下げたDeNA<2432>が下落。VOYAGE<3688>、アイエスビー<9702>、ルネサンス<2378>、エムアップ<3661>などの下げも目立った。

半面、JT<2914>、森永乳<2264>などの食料品株や、日水<1332>、サカタのタネ<1377>などの水産農林株が堅調。JPX<8697>、オリックス<8591>などのその他金融株も引き締まった。個別では、野村証券が投資判断・目標株価を引き上げたフジクラ<5803>や、子会社が多能性幹細胞から褐色脂肪細胞を製造する技術についてオーストラリアで特許査定を受けたアイロムG<2372>が上伸。東天紅<8181>、イーグル<6486>、フィックスターズ<3687>、ミロク情報<9928>などの上げも目立った。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

調整なしの綺麗なチャート (^^♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 5月23日(火)12時56分28秒
返信・引用 編集済
        ケネディクス(4321/T) 目覚めよ不動産ファンド!

3/31@439をボトムに上昇トレンド継続中、調整が欲しいが・・・強いなぁ~(喜)。
空売りを餌に上昇中(踏み上げ状態か?)だよ、貸借倍率が0.53倍だからね(驚)。
本日2015.02@570を上抜いちゃったよ、後は2014.11@669、2013.04@849を目指すのみ。

   -----------------------------------------------------------------------
事業が好調だね (^^♪

大型マルチテナント型物流施設開発の着工やREITブリッジ物件の取得、さらにはホテルや太陽光発電所への新規開発投資を積極的に進めた。3月には、横浜みなとみらい地区に所在する三菱重工横浜ビル及びその隣接地を同社グループで組み入れる方針を決定している。これらの物件のアセットマネジメント業務を受託すること等により着実に受託資産を拡充し、今後の成長に資する活動に注力した。

また、他社との連携も進め、2月には物流施設分野に強みを持つ(株)シーアールイーとの間で資本業務提携契約を締結し、同社を持分法適用関連会社とした。海外においては、シンガポール現地法人のKenedix Asia Pte. Ltd.がマレーシアREITの投資口及びその資産運用会社の株式を取得し、アジア地域における投資事業機会を拡大する体制を整えた。

日足・週足チャート 217.05.23現在
 

おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 5月23日(火)07時33分1秒
返信・引用 編集済
  本日の外資系動向                

  売り :       570万株      130億円
  買い :      800万株      168億円
  -------------------------------------
  差引 :     +230万株      +38億円

※外資系動向は業界関係者からヒアリングした非公式な情報です。

本日の株価材料(国内)

日経産業
・リケンテクノス<4220.T>が高強度の透明樹脂シートを開発
・三菱自<7211.T>がインドネシアで修理拠点の整備本格化
・NTT<9432.T>が畜産向けにWi-Fi活用業務システム構築支援
・堀場製<6856.T>が韓国で半導体製造装置部材の開発拠点を開設

日刊工業
・ヤマハ発<7272.T>がインドネシアで大型2輪エンジンを生産
・三井物<8031.T>がカーシェアをシンガポール全域に拡大
・シャープ<6753.T>が米国液晶工場で小型パネル生産を優先検討
・参天薬<4536.T>が2018年にも眼科製品で米国に再参入

市場スケジュール(国内)

3月全産業活動指数(13:30)

市場スケジュール(海外)

独5月Ifo景況感指数(17:00)
米5月リッチモンド連銀製造業指数(23:00)
米4月新築住宅販売(23:00)
米4月北米半導体製造装置BBレシオ(5/24 7:00)
米2年国債入札

------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます(NY市場)

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 5月23日(火)07時31分12秒
返信・引用
  NY市場・前日(2017.05.22)の結果  3日続伸 !   嬉しいな

             Farst       High        Low         Last
☆NYダウ          20867.77    20914.26    20860.16    20894.83(+ 89.99)
☆S&P500          2387.21     2395.46     2386.92     2394.02(+ 12.29)
☆NYナス           6098.25     6135.92     6097.24     6133.62(+ 49.92)
☆CME225先物(円ベース)   19695       19710       19695       19685(+ 15.00)
    ※CME225先物は円建てであり、前日比は前日の大証日中終値比を記載
☆NY為替(ドル/円)    111.30      111.61      110.88      111.27(+  0.01)
☆原油先物(WTI)        50.93       51.43       50.75       51.13(+  0.46)
☆NY金先物(Gold)     1257.50     1262.60     1251.60     1261.40(+  7.80)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底1値ゾーン)
        NYダウ     ○○●●●●○●●○○○   6勝 6敗    50.00%(+  8.33)
        ナスダック     ○○○○●○○○●○○○  10勝 2敗   83.33%(   0.00)

※中国上海指数       3087.17    3103.94     3063.15     3075.68(- 14.96)
     サイコロジカル      ●●○●○○○○●●○●  6勝 6敗    50.00%(   0.00)

NY株式・為替・商品市場コメント
【NY株式概況】22日の米株式市場でダウ平均は3日続伸した。前週末比89.99ドル高の2万0894.83ドルで終えた。前週の急落後も相場が底堅く推移したのを受けて市場心理が改善。高い成長が期待できる主力のハイテク株を中心に買い戻しが広がった。外遊中のトランプ米大統領は20日、就任後初めて訪問したサウジアラビアに対し1100億ドル(約12兆円)の兵器を売却することで合意した。兵器輸出の恩恵を受けるとしてボーイングやロッキード・マーチンなど防衛関連株が軒並み上げたことも相場を支えた。ナスダックは3日続伸し、前週末比49.915P高の6133.618Pで終えた。アマゾン・ドット・コムが上場来高値を更新。アップルやグーグルの持ち株会社アルファベットといった高い成長が期待できる主力のハイテク株への買いが活発となった。
【CME225先物(円ベース)】日経平均先物は横ばい。6月物は前週末比変わらずの1万9685円で引け、同日の大阪取引所の終値を15円上回った。円高が重荷となった半面、米株上昇が支援材料となった。午前中は円高が進み、6月物は1万9615円まで下げる場面があった。この日の6月物高値は1万9720円。取引は低調で推定売買高は2万8454枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)と少ない。
【NY為替(ドル/円)】NY外国為替市場で円相場は小幅に反落し、前週末比5銭円安・ドル高の1ドル=111円25~35銭で取引を終えた。米株式相場が上昇する中、低リスク通貨とされる円は売られやすかった。5月のFOMC議事要旨の公表を24日に控え、持ち高調整の円売りも出たようだ。主要な米経済指標の発表などがなく、為替相場はやや動意に乏しい展開だった。5月2-3日開催分のFOMC議事要旨を巡っては、FRBの資産縮小について踏み込んだ議論がなされたとの観測が出た。前週まで円買い・ドル売りが進んでいたため、円買いに偏ったポジションを中立方向に戻すための円売りが出た。米金利が上昇し、日米金利差の拡大を受けた円売り・ドル買いも促した。ただ、円の下値は堅かった。ドルが対ユーロで大きく下落し、円に対してもドル売りが及ぶ場面があった。トランプ米政権とロシアとの不透明な関係を巡る「ロシアゲート」への警戒感が円買いを促した面もあった。米ダラス連銀のカプラン総裁が「年内3回の利上げが適切」との姿勢を示したが相場の反応は限られた。円の高値は110円93銭、安値は111円40銭だった。
【NY為替(ユーロ/円)】円は対ユーロで3日続落した。前週末比45銭円安・ユーロ高の1ユーロ=125円05~15銭で取引を終えた。ドルに対してユーロが大きく上昇し、円にもユーロ買いが波及した。
【NY原油先物】NYMEXで原油先物相場は4日続伸した。WTIで期近の6月物は、前週末比0.40ドル高の1バレル50.73ドルで取引を終えた。主要産油国が減産を延長するとの観測が引き続き相場を支えた。一時は51.06ドルと期近物では4月19日以来およそ1ヶ月ぶりの高値を付けた。25日に開かれるOPEC総会では、主要産油国が6月末に期限を迎える協調減産の延長で合意するとの見方が多い。すでに前週にサウジアラビアと非加盟国のロシアは、9ヶ月延長する方針で一致している。市場の一部ではOPECが減産規模の拡大を検討するとの思惑も出ているもようで、需給改善を期待した買いが入った。ガソリンは3日続伸し、ヒーティングオイルは9日続伸した。
【NY金先物】NY金先物相場は続伸した。COMEXで取引の中心である6月物は前週末比7.8ドル高の1トロイオンス1261.4ドルで取引を終えた。ドルが主要通貨に対して下落したため、ドルの代替資産とされる金が買われた。ロシア政府が米大統領選に関与したとの疑惑を巡る米政治の不透明感も、実物資産の裏付けがあり逃避資金の受け皿となりやすい金の買いを誘った。銀とプラチナも続伸した。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

本日の東京市場概況

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 5月22日(月)16時08分6秒
返信・引用 編集済
  東京市場・本日(2017.05.22)の結果  続伸 !   嬉しいな 

            始値       高値      安値     終値
☆日経平均          19670.48     19722.93    19618.73   19678.28(+ 87.52)
☆TOPIX         1566.64      1568.84     1552.05    1567.65(+  7.92)
☆JPX400         13995.66     14016.70    13955.42   14004.89(+ 75.09)
☆東証一部出来高      14.67億株
☆東証一部売買代金   19224億円
☆騰落銘柄数         値上り    1354,   値下り    531,   変らず    131,
     ※為替は18:30以降に表示しています。
☆東京為替(ドル/円)     111.04      111.61     111.02      111.27(+  0.02)
          (ユーロ/円)     124.31      124.91     124.31      124.47(+  0.69)
☆騰落レシオ   (警戒水域 70.00%以下、130.00%以上)     143.75%(+ 13.71)
☆RSI       (警戒水域  30.00%以下、 70.00%以上)      63.60%(+  3.70)
☆東証1単純平均                                       2787.55円(+ 15.37)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底値ゾーン)
          N225    ○○●○○●●○●●○○    7勝 5敗   58.33%(   0.00)
          TOPIX   ○○●○○●●○●●○○    7勝 5敗   58.33%(   0.00)
          JPX400  ○○●○○●○○●●○○    8勝 4敗   66.67%(   0.00)

東京株式・為替市場コメント
【東京株式概況】22日の東京株式市場で日経平均は続伸した。前週末の米国株の続伸で投資家心理が改善するなか、石油関連株には原油高を好感した買いが入った。出遅れ銘柄として割安感が意識された鉄鋼など資源関連株にも買いが広がった。19日の米国株の底堅さを好感した買いが先行した。運用リスクを積極的に取る動きが出て、時価総額の大きい金融株や不動産株が買いを集めた。NY原油先物が期近物として約1カ月ぶり高値をつけ、東京株式市場でも石油や鉄鋼など資源関連株が上昇した。25日の石油輸出国機構(OPEC)総会で主要産油国が協調減産を延長するとの観測が高まった。ただ買い一巡後は上値が重かった。ロシアを巡る米政治の不透明感が意識され、指数の上げ幅は限定的だった。これまで堅調だった通信株や食品株などには利益確定売りが出た。JPX日経インデックス400、TOPIXも続伸した。

市場からは「米国株高に支えられた。北朝鮮の弾道ミサイル発射(21日)の影響は今のところ見られない。米政治リスクは引き続き注目だが、米予算教書の提出(23日)で多少かわされるのではないか。ただ、予算の内容、その実行性は見極める必要がある」との声が聞かれた。

業種別では、新日鉄住金<5401>、JFE<5411>などの鉄鋼株が上昇。18年3月期は連結純利益10.0%増を見込み増配予定に自社株買い発表のSOMPOHD<8630>や、MS&AD<8725>などの保険株も高い。JPX<8697>、オリックス<8591>などのその他金融株も買われた。クボタ<6326>、三菱重工<7011>などの機械株も堅調。個別では、欠陥エアバッグの大規模リコールをめぐる米集団訴訟で自動車メーカー4社が和解合意と伝わり、前週末にストップ高したタカタ<7312>が引き続きストップ高。DLE<3686>、ユニデンHD<6815>、ディック<6143>、ホットランド<3196>などの上げも目立った。

半面、郵船<9101>、商船三井<9104>などの海運株がさえない。塩野義薬<4507>、田辺三菱<4508>などの医薬品株や、東レ<3402>などの繊維製品株も安い。個別では、野村証券が目標株価を引き下げたクラリオン<6796>が値下がり率トップ。18年3月期は連結営業利益17.3%減を見込むTYK<5363>や、インプレス<9479>、タクマ<6013>、セガサミーHD<6460>などの下げも目立った。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 5月22日(月)07時45分27秒
返信・引用 編集済
  本日の外資系動向                

  売り :       350万株       96億円
  買い :      550万株      172億円
  -------------------------------------
  差引 :     +200万株      +76億円

※外資系動向は業界関係者からヒアリングした非公式な情報です。

本日の株価材料(国内)

日経産業
・清水建<1803.T>などが樹脂吹き付けコンクリートの漏水防ぐ技術開発
・サンワテクノス<8137.T>が電子機器試作や少量生産の代行サービス開始
・島津製<7701.T>がエンジン内温度とCO2濃度同時に計測する技術開発

日刊工業
・トヨタ<7203.T>の欧州販売回復 2017年の販売100万台超視野に
・ユニプレス<5949.T>が三菱自<7211.T>系と車部品開発・生産で協業
・千葉銀<8331.T>が投信などの営業でAI活用
・レーザーテク<6920.T>がFPD用原版検査装置を改良
・住友電<5802>が旋削加工向け工具用新材種2種を発売

市場スケジュール(国内)

4月貿易統計(8:50)

市場スケジュール(海外)

米4月シカゴ連銀全米活動指数(21:30)

日本市場の主な決算発表銘柄社数  2件

アジア開発キャピ (9318)   ゼネラルオイスタ(3224)

------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

富士ソフト(9749)

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 5月20日(土)22時04分26秒
返信・引用 編集済
  勢いがあり、凄く綺麗なチャートになってるね、知らんかったなぁ。。。
懐かしいなぁ・・・2014.10月頃取り組んでいたんだな、監視銘柄からも外していたよ。
>心新たに参戦で~す♪   投稿者:濃姫  投稿日:2014年10月 6日(月)10時58分54秒

・日足では、4/13@2734を起点に上昇トレンド継続中だよ、この様な銘柄が・・・
 押したら参戦したいものだ、「押し目待ちに押し目無し」かな(爆笑)。

・月足で見ると、2011.03@922をボトムに4年間の上昇トレンドを形成してるよ。
 この勢いなら、節目2005.12@4150や2004.03@4800を上抜くのは時間の問題か。

・ファンダの一つ業績は? こりゃぁ素晴らしいね (^^♪
 何と言っても、EPSの推移が富士ソフト(9749)の成長度を表しているね。

2017.05.11【富士ソフト、1-3月期(1Q)経常は4%増益で着地】
富士ソフト <9749> が5月11日後場(14:30)に決算を発表。17年12月期第1四半期(1-3月)の連結経常利益は前年同期比4.0%増の23.1億円に伸び、1-6月期(上期)計画の39億円に対する進捗率は59.4%に達し、5年平均の51.7%も上回った。直近3ヵ月の実績である1-3月期(1Q)の売上営業利益率は前年同期の5.5%→5.1%に悪化した。株探ニュース

・第1四半期累計(1Q)決算【実績】
   決算期   売上高  営業益  経常益  最終益  1株益  進捗率  発表日
15.01-03   39,133   2,119   2,303   1,070    34.4   60.0  15/05/13
16.01-03   41,261   2,261   2,228   1,179    37.8   54.6  16/05/12
17.01-03   44,829   2,276   2,318   1,501    48.0   59.4  17/05/11
  前期比     +8.6    +0.7    +4.0   +27.3   +27.0

・通期実績推移及び予想
   決算期   売上高  営業益  経常益  最終益  1株益 1株配   発表日
  2015.12  153,661   8,418   9,093   4,922   158.1  28.00  16/02/10
  2016.12  164,218   8,798   9,166   5,042   161.6  29.00  17/02/14
予2017.12  168,000   9,000   9,300   5,100   163.1  30.00  17/02/14
   前期比     +2.3    +2.3    +1.5    +1.2    +0.9

月足チャート 2015.05.19現在
 

おはようございます(NY市場)

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 5月20日(土)08時04分59秒
返信・引用 編集済
  NY市場・前日(2017.05.19)の結果  続伸 !   嬉しいな

             Farst       High        Low         Last
☆NYダウ          20698.28    20857.13    20687.94    20804.84(+141.82)
☆S&P500          2371.37     2389.06     2370.43     2381.73(+ 16.01)
☆NYナス           6070.23     6106.55     6070.23     6083.70(+ 28.57)
☆CME225先物(円ベース)   19685       19695       19685       19685(+ 85.00)
    ※CME225先物は円建てであり、前日比は前日の大証日中終値比を記載
☆NY為替(ドル/円)    111.49      111.70      111.05      111.25(-  0.24)
☆原油先物(WTI)        49.28       50.49       49.28       50.33(+  0.98)
☆NY金先物(Gold)     1246.80     1256.40     1246.10     1253.60(+  0.80)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底1値ゾーン)
        NYダウ     ●○○●●●●○●●○○   5勝 7敗    41.67%(   0.00)
        ナスダック     ○○○○○●○○○●○○  10勝 2敗   83.33%(+  8.33)

※中国上海指数       3086.71    3095.48     3081.28     3090.63(+  0.49)
     サイコロジカル      ●●●○●○○○○●●○  6勝 6敗    50.00%(   0.00)

NY株式・為替・商品市場コメント
【NY株式概況】19日の米株式相場は続伸。ダウ平均は前日比141.82ドル高の2万0804.84ドルで終えた。原油先物相場の上昇を受けて、シェブロンなど資源関連株への買いが優勢となった。農機のディアなど好決算を発表した銘柄が大きく上昇し、米長期金利の低下が一服した。投資家心理が改善し、アップルなどの主力ハイテク株やJPモルガン・チェースなど金融株が買い戻されたことも相場を押し上げた。ナスダックは28.573P高の6083.703Pで終えた。
【CME225先物(円ベース)】日経平均先物は小幅続伸した。6月物は前日比80円高の1万9685円で引け、前日の大阪取引所の終値を85円上回った。原油高を受け米株が続伸し、日本株も連れ高した。半面、円相場の反発が上値を抑えた。トランプ米大統領のロシア疑惑が長引き、経済刺激策の実現が困難になるとの懸念も市場には根強い。この日の6月物高値は1万9745円、安値は1万9490円。推定売買高は4万5906枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)。
【NY為替(ドル/円)】NY外国為替市場で円相場は反発した。前日比25銭円高・ドル安の1ドル=111円20~30銭で取引を終えた。午前中は米株高を背景に低リスク通貨とされる円が売られる場面があった。だが、米紙の報道をきっかけに米政権とロシアの関係を巡る疑惑が一段と深まり、午後は円買い・ドル売りが優勢となった。NYタイムズ(電子版)など米メディアは19日午後、トランプ米大統領がFBIのコミ―長官を解任した翌日に、ロシア政府高官に対し解任理由がロシアを巡るFBIの捜査にあったことを臭わせていたと報じた。米政府はすぐに報道を否定したが、事実なら司法妨害となり米政権基盤が大きく揺らぐ。ロシア疑惑が深刻化すれば減税など景気刺激策の審議が遅れるとの観測が強まり、円買い・ドル売りが優勢になった。米金利が低位にとどまったことも円を支えた。市場では「金利の低さはFRBが見込む年3回の利上げが2回にとどまる可能性を映している」との声が聞かれた。米利上げが緩やかなペースにとどまるとの見方から、対円でドル買いに傾けた持ち高を減らす動きが出たという。原油先物相場が上昇し、ノルウェーのクローネやロシアのルーブル、カナダドルなど産油国通貨に対してドルが売られた。これが円に対するドル売りに波及した面もあった。円の高値は111円04銭、安値は111円67銭だった。
【NY為替(ユーロ/円)】円は対ユーロで続落した。前日比85銭円安・ユーロ高の1ユーロ=124円60~70銭で取引を終えた。ドルに対してユーロが大きく上昇し、円に対してもユーロ買いが波及した。
【NY原油先物】NYMEXで原油先物相場は3日続伸した。WTIで期近の6月物は前日比0.98ドル高の1バレル50.33ドルで取引を終えた。主要産油国が協調減産を延長し、原油需給の悪化に歯止めが掛かるとの期待から買いが優勢だった。原油先物は一時50.49ドルまで上昇し、期近物としては4月21日以来およそ1ヶ月ぶりの高値を付けた。OPECは25日の総会で6月末に期限を迎える協調減産について議論する。15日にはOPEC最大の産油国サウジアラビアと、非加盟国のロシアが減産を9ヶ月延長する方針で合意しており、市場は協調減産の延長が決まると確実視している。ロイター通信は19日に関係者の話として、OPEC総会では「米シェール企業を中心とした非加盟国の供給増で原油産出量の一段の削減も選択肢になる」と報じた。主要産油国が原油需給引き締めに積極的になるとの思惑が浮上し、原油先物の買いを誘った。だが、買い一巡後は伸び悩んだ。米石油サービス大手ベーカー・ヒューズが午後に発表した米石油掘削装置(リグ)の稼働数は18週続けて増加。前週比8基増の720基と、2015年4月17日以来ほぼ2年ぶりの高水準となった。シェール企業を中心に米国での増産が続き、OPECが減産しても需給の緩み解消には時間が掛かるとの見方が相場の重荷となった。ガソリンは続伸し、ヒーティングオイルは8日続伸した。
【NY金先物】NY金先物相場は小幅に反発した。COMEXで取引の中心である6月物は前日比0.8ドル高の1トロイオンス1253.6ドルで終えた。外国為替市場では主要通貨に対するドル安が進み、ドルの代替投資先とされる金には買いがやや優勢だった。ロシアを巡る疑惑で米政権運営に不透明感が残ることも金相場の支えとなった。しかし、相場の上値も限られた。19日は米株式相場が大きく上昇。投資家のリスク回避姿勢は和らいでおり、逃避資金の受け皿とされる金から資金が流出するとの見方が売りにつながった。銀とプラチナも反発した。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

本日の東京市場概況

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 5月19日(金)16時07分29秒
返信・引用 編集済
  東京市場・本日(2017.05.19)の結果  3日ぶり反発 !   嬉しいな 

            始値       高値      安値     終値
☆日経平均          19591.41     19628.64    19497.29   19590.76(+ 36.90)
☆TOPIX         1557.72      1562.08     1549.91    1559.73(+  4.72)
☆JPX400         13899.60     13952.64    13836.81   13929.80(+ 53.82)
☆東証一部出来高      19.09億株
☆東証一部売買代金   24077億円
☆騰落銘柄数         値上り    1090,   値下り    804,   変らず    121,
     ※為替は18:30以降に表示しています。
☆東京為替(ドル/円)     111.49      111.61     111.11      111.25(-  0.07)
          (ユーロ/円)     123.78      123.94     123.39      123.78(-  0.17)
☆騰落レシオ   (警戒水域 70.00%以下、130.00%以上)     130.04%(+  6.29)
☆RSI       (警戒水域  30.00%以下、 70.00%以上)      59.90%(-  4.20)
☆東証1単純平均                                       2772.18円(+  4.91)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底値ゾーン)
          N225    ○○○●○○●●○●●○    7勝 5敗   58.33%(+  8.33)
          TOPIX   ○○○●○○●●○●●○    7勝 5敗   58.33%(+  8.33)
          JPX400  ○○○●○○●○○●●○    8勝 4敗   66.67%(+  8.33)

東京株式・為替市場コメント
【東京株式概況】19日の東京株式市場で日経平均は3日ぶりに反発した。前日までの2日間で350円を超える下落となった反動もあり、自律反発を狙った買いが入った。取引終盤にかけて海外ヘッジファンドなどが空売りしていた金融株に買い戻しを入れ、日経平均は上げ幅を広げた。昨年の米大統領選へのロシアの関与疑惑がトランプ米政権を揺るがすなか、米経済政策の実施が遅れるとの懸念は強い。日経平均は朝高後にほどなく下げに転じる場面があった。後場は日銀の上場投資信託(ETF)買い観測が入ったとの見方から思惑的な買いが集まり、再び上昇した。株式市場では「積極的な売買を見送る動きが強かった一方、下値では機関投資家が押し目買いを入れる動きもあった」との指摘があった。JPX日経インデックス400、TOPIXも3日ぶりに反発した。

市場からは「チャート上では、アイランドリバーサル(離れ小島のような部分)の下限1万9700円どころを埋めてこないと先行きは何とも言えない。海外要因で短期的なヘッジファンドが仕掛け売りに動く可能性もある。ただ、国内的に問題はなく、冷静な判断が必要だろう」との声が聞かれた。

業種別では、第一生命HD<8750>、MS&AD<8725>などの保険株や、野村<8604>、大和証G<8601>などの証券商品先物株が上昇。国際帝石<1605>、石油資源<1662>などの鉱業株や、新日鉄住金<5401>、JFE<5411>などの鉄鋼株も堅調。三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>、みずほ<8411>などの銀行株も買われた。個別では、欠陥エアバッグの大規模リコールをめぐる米集団訴訟で自動車メーカー4社が和解合意と伝わり、思惑買いにタカタ<7312>がストップ高。アトラ<6029>、アイビーシー<3920>、Vコマース<2491>、Wスコープ<6619>などの上げも目立った。

半面、リクルートH<6098>、テンプHD<2181>などのサービス株が下落。関西電<9503>、大ガス<9532>などの電気ガス株や、凸版<7911>、大日印<7912>などのその他製品株も軟調。個別では、ジンズメイト<7448>、ソルクシーズ<4284>、T&Gニーズ<4331>、タクマ<6013>、スカパーJ<9412>などの下げが目立った。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 5月19日(金)07時17分44秒
返信・引用 編集済
  本日の外資系動向                

  売り :       680万株      118億円
  買い :     1220万株      170億円
  -------------------------------------
  差引 :     +540万株      +52億円

※外資系動向は業界関係者からヒアリングした非公式な情報です。

本日の株価材料(国内)

日経産業
・アビスト<6087.T>が音声認識・顔認証付き受付ロボ開発
・楽天<4755.T>が衣料通販販促でインスタ活用
・セ硝子<4044.T>がプロジェクター投映可能なガラス開発
・小森<6349.T>が印刷工場向けに稼働率高める運用支援開始
・大林組<1802.T>が遠隔で桟橋点検できるロボを製造

日刊工業
・住友電<5802.T>と日立造<7004.T>がバラスト水処理装置から撤退
・クラリオン<6796.T>が欧州メーカーから車載カメラシステム初受注
・紙パル商<8032.T>が洋紙納品でAI活用配送支援システムを試行運用
・ジェイテクト<6473.T>が欧州で車向け駆動部品の開発機能強化
・富士通<6702.T>がサービスロボ活用システム提案を本格始動

市場スケジュール(国内)

4月訪日外客数

市場スケジュール(海外)

イラン大統領選挙

日本市場の主な決算発表銘柄社数  30件

東京海上H (8766) MS&ADH (8725) SOMPOH (8630) 光通信 (9435)
鶴見製作所 (6351) 東北新社 (2329) シダックス (4837) チヨダウーテ (5387)
フリージアM(6343) 東京窯業(5363) アイレックス(6944) ミューチュアル(2773)
ヨシタケ (6488) JALCOH (6625) 東京コスモス電機 (6772)

------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます(NY市場)

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 5月19日(金)07時15分58秒
返信・引用
  NY市場・前日(2017.05.18)の結果  反発 !   嬉しいな

             Farst       High        Low         Last
☆NYダウ          20579.65    20759.20    20553.45    20663.02(+ 56.09)
☆S&P500          2354.69     2375.74     2352.72     2365.72(+  8.69)
☆NYナス           5998.46     6073.45     5996.82     6055.13(+ 43.89)
☆CME225先物(円ベース)   19440       19655       19285       19605(+ 35.00)
    ※CME225先物は円建てであり、前日比は前日の大証日中終値比を記載
☆NY為替(ドル/円)    110.83      111.74      110.24      111.46(+  0.63)
☆原油先物(WTI)        48.93       49.60       48.05       49.35(+  0.28)
☆NY金先物(Gold)     1261.40     1265.00     1245.70     1252.80(-  5.90)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底1値ゾーン)
        NYダウ     ○●○○●●●●○●●○   5勝 7敗    41.67%(   0.00)
        ナスダック     ●○○○○○●○○○●○   9勝 3敗   75.00%(   0.00)

※中国上海指数       3082.33    3103.44     3077.96     3090.14(- 14.30)
     サイコロジカル      ○●●●○●○○○○●●  6勝 6敗    50.00%(-  8.33)

NY株式・為替・商品市場コメント
【NY株式概況】18日の米株式市場でダウ平均は3日ぶりに反発した。前日比56.09ドル高の2万0663.02ドルで終えた。前日に急落した反動で、下げの大きかった銘柄を中心に買い戻しが入り相場を支えた。四半期決算を手掛かりに小売りのウォルマート・ストアーズが買われて相場上昇をけん引し、ダウ平均の上げ幅は一時150ドルを超えた。ウォルマートは朝方発表した2017年2-4月期決算で1株利益が市場予想を上回ったのが好感され、3%超上昇した。前日に大きく下げたアップルへの買い戻しも目立ち、2銘柄でダウ平均をおよそ30ドル分押し上げた。ナスダックも反発した。前日比43.894P高い6055.130Pで終えた。前日に急落したエヌビディアなど半導体株の持ち直しが指数の上昇をけん引した。フェイスブックやアマゾン・ドット・コムなど主力のハイテク株が軒並み上げたことも相場上昇に寄与した。
【CME225先物(円ベース)】日経平均先物は反発した。6月物は前日比150円高の1万9605円で終え、大阪取引所の終値を35円上回った。トランプ米大統領のロシア疑惑を受け前日に急伸した円が反落したうえ、米株式も反発し、買われた。前日に大幅安となった反動で自律反発を見込んだ買いも入った。6月物高値は1万9655円、安値は1万9285円。取引は活況で、推定売買高は8万7068枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)。
【NY為替(ドル/円)】NY外国為替市場で円相場は3日ぶりに反落した。前日比65銭の円安・ドル高の1ドル=111円45~55銭で取引を終えた。米株式相場の下げ止まりを背景に低金利で投資資金の調達通貨とされる円には売りが優勢だった。だが、米政治の先行き不透明感が嫌気され、欧州の取引時間帯には一時110円24銭と4月25日以来およそ3週ぶりの円高・ドル安水準を付けた。トランプ米政権とロシア政府との関係を巡る疑惑について、17日に米司法省が特別検察官を任命したと発表した。超党派の特別捜査官の設置で捜査は新たな局面を迎えた。真相解明には時間が掛かるとみられるものの、市場では米政治混乱に歯止めが掛かるとの見方もあった。この日はダウ平均が一時150ドル超上昇するなど株式相場が反発し、米金利も小幅に水準を切り上げた。過度に弱気に傾いていた投資家心理がやや改善し、リスク回避の際に資金が流入しやすい円の売りにつながった。米景気指標の改善も円相場の重荷となった。5月の米フィラデルフィア連銀の製造業景況指数が大幅に改善し、市場予想を上回った。週間の米新規失業保険申請件数も市場予想以上に減り、米景気先行きへの期待が円売り・ドル買いにつながった。米クリーブランド連銀のメスター総裁は講演で「米景気が予測に沿うなら、利上げで金融緩和を縮小する必要がある」などと語った。同総裁は年内のFOMCで投票権を持たないが、追加利上げの可能性を改めて意識したドル買いを誘い、円は一時111円74銭まで下げ幅を広げた。もっとも、円は下値も堅かった。ロシア疑惑を巡る捜査の進展次第で、米政治が混迷を極める可能性が残る。米議会の反発で減税などの米景気刺激策の実現時期も遅れるとの見方は多く、積極的にドルを買う市場参加者は少なかった。NY市場での円の高値は110円48銭だった。
【NY為替(ユーロ/円)】円は対ユーロで反落し、前日比15銭の円安・ユーロ高の1ユーロ=123円75~85銭で取引を終えた。
【NY原油先物】NYMEXで原油先物相場が続伸した。WTIで期近の6月物は前日比0.28ドル高の1バレル49.35ドルで終えた。OPEC総会を25日に控え、主要産油国による協調減産の延長決定を期待した買いが優勢だった。OPEC総会は6月末に期限を迎える協調減産の延長で合意するとみられている。一部報道によると、サウジアラビアとロシアが合意した2018年3月まで9ヶ月間の延長に対し、クウェートやベネズエラなどの一部産油国が支持したという。需給改善の取り組みが強化されるとの期待が強まり、原油先物には売り持ち高を縮小する買い戻しが広がった。18日発表のフィラデルフィア連銀の製造業景況指数は5月がプラス38.8と前月から大きく上昇し、市場予想を上回った。4月の米景気先行指標総合指数も小幅ながら上昇。米景気改善に伴いエネルギー需要が増えるとの観測も原油相場を押し上げた。ガソリンは反発し、ヒーティングオイルは7日続伸した。
【NY金先物】金先物相場は7営業日ぶりに反落した。COMEXで取引の中心である6月物は前日比5.9ドル安の1トロイオンス1252.8ドルで終えた。前日に急落した米株式相場が持ち直したのを受け、大きく上昇していた金には反動から売りが出た。だが、下値も限られた。トランプ米大統領とロシアとの関係を巡る疑惑などへの警戒から現物資産の裏付けがある金には逃避資金の受け皿としての需要が強い。買いが優勢だった早朝の時間外取引では一時1265.0ドルと中心限月としては1日以来およそ2週ぶりの高値を付けていた。銀も7営業日ぶりに反落し、プラチナは4営業日ぶりに反落した。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

本日の東京市場概況

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 5月18日(木)15時45分37秒
返信・引用 編集済
  東京市場・本日(2017.05.18)の結果  大幅続落 !    嫌になっちゃう~

            始値       高値      安値     終値
☆日経平均          19556.99     19601.53    19449.73   19553.86(-261.02)
☆TOPIX         1554.25      1558.91     1547.99    1555.01(- 20.81)
☆JPX400         13874.52     13914.85    13814.26   13875.98(-187.88)
☆東証一部出来高      21.85億株
☆東証一部売買代金   27198億円
☆騰落銘柄数         値上り    370,   値下り    1574,   変らず    71,
     ※為替は18:30以降に表示しています。
☆東京為替(ドル/円)     110.82      111.42     110.54      111.31(-  0.98)
          (ユーロ/円)     123.69      124.11     123.43      123.97(-  0.76)
☆騰落レシオ   (警戒水域 70.00%以下、130.00%以上)      123.75%(- 11.65)
☆RSI       (警戒水域  30.00%以下、 70.00%以上)      64.10%(- 14.80)
☆東証1単純平均                                       2767.27円(- 25.80)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底値ゾーン)
          N225    ●○○○●○○●●○●●    6勝 6敗   50.00%(   0.00)
          TOPIX   ●○○○●○○●●○●●    6勝 6敗   50.00%(   0.00)
          JPX400  ●○○○●○○●○○●●    7勝 5敗   58.33%(   0.00)

東京株式・為替市場コメント
【東京株式概況】18日の東京株式市場で日経平均は大幅に続落した。2日以来、およそ半月ぶりの安値。トランプ米大統領とロシアの不透明な関係を巡る「ロシアゲート」問題への懸念が強まり、外国為替市場で円相場が1ドル=111円前後まで強含んだ。海外ヘッジファンドの売りが膨らんだほか、国内機関投資家が、景気敏感株の持ち高を減らし、ディフェンシブ銘柄を増やす動きが広がった。一時360円程度安い水準まで下げた。JPX日経インデックス400、TOPIXも続落した。前場中ごろ以降は、空売りしていた投資家の買い戻しが入り、指数を下支えした。JTや花王といったディフェンシブ銘柄の一角には機関投資家の買いが入った。個人投資家の押し目買い意欲も旺盛だった。

市場では「個人投資家は日経平均が2万円の手前でもみ合うなか、買いポジションを外す動きを進めていたことから、今回の調整を冷静にみているようだ」との声が聞かれた。

業種別では、第一生命HD<8750>、東京海上<8766>などの保険株や、三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>などの銀行株が下落。大和証G<8601>や野村<8604>などの証券株や、出光興産<5019>、JXTG<5020>などの石油石炭製品株も安い。旭硝子<5201>、太平洋セメ<5233>などのガラス土石株や、DMG森精機<6141>、コマツ<6301>などの機械株も軟調。日立<6501>、三菱電機<6503>などの電機株や、オリンパス<7733>、HOYA<7741>などの精密機器株も安い。

個別では、JACR<2124>、関電化<4047>、ルック<8029>、出光興産<5019>、ペガサス<6262>などが下げた。半面、ソルクシーズ<4284>、沢藤電機<6901>、エムアップ<3661>、enish<3667>、オプティム<3694>などが上昇した。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

NY急落!!!

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 5月18日(木)08時35分29秒
返信・引用
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170518-00000016-reut-bus_all

[ニューヨーク 17日 ロイター] - 終盤のNY外為市場では、ロシアの米大統領選関与疑惑を巡りトランプ大統領に対する弾劾裁判の可能性が持ち上がったことなどを受けて、ドルが主要通貨に対し売られた。一方、比較的安全な資産とされる円に投資資金が流入し、ドル/円<JPY=>は一時、1.95%安の110.93円をつけた。(ロイター:5/18 8:04 掲載)

>トランプ大統領の失脚 投稿者:濃姫 投稿日:2017年 5月17日(水)00時00分59秒

 
    (濃姫) CME▲315を受け、東京市場はサヤ寄せで▲258のスタートだよ。

為替が@110台と急騰!N225はどこまで下がるか?トランプ政権に対する不透明感が払しょくされるまで、様子見だね。
ここの所2万円を目前にこう着が続いていたが、窓を空けての大幅下落で、大きなシコリを残す形になるだろうね。
 

おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 5月18日(木)07時47分24秒
返信・引用 編集済
  本日の外資系動向                

  売り :       790万株      136億円
  買い :      930万株      144億円
  -------------------------------------
  差引 :     +140万株       +8億円

※外資系動向は業界関係者からヒアリングした非公式な情報です。

本日の株価材料(国内)

日経産業
・ローム<6963.T>がシンガポール研究機関とAI搭載LSIを開発
・ユーグレナ<2931.T>がバイオジェット燃料の実証工場建設
・DIC<4631.T>が中空糸膜モジュールの生産増強
・キッコーマン<2801.T>が洗浄度検査装置を医療に応用
・日ユニシス<8056.T>が訪日客向けタブレット活用観光支援を開発

日刊工業
・安川電<6506.T>と美的集団が共同開発した医療・介護機器市場投入へ
・NTN<6472.T>が毎分2万回転のプーリー用軸受け開発
・丸紅<8002.T>系が通関業子会社を吸収合併し貨物利用運送を強化
・NTTドコモ<9437.T>が販売店での端末やサービスの売り方を転換
・THK<6481.T>が直動案内機器とAIなど融合で得られる情報を活用

市場スケジュール(国内)

1~3月期GDP(8:50)
4月首都圏新規マンション発売(13:00)

市場スケジュール(海外)

米5月フィラデルフィア連銀製造業景況指数(21:30)
米4月CB景気先行総合指数(23:00)

日本市場の主な決算発表銘柄社数  11件

ニュートンFC (7169) イチケン (1847) うかい (7621) 旭コンクリート(5268)
大同信号 (6743) ニレコ (6863) 日本ラッド (4736) INEST (3390)
特殊電極 (3437) 光陽社 (7946) 創健社 (7413)

------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます(NY市場)

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 5月18日(木)07時46分0秒
返信・引用 編集済
  NY市場・前日(2017.05.17)の結果  大幅続落 !   嫌になっちゃう~

             Farst       High        Low         Last
☆NYダウ          20846.17    20846.17    20601.08    20606.93(-372.82)
☆S&P500          2382.95     2384.87     2356.21     2357.03(- 43.64)
☆NYナス           6108.62     6122.87     6009.48     6011.24(-153.63)
☆CME225先物(円ベース)   19825       19845       19445       19455(-315.00)
    ※CME225先物は円建てであり、前日比は前日の大証日中終値比を記載
☆NY為替(ドル/円)    113.12      113.13      110.89      110.96(-  2.16)
☆原油先物(WTI)        48.23       49.50       48.03       49.07(+  0.41)
☆NY金先物(Gold)     1237.20     1261.30     1236.30     1258.70(+ 22.30)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底1値ゾーン)
        NYダウ     ○○●○○●●●●○●●   5勝 7敗    41.67%(   0.00)
        ナスダック     ○●○○○○○●○○○●   9勝 3敗   75.00%(-  8.33)

※中国上海指数       3107.80    3119.58     3101.30     3104.44(-  8.52)
     サイコロジカル      ○○●●●○●○○○○●  7勝 5敗    58.33%(-  8.33)

NY株式・為替・商品市場コメント
【NY株式概況】17日の米株式市場でダウ平均は急落した。前日比372.82ドル安の2万0606.93ドルで終え、4月21日以来およそ1ヶ月ぶりの安値を付けた。米政治の混乱で景気刺激策の実施は遅れるとの警戒から売りが広がった。米金利低下が金融株の売りを促したほか、過去最高値圏を維持してきたハイテク株に利益を確定する動きが活発になったのも相場を下押しし、ダウ平均の下げ幅は昨年9月9日以来およそ8ヶ月ぶりの大きさとなった。米メディアはトランプ米大統領がコミー前FBI長官に対し、ロシアとの不透明な関係が疑われたフリン前大統領補佐官に関する捜査を終結するよう求めていたと相次いで伝えた。トランプ氏にはロシアへの機密情報の漏洩疑惑も浮上しており、米議会の追及が強まれば減税やインフラ投資など景気刺激策の実施は遅れるとの見方が株式の売りを誘った。市場心理の冷え込みを受け、ナスダックは4日ぶりに急反落。前日比158.634P安の6011.236Pで終え、下げ幅は2016年6月24日以来およそ11ヶ月ぶりの大きさとなった。前日まで連日で過去最高値を更新していた反動もあって指数の上げを主導してきたアップルのほか、フェイスブックやアマゾン・ドット・コムといった主力株に利益確定の売りが加速した。
【CME225先物(円ベース)】日経平均先物は大幅続落しこの日の安値圏で引けた。6月物は前日比400円安の1万9455円で引け、同限月の終値ベースで1日以来の安値を付けた。大阪取引所の終値を315円下回った。トランプ米大統領のロシア疑惑を受け円高と米株安が進み、売られた。複数の米メディアがトランプ氏のロシアへの機密情報漏洩やFBIへの捜査介入を報じ、政治の混乱により経済政策の実現が難しくなるとの懸念が広がった。この日の6月物安値は1万9445円、高値は1万9845円。取引は活況で、推定売買高は8万534枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)。
【NY為替(ドル/円)】NY外国為替市場で円相場は急伸し、前日比2円25銭円高・ドル安の1ドル=110円80~90銭で取引を終えた。米トランプ政権とロシア政府との関係を巡る疑惑から米政治の不透明感が強まり、主要通貨に対しドル売りが広がった。米株式相場が急落し、投資家のリスク回避姿勢が強まったため低金利で調達通貨とされやすい円の買いが膨らんだ。一時は110円79銭と4月25日以来、約3週間ぶりの円高・ドル安水準を付けた。米メディアが16日夕、トランプ米大統領がFBIコミー長官に、フリン前大統領補佐官のロシアとの関係を巡る捜査を終了するように圧力をかけていた可能性があると報じた。トランプ大統領は前週にコミー長官を解任しており、ロシア疑惑の捜査を妨害した可能性が指摘されている。15日には機密情報をロシア政府に漏らした疑いも浮上していた。米議会でも大統領への批判が強まっており、米政治が混乱するとの懸念が広がった。安全資産とされる米国債に買いが膨らんだことで米金利が急低下し、日米金利差の縮小を手がかりとした円買いも入った。午後に米国株が下げ幅を拡大すると、円は上げ幅を広げた。円の安値は112円35銭だった。
【NY為替(ユーロ/円)】円は対ユーロで4営業日ぶりに反発し、前日比1円70銭円高・ユーロ安の1ユーロ=123円60~70銭で取引を終えた。
【NY原油先物】NYMEXで原油先物相場は反発した。WTIで期近の6月物は前日比0.41ドル高の1バレル49.07ドルで取引を終えた。EIAが発表した週間の石油在庫統計を受けて、原油需給の緩和観測がやや後退し買いが優勢になった。石油在庫統計では原油在庫が前週から減った。減少幅は市場予想より小さかったが、前日夕発表の米石油協会(API)のデータほど需給緩和を示さなかったと受け止められた。EIAの統計で原油を精製して作られるガソリンやヒーティングオイルの在庫が減少していたことも、原油の買い戻しにつながった。25日のOPEC総会で、非加盟国のロシアなどを含む有力産油国の協調減産の継続が正式に決まるとの観測も相場を支えた。もっとも、相場の上値は重かった。米国内のシェール増産などを背景に原油在庫は長い間高止まりするとの観測が根強く、積極的な買いは限られたという。ガソリンは6営業日ぶりに小反落した。在庫統計を受けて買いが先行したが、次第に利益確定目的の売りに押された。ヒーティングオイルは6日続伸した。
【NY金先物】NY金先物相場は6日続伸した。COMEXで取引の中心である6月物は前日比22.3ドル高の1トロイオンス1258.7ドルで終えた。トランプ米政権のロシア関与疑惑が深刻化するとの警戒感から米株式相場が急落した。投資家が運用リスク避けて、逃避資金の受け皿となりやすい金を買う動きが広がった。外国為替市場でドルが対円やユーロなどで大きく下げたことも、ドルの代替投資先とされる金の買いを促した。銀は6日続伸し、プラチナは3日続伸した。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

本日の東京市場概況

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 5月17日(水)15時40分28秒
返信・引用 編集済
  東京市場・本日(2017.05.17)の結果  反落 !    嫌になっちゃう~

            始値       高値      安値     終値
☆日経平均          19806.78     19842.78    19764.63   19814.88(-104.94)
☆TOPIX         1575.77      1577.65     1572.37    1575.82(-  8.41)
☆JPX400         14064.32     14078.46    14030.42   14063.86(- 80.11)
☆東証一部出来高      19.64億株
☆東証一部売買代金   24927億円
☆騰落銘柄数         値上り    630,   値下り    1287,   変らず    98,
     ※為替は18:30以降に表示しています。
☆東京為替(ドル/円)     113.12      113.14     112.27      112.29(-  1.05)
          (ユーロ/円)     125.37      125.41     124.73      124.73(-  0.11)
☆騰落レシオ   (警戒水域 70.00%以下、130.00%以上)     135.40%(- 10.34)
☆RSI       (警戒水域  30.00%以下、 70.00%以上)     78.90%(-  7.70)
☆東証1単純平均                                       2793.07円(-  6.96)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底値ゾーン)
          N225    ●●○○○●○○●●○●    6勝 6敗   50.00%(-  8.33)
          TOPIX   ●●○○○●○○●●○●    6勝 6敗   50.00%(-  8.33)
          JPX400  ●●○○○●○○●○○●    7勝 5敗   58.33%(-  8.33)

東京株式・為替市場コメント
【東京株式概況】17日の東京株式市場で日経平均は反落した。円相場の一段高を嫌気した売りが輸出や資源関連、金融などの景気敏感株に広がった。一方、内需関連株には買いが入り、下値を支えた。外国為替市場で円相場が1ドル=112円台前半まで円高・ドル安が進んだ。トランプ米大統領による情報漏洩疑惑から円買い・ドル売り圧力が強まった。輸送用機器をはじめと輸出関連は売りが優勢だった。ドル売りに伴い米長期金利が下落し、保険株が大きく下げた。NYの原油先物相場が時間外取引で下落したため、石油石炭商品や商社など資源関連株も安かった。半面、食料品や電気・ガス業などの内需関連株には買いが入った。市場では「業績が好調な内需株の一角には海外投資家を中心とした買いが入っている」との声があった。JPX日経インデックス400、TOPIXは反落した。

市場からは「円高や、トランプ米大統領によるロシアへの機密情報漏えい報道など海外要因に不透明感はあるが、国内的に悪い材料はない。過熱感はあるが、25日線と75日線が上向きでゴールデンクロスの方向にあり、13週線と26週線はデッドクロス回避の格好となっており、弱気になりにくい面がある」との声が聞かれた。

業種別では、出光興産<5019>、JXTG<5020>、コスモエネH<5021>などの石油石炭製品株や、商船三井<9104>、郵船<9101>などの海運株が下落。第一生命HD<8750>、T&DHD<8795>などの保険株も売られた。野村<8604>、大和証G<8601>などの証券商品先物株もさえない。個別では、18年3月期は連結営業利益37.2%減を見込み減配予定の旭ダイヤ<6140>が大幅安。18年3月期は連結営業利益9.9%減を見込む住友精化<4008>や、DLE<3686>、ダイコク電<6430>、アルコニクス<3036>などの下げも目立った。

半面、野村証券が目標株価を引き上げた森永菓<2201>や、味の素<2802>、JT<2914>などの食料品株が上昇。東ガス<9531>、大ガス<9532>などの電気ガス株も堅調となり、任天堂<7974>、ピジョン<7956>などのその他製品株も高い。個別では、18年3月期(13ヶ月11日間の変則決算)の単体業績予想で黒字を見込むジンズメイト<7448>が一時、連日のストップ高。オルトプラス<3672>、エムアップ<3661>、ヨコオ<6800>、エスクロAJ<6093>などの上げも目立った。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 5月17日(水)07時55分7秒
返信・引用 編集済
  本日の外資系動向                

  売り :      1070万株       136億円
  買い :     1390万株       294億円
  --------------------------------------
  差引 :     +320万株      +158億円

※外資系動向は業界関係者からヒアリングした非公式な情報です。

本日の株価材料(国内)

日経産業
・エイチーム<3662.T>がアプリの主要開発拠点を拡大
・トクヤマ<4043.T>がセメント工場でロボによる品質管理導入
・日ピストン<6461.T>がカムシャフトの生産能力増強
・エレコム<6750.T>がジェットコースター体験VR機器を拡充

日刊工業
・日立造<7004.T>が日本橋梁と鋼橋製造で業務提携
・エプソン<6724.T>がプロジェクター用TFT液晶パネル増産
・ゼンリン<9474.T>系がAIで自然な対話できるカーナビ導入
・カプコン<9697.T>がゲーム課金など調査でデータアナリスト育成
・カネカ<4118.T>が欧州でバイオ医薬品の製造受託強化

市場スケジュール(国内)

3月機械受注(8:50)

日本市場の主な決算発表銘柄社数  2件

相模ゴム工業 (5194) フジプレアム (4237)

------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます(NY市場)

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 5月17日(水)07時50分19秒
返信・引用
  NY市場・前日(2017.05.16)の結果  小反落 !   嫌になっちゃう~

             Farst       High        Low         Last
☆NYダウ          20984.48    21033.53    20932.88    20979.75(-  2.19)
☆S&P500          2404.55     2405.77     2396.05     2400.67(-  1.65)
☆NYナス           6160.52     6170.16     6139.10     6169.87(+ 20.20)
☆CME225先物(円ベース)   19960       19995       19810       19855(- 25.00)
    ※CME225先物は円建てであり、前日比は前日の大証日中終値比を記載
☆NY為替(ドル/円)    113.79      113.80      112.93      113.04(-  0.75)
☆原油先物(WTI)        48.82       49.38       48.20       48.66(-  0.19)
☆NY金先物(Gold)     1230.80     1239.10     1230.00     1236.40(+  6.40)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底1値ゾーン)
        NYダウ     ●○○●○○●●●●○●   5勝 7敗    41.67%(   0.00)
        ナスダック     ○○●○○○○○●○○○  10勝 2敗   83.33%(+  8.33)

※中国上海指数       3082.27    3113.51     3060.53     3112.96(+ 22.74)
     サイコロジカル      ○○○●●●○●○○○○  8勝 4敗    66.67%(   0.00)

NY株式・為替・商品市場コメント
【NY株式概況】16日の米株式市場ではダウ平均が小反落し、前日比2.19ドル安の2万0979.75ドルで終えた。米メディアがトランプ大統領がロシアに機密情報を漏らしたと報じ、米政治の不透明感が意識されて相場の重荷となった。ただ、下値は堅く、ダウ平均は上げる場面もあった。ホームセンターのホーム・デポが好決算を発表したほか、4月の米鉱工業生産指数が市場予想以上に上昇したことなどを好感した買いが入った。ナスダックは3日続伸し、同20.196P高の6169.870Pで終えた。小幅ながら、連日で過去最高値を更新した。
【CME225先物(円ベース)】日経平均先物は反落した。6月物は前日比90円安の1万9855円で引け、前日の大阪取引所の終値を25円下回った。円高やダウ平均の下げが嫌気された。トランプ米大統領がロシアに機密情報を漏らしたと伝わり、米政権の先行き不透明感が広がったことも重荷となった。ただ、米株相場の下値は堅く、日経平均先物の下げ幅も限られた。この日の6月物安値は1万9810円、高値は1万9995円。推定売買高は3万9240枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)。
【NY為替(ドル/円)】NY外国為替市場で円相場は反発した。前日比70銭の円高・ドル安の1ドル=113円05~15銭で終えた。米政治情勢の混迷で景気刺激策への期待が薄らいだうえ、米住宅指標も低調な結果となり、円を含む主要通貨に対するドル安が進んだ。トランプ米大統領が過激派組織「イスラム国」関連の機密情報をロシアに漏らした疑いが浮上した。前週には大統領選へのロシア政府の干渉疑惑を捜査していたFBI長官の解任が物議を醸した。米議会の追及が強まれば、トランプ政権の経済政策の決定が遅れるとの見方が広がった。16日発表の4月の米住宅着工件数は前月比2.6%減だった。市場予想(3.7%増)に反して減り、先行指標である住宅着工許可件数も減少した。好調な住宅投資に陰りが出るとの観測もドル売りを誘い、総合的な強さを示すドル指数は昨年11月9日以来およそ半年ぶりの水準まで低下する場面があった。もっとも、円は対ドルで伸び悩む場面もあった。ナスダックが連日で過去最高値を更新するなど、良好な企業業績に後押しされて米株式相場は底堅く推移している。市場心理は弱気に傾きにくく、投資資金の調達通貨とされる円には売りも出た。円の高値は112円93銭、安値は113円68銭だった。
【NY為替(ユーロ/円)】円は対ユーロで3日続落し、前日比50銭円安・ユーロ高の1ユーロ=125円30~40銭で終えた。
【NY原油先物】NYMEXで原油先物相場は5営業日ぶりに反落した。WTIで期近の6月物は、前日比0.19ドル安の1バレル48.66ドルで取引を終えた。主要産油国が減産を続けても、原油在庫の減少に時間がかかるとの観測から売りが優勢になった。協調減産の延長期待を背景に4日続伸した後だけに利益確定売りも出やすかった。EIAは16日に発表したリポートで、原油在庫の減少には時間がかかるとの見方を示した。OPEC加盟国や、ロシアなどの非加盟国が減産延長で合意しても「2017年末の原油在庫は過去5年平均まで減らず、一段の在庫減には踏み込んだ対策が必要」と指摘した。朝方は上昇する場面があった。ロシアとOPECで最大の産油国サウジアラビアが15日、協調減産を続ける方針で一致した。25日のOPEC総会で協調減産の継続を協議する予定で、減産継続による需給改善の期待感から買いが先行した。ガソリンとヒーティングオイルは5日続伸。
【NY金先物】NY金先物相場は5日続伸した。COMEXで中心限月の6月物は、前日比6.4ドル高の1トロイオンス1236.4ドルで終えた。ドルがユーロなど幅広い通貨に対して下落し、ドルの代替投資先としてドル相場と逆の値動きになりやすい金に資金が流入した。米商務省が発表した4月の住宅着工件数は前月から市場予想に反して減少し、先行指標である着工許可件数も減少した。米住宅市場の活況にブレーキがかかるとの見方が広がった。複数の米メディアがトランプ米大統領がロシアに機密情報を漏らしたと伝え、米政治の不透明感が広がったのもドル売りを誘った。銀も5日続伸し、プラチナは続伸した。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

トランプ大統領の失脚

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 5月17日(水)00時00分59秒
返信・引用 編集済
  GDP1位で世界の警察だった米国が「アメリカ第一主義」と内向きで良いのだろうか?
中国は米国をあざ笑って「一帯一路」でグローバル経済(自由貿易)を推し進めているよ。
トランプは弾劾されるかも・・・
     http://i.mag2.jp/r?aid=a591909ec893bf

・ロシア・ラブロフ外相への機密情報漏えい
  (イスラム国の機密情報を自慢げに語った)
・コミーFBIコミー長官の解任
  (ロシアとの不適切な関係を調査中に突然解任した)
・ハネムーン期間を過ぎたのに幹部人事の大半が決まっていない
  (トランプのやりたい政策の詳細が作れない)
・議会の反発、特に共和党主流派との関係悪化
  (1兆ドルのインフラ投資、大型減税を含んだ予算案の見通しが立たない)
・マスコミ批判・今後、記者会見の中止するという
  (国民の知る権利を侵している)

その他、揚げればキリがないね(苦笑)。所詮、不動産成金、資質がないのかな?
    
 

25dが上向きGC寸前になったよ(喜)。

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 5月16日(火)19時47分49秒
返信・引用
      長谷工コーポ(1808/T) マンション建設関連

4/11@1139をボトムに上昇トレンドを形成してるよ。
昨日5/15、近時の節目(3/2@1358)を上抜いたね。
次の節目は、2015.12.04@1435だ、更に、2015.08@1699を目指せよ。

日足チャート 2015.05.16現在
 

振り返ると・・・長期投資になったね (^^♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 5月16日(火)19時25分31秒
返信・引用 編集済
        ケネディクス(4321/T) 目覚めよ不動産ファンド!

売買譜を見ているが、2014.08月から参戦してるよ、「種玉・ツナギ手法」で稼いだなぁ。

ところで、週足をご覧あれ、本日5/16、節目(2015.5.29@551)を上抜いたよ。
次の節目(2015.02.27@570)は間近、さあ、2014.11.21@669を目指すよ。
本日、遊撃玉が散ったことは言うまでもない、そして後場@552で再編したよ。

あはっ、種玉は信用担保の現物だよ、ここは取り組んで2.5年経過してるからね。

週足チャート 2017.05.16現在
 

本日の東京市場概況

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 5月16日(火)15時41分51秒
返信・引用 編集済
  東京市場・本日(2017.05.16)の結果  反発 !    嬉しいな 

            始値       高値      安値     終値
☆日経平均          19953.06     19998.49    19862.41   19919.82(+ 49.97)
☆TOPIX         1587.79      1590.70     1580.46    1584.23(+  4.23)
☆JPX400         14183.10     14209.13    14111.69   14143.97(+ 30.51)
☆東証一部出来高      21.74億株
☆東証一部売買代金   26603億円
☆騰落銘柄数         値上り    1130,   値下り    767,   変らず    118,
     ※為替は18:30以降に表示しています。
☆東京為替(ドル/円)     113.78      113.79     113.26      113.34(-  0.28)
          (ユーロ/円)     124.88      124.96     124.60      124.84(+  0.52)
☆騰落レシオ   (警戒水域 70.00%以下、130.00%以上)     145.74%(+ 13.32)
☆RSI       (警戒水域  30.00%以下、 70.00%以上)     86.60%(-  1.00)
☆東証1単純平均                                       2800.03円(+  9.72)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底値ゾーン)
          N225    ○●●○○○●○○●●○    7勝 5敗   58.33%(   0.00)
          TOPIX   ○●●○○○●○○●●○    7勝 5敗   58.33%(   0.00)
          JPX400  ○●●○○○●○○●○○    8勝 4敗   66.67%(   0.00)

東京株式・為替市場コメント
【東京株式概況】16日の東京株式市場で日経平均は3営業日ぶりに反発した。15日の米国株高や原油価格の上昇で投資家心理が改善し、海外投資家の買いが入った。日経平均は朝方に1万9998円まで上昇し、節目の2万円に迫った。その後は利益確定の売りも出て伸び悩んだ。日経平均先物6月物が午前に2万円へ上昇した場面で、利益確定の売りが膨らんだ。国内機関投資家からも主力株に売りが出て、日経平均は午前の取引終了間際には小幅安に転じる場面もあった。午後は1万9900円前後で小幅な動きだった。JPX日経インデックス400は続伸、TOPIXは3日ぶりに反発した。

市場からは「日経平均2万円を前に上値が重い。時価総額の大きい自動車、銀行の2大セクターの頭が重く、指数も抑えられている。米長期金利上昇、円安の流れにならないと大台突破に進みにくい」との声が聞かれた。

業種別では、王子HD<3861>、日本紙<3863>などのパルプ紙株が堅調。JXTG<5020>、出光興産<5019>などの石油石炭製品株も引き締まり、味の素<2802>、アサヒ<2502>、JT<2914>などの食料品株も買われた。個別では、18年3月期は連結営業利益8倍超を見込むクボテック<7709>がストップ高。18年3月期(13ヶ月11日間の変則決算)の単体業績予想で黒字を見込むジンズメイト<7448>や、第1四半期(17年1-3月)の連結決算で営業利益4.8倍のRSTECH<3445>もストップ高。18年3月期は連結営業利益2倍超を見込むユニデンHD<6815>や、enish<3667>、エラン<6099>などの上げも目立った。

半面、国際帝石<1605>、石油資源<1662>などの鉱業株が軟調。住友不<8830>、野村不HD<3231>などの不動産株や、T&DHD<8795>、MS&AD<8725>などの保険株も売られた。個別では、17年6月期の連結業績予想を下方修正して一転赤字見通しのDLE<3686>がストップ安。経営再建が厳しい東芝<6502>(監理)や、18年3月期は単体営業利益23.2%減を見込むDVx<3079>も下落。ペガサス<6262>、黒田電<7517>、タカラレベン<8897>などの下げも目立った。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

決算発表は概ね出揃ったかな

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 5月16日(火)08時52分42秒
返信・引用 編集済
          三菱UFJ(8306/T)     金融株のリーダー

【前期経常は12%減益で着地・1-3月期(4Q)経常は25%減益、今期業績は非開示】

三菱UFJフィナンシャル・グループ <8306> が5月15日大引け後(16:30)に決算を発表。17年3月期の連結経常利益は前の期比11.6%減の1兆3607億円に減った。なお、18年3月期の業績見通しについては配当(18円)以外は開示しなかった。直近3ヵ月の実績である1-3月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比25.2%減の1485億円に減った。 株探ニュース
・通期実績推移及び今期予想
   決算期   売上高  営業益   経常益     最終益  1株益 1株配   発表日
  2015.03 5,638,402   -   1,713,001  1,033,759   73.2  18.00  15/05/15
  2016.03 5,714,419   -   1,539,486    951,402   68.5  18.00  16/05/16
  2017.03 5,979,568   -   1,360,767    926,440   68.3  18.00  17/05/15
   前年比      +4.6   -       -11.6       -2.6   -0.3
予2018.03      -     -       -         -       -   18.00  17/05/15
   前年比      -     -       -         -       -    
 

おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 5月16日(火)07時57分30秒
返信・引用 編集済
  本日の外資系動向                

  売り :      1200万株       160億円
  買い :     1630万株       280億円
  --------------------------------------
  差引 :     +430万株      +120億円

※外資系動向は業界関係者からヒアリングした非公式な情報です。

本日の株価材料(国内)

日経産業
・曙ブレーキ<7238.T>がCNF使用ブレーキパッド開発中
・住友ベ<4203.T>が無臭の防カビフィルム開発
・SOMPOHD<8630.T>がインドネシアで干ばつ保険発売
・日立<6501.T>が米シスコシスとビッグデータ用IT基盤を共同検証
・Dガレージ<4819.T>が富裕層向けライフスタイル支援を拡大

日刊工業
・デンソー<6902.T>が自動運転開発で東芝<6502.T>などと協業
・三菱ケミHD<4188.T>がIoTやAI導入戦略を本格始動
・アマダHD<6113.T>が富士通<6702.T>とIoT分野で連携
・インフォテリア<3853.T>がセレボとIoT開発環境提供で協業
・ワカモト<4512.T>が21年度に通販売上高20億円目指す

市場スケジュール(国内)

「MSCI指数」の定期見直し発表(早朝)(見直し実施は5月31日引け後)
3月第三次産業活動指数(13:30)

市場スケジュール(海外)

独5月ZEW景況指数(18:00)
米4月住宅着工件数・建設許可件数(21:30)
米4月鉱工業生産指数・設備稼働率(22:15)

日本市場の主な決算発表銘柄社数  10件

住友化学 (4005) 住友精化 (4008) 旭ダイヤモンド (6140) アバールデータ(6918)
ムサシ (7521) 広栄化学工業 (4367) テクノホライH (6629) 昭和化学工業(4990)
フジコー (3515)

------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます(NY市場)

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 5月16日(火)07時56分42秒
返信・引用
  NY市場・前日(2017.05.15)の結果  反発 !   嬉しいな

             Farst       High        Low         Last
☆NYダウ          20923.63    21000.63    20923.63    20981.94(+ 85.33)
☆S&P500          2393.98     2404.05     2393.94     2402.32(+ 11.42)
☆NYナス           6128.11     6153.04     6124.79     6149.67(+ 28.44)
☆CME225先物(円ベース)   19800       19970       19755       19945(+ 55.00)
    ※CME225先物は円建てであり、前日比は前日の大証日中終値比を記載
☆NY為替(ドル/円)    113.22      113.85      113.12      113.75(+  0.37)
☆原油先物(WTI)        47.85       49.66       47.75       48.85(+  1.01)
☆NY金先物(Gold)     1228.30     1237.40     1226.80     1230.00(+  2.30)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底1値ゾーン)
        NYダウ     ●●○○●○○●●●●○   5勝 7敗    41.67%(   0.00)
        ナスダック     ●○○●○○○○○●○○   9勝 3敗   75.00%(   0.00)

※中国上海指数       3085.93    3098.91     3085.93     3090.23(+  6.72)
     サイコロジカル      ○○○○●●●○●○○○  8勝 4敗    66.67%(+  8.33)

NY株式・為替・商品市場コメント
【NY株式概況】15日の米株式市場で、ダウ平均が5営業日ぶりに反発。原油先物相場の上昇を受けエネルギー関連株が上げ、大規模なサイバー攻撃の被害を受けセキュリティー関連株が買われ指数を押し上げた。ナスダックとS&P500は最高値を更新した。OPEC最大の産油国サウジアラビアと非加盟国のロシアは15日、協調減産の延長で合意した。2018年3月末まで9ヶ月の減産期限延長が望ましいとの見解を示し、需給均衡への期待から原油先物相場が上昇した。シェブロンやエクソンモービルが買われ、鉱山機械の需要回復期待からキャタピラーも買われた。世界で猛威を振るっているサイバー攻撃の被害が少なくとも150ヶ国で20万件以上にのぼると伝わり、「サイバー防衛」関連の需要が膨らむとの期待が広がった。ネットワーク機器からセキュリティー関連に事業の軸足を移しているシスコシステムが買われダウ平均を押し上げた。幅広いセキュリティー関連株が買われ、ナスダック指数やS&P500指数の上昇をけん引した。
【CME225先物(円ベース)】日経平均先物は反発した。6月物は前週末比130円高の1万9945円で引け、前日の大阪取引所終値を55円上回った。円安に加え、原油高を背景に米株が上昇し、日経平均先物を支えた。6月物は一時1万9955円まで上げた。15日の安値は1万9755円。推定売買高は2万7390枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)と少ない。
【NY為替(ドル/円)】NY外国為替市場で円相場は反落し、前週末比45銭円安・ドル高の1ドル=113円75~85銭で取引を終えた。エネルギー株を中心に米株相場が上げ、投資家の間で運用リスクを取る動きが拡大。相対的に安全資産とされる円は売られやすかった。米長期金利が上昇(債券価格は下落)し、日米金利差が拡大するとの観測も円売りを促した。15日にサウジアラビアとロシアが協調減産の延長で合意したと伝わり、原油先物相場が上昇。エネルギー株を中心に米株式相場が上昇。リスク回避の際に買われやすい円は売りが優勢だった。14日にドイツ最大の州で行われた州議会選挙でメルケル首相率いるキリスト教民主同盟が勝利し、欧州政治リスクが後退。欧州国債が売られた流れを引き継いで、米国債も売りが先行した。米長期金利が上昇し「日米金利差拡大観測が円安を誘った」という。朝方には円が強含む場面もあった。NY連銀が発表した5月の製造業景況指標は7ヶ月ぶりのマイナスだった。前週末に出た米小売売上高と米消費者物価指数に続いて景気減速を示唆する結果となり、一時は円買いが先行した。14日に北朝鮮が弾道ミサイルを発射し、地政学リスクが改めて意識されたことも円を下支えした。円の安値は1ドル=113円85銭、高値は1ドル=113円26銭だった。
【NY為替(ユーロ/円)】円は対ユーロで続落した。前週末比95銭円安・ユーロ高の1ユーロ=124円80~90銭で終えた。
【NY原油先物】NYMEXで原油先物相場が大幅に4日続伸した。WTIで期近の6月物は前週末比1.01ドル(2.1%)高の1バレル48.85ドルで取引を終えた。主要産油国による協調減産が延長され、世界的な原油需給の緩みに歯止めが掛かるとの期待から先物が買われた。朝方には49.66ドルまで上昇し、4月28日以来およそ2週ぶりの高値を付ける場面があった。OPECで最大の産油国サウジアラビアと、非加盟国のロシアは15日、協調減産を続ける方針で一致した。主要産油国は25日のOPEC総会で協調減産を協議する予定で、2ヶ国は他の産油国にも合意を働きかける。サウジとロシアは共同声明で「市場を安定させるため、できることは何でもする」と強調し、6月末の減産期限を2018年3月末まで9ヶ月延長するのが望ましいとの見解を示した。市場では半年間の延長が見込まれていた。「サウジとロシアが市場予想よりも長期の延長で合意し、全ての参加国に同意を促す力になる」といい、将来の需給改善を意識した買いを誘った。もっとも、買い一巡後は上値は重かった。米メディアによると、非OPEC加盟国であるカザフスタンのエネルギー相は減産延長に「自動的に参加することはない」と語り、慎重に協議する姿勢を示した。EIAが15日に公表したリポートによると、6月の米原油生産は5月から増加する見通しだ。米シェール企業の増産で供給過剰が長引くとの観測も強く、目先の利益確定を目的とした売りが相場の重荷となった。ガソリンとヒーティングオイルは4日続伸した。
【NY金先物】NY金先物相場は4日続伸した。COMEXで取引の中心である6月物は、前週末比2.3ドル高の1トロイオンス1230.0ドルで終えた。5月のNY連銀製造業景況指数は市場予想に反して7ヶ月ぶりにマイナスとなり、米景気の先行きに対する期待が一服。外国為替市場では対ユーロを中心にドル相場が弱含み、ドルの代替投資先とされる金は買いが優勢だった。銀も4日続伸し、プラチナは反発した。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

本日の東京市場概況

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 5月15日(月)15時48分44秒
返信・引用 編集済
  東京市場・本日(2017.05.15)の結果  小幅続落 !    嫌になっちゃう~

            始値       高値      安値     終値
☆日経平均          19758.46     19869.85    19740.63   19869.85(- 14.05)
☆TOPIX         1572.11      1580.00     1571.69    1580.00(-  0.71)
☆JPX400         14037.03     14113.46    14029.42   14113.46(+  1.77)
☆東証一部出来高      21.56億株
☆東証一部売買代金   26519億円
☆騰落銘柄数         値上り    854,   値下り    1057,   変らず    104,
     ※為替は18:30以降に表示しています。
☆東京為替(ドル/円)     113.20      113.64     113.18      113.62(-  0.18)
          (ユーロ/円)     123.69      124.38     123.68      124.33(+  0.72)
☆騰落レシオ   (警戒水域 70.00%以下、130.00%以上)     132.42%(+  1.22)
☆RSI       (警戒水域  30.00%以下、 70.00%以上)     87.60%(-  0.50)
☆東証1単純平均                                       2790.31円(+  1.43)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底値ゾーン)
          N225    ○○●●○○○●○○●●    7勝 5敗   58.33%(-  8.33)
          TOPIX   ○○●●○○○●○○●●    7勝 5敗   58.33%(-  8.33)
          JPX400  ○○●●○○○●○○●○    8勝 4敗   66.67%(   0.00)

東京株式・為替市場コメント
【東京株式概況】15日の東京株式市場で日経平均は小幅に続落した。円相場の強含みや地政学リスクの再燃で、投資家心理が悪化。節目となる2万円を前に利益確定売りが優勢となった。半面、相場の先高観から投資家の押し目買い意欲は強く、大引けにかけて下げ幅を縮めた。前週末発表の低調な米経済指標を受け米長期金利が低下し、円の対ドル相場は1ドル=113円台前半に上昇した。14日午前には北朝鮮が弾道ミサイルを発射し、足元で後退していた地政学リスクが再び意識されたことが株式相場の重荷になった。輸出関連株を中心に売りが出た。一方、不動産株の上昇が全体を下支えした。13日付日経新聞が「日本郵政が野村不HDを買収する検討に入った」と伝えたのを受け、野村不HDは買い気配が続き、大引け時点で制限値幅の上限(ストップ高水準)で売買が成立。そのほかの不動産銘柄にも買いが波及した。円高の影響を受けにくい内需株も買われた。JPX日経インデックス400は小幅に反発、TOPIXは小幅に続落した。

市場からは「地政学リスクなどを深刻に織り込む感じはなく、押し目買い意欲が強い。テクニカル面で過熱感が残るが、下値は売りづらく日柄調整に向かいつつある」との声が聞かれた。

業種別では、新日鉄住金<5401>、JFE<5411>などの鉄鋼株が下落。国際帝石<1605>、石油資源<1662>などの鉱業株や、JXTG<5020>などの石油石炭製品株も売られた。個別では、18年3月期は連結営業利益49.2%減を見込む川田TECH<3443>や、18年3月期は連結営業利益44.2%減を見込む石原産<4028>が大幅安。18年3月期は連結営業利益4.9%減を見込む新川<6274>や、名村造<7014>、ヴィアHD<7918>、日新電<6641>などの下げも目立った。

半面、三井不<8801>、菱地所<8802>、住友不<8830>などの不動産株が上昇。同セクターでは、日本郵政<6178>が買収する検討に入ったと報じられた野村不HD<3231>がストップ高配分。日水<1332>、サカタのタネ<1377>などの水産農林株も買われ、大成建<1801>、鹿島<1812>などの建設株も高い。個別では、18年3月期は連結営業利益9.9%増を見込み増配予定のWDB<2475>が一時ストップ高。第1四半期(17年1-3月)の連結決算で営業利益83.1%増の大倉工<4221>や、アミューズ<4301>、市光工<7244>、酒井重<6358>などの上げも目立った。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 5月15日(月)07時36分47秒
返信・引用 編集済
  本日の外資系動向                

  売り :       760万株        93億円
  買い :     1500万株       295億円
  --------------------------------------
  差引 :     +740万株      +202億円

※外資系動向は業界関係者からヒアリングした非公式な情報です。

本日の株価材料(国内)

日経産業
・富士通<6702.T>系が高温でも使える強誘電体メモリを開発
・WNIウェザー<4825.T>が気象予報原稿でのAI活用範囲拡大
・ナ・デックス<7435.T>が福井にレーザー加工機部品用工場建設
・川重<7012.T>が25年ぶりに高速船建造受注へ 建造費約50億円

日刊工業
・三和HD<5929.T>が元留学生社員向けに海外研修開始
・コマツ<6301.T>がICT活用油圧ショベル2機種を発売
・横河電<6841.T>系の横河レンタ・リースが計測器情報サイト開設

市場スケジュール(国内)

4月国内企業物価指数(8:50)
4月工作機械受注(15:00)

市場スケジュール(海外)

中国4月鉱工業生産高
中国4月小売売上
米5月ニューヨーク連銀製造業景気指数(21:30)
米5月NAHB住宅価格指数(23:00)

日本市場の主な決算発表銘柄社数  395件

アサヒGH (2502) 味の素 (2802) 電通 (4324) 大正製薬H (4581)
日本郵政(6178) かんぽ生命保険(7181) ゆうちょ銀行(7182) 三菱UFJFG(8306)
三井住友TH (8309) 三井住友FG (8316) みずほFG (8411) オリックス(8591)
第一生命H (8750) T&DH (8795) 日本電信電話 (9432)

------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

森を見よう!

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 5月13日(土)17時16分9秒
返信・引用
       日本CMK(6958T1)  プリント基板最大手

月足をご覧あれ、完全にボックス圏を抜けたね (^^♪
約6年に渡るボックス圏だった、2015.01@217を起点に上昇トレンドに転換し現在に至っている。やっと昨日05.12、節目(2010/01@820)を上抜いた。次の節目は、2009/08@1045だよ、これを抜ければゾーンからの完全脱出だ。期待したいね(喜)。

日足では、5/08に節目(12/21@766)を上抜き、昨日@820をも突き破ったんだよ。
ファンダ的にも前期・今期の好業績が支えになったようだ。今月に入って出来高も伴っているし期待できるね(喜)。
>好業績で黒字に浮上、復配も(^^♪ 投稿者:濃姫 投稿日:2017年 5月12日(金)19時07分8秒

月足(上)、日足チャート 2017.05.12現在
 

”お待たせ”って感じかな (^^♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 5月13日(土)13時15分56秒
返信・引用 編集済
        ケネディクス(4321/T) 目覚めよ不動産ファンド!

週足で解るように4年間の「下降トレンド」というか「カニヨコ」というか・・・我慢の甲斐があったよ、やっと上値抵抗線を上放れたようだ。残る節目は、2015.05.29@551、2014.11.21@669だけになったね。益々面白くなった来たよ。

日足では完全な上昇トレンドを形成、5・25・75dも順張り派としては理想の姿だよ(綺麗だなぁ~)。

ファンダ的にも、業績がすこぶる良いよね(喜)。
>1Q決算は? 投稿者:濃姫   投稿日:2017年 5月12日(金)19時10分41秒

それに、信用残の推移も注目だね、日証金では急激な買い残の減少で、貸借が1.0倍と非常に取り組み易くなったよ。

週足(上)、日足チャートと信用残(17.05.11現在)推移
 

おはようございます(NY市場)

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 5月13日(土)08時02分49秒
返信・引用 編集済
  NY市場・前日(2017.05.12)の結果  4日続落 !   嫌になっちゃう~

             Farst       High        Low         Last
☆NYダウ          20893.19    20916.10    20869.74    20896.61(- 22.88)
☆S&P500          2392.44     2392.44     2387.19     2390.90(-  3.54)
☆NYナス           6119.27     6122.84     6105.42     6121.23(+  5.27)
☆CME225先物(円ベース)   19870       19950       19785       19815(- 65.00)
    ※CME225先物は円建てであり、前日比は前日の大証日中終値比を記載
☆NY為替(ドル/円)    113.86      113.95      113.20      113.33(-  0.40)
☆原油先物(WTI)        47.81       48.07       47.35       47.84(+  0.01)
☆NY金先物(Gold)     1225.00     1231.60     1224.40     1227.70(+  3.50)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底1値ゾーン)
        NYダウ     ○●●○○●○○●●●●   5勝 7敗    41.67%(   0.00)
        ナスダック     ○●○○●○○○○○●○   9勝 3敗   75.00%(+  8.33)

※中国上海指数       3054.11    3090.49     3051.87     3083.51(+ 22.01)
     サイコロジカル      ●○○○○●●●○●○○  7勝 5敗    58.33%(   0.00)

NY株式・為替・商品市場コメント
【NY株式概況】12日の米株式市場でダウ平均は4日続落し、前日比22.81ドル安の2万0896.61ドルと4月24日以来ほぼ3週ぶりの安値で終えた。小売業の四半期決算が相次いで低調となったほか、市場予想を下回る米経済指標の発表も続いた。投資家心理が悪化し、GEなど「資本財・サービス」業種や金融といった景気敏感株を中心に売りが優勢だった。ただ、相場の下値は堅かった。アナリストが投資判断を引き上げたアップルが上場来高値を更新するなど、時価総額の大きいIT株の一角の堅調さが続き相場を支えた。ナスダックは小幅ながら反発し、同5.268P高の6121.232Pで終えた。アップルやアマゾン・ドット・コムなどが買われ、指数を押し上げた。
【CME225先物(円ベース)】日経平均先物は続落。6月物は前日比50円安の1万9815円で取引を終えた。大阪取引所の終値を65円下回った。市場予想を下回る米経済指標の発表などを受けて米景気の先行きに対する楽観的な見方がやや後退した。米株式市場で主要な指数が下げ、日本株先物もつられて下げた。推定売買高は3万5332枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)。
【NY為替(ドル/円)】NY外国為替市場で円相場は続伸し、前日比55銭円高・ドル安の1ドル=113円30~40銭で取引を終えた。朝方発表の4月の米小売売上高が市場予想ほど伸びず、米消費者物価指数(CPI)も前年同月比で上昇率が鈍化した。米金利が低下し、日米金利差が縮小したこともあり、円買い・ドル売りが優勢になった。6月や年内の米利上げを織り込む過程で円安が進んだが、指標を受けて利上げ観測がやや後退したといい、円が買い戻された。小売売上高は前月比0.4%増と、0.5%増との市場予想に届かなかった。自動車・関連部品を除いたベースでも0.3%増にとどまり、市場予想(0.5%増)を下回った。過去分は上方修正されたものの、米個人消費の伸びの緩やかさが意識された。CPIは前月比0.2%上昇と市場予想と一致したが、エネルギー・食品を除くコア指数は0.1%上昇と、予想(0.2%上昇)に届かなかった。前年同月比では全体が2.2%上昇、コア指数が1.9%の上昇と、ともに伸びが鈍った。ダウ平均や多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数が軟調に推移し、投資家が運用リスクを取りにくくなった。低金利で調達通貨とされ、リスク回避で買われやすい円は堅調な推移が続いた。原油先物相場が続伸して終え、対ドルで新興国通貨が買われた。幅広い通貨に対してドルの上値が重かったことも円の対ドル相場を押し上げた。円は113円20銭まで買われる場面があった。この日の円の安値は113円88銭だった。
【NY為替(ユーロ/円)】円は対ユーロで小反落し、前日比25銭円安・ユーロ高の1ユーロ=123円85~95銭で終えた。
【NY原油先物】NYMEXで原油先物相場は小幅ながら3日続伸した。WTIで期近の6月物は前日比0.01ドル高の1バレル47.84ドルで取引を終えた。OPECが協調減産を延長するとの期待感から買いがやや優勢だった。米シェール企業などの供給増による原油需給の緩和観測から売りが優勢だったが、取引終了にかけて持ち直した。11日にOPECが公表した月報で、加盟国は協調減産に準じているのがわかった。今月25日に開く総会では協調減産の延長が決まるとみられている。OPECやロシアなど非加盟国の一部が減産を進める一方、米シェール企業の増産が需給を緩めており、減産強化が必要との指摘も根強い。OPEC加盟国の一部ではトルコやエジプトといった産出量が比較的小さい国にも協力を呼びかけているとの報道も伝わった。OPECの取り組み強化で、需給の緩みが改善されるとの期待を背景にした買いが取引終了にかけて優勢になった。もっとも、原油は下げる場面が目立った。12日に米石油サービス大手ベーカー・ヒューズが発表した米国の石油掘削装置(リグ)の稼働数は前週末に比べて9基増の712基だった。17週連続で増え、15年4月17日以来およそ2年ぶりの高水準となった。米シェール企業の生産拡大が需給引き締めの妨げとなるとの懸念が売りを誘った。ガソリンとヒーティングオイルも3日続伸。
【NY金先物】NY金先物相場は3日続伸した。COMEXで取引の中心である6月物は前日比3.5ドル高の1トロイオンス1227.7ドルで終えた。コミー前FBI長官の解任を巡る米政治の先行き不透明感などから、現物資産の裏付けがありリスク回避の際に資金の受け皿となる金が買われた。4月の米小売売上高やエネルギーと食品を除く米消費者物価指数(CPI)が市場予想を下回り、ドルが主要通貨に対して下落した。ドルの代替投資先とされる金の買いを誘い、相場を支えた。銀も3日続伸した。プラチナは3日ぶりに反落した。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

こんばんは

 投稿者:夢飾り  投稿日:2017年 5月12日(金)19時27分41秒
返信・引用 編集済
  儲かっていますか、決算結果発表で痛い目にあっている夢飾りです。

さて、YOUTUBEの政治ねたです、数年前の出来事を語っていますがなるほどなので、アドレスを書きます。
https://www.youtube.com/watch?v=ofPdUxrD3Rc

https://www.youtube.com/watch?v=g1fVXG2BCxc
新聞のウソ、トリックを暴く(上念司2013年のラジオ番組)
 

業績好調、増配だよ (^^♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 5月12日(金)19時13分27秒
返信・引用
      長谷工コーポ(1808/T) マンション建設関連

【今期経常は2%増で3期連続最高益、10円増配へ】
長谷工コーポレーション <1808> が5月12日後場(14:40)に決算を発表。17年3月期の連結経常利益は前の期比31.9%増の888億円に拡大し、18年3月期も前期比2.4%増の910億円に伸びを見込み、3期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。6期連続増益になる。同時に、今期の年間配当は前期比10円増の40円に増配する方針とした。直近3ヵ月の実績である1-3月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比80.6%増の293億円に拡大し、売上営業利益率は前年同期の7.3%→12.4%に急改善した。株探ニュース

・前期実績推移と来期予想
   決算期   売上高  営業益  経常益  最終益 1株益  1株配   発表日
  2015.03  642,167  42,698  41,889  28,542   94.6   10.00  15/05/13
  2016.03  787,354  68,762  67,327  51,226  170.4   15.00  16/05/13
  2017.03  772,328  89,032  88,827  58,762  195.5   30.00  17/05/12
   前年比     -1.9   +29.5   +31.9   +14.7  +14.7
予2018.03  800,000  92,000  91,000  63,000  209.6   40.00  17/05/12
   前期比     +3.6    +3.3    +2.4    +7.2   +7.2    
 

1Q決算は?

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 5月12日(金)19時10分41秒
返信・引用
        ケネディクス(4321/T) 目覚めよ不動産ファンド!

【1-3月期(1Q)経常は18%増益で着地】
ケネディクス <4321> が5月12日大引け後(15:30)に決算を発表。17年12月期第1四半期(1-3月)の連結経常利益は前年同期比18.3%増の25.4億円に伸びたが、通期計画の107億円に対する進捗率は23.7%にとどまり、5年平均の29.4%も下回った。直近3ヵ月の実績である1-3月期(1Q)の売上営業利益率は前年同期の38.8%→44.6%に上昇した。 株探ニュース

1Q決算と今期予想
   決算期  売上高  営業益  経常益  最終益  1株益  進捗率  発表日
15.01-03   8,307   4,219   3,824   6,304    23.7   72.5  15/05/13
16.01-03   5,610   2,177   2,147   2,522     9.7   29.7  16/05/13
17.01-03   5,914   2,638   2,540   2,785    11.3    -   17/05/12
   前期比    +5.4   +21.2   +18.3   +10.4   +16.5
予2017.12  24,000  10,900  10,700  10,500    44.0    5.00 17/02/13
   前期比    +5.5   +14.4    +0.6    +3.4   +11.4    
 

好業績で黒字に浮上、復配も (^^♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 5月12日(金)19時07分8秒
返信・引用
       日本CMK(6958T1)  プリント基板最大手

【今期経常は41%増益、前期配当を2期ぶり6.5円で復配】
日本CMK <6958> が5月12日大引け後(15:00)に決算を発表。17年3月期の連結経常損益は26.2億円の黒字(前の期は6.2億円の赤字)に浮上し、18年3月期の同利益は前期比40.8%増の37億円に拡大する見通しとなった。同時に、従来未定としていた前期の期末一括配当を6.5円実施し、2期ぶりに復配するとし、今期の年間配当は未定とした。直近3ヵ月の実績である1-3月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比2.6倍の11.9億円に急拡大し、売上営業利益率は前年同期の3.2%→5.2%に改善した。 株探ニュース

・通期実績推移と今期予想
   決算期  売上高  営業益  経常益  最終益  1株益  1株配   発表日
  2015.03  73,730    641    1,513   1,178    20.0    5.00  15/05/13
  2016.03  73,098    381     -628  -8,122  -137.2    0.00  16/05/13
  2017.03  75,370  2,652    2,628   2,153    36.4    6.50  17/05/12
   前年比    +3.1  7.0倍     黒転    黒転    黒転
予2018.03  80,000  4,000    3,700   3,000    50.7     -   17/05/12
   前期比    +6.1  +50.8    +40.8   +39.3    +39.3    
 

減益なるも増配だ!

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 5月12日(金)19時04分26秒
返信・引用
          りそなHD(8308/T)   愛してるよ~

りそなホールディングス <8308> が5月12日大引け後(15:45)に決算を発表。17年3月期の連結最終利益は前の期比12.2%減の1614億円になり、18年3月期も前期比7.1%減の1500億円に減る見通しとなった。5期連続減益になる。同時に、今期の年間配当は前期比1円増の20円に増配する方針とした。直近3ヵ月の実績である1-3月期(4Q)の連結最終利益は前年同期比41.0%減の316億円に落ち込んだ。 株探ニュース

・通期実績推移と今期予想
   決算期   売上高  営業益  経常益  最終益  1株益  1株配   発表日
  2015.03  861,278    -   333,316 211,477    91.1   17.00  15/05/12
  2016.03  817,408    -   251,705 183,840    75.7   17.00  16/05/12
  2017.03  757,955    -   226,278 161,485    66.9   19.00  17/05/12
   前年比     -7.3    -     -10.1   -12.2   -11.6
予2018.03    -       -     -    150,000    64.6   20.00  17/05/12
   前期比    -       -     -       -7.1    -3.4  
 

レンタル掲示板
/188