teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


本日の東京市場概況

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 7月28日(金)15時50分38秒
返信・引用
  東京市場・本日(2017.07.28)の結果   反落 !    嫌になっちゃう~

            始値       高値      安値     終値
☆日経平均          20048.46     20056.16    19926.60   19959.84(-119.80)
☆TOPIX         1624.22      1625.20     1617.62    1621.22(-  5.62)
☆JPX400         14428.44     14439.00    14378.45   14407.95(- 39.05)
☆東証一部出来高      20.28億株
☆東証一部売買代金   27735億円
☆騰落銘柄数         値上り    807,   値下り    1087,   変らず    128,
     ※為替は18:30以降に表示しています。

☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底値ゾーン)
          N225    ●○○●○○●●●○○●    6勝 6敗   50.00%(-  8.33)
          TOPIX   ●●○●○○●●●○○●    5勝 7敗   41.67%(-  8.33)
          JPX400  ●●○●○○●●●○○●    5勝 7敗   41.67%(-  8.33)

東京株式・為替市場コメント
【東京株式概況】28日の東京株式市場で日経平均は3日ぶりに反落した。終値で2万円を下回るのは25日以来3日ぶり。26日の米ハイテク株安をきっかけに半導体関連銘柄などに売りが出た。米重要指標の発表を控えた週末とあって午後に手じまい売りが加速し、下げ幅を広げた。4-6月期の決算を前日に発表した半導体製造装置大手の東エレクは7%を超える大幅安となった。東エレクの下げだけで、日経平均を46円あまり押し下げた。決算は大幅増益だったが、市場の予想を上回る内容ではなく利益確定目的の売りを誘った。米ハイテク株安も嫌気され、半導体製造装置関連銘柄にも幅広く売りが広がった。企業業績の好調を受けて市場では高い利益成長への期待が高まり、決算を発表した銘柄を選別する動きが強まった。良好な業績でも市場の期待に届かず、下げる銘柄も目立った。JPX日経インデックス400、TOPIXも反落した。

市場からは「週末で利益確定売りが出やすく、東エレク<8035>、ソフトバンク<9984>など指数寄与度の高い銘柄の下げも重しとなっている。決算発表が相次ぎ、個別株物色の色彩が強まってくるが、コンセンサスが良すぎて売られるケースも見受けられ、定着すると嫌な感じだ」との声が聞かれた。

業種別では、第1四半期(17年4-6月)の連結決算で純利益21.1%減の大和証G<8601>や、野村<8604>などの証券商品先物株が下落。任天堂<7974>、タカラトミー<7867>などのその他製品株や、JAL<9201>、ANA<9202>などの空運株も売られた。郵船<9101>、商船三井<9104>などの海運株も安い。半面、東北電<9506>、四国電<9507>などの電気ガス株が堅調。HOYA<7741>、ニコン<7731>などの精密株や、JT<2914>、キッコマン<2801>などの食料品株も買われた。個別では、第1四半期(17年4-6月)の連結決算で営業利益40.0%減の新光電工<6967>が大幅安。8月1日付で東証2部に降格の東芝<6502>(監理)や、第1四半期(17年4-6月)の連結決算(IFRS基準)で赤字転落のアンリツ<6754>も下落し、富士紡HD<3104>、戸田工<4100>、サイバー<4751>などの下げも目立った。

半面、ジャフコ<8595>がストップ高。アルプス<6770>が株式交換により完全子会社化して経営統合するアルパイン<6816>(前場に一時ストップ高)や、18年3月期第2四半期(17年4-9月)および通期の連結業績予想を上方修正したフタバ<7241>は大幅高。18年3月期第2四半期(17年4-9月)および通期の連結業績予想を上方修正したデクセリアル<4980>や、システナ<2317>、IDEC<6652>などの上げも目立った。
-----------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 
 

おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 7月28日(金)06時52分57秒
返信・引用 編集済
  本日の外資系動向                

  売り :        1750万株      170億円
  買い :        660万株      134億円
  -------------------------------------
  差引 :      -1090万株      -36億円

※外資系動向は業界関係者からヒアリングした非公式な情報です。

本日の株価材料(国内)

日経産業
・OKI<6703.T>がインフラ計測向け光ファイバーセンサー製品化へ
・ツガミ<6101.T>が切削力4割向上の自動旋盤を開発
・マツダ<7261.T>が米国で販売店300店超を改装へ

日刊工業
・IHI<7013.T>などが九州工大と再使用型ロケットを打ち上げ
・パイオニア<6773.T>が国内で車載機器の生産を自動化へ
・一工薬<4461.T>のCNF活用増粘剤が化粧品や日用品に採用
・ダイヘン<6622.T>が複数の蓄電システムを遠隔で統合管理

市場スケジュール(国内)

6月失業率・有効求人倍率(8:30)
6月家計調査(8:30)
6月消費者物価指数(8:30)
7月19・20日開催の日銀金融政策決定会合の「主な意見」

市場スケジュール(海外)

米4-6月期GDP(21:30)

日本市場の主な決算発表銘柄社数  332件

NSSOL、JALUX、トーメンデバ、ヒューリック、富士紡HD、ツガミ、豊田織機、デンソー、三陽商、岡三、東海東京、マネックスG、極東証券、コナミ HD、インフォコム、アステラス薬、JPX、住友林、WOWOW、日新製鋼、ジェイテクト、アオイ電子、アイシン精、ニフコ、丸三証、小田急、トーエネク、ヤクルト、ALSOK、トヨタ紡織、東亜合成、愛知鋼、IDEC、日立マクセル、豊田合、カナデン、兼松エレク、秋田銀、阿波銀、山九、東ガス、帝国ホテル、木曽路、九電工、明星工、M&A、SMS、グリコ、かどや、フジッコ、MonotaRO、ALサービスH、野村不HD、TIS、ガンホー、協和キリン、武田、大日住薬、ダスキン、ヤフー、東映アニメ、コニカミノルタ、ガイシ、新日鉄住、神戸鋼、山特鋼、大阪チタ、フジクラ、アサヒHD、M&Aキャピ、島精機、コマツ、椿本チ、CKD、アマノ、マックス、日立、OKI、ルネサス、シャープ、TDK、クラリオン、ウシオ電、ファナック、京セラ、日野自、エフ・シー・シー、アトム、日本ライフL、トプコン、JSP、ニチハ、リョーサン、PALTAC、七十七、北国銀、滋賀銀、みなと銀、京葉銀、アコム、野村HD、JR東日本、JR西日本、JR東海、日立物、日テレHD、中部電、関西電、中国電、北陸電、北海電、沖縄電、都競馬、SCSK、オートバクス、リコー、ベネ・ワン、三菱総研、OLC、マンダム、ヒロセ電、FPG、新明和、トッパン・F、第四銀、静岡銀、東祥、東電力HD、ミスミG、トクヤマ、エステー、スミダコーポ、関西ア銀

------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます(NY市場)

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 7月28日(金)06時51分6秒
返信・引用
  NY市場・前日(2017.07.27)の結果  3日続伸 !   嬉しいな

             Farst       High        Low         Last
☆NYダウ          21717.42    21798.47    21687.85    21796.55(+ 85.54)
☆S&P500          2482.76     2484.04     2459.93     2475.42(-  2.41)
☆NYナス           6459.76     6460.84     6318.62     6382.19(- 40.56)
☆CME225先物(円ベース)   20000       20175       19950       20030(- 20.00)
    ※CME225先物は円建てであり、前日比は前日の大証日中終値比を記載
☆NY為替(ドル/円)    111.18      111.71      110.78      111.30(+  0.12)
☆原油先物(WTI)        48.70       49.24       48.25       49.04(+  0.29)
☆NY金先物(Gold)     1266.80     1271.30     1260.30     1266.50(+ 10.90)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底1値ゾーン)
        NYダウ     ○○○●●○●●●○○○   7勝 5敗    58.33%(   0.00)
        ナスダック     ○○○○○○○●○○○●  10勝 2敗   83.33%(-  8.33)

※中国上海指数       3243.77   3251.93     3220.64      3249.78(+  2.11)
        上 海      ●○○●○○○●○●○○  8勝 4敗    66.67%(+  8.33)

NY株式・為替・商品市場コメント
【NY株式概況】27日の米株式市場ではダウ平均が3日続伸、連日で過去最高値を更新した。四半期決算が好感された通信大手のベライゾン・コミュニケーションズや日用品のプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)などが買われ、ダウ平均を押し上げた。午後にかけては伸び悩み、下げに転じる場面もあった。アップルなどの大型IT(情報技術)株の一角に利益確定や持ち高調整の売りが膨らみ、相場全体の重荷となった。ナスダックは4営業日ぶりに反落した。アップルやグーグル持ち株会社のアルファベット、マイクロソフトなどに利益確定売りが広がった。引け後に決算を発表するアマゾン・ドット・コムも下げに転じて終えた。前日夕に発表した好決算を手がかりとした買いが入り、フェイスブックは上昇した。
【CME225先物(円ベース)】日経平均先物は小幅反発した。9月物は前日比30円高の2万0030円で引け、同日の大取終値を20円下回った。引けにかけて米株が上昇し、つれ高した。米株が午後に入り下げた局面では一時2万円を割り込み、この日の安値1万9950円まで下げた。この日の高値は2万0175円。推定売買高は4万0215枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)。
【NY為替(ドル/円)】NY外国為替市場で円相場は小幅ながら反落し、前日比10銭円安・ドル高の1ドル=111円20~30銭で取引を終えた。良好な米経済指標を受けて円売り・ドル買いが優勢だった。ただ、米株式市場で主力のハイテク株が大きく下げると、投資家のリスク回避姿勢が強まり、円は下げ幅を縮めた。6月の米耐久財受注額は前月比6.5%増と市場予想以上に増えた。GDP算出に使われる航空機や国防関連を除く資本財の出荷額が増え、28日発表の4-6月期のGDP速報値の予想を引き上げる金融機関が相次いだ。米景気減速への警戒感がやや薄れ、対主要通貨でドル買いが先行した。ドルは米利上げ観測の後退などを背景に、最近は対主要通貨で下落基調にあった。27日は米長期金利が上昇したこともあり、ドルが買い戻された面もあった。円は午後に下げ渋った。米株式市場でアップルなど大型のハイテク株に売りが膨らみ、ナスダック総合株価指数が下げに転じた。投資家のリスク回避姿勢が強まり、低金利で調達通貨とされる円が買い戻された。円の高値は110円96銭、安値は111円72銭だった。
【NY為替(ユーロ/円)】円は対ユーロで3営業日ぶりに反発し、前日比45銭円高・ユーロ安の1ユーロ=129円95銭~130円05銭で取引を終えた。米ナスダック指数の下落につれて、円買いが優勢となった。
【NY原油先物】NYMEXで原油先物相場は4日続伸した。WTIで期近の9月物は前日比0.29ドル高の1バレル49.04ドルで取引を終えた。一時は49.19ドルまで上昇し、5月31日以来ほぼ2ヶ月ぶりの高値を付けた。米原油在庫の減少を手掛かりとした買いがこの日も続いた。前日にEIAが発表した週間の石油在庫統計で、前週末時点の原油在庫が4週続けて減り、ほぼ7ヶ月半ぶりの低水準になった。在庫統計をきっかけに、原油需給が改善に向かうとの観測が広がっている。サウジアラビアなど有力産油国は相場安定を目指して原油の輸出量を削減する見通し。米国でもシェール生産の増加が一服するなど、足元で好材料が相次いでいる。ガソリンは3日続伸。一時は期近物として5月30日以来の高値を付けた。ヒーティングオイルは4日続伸し、5月25日以来の高値まで買われる場面があった。
【NY金先物】NY金先物相場は4営業日ぶりに反発した。COMEXで取引の中心である8月物は、前日比10.6ドル高の1トロイオンス1260.0ドルで終えた。一時1265.0ドルと6月15日以来6週間ぶりの高値を付けた。26日のFOMC後の声明を受け、FRBが物価に対する慎重姿勢を強めたとの見方が広がった。追加利上げが遠のき、金市場への資金流入が続くとの思惑につながった。ただ、相場は伸び悩む場面もあった。主要通貨に対するドル安が一服。ドル建てで取引される金の割安感が薄れ、売りを誘った。銀は反発。プラチナは4営業日ぶりに反発した。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

本日の東京市場概況

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 7月27日(木)15時48分25秒
返信・引用 編集済
  東京市場・本日(2017.07.27)の結果   続伸 !    嬉しいな 

            始値       高値      安値     終値
☆日経平均          20026.58     20176.39    20005.20   20079.64(+ 29.48)
☆TOPIX         1620.39      1636.53     1619.46    1626.84(+  5.96)
☆JPX400         14393.25     14533.64    14384.05   14447.00(+ 46.40)
☆東証一部出来高      18.37億株
☆東証一部売買代金   25460億円
☆騰落銘柄数         値上り    991,   値下り    994,   変らず    140,
     ※為替は18:30以降に表示しています。
☆東京為替(ドル/円)     111.17      111.23     110.79      111.19(-  0.64)
          (ユーロ/円)     130.46      130.56     130.11      130.36(+  0.22)
☆騰落レシオ   (警戒水域 70.00%以下、130.00%以上)      108.49%(+  3.85)
☆RSI       (警戒水域  30.00%以下、 70.00%以上)      54.10%(+  5.60)
☆東証1単純平均                                       2910.24円(+  8.14)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底値ゾーン)
          N225    ○●○○●○○●●●○○    7勝 5敗   58.33%(   0.00)
          TOPIX   ○●●○●○○●●●○○    6勝 6敗   50.00%(   0.00)
          JPX400  ○●●○●○○●●●○○    6勝 6敗   50.00%(   0.00)

東京株式・為替市場コメント
【東京株式概況】27日の東京株式市場で日経平均は小幅に続伸した。日電産や任天堂をはじめ、4-6月期の好決算を発表した企業への買いが優勢だった。一時は2万0176円と6月20日の年初来高値(2万0230円)に近づいた。ただ、上値では国内投資家による利益確定目的の売りが出て取引終了にかけては伸び悩んだ。民進党の蓮舫代表が辞意を漏らしていると伝わり、国内政治への一段の不透明感が強まったのも売りを誘ったようだ。前日のFOMCを受けた米長期金利の低下や円高・ドル安進行を嫌気し、銀行株や海運株は安かった。日経平均は朝方に心理的な節目の2万円近辺まで下げる場面があった。JPX日経インデックス400、TOPIXも続伸した。

市場では「株価指数先物に仕掛け的な買いが入り、一時上げ幅を拡大する場面もみられたが、戻り待ちの売りに押し返される格好で、あらためて上値の重さが意識されたようだ」との声が聞かれた。

業種別では、フラベッド<7840>、任天堂<7974>などのその他製品株や、ニコン<7731>、HOYA<7741>などの精密機器株が上昇。中部電力<9502>、東ガス<9531>などの電気ガス株や、JAL<9201>、ANA<9202>などの空運株も高い。日立<6501>、ソニー<6758>などの電機株や、JT<2914>、アサヒ<2502>などの食品株も堅調。住友鉱<5713>、住友電工<5802>などの非鉄金属株や、三井不<8801>、三菱地所<8802>などの不動産株も買われた。

個別では、戸田工<4100>、日精線<5659>、キムラタン<8107>、沖電線<5815>、Vコマース<2491>などが上昇。半面、VOYAGE<3688>、レナウン<3606>、ユアテック<1934>、三菱鉛筆<7976>、enish<3667>などが下落している。
-----------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 7月27日(木)07時45分15秒
返信・引用 編集済
  本日の外資系動向                

  売り :       860万株      166億円
  買い :      770万株      128億円
  -------------------------------------
  差引 :      -90万株      -38億円

※外資系動向は業界関係者からヒアリングした非公式な情報です。

本日の株価材料(国内)

日経産業
・菱地所<8802.T>系がリノベーション事業を拡大
・博報堂DY<2433.T>が東南アで商品開発短期化サービス開始

日刊工業
・日立<6501.T>系が年内に自動運転「レベル4」の走行実験を開始
・三井化学<4183.T>が工場全体のガス漏れ検知システムを開発
・富士通<6702.T>が人間の感性や錯覚など利用のAI開発に着手
・アイダ<6118.T>がプレス機の成形精度をAIで管理するシステム開発
・スクリン<7735.T>系が有機ELディスプレー向け装置の商品構成拡充

市場スケジュール(国内)

2年国債入札

市場スケジュール(海外)

米6月耐久財受注(21:30)
米6月シカゴ連銀全米活動指数(21:30)
米7月カンザスシティ連銀製造業活動指数(7/28 0:00)
米7年国債入札

日本市場の主な決算発表銘柄社数  133件

キーエンス (6861) NTTドコモ (9437) キヤノン (7751) 花王 (4452)
東京エレクトロン (8035) 中外製薬 (4519) 日産自動車 (7201) HOYA (7741)
富士通 (6702) 三井住友TH (8309) 大東建託 (1878) 野村総合研究所 (4307)
大和証券G本社 (8601) オムロン (6645) セイコーエプソン (6724)

------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます(NY市場)

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 7月27日(木)07時43分22秒
返信・引用
  NY市場・前日(2017.07.26)の結果  続伸 !   嬉しいな

             Farst       High        Low         Last
☆NYダウ          21690.38    21742.70    21683.29    21711.01(+ 97.58)
☆S&P500          2479.97     2481.69     2474.94     2477.83(+  0.70)
☆NYナス           6425.93     6432.38     6416.30     6422.75(+ 10.57)
☆CME225先物(円ベース)   20060       20115       19990       20000(- 40.00)
    ※CME225先物は円建てであり、前日比は前日の大証日中終値比を記載
☆NY為替(ドル/円)    111.89      112.20      111.06      111.20(-  0.69)
☆原油先物(WTI)        48.51       48.87       47.86       48.75(+  0.86)
☆NY金先物(Gold)     1256.20     1269.80     1249.40     1255.60(-  2.90)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底1値ゾーン)
        NYダウ     ○○○○●●○●●●○○   7勝 5敗    58.33%(+  8.33)
        ナスダック     ○○○○○○○○●○○○  11勝 1敗   91.67%(   0.00)

※中国上海指数       3244.46   3264.85     3228.04      3247.67(+  3.99)
        上 海      ●●○○●○○○●○●○  7勝 5敗    58.33%(+  8.33)

NY株式・為替・商品市場コメント
【NY株式概況】26日の米株式市場でダウ平均は続伸、1週間ぶりに過去最高値を更新した。四半期決算を手掛かりに値がさ株の一角に買いが集まり、ダウ平均を押し上げた。発表が佳境を迎えた米主要企業の決算が総じて良好なことも株式の買い安心感につながった。航空機のボーイングが10%近く上昇し、相場の上げをけん引。26日発表した2017年4-6月期決算で利益率が大きく改善し、通期の1株利益予想を上方修正したのを好感した買いが入り、1社でダウ平均を140ドルあまり押し上げた。四半期決算で売上高と1株利益が市場予想を上回ったコカ・コーラにも次第に買いが優勢となった。同業AT&Tの決算が良好な結果だったのを受け、通信のベライゾン・コミュニケーションズに買いが及んだのもダウ平均を支えた。ナスダックも続伸、3日続けて過去最高値を更新した。発表した四半期決算をきっかけにアドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)など半導体関連株が買われて指数を押し上げた。多くの機関投資家が運用の参考指標とするS&P500種株価指数も上げ、米主要3指数がそろって最高値を更新した。
【CME225先物(円ベース)】日経平均先物は4営業日ぶりに反落した。9月物は前日比60円安の2万円ちょうどで引け、26日の大取終値を40円下回った。この日まで開いたFOMCの声明を受け円が反発し、日本株は売りが優勢だった。FOMC後の声明で慎重な物価認識が示され、金融政策の正常化は穏やかなペースで進むとの見方が広がった。この日の9月物安値は1万9990円、高値は2万0115円。推定売買高は2万5004枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)。
【NY為替(ドル/円)】NY外国為替市場で円相場は反発し、前日比75銭円高・ドル安の1ドル=111円10~20銭で終えた。FOMC後の声明で物価に対する一段と慎重な見方が示され、米長期金利が低下。ドルは主要通貨に対して全面安の展開となった。FRBは米東部時間午後2時にFOMCの結果を公表した。市場の予想通り政策金利を据え置いた。声明では物価上昇率について「全体でも食品・エネルギーを除くコアでも低下している」と前回から判断をやや弱めた。市場では「ハト派寄りの調整」と受け止められ、円買い・ドル売りを誘った。声明では保有資産の圧縮について「比較的早期に開始する」と、これまでよりやや踏み込んだ。「9月のFOMCでの発表が確実になった」として発表直後は円安・ドル高に振れる場面があったが、続かなかった。資産縮小の開始を9月に発表するとの観測はすでに広がっており「ドルを積極的に買うには物足りなかった」との声がある。朝方にかけて「声明が想定よりもタカ派的になり得るとの警戒からドルを買う動きがあった」といい、発表後は持ち高を手じまう目的の円買い・ドル売りが強まった。26日の円の高値は1ドル=111円07銭、安値は112円21銭だった。
【NY為替(ユーロ/円)】円は対ユーロで続落し、前日比15銭円安・ユーロ高の1ユーロ=130円40~50銭で終えた。ユーロがドルに対して急伸し、円売り・ユーロ買いに波及した。
【NY原油先物】NYMEXで原油先物相場が3日続伸した。WTIで期近の9月物は前日比0.86ドル高の1バレル48.75ドルで終えた。一時48.87ドルと期近物として6月1日以来ほぼ2ヶ月ぶりの高値を付けた。米国の在庫縮小を好感した買いが入った。EIAが発表した週間の石油在庫統計で、前週末時点の原油在庫が4週続けて減った。市場予想よりも減少幅が大きく、1月6日以来ほぼ7ヶ月半ぶりの低水準になった。生産が減った一方、消費が伸びた。米国で需給の緩みが徐々に解消されつつあるとの見方から、先物に買いが膨らんだ。FRBが午後2時、FOMCの声明を公表した。市場の予想通りに金融政策の現状維持を決めた。原油市場では需給という独自の要因が主な取引材料となっているため、FOMCに対する相場の反応は限られた。ガソリンは続伸した。夏場のドライブシーズンの需要増を受け、EIAの統計で6週連続で在庫減となったことを好感した買いが入った。ヒーティングオイルは3日続伸した。
【NY金先物】金先物相場は小幅ながら3日続落した。COMEXで取引の中心である8月物は前日比2.7ドル安の1トロイオンス1249.4ドルで終えた。米株式市場でダウ平均など主要株価指数が最高値を更新し、リスク回避目的で買われやすい金の重荷になった。取引終了後の時間外で金は買い優勢に転じる場面があった。FOMC声明の発表後に外国為替市場でドルが主要通貨に対して下落し、ドルの代替投資先とされる金に資金が流入した。8月物は一時1263ドル台と中心限月として6月15日以来およそ1ヶ月半ぶりの高値を付けた。銀は反落。プラチナは3日続落した。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

決算(1Q)発表予定日 2017/07/31だよ。

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 7月26日(水)20時39分28秒
返信・引用 編集済
      ウエーブロックHD(7940/T2)  

7/18に上方修正したばかり、上昇トレンド継続を期待して発表を待ちたいな。

◆ウェーブロックホールHD(7940)が18年3月期上期(4-9月)の連結経常利益を従来予想の9.2億円→11.6億円に26.1%上方修正したことが買い材料視された。

インテリア事業で壁紙の販売が想定以上に伸びることが寄与。生産数量増加に伴う操業度向上や経費削減の進展なども利益を押し上げる。上期業績の好調に伴い、通期の連結経常利益も従来予想の17.5億円→19.9億円に13.7%上方修正。増益率が3.2%増→17.3%増に拡大し、従来の2期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。

それに、5/10の本決算では、今期経常は3%増で2期連続最高益、24円で初配当

◆17年3月期の連結経常利益は前の期比87.6%増の16.9億円に拡大し、18年3月期も前期比3.2%増の17.5億円に伸びを見込み、2期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。3期連続増収になる。同時に、今期の年間配当は17年4月上場来初となる24円にする方針とした。

・通期実績推移及び予想(上方修正)
   決算期  売上高  営業益  経常益  最終益  1株益  1株配   発表日
  2015.03  24,656     913   1,339   1,031    93.5    0.00     -
  2016.03  25,055     740     904     365    33.1    0.00     -
  2017.03  26,886   1,359   1,696   1,107   106.2    0.00  17/05/10
予2018.03  28,000   1,400   1,750   1,250   128.3   24.00  17/05/10
   前期比    +4.1    +3.0    +3.2   +12.9   +20.8
予2018.03  28,100   1,650   1,990   1,430   146.8   24.00  17/07/18修正
   前期比    +4.5   +21.4   +17.3   +29.2   +38.2

日足チャート 2017.07.26現在・・・4/10上場(公募価格@750)して2倍になったよ。  
 

本日の東京市場概況

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 7月26日(水)16時02分47秒
返信・引用 編集済
  東京市場・本日(2017.07.26)の結果   反発 !    嬉しいな 

            始値       高値      安値     終値
☆日経平均          20098.14     20116.00    20016.58   20050.16(+ 94.96)
☆TOPIX         1628.20      1628.46     1617.39    1620.88(+  3.81)
☆JPX400         14477.28     14479.76    14372.82   14400.60(+ 30.33)
☆東証一部出来高      17.28億株
☆東証一部売買代金   21965億円
☆騰落銘柄数         値上り    952,   値下り    939,   変らず    133,
     ※為替は18:30以降に表示しています。

☆東京為替(ドル/円)     111.89      112.08     111.81      111.83(+  0.90)
          (ユーロ/円)     130.32      130.50     130.10      130.14(+  0.80)
☆騰落レシオ   (警戒水域 70.00%以下、130.00%以上)      104.64%(-  5.14)
☆RSI       (警戒水域  30.00%以下、 70.00%以上)      48.50%(+  2.30)
☆東証1単純平均                                       2902.10円(+  0.44)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底値ゾーン)
          N225    ○○●○○●○○●●●○    7勝 5敗   58.33%(+  8.33)
          TOPIX   ○○●●○●○○●●●○    6勝 6敗   50.00%(+  8.33)
          JPX400  ○○●●○●○○●●●○    6勝 6敗   50.00%(+  8.33)

東京株式・為替市場コメント
【東京株式概況】26日の東京株式市場で日経平均は4営業日ぶりに反発した。2万円を回復するのは3営業日ぶり。前日の米国株の上昇で投資家心理が上向いた。外国為替市場で円相場が下落したのを好感し、輸出関連株に買いが入った。日経平均は朝方に160円高となる場面があったが、その後は伸び悩んだ。FOMCの結果発表を控え、海外投資家は様子見姿勢。投資信託や投資顧問会社など国内投資家からの売りが重荷となった。日経平均は6月以降、1万9800円~2万0200円の範囲で推移しており、2万円超えの水準では上値が重くなった。JPX日経インデックス400、TOPIXも反発した。

市場からは「日経平均は2万円を挟んでの上下動であり、短期的にあまり変化はない。FOMCは無風通過とみられ、あとは声明文の内容次第だが、市場はさほど気にしていないのではないか」との声が聞かれた。

業種別では、三菱マ<5711>、住友鉱<5713>、UACJ<5741>などの非鉄金属株や、新日鉄住金<5401>、JFE<5411>などの鉄鋼株が上昇。国際帝石<1605>、石油資源<1662>などの鉱業株も高い。野村<8604>、大和証G<8601>などの証券商品先物株も買われた。

半面、日水<1332>、サカタのタネ<1377>などの水産農林株が軟調。王子HD<3861>、北越紀州<3865>などのパルプ紙や、昭電工<4004>、信越化<4063>などの化学株も安い。個別では、第1四半期(17年4-6月)の連結決算で営業利益51.7%増のMARUWA<5344>や、協栄産<6973>、新日理化<4406>がストップ高。タカキュー<8166>、オハラ<5218>、コメリ<8218>などの上げも目立った。半面、17年12月期の連結利益予想を下方修正したシマノ<7309>が下落。きょう取引最終日(27日上場廃止)のタカタ<7312>(整理)や、KOA<6999>、enish<3667>、ADワークス<3250>などの下げも目立った。
-----------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 7月26日(水)08時13分8秒
返信・引用 編集済
  本日の外資系動向                

  売り :        670万株      113億円
  買い :      1080万株      193億円
  -------------------------------------
  差引 :      +410万株      +80億円

※外資系動向は業界関係者からヒアリングした非公式な情報です。

本日の株価材料(国内)

日経産業
・OTS<4564.T>ががん遺伝子診断サービスを来年開始
・明電舎<6508.T>が米シリコンバレーに新拠点を開設
・特種東海<3708.T>が中期経営計画で特殊紙事業を強化

日刊工業
・トヨタ<7203.T>が本社工場で研究開発棟を新設
・日精工<6471.T>が群馬でAT向け軸受けの新工場を建設
・イチネンHD<9619.T>が空調用工具でアジア代理店網を拡充
・グローリー<6457.T>が医療事故防止用ウエアラブル端末を実用化へ
・ダイヘン<6622.T>が電力線活用高速通信規格対応変圧器を開発

市場スケジュール(国内)

6月企業向けサービス価格指数(8:50)

市場スケジュール(海外)

米6月新築住宅販売件数(23:00)
米5年国債入札
英4-6月期GDP(17:30)

日本市場の主な決算発表銘柄社数  52件

任天堂 (7974) 日本電産 (6594) エムスリー (2413) LINE (3938)
アドバンテスト (6857) きんでん (1944) キヤノンMJ (8060)
日立国際電気 (6756) 日本航空電子工業 (6807) ダイビル (8806)
沖縄セルラ (9436) キヤノン電子 (7739) 積水樹脂 (4212)
栄研化学 (4549) 四国化成工業 (4099)

------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます(NY市場)

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 7月26日(水)08時11分9秒
返信・引用
  NY市場・前日(2017.07.25)の結果  反発 !   嬉しいな

             Farst       High        Low         Last
☆NYダウ          21638.56    21670.62    21577.37    21613.43(+100.26)
☆S&P500          2477.88     2481.24     2474.91     2477.08(+  7.17)
☆NYナス           6407.59     6425.45     6396.87     6412.17(+  1.37)
☆CME225先物(円ベース)   19945       20085       19920       20060(+140.00)
    ※CME225先物は円建てであり、前日比は前日の大証日中終値比を記載
☆NY為替(ドル/円)    111.10      111.96      110.80      111.94(+  0.84)
☆原油先物(WTI)        46.46       48.50       46.38       47.89(+  1.55)
☆NY金先物(Gold)     1261.90     1264.20     1255.10     1258.50(-  2.20)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底1値ゾーン)
        NYダウ     ●○○○○●●○●●●○   6勝 6敗    50.00%(   0.00)
        ナスダック     ○○○○○○○○○●○○  11勝 1敗   91.67%(   0.00)

※中国上海指数       3249.14   3261.65     3233.14      3243.69(-  6.91)
        上 海      ●●●○○●○○○●○●  6勝 6敗    50.00%(-  8.33)

NY株式・為替・商品市場コメント
【NY株式概況】25日の米株式市場でダウ平均は4営業日ぶりに反発した。2017年4-6月期決算が市場予想を上回った建機のキャタピラーや外食のマクドナルドが上昇し、指数を押し上げた。原油先物相場の上昇を受けて石油株が買われたほか、米長期金利の上昇で利ざや拡大の思惑から金融株も上げた。ダウ平均は取引時間中に19日に付けた最高値を上回る場面があったが、取引終了にかけてやや伸び悩んだ。この日から始まったFOMCの結果発表を26日に控え、内容を見極めたいとして持ち高調整を目的とした売りが上値を抑えた。ナスダックは小幅ながら続伸、連日で最高値を更新、アマゾン・ドット・コムなど主力株の一角が上昇し、指数を押し上げた。アルファベット(グーグル)が前日夕に発表した四半期決算を受けて大幅に下げたため、指数の上値は重かった。多くの機関投資家が運用の参考にするS&P500は4営業日ぶりに最高値を更新した。
【CME225先物(円ベース)】日経平均先物は3営業日ぶりに反発し、2万円を回復した。9月物は前日比115円高の2万0060円で終え、大阪取引所の終値を140円上回った。米長期金利の上昇を背景に円安が進んだのが好感された。市場予想を上回る企業決算や原油高を材料にした米株式相場の上昇も日経平均先物を支えた。市場は26日まで開かれるFOMCの結果発表に注目している。この日の9月物の高値は2万0085円、安値は1万9920円。推定売買高は3万517枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)。
【NY為替(ドル/円)】NY外国為替市場で円相場は下落した。前日比80銭円安・ドル高の1ドル=111円85~95銭で取引を終えた。米景況感の改善に加え、米長期金利の上昇を受けて日米金利差が拡大するとの観測を背景にした円売り・ドル買いが優勢だった。米調査会社コンファレンス・ボードが25日発表した7月の米消費者信頼感指数は121.1と前月から3.8P上昇し、市場予想(116程度)を大きく上回った。米景気減速への警戒感が和らぎ、ドル買い・円売りが広がった。好調な米指標に加え、欧州市場で主要な国債が売られたこともあり、米国債にも売りが波及した。米長期金利の指標である10年物国債利回りは、前日比で0.08%上昇(価格は下落)した。日米の金利差が拡大するとの観測が円売りに拍車をかけた。米株式相場が堅調に推移したのも円相場の重荷だった。25日の米株式市場で米主要3指数はそろって上昇した。投資家が運用リスクを取りやすくなり、低金利でリスク選好時に売られやすい円の売りを促した。24日の欧州市場で約1ヶ月ぶりの円高・ドル安水準を付け「(対円での)ドル売りが一服した」との指摘も出ていた。円の安値は1ドル=111円95銭、高値は1ドル=111円31銭だった。
【NY為替(ユーロ/円)】円は対ユーロで3営業日ぶりに反落した。前日比95銭円安・ユーロ高の1ユーロ=130円25~35銭で取引を終えた。
【NY原油先物】NYMEXで原油先物相場は続伸した。WTIで期近の9月物は前日比1.55ドル高の1バレル47.89ドルで取引を終えた。OPEC加盟国など主要産油国が24日に開いた会合で協調減産の追加策を発表したのを好感した買いが続いた。前日の会合ではサウジアラビアが原油輸出を削減することや、減産を免除されていたナイジェリアが自主的に生産に上限を設けることが決まった。産油国が生産調整を続ければ、原油需給の改善に寄与するとして買いを誘った。原油先物の9月物は一時48ドルちょうど前後と期近物として6月7日以来、約1ヶ月半ぶりの高値を付けた。ガソリンは4営業日ぶりに反発、ヒーティングオイルは続伸した。
【NY金先物】NY金先物相場は続落した。COMEXで取引の中心である8月物は前日比2.2ドル安の1トロイオンス1252.1ドルで取引を終えた。外国為替市場で主要通貨に対するドル買いが優勢だったのを受け、ドルの代替資産として逆の動きをしやすい金も売られた。銀は反発、プラチナは続落した。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

本日の東京市場概況

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 7月25日(火)15時50分33秒
返信・引用 編集済
  東京市場・本日(2017.07.25)の結果   3日続落 !    嫌になっちゃう~

            始値       高値      安値     終値
☆日経平均          19979.56     20036.31    19941.61   19955.20(- 28.47)
☆TOPIX         1621.42      1625.14     1616.94    1617.07(-  4.50)
☆JPX400         14402.21     14440.81    14354.78   14370.27(- 32.85)
☆東証一部出来高      14.98億株
☆東証一部売買代金   18865億円
☆騰落銘柄数         値上り    593,   値下り    1297,   変らず    134,
     ※為替は18:30以降に表示しています。
☆東京為替(ドル/円)     111.09      111.33     110.83      110.92(-  0.08)
          (ユーロ/円)     129.33      129.57     129.27      129.32(+  0.03)
☆騰落レシオ   (警戒水域 70.00%以下、130.00%以上)      109.78%(-  7.78)
☆RSI       (警戒水域  30.00%以下、 70.00%以上)      46.20%(+  0.10)
☆東証1単純平均                                       2901.66円(- 10.73)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底値ゾーン)
          N225    ●○○●○○●○○●●●    6勝 6敗   50.00%(   0.00)
          TOPIX   ●○○●●○●○○●●●    5勝 7敗   41.67%(   0.00)
          JPX400  ●○○●●○●○○●●●    5勝 7敗   41.67%(   0.00)

東京株式・為替市場コメント
【東京株式概況】25日の東京株式市場で日経平均は小幅ながら3日続落した。終値として2万円を割り込んだのは2日連続。きょうから開かれるFOMCや2017年4-6月期の決算発表の本格化を前に積極的な売買を手控える投資家が多かった。株式市場では「中長期の機関投資家は4-6月期の決算内容を見極めたいとして、持ち高を一方向に傾ける動きは限られた」との声が聞かれ、大口の目立った取引は見られなかったという。朝方は円安進行に伴って主力株に買いが入り、日経平均は一時2万円を回復した。ただ、薄商いのなかで次第に上げ幅を縮小し、ほどなく下げに転じた。JPX日経インデックス400、TOPIXは3日続落した。

市場からは「FOMCや企業決算をとりあえず確認したいようで、様子見気分が強い。日経平均2万円割れ水準は押し目買いの雰囲気ながら、上値の重さはネック。個別決算でしっかりと上昇する銘柄はあるが、全体を持ち上げるには力不足だ」との声が聞かれた。

業種別では、日本紙<3863>、北越紀州<3865>などのパルプ紙株が軟調。任天堂<7974>、タカラトミー<7867>などのその他製品株や、JAL<9201>、ANA<9202>などの空運株も売られた。日水<1332>、マルハニチロ<1333>などの水産農林株も安い。半面、JXTG<5020>、昭シェル<5002>などの石油石炭製品株が堅調。トヨタ<7203>、ホンダ<7267>などの輸送用機器株も買われた。住友鉱<5713>、東邦鉛<5707>などの非鉄金属株も高い。

個別では、27日上場廃止(取引最終日は26日)のタカタ<7312>(整理)や、enish<3667>、イーブック<3658>、OBC<4733>などの下げが目立った。半面、協栄産<6973>がストップ高。17年12月期第2四半期(1-6月)の連結業績予想および通期の経常・純利益予想を上方修正したソルクシーズ<4284>や、新日理化<4406>、GMOクラ<3788>、セントケアH<2374>などの上げも目立った。
-----------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

どうなってるの?

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 7月25日(火)13時14分53秒
返信・引用 編集済
      ウエーブロックHD(7940/T2)  

手が入ってるのかな?新高値更新だっ!!!、急騰してるよ(喜)。

日足チャート 2017.07.25 13:27現在
 

おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 7月25日(火)07時44分23秒
返信・引用 編集済
  本日の外資系動向                

  売り :       860万株      132億円
  買い :      880万株      131億円
  -------------------------------------
  差引 :      +20万株       -1億円

※外資系動向は業界関係者からヒアリングした非公式な情報です。

本日の株価材料(国内)

日経産業
・アズジェント<4288.T>がつながる車向け模擬サイバー攻撃を開始
・ユニチカ<3103.T>が植物由来の新素材活用複合材向けプラント新設
・ファンデリー<3137.T>が健康食宅配の紹介拠点開拓で専門部隊開設

日刊工業
・パナソニック<6752.T>が中国でのサーボモーター生産能力引き上げ
・東電力HD<9501.T>と中部電<9502.T>が火力発電所の運用を外販
・新東工<6339.T>がショットピーニングでパルステック<6894.T>と提携
・信越ポリ<7970.T>がエスカレーター向け養生シート開発

市場スケジュール(国内)

6月15・16日開催の日銀金融政策決定会合議事要旨
40年国債入札

市場スケジュール(海外)

FOMC(~7/26)
米5月FHFA住宅価格指数(22:00)
米5月S&Pケースシラー住宅価格指数(22:00)
米7月CB消費者信頼感指数(23:00)
米7月リッチモンド連銀製造業指数
米2年国債入札
独7月Ifo景況感指数(17:00)

日本市場の主な決算発表銘柄社数  27件

三菱自動車工業 (7211) オービック (4684) 富士通ゼネラル (6755) OBC (4733)
コメリ (8218) 日新電機 (6641) リコーリース (8566) コーア (6999)
GMOクリックH (7177) 青森銀行 (8342) 総合メディカル (4775)
MARUWA (5344) 蝶理 (8014)

------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます(NY市場)

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 7月25日(火)07時42分50秒
返信・引用
  NY市場・前日(2017.07.24)の結果  3日続落 !    嫌になっちゃう~

             Farst       High        Low         Last
☆NYダウ          21577.78    21577.78    21496.13    21513.17(- 66.90)
☆S&P500          2472.04     2473.10     2406.32     2469.91(-  2.63)
☆NYナス           6387.82     6417.70     6380.61     6410.81(+ 23.05)
☆CME225先物(円ベース)   19970       19980       19855       19945(+  5.00)
    ※CME225先物は円建てであり、前日比は前日の大証日中終値比を記載
☆NY為替(ドル/円)    111.06      111.32      110.62      111.12(-  0.01)
☆原油先物(WTI)        45.62       46.48       45.40       46.34(+  0.57)
☆NY金先物(Gold)     1261.40     1265.10     1258.10     1260.70(-  0.30)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底1値ゾーン)
        NYダウ     ○●○○○○●●○●●●   6勝 6敗    50.00%(   0.00)
        ナスダック     ○○○○○○○○○○●○  11勝 1敗   91.67%(+  8.33)

※中国上海指数       3230.90   3261.10     3230.07      3250.60(+ 12.62)
        上 海      ○●●●○○●○○○●○  7勝 5敗    58.33%(   0.00)

NY株式・為替・商品市場コメント
【NY株式概況】24日の米株式市場でダウ平均は3日続落した。競合による類似薬品の発売が嫌気され、日用品のJ&Jが下落。金融のGSやHCのホーム・デポも下げ、ダウ平均を押し下げた。ダウ平均は前週後半に最高値を付けた。今週は25~26日にFOMCを控えるため、週初にひとまず利益を確定する目的の売りが出たとの指摘も聞かれた。ナスダックは反発、20日以来2営業日ぶりに最高値を更新した。引け後に決算発表を控えるグーグルの持ち株会社アルファベットをはじめ、アマゾン・ドット・コムやフェイスブックなど大型株が好業績への期待を背景に買われ、指数上昇に寄与した。
【CME225先物(円ベース)】日経平均先物は小幅続落した。9月物は前週末比35円安の1万9945円で引け、21日の大取終値を5円上回った。朝方に売りが先行した。その後は米長期金利の上昇につれて円売りが優勢になり、下げ幅を縮めた。市場は25~26日に開くFOMCに注目している。この日の9月物安値は1万9855円、高値は1万9980円。取引は低調で推定売買高は2万9156枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)と少ない。
【NY為替(ドル/円)】NY外国為替市場で円相場は横ばいだった。前週末と同じ1ドル=111円05~15銭で取引を終えた。日欧市場の円高を引き継いで高く始まったが、米長期金利が上昇するにつれて円売り・ドル買いが優勢になった。FOMCの結果発表を26日に控え、積極的な取引は手控えられた。日欧市場では米政権の先行き不透明感や日本株安を背景に円買い・ドル売りが進み、NY市場でも円は高く取引が始まった。だが、米長期金利が上昇(価格は下落)すると、日米の金利差拡大を見込んだ円売り・ドル買いが増えた。ただ、ドル買いは勢いを欠いた。米政権とロシアとの不透明な関係を巡り、24日にトランプ米大統領の娘婿クシュナー上級顧問が米上院で非公開で証言し「不適切な接触はない」と訴えた。トランプ氏の長男も上院司法委員会で近く証言する予定。この問題を巡って米政権が揺れ、政策が停滞するとの懸念は根強く「ドルの上値を抑えた」との声があった。25~26日にはFOMCが開かれる。政策変更はないとの見方が大勢だが、保有資産の縮小時期について声明文で新たに言及する可能性がある。声明文を見極めたい市場参加者が多く、持ち高を一方向に傾ける取引は限られたようだ。24日に発表された米経済指標は強弱入り交じる内容で、為替相場への影響は小さかった。7月の米製造業購買担当者景気指数速報値は、前月よりも上昇した。6月の米中古住宅販売件数は前月比1.8%減で、市場予想(1.1%減)以上に減った。円の高値は1ドル=110円78銭、安値は1ドル=111円32銭だった。
【NY為替(ユーロ/円)】円は対ユーロで続伸した。前週末比30銭の円高・ユーロ安の1ユーロ=129円30~40銭で終えた。
【NY原油先物】NYMEXで原油先物相場は反発した。WTIで期近の9月物は前週末比0.57ドル高の1バレル46.34ドルで取引を終えた。主要産油国による協調減産の追加策の決定を受けて、需給改善の期待が高まった。OPEC加盟国とロシアなどが24日に開いた会合で、8月にサウジアラビアが原油輸出を減らすことが決まった。OPEC最大の産油国サウジが需給改善に向け積極的な姿勢を示し、今後も需給対策が進むとの観測が広がったようだ。同じ会合で、これまで減産を免除されていたナイジェリアが自主的に生産上限を設けることも決まった。減産が免除されていた同国とリビアの増産が協調減産の効果を減じていただけに、市場で好感された。ガソリンは3日続落。ヒーティングオイルは3営業日ぶりに反発した。
【NY金先物】NY金先物相場は小幅ながら7営業日ぶりに反落した。COMEXで取引の中心である8月物は、前週末比0.6ドル安の1トロイオンス1254.3ドルで終えた。欧米など主要国・地域で緩和的な金融政策が続き、金市場に投資資金が流入しやすい状態が続くとの見方から買いが先行した。朝方に1259.0ドルまで上昇し、6月26日以来ほぼ1ヶ月ぶりの高値を付けた。ただ、外国為替市場でこのところ下落基調にあったドルが対ユーロなどで上昇したため、ドルの代替投資先とされ、逆の値動きになりやすい金は次第に売りに押された。銀も7営業日ぶりに反落。プラチナは3営業日ぶりに反落した。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

悲喜こもごも。。。

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 7月24日(月)23時26分24秒
返信・引用 編集済
  N225が続落の中、

ケネディクス(4321)と日CMK(6958)とウエーブロック(7940)は陽線だったね。

それに引き換え、金融関連の三菱UFJ(8306)や りそな(8308)は弱過ぎるな。
ツナギを入れてるから良いようなもんの、既に75dを割っちゃったよ(トホホホ・・・)。

 

本日の東京市場概況

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 7月24日(月)15時53分50秒
返信・引用 編集済
  東京市場・本日(2017.07.24)の結果   続落 !    嫌になっちゃう~

            始値       高値      安値     終値
☆日経平均          19973.67     20002.54    19901.88   19975.67(-124.08)
☆TOPIX         1619.23      1624.12     1613.08    1621.57(-  8.42)
☆JPX400         14394.46     14428.47    14336.13   14403.12(- 85.96)
☆東証一部出来高      15.61億株
☆東証一部売買代金   19163億円
☆騰落銘柄数         値上り    1062,   値下り    812,   変らず    151,
     ※為替は18:30以降に表示しています。
☆東京為替(ドル/円)     111.11      111.20     110.78      111.02(-  0.74)
          (ユーロ/円)     129.63      129.76     129.31      129.34(-  1.00)
☆騰落レシオ   (警戒水域 70.00%以下、130.00%以上)      117.56%(-  1.69)
☆RSI       (警戒水域  30.00%以下、 70.00%以上)      46.10%(-  7.40)
☆東証1単純平均                                       2912.39円(+  2.05)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底値ゾーン)
          N225    ●●○○●○○●○○●●    6勝 6敗   50.00%(-  8.33)
          TOPIX   ●●○○●●○●○○●●    5勝 7敗   41.67%(-  8.33)
          JPX400  ●●○○●●○●○○●●    5勝 7敗   41.67%(-  8.33)

東京株式・為替市場コメント
【東京株式概況】24日の東京株式市場で日経平均は続落した。終値で2万円の大台を割り込んだのは18日以来4営業日ぶり。前週末の米株式相場が下落した流れを受けたほか、円相場の上昇を嫌気した売りが終日優勢だった。朝方は売り先行で始まり、一時は前週末に比べ200円程度安い1万9900円近辺まで下落した。午後に入ると日銀の上場投資信託(ETF)買いへの思惑や1万9900円を割り込まなかったことなどを背景に、短期の値幅取りを狙った投資家による買い戻しの動きが広がった。2万円を上回る場面もあった。JPX日経インデックス400、TOPIXも続落した。

市場からは「1ドル=111円割れの円高が響いている。後場は、日銀のETF買いが予想されるが、その効果も限定的だろう。スパイサー米大統領報道官の辞任、ロシア疑惑などトランプ政権の先行き不透明感から、米経済は良くなりにくいとの連想が働いている。ただ、米経済の弱さは一時的で日本企業の決算期待もあり、物によっては買い場とみている」との声が聞かれた。

業種別では、第一生命HD<8750>、T&DHD<8795>などの保険株が下落。任天堂<7974>、大日印<7912>などのその他製品株や、ブリヂス<5108>、洋ゴム<5105>などのゴム製品株も売られた。JXTG<5020>、出光興産<5019>などの石油石炭製品株も安い。個別では、第1四半期(17年4-6月)の連結決算で営業赤字のKIMOTO<7908>や、17年12月期第2四半期(1-6月)および通期の連結業績予想を下方修正して配当見送りの千趣会<8165>が大幅安。タカタ<7312>(整理)、U-NEXT<9418>、東製鉄<5423>などの下げも目立った。

半面、東レ<3402>などの繊維製品株が引き締まった。18年3月期は連結経常利益が約7割増になりそうだと報じられた新日鉄住金<5401>や、日新製鋼<5413>などの鉄鋼株も買われた。個別では、好決算を受けて前週末に一時ストップ高のエンプラス<6961>が連騰。グロバル社<3271>、北の達人<2930>、協栄産<6973>、安藤ハザマ<1719>などの上げも目立った。
-----------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 7月24日(月)07時26分45秒
返信・引用 編集済
  本日の外資系動向                

  売り :        550万株      110億円
  買い :       770万株      168億円
  -------------------------------------
  差引 :      +220万株      +58億円

※外資系動向は業界関係者からヒアリングした非公式な情報です。

本日の株価材料(国内)

日経産業
・住友化<4005.T>がCO2除去する分離膜を事業化
・ソニー<6758.T>系が暗室でも鮮明な動画撮れるカメラ開発
・トッパン・F<7862.T>がスマホ用タッチセンサの製造期間を短縮
・三井物<8031.T>がLNG運搬船にIoT導入

日刊工業
・パナソニック<6752.T>とダイキン<6367.T>が空調での包括提携を解消
・スタンレ電<6923.T>がヘッドランプなど生産する岡崎製作所を建て直し
・カシオ<6952.T>がタイの生産拠点で関数電卓の自動化ラインを立ち上げ
・しまむら<8227.T>が大阪で大規模物流センター開設を検討

市場スケジュール(国内)

6月全国スーパー売上高

市場スケジュール(海外)

FOMC(~7/26)
米5月FHFA住宅価格指数(22:00)
米5月S&Pケースシラー住宅価格指数(22:00)
米7月CB消費者信頼感指数(23:00)
米7月リッチモンド連銀製造業指数
米2年国債入札
独7月Ifo景況感指数(17:00)

日本市場の主な決算発表銘柄社数  14件

篠崎屋 (2926) コーエーテクモH (3635) イーブックイニ (3658) ナガワ (9663)
さくらネット (3778) 日本高純度化学 (4973) 石塚硝子 (5204)
鉱研工業 (6297) アクセル (6730) 信越ポリマー (7970) コクヨ (7984)
カブドットコム (8703) タカラレーベン (8897) サンウッド (8903)

------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます(NY市場)

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 7月22日(土)07時49分10秒
返信・引用
  NY市場・前日(2017.07.21)の結果  反落 !    嫌になっちゃう~

             Farst       High        Low         Last
☆NYダウ          21591.72    21592.61    21503.78    21580.07(- 31.71)
☆S&P500          2467.40     2472.54     2465.06     2472.54(-  0.91)
☆NYナス           6383.05     6388.78     6365.12     6387.75(-  2.25)
☆CME225先物(円ベース)   20070       20110       19945       19980(-100.00)
    ※CME225先物は円建てであり、前日比は前日の大証日中終値比を記載
☆NY為替(ドル/円)    111.91      112.08      111.01      111.12(-  0.79)
☆原油先物(WTI)        46.91       47.21       45.54       45.77(-  1.15)
☆NY金先物(Gold)     1250.80     1262.10     1249.50     1261.00(+  8.90)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底1値ゾーン)
        NYダウ     ●○●○○○○●●○●●   6勝 6敗    50.00%(   0.00)
        ナスダック     ●○○○○○○○○○○●  10勝 2敗   83.33%(-  8.33)

※中国上海指数       3236.59   3247.71     3231.96      3237.98(-  6.88)
        上 海      ○○●●●○○●○○○●  7勝 5敗    58.33%(-  8.33)

NY株式・為替・商品市場コメント
【NY株式概況】21日の米株式市場でダウ平均は続落した。前日比31.71ドル安の2万1580.07ドルで終えた。本格化している米主要企業の2017年4-6月期決算発表を受け、業績が振るわなかった銘柄が売られ相場の重荷となった。原油価格の下落も重荷だった。米長期金利の低下(債券価格の上昇)を受け金融株が売られたのも指数を下押しした。主要指数が最高値圏で推移しており、週末を控えて利益確定を目的とした売りも出やすかった。ナスダックは11営業日ぶりに反落した。前日比2.248P安の6387.754Pで終えた。前日まで約2年5ヶ月ぶりに10日続伸した後とあって、利益確定売りに押された。マイクロソフトやアマゾン・ドット・コム、アップルなど大型IT株が軟調で、相場の重荷となった。
【CME225先物(円ベース)】日経平均先物は反落した。9月物は前日比110円安の1万9980円で終え、大阪取引所の終値を100円下回った。米長期金利の低下を受け円相場が上昇したのを受け、日経平均先物が売られた。米株が利益確定の売りで下げたことも重荷だった。この日の9月物の安値は1万9945円、高値は2万0110円。取引は低調で推定売買高は2万8173枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)にとどまった。
【NY為替(ドル/円)】NY外国為替市場で円相場は4日続伸し、前日比80銭円高・ドル安の1ドル=111円05~15銭で取引を終えた。一時111円01銭と6月22日以来ほぼ1ヶ月ぶりの円高・ドル安水準を付けた。対ユーロでドルが売られ円買い・ドル売りに波及したほか、米国内の政治を巡る不透明感が強まったこともドル売りにつながった。ドラギECB総裁が20日に今秋にも金融政策の正常化に踏み切る姿勢を示した。総裁が最近のユーロ高への懸念を強調しなかったこともあり、ドルに対するユーロ買いが続き、円買い・ドル売りにつながった。トランプ米大統領やその周辺とロシアとの関係を巡る疑惑を捜査するモラー特別検察官がトランプ氏のロシア事業を調査すると報じられた。トランプ氏はモラー氏に強く反発する姿勢を示しており、同問題が深刻化するとの懸念が強まった。政権発足時から大統領報道官を務めてきたスパイサー氏が辞任したと伝わり、政権運営の不安定さも意識された。景気刺激策などトランプ氏が掲げる政策運営に影響するとの警戒感からドルが売られたとの指摘があった。ドイツなどの欧州国債の利回り低下につれる形で米長期金利も低下し、日米の金利差縮小の見方から円が対ドルで買われた面もあった。円の安値は111円55銭だった。
【NY為替(ユーロ/円)】円は対ユーロで反発し、前日比50銭円高・ユーロ安の1ユーロ=129円60~70銭で取引を終えた。
【NY原油先物】NYMEXで原油先物相場が下落した。WTIでこの日から期近になった9月物は前日比1.15ドル安の1バレル45.77ドルで終えた。長期的な需給の緩みを見込んだ売りが優勢だった。前日に約1ヶ月半ぶりの高値を付けたため、目先の利益を確定する目的の売りも出やすかった。OPEC加盟国とロシアなど非加盟国が週明け24日に開く会合を見極めたいとして、買いに傾けた持ち高を中立方向に戻す目的の売りも出た。5月のOPEC総会で決めた来年3月までの減産延長では需給改善の効果に乏しく、減産枠の拡大など追加策を協議するとみられている。だが、市場では「加盟国が一段の減産を決めれば相場が上昇し、米国でシェールオイルを増産する動きが強まるだろう。早期に供給過剰が解消される可能性は低そうだ」との指摘が多かった。石油サービス会社ベーカー・ヒューズが午後に発表した米国の原油生産向け掘削設備(リグ)稼働数は前週から1基減った。リグ稼働の増勢がやや鈍ってきたとの見方から、相場はやや下げ渋る場面もあった。ガソリンとヒーティングオイルは続落した。
【NY金先物】金先物相場は6日続伸した。COMEXで取引の中心である8月物は前日比9.4ドル高の1トロイオンス1254.9ドルで終えた。通常取引の終了後に1255ドル台後半まで上昇し、中心限月として6月下旬以来ほぼ1ヶ月ぶり高値を付けた。外国為替市場でドルが主要通貨に対して下落し、ドルの代替投資先とされる金に資金が流入した。欧米など主要国で金融政策の正常化が緩やかなペースで進むとの見方から、金市場への資金流入が続くことを見込んだ買いも入った。相場は週初から長期の基調を示す200日移動平均(1233ドル近辺)を上回っているため、地合いの強さを指摘する投資家が増えてきた。「米政治の停滞が長引く可能性が意識され、リスク回避目的で金は買われやすい状況が年内は続く」との声も聞かれた。銀も6日続伸した。プラチナは続伸した。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

本日の東京市場概況

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 7月21日(金)16時14分37秒
返信・引用 編集済
  東京市場・本日(2017.07.21)の結果   反落 !    嫌になっちゃう~

            始値       高値      安値     終値
☆日経平均          20089.86     20135.33    20081.91   20099.75(- 44.84)
☆TOPIX         1629.35      1631.64     1628.06    1629.99(-  3.04)
☆JPX400         14488.76     14509.75    14476.77   14489.08(- 31.98)
☆東証一部出来高      15.34億株
☆東証一部売買代金   19967億円
☆騰落銘柄数         値上り    924,   値下り    964,   変らず    137,
     ※為替は18:30以降に表示しています。
☆東京為替(ドル/円)     111.91      112.06     111.71      111.76(-  0.36)
          (ユーロ/円)     130.15      130.50     130.02      130.34(+  1.19)
☆騰落レシオ   (警戒水域 70.00%以下、130.00%以上)      119.25%(+  1.04)
☆RSI       (警戒水域  30.00%以下、 70.00%以上)      53.50%(+  7.00)
☆東証1単純平均                                       2910.34円(+  2.48)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底値ゾーン)
          N225    ○●●○○●○○●○○●    7勝 5敗   58.33%(   0.00)
          TOPIX   ○●●○○●●○●○○●    6勝 6敗   50.00%(   0.00)
          JPX400  ○●●○○●●○●○○●    6勝 6敗   50.00%(   0.00)

東京株式・為替市場コメント
【東京株式概況】21日の東京株式市場で日経平均は反落した。20日のダウ平均が反落したことに加え、外国為替市場での円高基調で投資家心理が悪化。週末を控え取引終了にかけては利益確定売りが膨らんだ。日経平均は取引終了にかけ日中の安値を更新し、14時54分に前日比62円安の2万0081円まで下げる場面があった。「海外投資家がトヨタや三菱UFJなど主力株に売りを出した」との声があった。一方、好業績銘柄を物色する動きは活発だった。20日の取引終了後に2018年2月期(変則決算)の連結純利益予想を上方修正した安川電の上昇率は一時、前日比15%を超え連日で上場来高値を更新した。ファナックも大幅に上昇し、2銘柄で日経平均を27円程度押し上げ、指数を下支えした。JPX日経インデックス400、TOPIXも反落した。

市場からは「日銀のETF買いが入っていれば戻りが鈍いことになり、入っていなければ底堅いとも言える。いずれにしろ、来週は決算ありきで個別株物色が強まってくる。第1四半期(17年4-6月)決算は派手なものが出にくいとみられるが、安川電の好決算・好業績見通しが良い流れにつながるのではないか」との声が聞かれた。

業種別では、国際帝石<1605>、石油資源<1662>などの鉱業株や、新日鉄住金<5401>、JFE<5411>などの鉄鋼株が軟調。ブリヂス<5108>、洋ゴム<5105>などのゴム製品株や、東急<9005>、日通<9062>などの陸運株も安い。個別では、第2四半期(17年1-6月)に減損損失1億9000万円を特別損失に計上するVコマース<2491>が大幅安。タカタ<7312>(整理)、モバファク<3912>、HIS<9603>、ブロドリーフ<3673>などの下げも目立った。

半面、18年2月期第2四半期(17年3月21日-9月20日)および通期の連結業績予想を上方修正して配当増額の安川電<6506>や、三菱電<6503>、ファナック<6954>などの電機株が上昇。NTN<6472>、不二越<6474>などの機械株も堅調。東レ<3402>などの繊維製品株も引き締まった。個別では、第1四半期(17年4-6月)の連結決算で営業利益35.5%増のエンプラス<6961>が一時ストップ高。18年6月期(17年6月21日-18年6月20日)に連結営業利益19.5%増を見込むゲンキー<2772>(前場に一時ストップ高)や、山一電機<6941>、サンワテクノ<8137>、サカタインク<4633>などの上げも目立った。
-----------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

面合わせを上抜いた!!!

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 7月21日(金)10時26分41秒
返信・引用 編集済
       日本CMK(6958T1)  プリント基板最大手

おっ、高値面合わせ(09.08@1045)を上抜いたよ(喜)。

半分を指値してたので着実に利食いできたよ、ご馳走様でした。

月足(上)、日足(下)チャート 2017.07.21現在
 

上放れ!!!

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 7月21日(金)10時10分28秒
返信・引用
        ケネディクス(4321/T) 目覚めよ不動産ファンド!

やっと戻りだしたんじゃないかな (^^♪

カニヨコが続き、7/19の陽線に注視し、@535@540と買い増していたよ。

本日は確信持って@542で買い増し出動。さぁて、如何なりますかね。。。

日足チャート 2017.07.21 9:34現在
 

おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 7月21日(金)07時24分34秒
返信・引用 編集済
  本日の外資系動向                

  売り :       810万株      132億円
  買い :      870万株      148億円
  -------------------------------------
  差引 :      +60万株      +16億円

※外資系動向は業界関係者からヒアリングした非公式な情報です。

本日の株価材料(国内)

日経産業
・ソニー<6758.T>がCMOSセンサー月産能力を引き上げ
・NEC<6701.T>系がアプリ開発会社とIoT基盤開発
・三井金<5706.T>が四輪用排ガス触媒の生産能力増強
・オカダアイヨン<6294.T>が建物内装解体工事用建機を開発

日刊工業
・NTT<9432.T>が東西で顧客・設備管理システムを統一
・東プレ<5975.T>がインドで車用プレス部品工場新設を検討
・セーレン<3569.T>が中国のエアバッグ工場建設を前倒し
・安川電<6506.T>が中国での産業用ロボ生産能力を増強
・日精機<7287.T>がIoT活用プラント向け遠隔監視システム開発

市場スケジュール(国内)

5月毎月勤労統計確報値
6月全国百貨店売上高

日本市場の主な決算発表銘柄社数  12件

ジャフコ (8595) 東京製鐵 (5423) ゲンキー (2772) モーニングスター (4765)
モバファク (3912) 光世証券 (8617) SPK (7466) きもと (7908)
ベクター (2656) アジュバンコスメ (4929)

------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます(NY市場)

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 7月21日(金)07時22分33秒
返信・引用
  NY市場・前日(2017.07.20)の結果  反落 !    嫌になっちゃう~

             Farst       High        Low         Last
☆NYダウ          21641.54    21661.91    21576.96    21611.78(- 28.97)
☆S&P500          2475.56     2477.62     2468.43     2473.45(-  0.38)
☆NYナス           6396.46     6398.26     6365.68     6390.00(+  4.96)
☆CME225先物(円ベース)   20035       20165       20010       20090(   0.00)
    ※CME225先物は円建てであり、前日比は前日の大証日中終値比を記載
☆NY為替(ドル/円)    111.97      112.42      111.48      111.92(-  0.05)
☆原油先物(WTI)        47.27       47.74       46.81       46.92(-  0.40)
☆NY金先物(Gold)     1247.40     1253.90     1241.50     1252.10(+  3.30)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底1値ゾーン)
        NYダウ     ●●○●○○○○●●○●   6勝 6敗    50.00%(-  8.33)
        ナスダック     ○●○○○○○○○○○○  11勝 1敗   91.67%(+  8.33)

※中国上海指数       3227.51   3246.24     3225.43      3244.86(+ 13.89)
        上 海      ○○○●●●○○●○○○  8勝 4敗    66.67%(+  8.33)

NY株式・為替・商品市場コメント
【NY株式概況】20日の米株式市場でダウ平均は反落した。総合小売りのシアーズ・ホールディングスとアマゾン・ドット・コムが家電販売で提携し、競争環境が厳しくなるとの見方からホームセンター大手ホーム・デポが売られてダウ平均を下押しした。前日に主要3指数がそろって過去最高値を更新していたため、短期的な高値警戒感から利益確定を目的とした売りも出やすかった。ナスダックは10日続伸、連日で過去最高値を更新した。20日の取引終了後に四半期決算を発表するマイクロソフトなど主力のハイテク株が買われ、指数を押し上げた。ナスダック指数が10日続伸するのは2015年2月下旬以来およそ2年5ヶ月ぶり。
【CME225先物(円ベース)】日経平均先物は小幅に続伸した。9月物は前日比75円高の2万0090円で終え、大阪取引所の終値と並んだ。円安が進んだ場面で日経平均先物には買いが広がった。日銀の金融政策決定会合や黒田総裁の記者会見を受け、緩和的な金融政策が長引くとの見通しも相場を支えた。この日の9月物の高値は2万0165円、安値は2万0010円。推定売買高は3万6543枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)。
【NY為替(ドル/円)】NY外国為替市場で円相場は小幅に3日続伸した。前日比5銭の円高・ドル安の1ドル=111円85~95銭で取引を終えた。ECBのドラギ総裁の発言を受けてドルがユーロに対して大きく下落。対円でもドル売りを誘った。もっとも、円相場の上値も限られた。円は一時111円48銭と6月27日以来、約1ヶ月ぶりの円高・ドル安水準を付けた。ECBは20日の理事会で金融政策の現状維持を決めた。ドラギ総裁は記者会見で政策などの変更に関し「秋に議論する」と語った。「ECBが今秋以降に金融政策を正常化させるとの思惑がユーロ買いの勢いを強めた」といい、対ユーロでのドル安が円買い・ドル売りにつながった。もっとも、円の上値も重かった。日銀は20日の金融政策決定会合で現状維持を決め、物価目標の達成時期を先送りした。緩和的な金融政策が長引くとの見方から、欧米と日本の金融政策の方向性の違いを意識した売りが出て相場の重荷となった。円の安値は112円33銭だった。
【NY為替(ユーロ/円)】円は対ユーロで大幅に反落した。前日比1円30銭の円安・ユーロ高の1ユーロ=130円10~20銭で終えた。ECBが金融政策の正常化に向かうとの思惑から、円売り・ユーロ買いが活発だった。
【NY原油先物】NYMEXで原油先物相場は3日ぶりに反落した。WTIでこの日が取引最終日となった期近の8月物は前日比0.33ドル安の1バレル46.79ドルで取引を終えた。最近の高値を付けた後は利益確定や持ち高調整を目的とした売りに押された。原油先物は午前に一時47.55ドルと、6月7日以来およそ1ヶ月半ぶりの高値を付けた。EIAが前日公表した週間の石油在庫統計では原油やガソリン在庫が減少しており、20日も需給改善を期待した買いが先行した。その後は急速に伸び悩み、午後には下げに転じた。OPEC加盟国と非加盟国が24日開く閣僚会合の行方を見極めたいとして様子見ムードが強まった。協調減産を免除されている加盟国のリビアとナイジェリアでは生産量が急増しており、減産の効果を打ち消している。会合では両国の生産に上限を設けるかが議論される見通しで、原油需給の緩みが改善に向かうかを左右するとして買い持ちを手じまう動きが広がった。ガソリンとヒーティングオイルも3日ぶりに反落した。
【NY金先物】NY金先物相場は5日続伸した。COMEXで取引の中心である8月物は前日比3.5ドル高の1トロイオンス1245.5ドルで取引を終えた。外国為替市場でドルが対ユーロなどで下げ、ドルの代替投資先として逆の値動きをしやすい金が買われた。日銀とECBは20日、現行の金融政策を維持すると決めた。当面は緩和的な金融政策が維持され、金市場への資金流入が続くとの見方も買い安心感につながった。銀は5日続伸し、プラチナは反発した。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

急続伸の原因は???

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 7月20日(木)20時18分25秒
返信・引用
      ウエーブロックHD(7940/T2)  

4/10東2に上場(公開価格@750)して株価は2倍になろうとしているんだよ。

本日の急騰の原因を調べたら・・・良い材料(上方修正)が出てたんだね(喜)。

  ---------------------------------------------------------

【ウェーブHDが続急伸、上期経常を26%上方修正、通期も増額】

ウェーブロックホールディングス <7940> [東証2]が18年3月期上期(4-9月)の連結経常利益を従来予想の9.2億円→11.6億円に26.1%上方修正したことが買い材料視された。

インテリア事業で壁紙の販売が想定以上に伸びることが寄与。生産数量増加に伴う操業度向上や経費削減の進展なども利益を押し上げる。上期業績の好調に伴い、通期の連結経常利益も従来予想の17.5億円→19.9億円に13.7%上方修正。増益率が3.2%増→17.3%増に拡大し、従来の2期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。 株探ニュース

日足チャート 2017.07.20現在
 

本日の東京市場概況

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 7月20日(木)15時40分52秒
返信・引用 編集済
  東京市場・本日(2017.07.20)の結果   続伸 !    嬉しいな 

            始値       高値      安値     終値
☆日経平均          20046.90     20157.11    20032.23   20144.59(+123.73)
☆TOPIX         1623.90      1634.96     1622.78    1633.01(+ 11.14)
☆JPX400         14432.40     14537.82    14422.03   14521.06(+105.42)
☆東証一部出来高      16.51億株
☆東証一部売買代金   21144億円
☆騰落銘柄数         値上り    1491,   値下り    399,   変らず    133,
     ※為替は18:30以降に表示しています。
☆東京為替(ドル/円)     111.95      112.21     111.78      112.12(+  0.04)
          (ユーロ/円)     128.91      129.21     128.80      129.15(-  0.05)
☆騰落レシオ   (警戒水域 70.00%以下、130.00%以上)      118.21%(+  6.83)
☆RSI       (警戒水域  30.00%以下、 70.00%以上)      46.50%(+  1.80)
☆東証1単純平均                                       2907.86円(+ 20.89)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底値ゾーン)
          N225    ●○●●○○●○○●○○    7勝 5敗   58.33%(   0.00)
          TOPIX   ●○●●○○●●○●○○    6勝 6敗   50.00%(   0.00)
          JPX400  ●○●●○○●●○●○○    6勝 6敗   50.00%(   0.00)

東京株式・為替市場コメント
【東京株式概況】20日の東京株式市場で日経平均は続伸した。日銀はきょうまで開いた金融政策決定会合で金融緩和の継続を決めた。結果発表直後の後場は日本でカネ余りによる株高が続くとの見方から買いが集まり、上げ幅を拡大した。前日に米主要株価指数がそろって最高値を更新したことも投資家心理を強気に傾けた。2017年4-6月期の国内企業の決算発表を控え、「好業績が見込める中小型株を物色する動きが強かった」という。朝方は円相場が1ドル=111円台後半まで上昇し、日経平均の上値の重さも目立ったが、後場は幅広い銘柄に買いが入った。JPX日経インデックス400、TOPIXも続伸、15年8月19日(1648.48)以来1年11ヶ月ぶりの高値となった。

市場では「日銀は金融政策決定会合で現状の金融政策を維持した。現地20日に開催されるECB理事会での金利見通し次第では、中央銀行のスタンスの違いが鮮明となる可能性もある」との見方があった。

業種別では、日水<1332>、マルハニチロ<1333>などの水産農林株や、昭電工<4004>、信越化<4063>などの化学株が上昇。オリックス<8591>、JPX<8697>などのその他金融株や、昭シェル<5002>、JXTG<5020>などの石油石炭製品株も高い。大和証G<8601>、野村<8604>などの証券株や、日立<6501>、ソニー<6758>などの電機株も堅調。武田薬<4502>、アステラス薬<4503>などの医薬品株や、浜ゴム<5101>、ブリヂス<5108>などのゴム株も買われた。

個別では、タカタ<7312>(整理)、安永<7271>、キムラタン<8107>、太平電<1968>、CRE<3458>などが上昇。半面、Sサイエンス<5721>、enish<3667>、gumi<3903>、エムアップ<3661>、サムティ<3244>などが下落している。
-----------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

日銀、物価2%達成時期「19年度ごろ」に先送り

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 7月20日(木)13時57分0秒
返信・引用 編集済
  日本銀行は20日の金融政策決定会合で物価見通しを下方修正し、目標とする「物価上昇率2%」の達成時期を、これまでの「2018年度ごろ」から「19年度ごろ」へ1年間先送りした。日銀の想定通りに企業の賃上げが進まず、物価上昇に波及していないためだ。金融政策は「現状維持」とした。(朝日新聞デジタル)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170720-00000051-asahi-bus_all

3ヶカ月に1度まとめる「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」で公表した。目標達成時期の先送りは、来年4月までの黒田総裁の任期中の達成を断念した昨年11月に続いて6度目。13年春の大規模な金融緩和の開始後、達成に6年以上かかることになる。

消費者物価(生鮮食品を除く)の上昇率の見通しは、17年度平均は4月時点の1.4%から1.1%に、18年度は1.7%から1.5%、19年度(予定される消費増税の影響を除く)は1.9%から1.8%にそれぞれ引き下げた。

堅調な海外経済を追い風に輸出や生産は伸び、雇用情勢は改善している。しかし5月の物価上昇率は0.4%にとどまる。賃上げの勢いが鈍く、消費者の節約志向で企業は値上げに動きにくいためで、日銀は物価目標の達成時期を遅らせることにした。

実質GDPの成長率見通しは、17年度は1.6%から1.8%に、18年度は1.3%から1.4%にそれぞれ引き上げ、19年度は0.7%で変えなかった。景気の基調判断は「緩やかに拡大している」とし、6月会合での「緩やかな拡大に転じつつある」から一歩前進させた。

金融政策は政策委員9人のうち、賛成7、反対2の賛成多数で現状維持とした。長期金利の誘導目標は「ゼロ%程度」、金融機関から預かるお金の一部につけるマイナス金利は年0.1%で据え置いた。長期国債の買い入れ額は「年約80兆円をめど」、ETFの購入量も年6兆円を維持する。

 

おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 7月20日(木)07時19分13秒
返信・引用 編集済
  本日の外資系動向                

  売り :        780万株      160億円
  買い :       660万株      147億円
  -------------------------------------
  差引 :      -120万株      -13億円

※外資系動向は業界関係者からヒアリングした非公式な情報です。

本日の株価材料(国内)

日経産業
・新日無<6911.T>が96%省エネの人感センサー開発
・東ガス<9531.T>が小規模工場向けにLNG貯蔵・気化設備を開発
・菱製鋼<5632.T>がインドで建機用太巻きバネの生産開始
・富士通<6702.T>が工作機械そろえる施設でコンサルなど提供

日刊工業
・住友商<8053.T>がブラジルの化粧品素材会社の出資比率引き上げ
・堀場製<6856.T>がガス質量流量の校正で国際認定を取得
・ローソン<2651.T>が地方の人手不足に備えスタッフ派遣拠点増設
・船井電機<6839.T>が有機ELテレビの開発体制刷新

市場スケジュール(国内)

6月貿易統計(8:50)
5月全産業活動指数(13:30)
日銀「経済・物価情勢の展望」(展望レポート)
黒田日銀総裁会見

市場スケジュール(海外)

ECB定例理事会(ドラギ総裁会見)
米7月フィラデルフィア連銀製造業景況感指数(21:30)
米6月CB景気先行総合指数(23:00)

日本市場の主な決算発表銘柄社数  5件

安川電機 (6506) アルインコ (5933) 日本鋳造 (5609) DNAチップ (2397)

------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます(NY市場)

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 7月20日(木)07時17分31秒
返信・引用 編集済
  NY市場・前日(2017.07.19)の結果  反発 !   嬉しいな

             Farst       High        Low         Last
☆NYダウ          21569.25    21640.75    21565.84    21640.75(+ 66.02)
☆S&P500          2463.85     2473.83     2463.85     2473.83(+ 13.22)
☆NYナス           6363.24     6387.73     6262.19     6385.04(+ 40.74)
☆CME225先物(円ベース)   20000       20035       19935       20015(+  5.00)
    ※CME225先物は円建てであり、前日比は前日の大証日中終値比を記載
☆NY為替(ドル/円)    112.07      112.23      111.56      111.89(-  0.18)
☆原油先物(WTI)        46.25       47.26       46.14       47.12(+  0.72)
☆NY金先物(Gold)     1242.00     1243.50     1235.10     1242.00(+  0.10)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底1値ゾーン)
        NYダウ     ○●●○●○○○○●●○   7勝 5敗    58.33%(   0.00)
        ナスダック     ●○●○○○○○○○○○  10勝 2敗   83.33%(+  8.33)

※中国上海指数       3181.40   3232.94     3179.73      3230.98(+ 43.41)
        上 海      ●○○○●●●○○●○○  7勝 5敗    58.33%(   0.00)

NY株式・為替・商品市場コメント
【NY株式概況】19日の米株式市場でダウ平均は3営業日ぶりに反発し、前日比66.20ドル高の2万1640.75ドルで終えた。7月14日以来の過去最高値を更新した。ハイテク株を中心に、2017年4-6月期の企業決算が総じて良好になるとの期待感が株式相場を押し上げた。原油価格の上昇も米株相場の追い風になった。航空機のボーイングや医療保険のユナイテッドヘルス・グループ、映画・娯楽のウォルト・ディズニーなどが上げて相場上昇をけん引した。ナスダックは9日続伸した。9日続伸は2015年2月24日まで10日続伸して以来の連続記録。前日比40.737P高い6385.042Pと連日で最高値を更新した。機関投資家が運用の指標とするS&P500種株価指数も前日に続いて最高値を更新した。
【CME225先物(円ベース)】日経平均先物は小幅反発した。9月物は前日比45円高の2万0015円で引け、19日の大取終値を5円上回った。ダウ平均など米主要株価指数が過去最高値をつけ、日本株買いを支えた。市場は20日の日銀金融政策決定会合の結果発表に注目している。この日の高値は2万0015円、安値は1万9935円。取引は低調で、推定売買高は2万579枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)と少ない。
【NY為替(ドル/円)】NY外国為替市場で円相場は続伸した。前日比15銭円高・ドル安の1ドル=111円90銭~112円00銭で取引を終えた。一時111円56銭と約3週間ぶりの円高・ドル安水準を付けた。20日に日銀とECBの政策発表を控えて、持ち高調整の円買いが入った。米物価上昇率の弱さや米政治停滞への懸念からのドル売り圧力も続いた。米株式相場の上昇を受け、午後の取引では円は上値が重くなった。日欧の金融政策の発表を控え「対ユーロで円買いの調整が入り、円買い・ドル売りに波及した」という。市場参加者の多くは特にECBの政策見通しに関心を寄せている。6月下旬以降、ユーロ高基調が続いたため持ち高調整を目的とした取引が目立った。米物価上昇率の弱さを示す指標が相次ぎ、FRBが利上げに慎重になるとの思惑も円相場を支えた。市場では「低インフレが意識され、ドル売り圧力が強まっている」との声があった。米政治停滞への懸念も円買いを招いた。米共和党上院が17日夕にオバマケアの代替法案の採決を断念。トランプ米大統領は19日、共和党上院に早期採決を迫り、米共和党上院は次週にオバマケア撤廃の採決を目指すとした。だが市場では米政権の政策実行の不透明感が広がっており、円買いが入りやすい。もっとも、米株式相場が午後に上げ幅を広げると円買いの勢いが弱まった。主要な3つの株価指数そろって過去最高値を更新。それに伴って円は上げ幅を縮小した。円の安値は1ドル=112円00銭だった。
【NY為替(ユーロ/円)】円は対ユーロで3営業日ぶりに反発した。前日比60銭円高・ユーロ安の1ユーロ=128円80~90銭で終えた。日銀とECBの政策発表を20日に控え、持ち高調整や利益確定を目的としたユーロ売り・円買いが優勢だった。
【NY原油先物】NYMEXで原油先物相場は続伸した。WTIで、期近の8月物は前日比0.72ドル高の1バレル47.12ドルで取引を終えた。EIAが発表した週間の石油在庫統計で原油在庫が減り、需給悪化への警戒感が薄れた。原油在庫が前週比で市場予想以上に減り、原油を精製して作るガソリン在庫は大きく減少した。米国内の産油量は増えており、その中で在庫が減ったとあって、需給の緩みが解消に向かうとの期待が強まった。米石油協会(API)が前日夕に発表した統計では原油在庫が増えていたため、EIA発表分も同様の内容となるとの警戒感が市場の一部で高まっていた。実際には在庫減となったことで、原油を買い戻す動きが広がったとの指摘もあった。ガソリンとヒーティングオイルも続伸した。
【NY金先物】NY金先物相場は小幅に3日続伸した。COMEXで取引の中心である8月物は前日比0.1ドル高の1トロイオンス1242.0ドルで終えた。日銀金融政策決定会合やECB理事会を20日に控え、持ち高調整目的の買いがやや優勢になった。ただ、外国為替市場で主要通貨に対して下落基調にあったドルが、19日は対ユーロなどで上昇した。ドルの代替投資先とされる金は売りに押される場面もあった。銀は4日続伸。プラチナは下落した。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

良い銘柄にぶち当たったなぁ (^^♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 7月19日(水)16時01分37秒
返信・引用 編集済
       日本CMK(6958T1)  プリント基板最大手

約7年余りの底這い銘柄、2015.09@217を底に大勢上昇トレンドだよ。(月足参照)

本日は、4桁に乗ったよ。重要な節目(2009/08@1045)に間もなく到達だね。

ここは楽だね、ツナギは不要、種玉手法で利確・遊撃玉再編の繰り返しだよ(喜)。

さぁて、2週後の決算発表(17.08.04)はどうなのかね、期待大だよ。

>嬉しい悲鳴だね (^^♪ 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 6月 7日(水)14時54分36秒

月足(上)、日足(下)チャート 2017.07.19現在
 

本日の東京市場概況

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 7月19日(水)15時43分1秒
返信・引用 編集済
  東京市場・本日(2017.07.19)の結果   小幅反発 !    嬉しいな 

            始値       高値      安値     終値
☆日経平均          19970.78     20032.46    19947.26   20020.86(+ 20.95)
☆TOPIX         1616.85      1623.70     1614.90    1621.87(+  1.39)
☆JPX400         14373.57     14429.36    14352.94   14415.64(+  2.15)
☆東証一部出来高      16.41億株
☆東証一部売買代金   20208億円
☆騰落銘柄数         値上り    1136,   値下り    760,   変らず    127,
     ※為替は18:30以降に表示しています。
☆東京為替(ドル/円)     112.08      112.24     111.89      112.08(-  0.17)
          (ユーロ/円)     129.46      129.54     129.16      129.20(-  0.12)
☆騰落レシオ   (警戒水域 70.00%以下、130.00%以上)      111.38%(+  0.08)
☆RSI       (警戒水域  30.00%以下、 70.00%以上)      44.70%(+  4.80)
☆東証1単純平均                                       2886.97円(+ 10.02)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底値ゾーン)
          N225    ○●○●●○○●○○●○    7勝 5敗   58.33%(+  8.33)
          TOPIX   ○●○●●○○●●○●○    6勝 6敗   50.00%(+  8.33)
          JPX400  ○●○●●○○●●○●○    6勝 6敗   50.00%(+  8.33)

東京株式・為替市場コメント
【東京株式概況】19日の東京株式市場で日経平均は小幅に反発した。日欧の金融政策を決める会合を前に為替の円高進行への警戒感が高まるなか、外部環境に業績が左右されにくい内需株に買いが入った。朝方は円相場の強含みを嫌気した輸出関連株への売りが優勢だった。売り一巡後は、このところ調整局面にあった内需株の買いが目立った。決算シーズンが近づき、好業績期待の高い中小型銘柄の物色も旺盛だった。JPX日経インデックス400、TOPIXは反発した。

市場からは「朝方は円高でもさほど売られず、下値硬直性が大分出ている。もっとも上値も重く、もみ合い相場が長引いており、材料待ちの状況だ。仮に短期的な調整があっても、中・長期では上昇トレンドにある」との声が聞かれた。

業種別では、任天堂<7974>、ピジョン<7956>などのその他製品株が上昇。日水<1332>、サカタのタネ<1377>などの水産農林株も高い。NTT<9432>や、第1四半期(17年3-5月)の連結決算で営業利益36.0%増の東宝<9602>などの情報通信株も買われ、リクルートH<6098>、LINK&M<2170>などのサービス株も堅調。個別では、人気アイドルグループ欅坂46の公式ゲームアプリ「欅のキセキ」への期待が指摘されたenish<3667>がストップ高。レナウン<3606>、デザインワン<6048>、エンシュウ<6218>、TBASE<3415>などの上げも目立った。

半面、商船三井<9104>、川崎汽<9107>などの海運株が軟調。オリックス<8591>、JPX<8697>などのその他金融株や、野村<8604>、大和証G<8601>などの証券商品先物株も売られた。個別では、子会社UKC香港をめぐる会計処理の見直しで190億円程度の損失計上が想定されるUKCHD<3156>が大幅安。タカタ<7312>(整理)、ADワークス<3250>、ミマキエンジ<6638>などの下げも目立った。
-----------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

やったね (^^♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 7月19日(水)09時31分33秒
返信・引用 編集済
      ウエーブロックHD(7940/T2)  

近時の節目(7/04@1330)と東2上場来高値(6/23@1390)を上抜いたよ(喜)。

7/11@1110,1120 ⇒ @1400 ご馳走様でした。

当然、種玉7/11@1100は温存、本日遊撃隊(@1310)を編成したよ。さてさて・・・

>面白い銘柄だね (^^♪   投稿者:濃姫  投稿日:2017年 7月11日(火)20時03分39秒

日足チャート 2017.07.19 前場現在
 
    (濃姫) 始値 1321 高値 1408 安値 1307 終値 1338

ここは、いつも長い上髭(線香花火)に終えるね、非貸借で空売りは出来ないし・・・イナゴ博打株の典型かな???
 

おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 7月19日(水)07時56分50秒
返信・引用 編集済
  本日の外資系動向                

  売り :        660万株      131億円
  買い :       790万株      178億円
  -------------------------------------
  差引 :      +130万株      +47億円

※外資系動向は業界関係者からヒアリングした非公式な情報です。

本日の株価材料(国内)

日経産業
・神鋼環境<6299.T>がごみ処理時の有害物質削減するソフト開発
・TSテック<7313.T>が電装品含む車用シートの一体開発開始
・SOMPOHD<8630.T>がビッグデータ分析速度2倍の基盤開発
・日アビオ<6946.T>が金属の温度分布計測するカメラ技術開発

日刊工業
・三井物<8031.T>が米社と提携しドローン開発を開始
・野村HD<8604.T>がベンチャー共同新事業創出の第2弾実施
・オリックス<8591.T>系が深層学習用高性能PCのレンタル開始
・NTT<9432.T>がシリコンプラットフォーム上に光変調器を作製
・ダイキン<6367.T>が来夏に工場スマート化でリードタイム短縮狙う
・富士電機<6504.T>がモーター遠隔監視システムを月額制で提供

市場スケジュール(国内)

日銀金融政策決定会合(~7/20)
6月訪日外客数(16:00)

市場スケジュール(海外)

米6月住宅着工件数(21:30)
米6月建設許可件数(21:30)

日本市場の主な決算発表銘柄社数  2件

小松ウオール工業 (7949) 安川情報システム (2354)

------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます(NY市場)

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 7月19日(水)07時55分15秒
返信・引用
  NY市場・前日(2017.07.18)の結果  続落 !   嫌になっちゃう~

             Farst       High        Low         Last
☆NYダウ          21589.94    21589.94    21471.14    21574.73(- 54.99)
☆S&P500          2455.88     2460.92     2450.34     2460.61(+  1.47)
☆NYナス           6304.82     6344.55     6291.07     6344.31(+ 29.87)
☆CME225先物(円ベース)   20045       20075       19890       19970(- 10.00)
    ※CME225先物は円建てであり、前日比は前日の大証日中終値比を記載
☆NY為替(ドル/円)    112.63      112.69      111.69      112.04(-  0.59)
☆原油先物(WTI)        45.99       46.92       45.81       46.40(+  0.38)
☆NY金先物(Gold)     1233.30     1244.10     1232.20     1241.90(+  8.20)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底1値ゾーン)
        NYダウ     ○○●●○●○○○○●●   7勝 5敗    58.33%(   0.00)
        ナスダック     ●●○●○○○○○○○○   9勝 3敗   75.00%(+  8.33)

※中国上海指数       3159.73   3187.67     3150.13      3187.57(+ 11.10)
        上 海      ○●○○○●●●○○●○  7勝 5敗    58.33%(   0.00)

NY株式・為替・商品市場コメント
【NY株式概況】18日の米株式市場でダウ平均は続落した。四半期決算を発表した金融のゴールドマン・サックスが下げ、指数を押し下げた。米上院でオバマケアの代替法案が再び頓挫したのも投資家心理を冷やした。一方、主力のIT株は買われナスダック総合株価指数は最高値を更新した。ゴールドマンが発表した2017年4-6月期決算の1株利益は市場予想以上だったが、主力の売買仲介部門が前年同期比で大幅に減。債券や外国為替、商品などのトレーディング収益が40%の急減となり、収益の先行きへの警戒感が売りを誘った。ゴールドマン株は2.6%安と1銘柄でダウ平均を40ドル超押し下げた。トランプ米政権が公約に掲げるオバマケア見直しを巡り、見直し法案に反対する与党・共和党議員が増えたのを受け共和党指導部が早期採決を断念した。夏季休暇前の法案成立が絶望的になり、大型減税やインフラ投資など公約に掲げていた重要政策への影響が避けられないとの観測も投資家心理に悪影響を与えた。ナスダックは8日続伸し、6月8日以来ほぼ1ヶ月ぶりに最高値を更新した。8日続伸は2015年2月24日までの10日続伸以来の長さ。前日発表の四半期決算を受け目標株価の引き上げなどが相次いだ動画配信のネットフリックスが急伸し、フェイスブックやアマゾン・ドット・コムなど主力株への買いを誘った。
【CME225先物(円ベース)】日経平均先物は下げた。9月物は前日比65円安の1万9970円で引け、18日の大取終値を10円下回った。米上院でオバマケアの代替法案が再び頓挫した。トランプ政権による経済政策の遂行を難しくするとの見方から円が上昇し、日本株の重荷となった。この日の9月物安値は1万9890円、高値は2万0075円。推定売買高は3万4831枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)。
【NY為替(ドル/円)】NY外国為替市場で円相場は反発し、前日比50銭円高・ドル安の1ドル=112円05~15銭で取引を終えた。一時111円69銭と6月27日以来3週ぶりの円高・ドル安水準を付けた。オバマケアの代替法案の採決断念を受け、減税など景気刺激策の実行も遅れるとの見方が強まり、円買い・ドル売りが優勢となった。米共和党上院は前日夜、トランプ米政権が公約とするオバマケア見直しを巡り、代替法案の採決断念を決めた。重要政策に関して共和党内で調整に失敗し、市場が期待する税制改革やインフラ投資など景気刺激策の実現に不透明感が強まった。米長期金利が低下し、日米の金利差縮小の見方から円が買われた。18日発表の6月の米輸入物価指数が前月から低下。米物価の伸びが鈍く、FRBが利上げに慎重になるとの見方もドルの重荷となった。ドルが対ユーロで大きく下げるのにつれ、円買い・ドル売りが加速した。円の安値は112円16銭だった。
【NY為替(ユーロ/円)】円は対ユーロで続落し、前日比15銭円安・ユーロ高の1ユーロ=129円40~50銭で取引を終えた。対ドルでユーロが上昇したのにつれて、円売り・ユーロ買いが優勢となった。
【NY原油先物】NYMEXで原油先物相場は反発した。WTIで期近の8月物は前日比0.38ドル高の1バレル46.40ドルで取引を終えた。サウジアラビアが原油輸出量を最大で日量100万バレル削減すると伝わった。リビアやナイジェリアに対し近く生産上限が決まるとの思惑も出て、需給改善の期待が高まった。サウジは8月にも輸出量を削減するようだ。リビア国営石油会社(NOC)は18日、同社会長が22日にロシアで開かれる主要産油国の代表者の会合に出席すると発表した。24日にOPEC加盟国と非加盟国が開く閣僚会合には、ナイジェリアも招待されたと伝わった。リビア、ナイジェリアとも主要産油国による協調減産の適用を免除されており、最近は生産量が急速に回復している。今月の会合で生産量に上限が設けられるとの思惑が相場を支えた。もっとも、米国の増産への警戒は根強い。19日には注目度の高い週間の米原油在庫の発表を控えていることもあり、買い一巡後は前日比でほぼ横ばいまで伸び悩む場面があった。ガソリンとヒーティングオイルはともに反発した。
【NY金先物】NY金先物相場は続伸した。COMEXで取引の中心である8月物は前日比8.2ドル高の1トロイオンス1241.9ドルで終えた。外国為替市場でドルが主要通貨に対して下落し、ドル建ての金価格を押し上げた。主要6通貨に対する相対的なドルの値動きを示すドル指数は18日、昨年8月以来11ヶ月ぶりの低水準に下落した。米共和党上院が前日夜、オバマケア代替法案の採決を断念し、法人減税など経済政策への期待が後退したことがドル安の背景にある。市場心理も冷え込み、安全資産とされる金に投資資金が流入しやすかった。銀は3日続伸。プラチナは横ばいだった。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

本日の東京市場概況

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 7月18日(火)15時56分44秒
返信・引用 編集済
  東京市場・本日(2017.07.18)の結果   3日ぶり反落 !   嫌になっちゃう~

            始値       高値      安値     終値
☆日経平均          20074.41     20081.29    19943.14   19999.91(-118.95)
☆TOPIX         1621.21      1621.54     1610.79    1620.48(-  5.00)
☆JPX400         14433.00     14437.82    14333.25   14413.49(- 58.87)
☆東証一部出来高      18.17億株
☆東証一部売買代金   21120億円
☆騰落銘柄数         値上り    793,   値下り    1064,   変らず    166,
     ※為替は18:30以降に表示しています。
☆東京為替(ドル/円)     112.62      112.68     111.99      112.25(-  0.91)
          (ユーロ/円)     129.28      129.57     129.07      129.33(+  0.09)
☆騰落レシオ   (警戒水域 70.00%以下、130.00%以上)      111.30%(-  0.89)
☆RSI       (警戒水域  30.00%以下、 70.00%以上)      39.30%(-  9.00)
☆東証1単純平均                                       2876.95円(-  2.05)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底値ゾーン)
          N225    ●○●○●●○○●○○●    6勝 6敗   50.00%(-  8.33)
          TOPIX   ●○●○●●○○●●○●    5勝 7敗   41.67%(-  8.33)
          JPX400  ●○●○●●○○●●○●    5勝 7敗   41.67%(-  8.33)

東京株式・為替市場コメント
【東京株式概況】18日の東京株式市場で日経平均は3営業日ぶりに反落した。心理的な節目である2万円を下回るのは7日以来。米長期金利の上昇一服で、円相場が一時1ドル=111円台後半に上昇。業績の上振れ期待が後退し、銀行株や自動車株など主力株の一角に売りが出た。日経平均の下げ幅は一時175円に広がった。JPX日経インデックス400、TOPIXも反落した。利益成長の見込める銘柄や中小型株が買いが入り、東証規模別株価指数の「小型」指数は小幅に続伸した。米長期金利の上昇一服で三菱UFJが下げた。円高を受け、トヨタやホンダが売られた。ファストリや菱地所は年初来安値を更新した。公募増資の差し止め請求が東京地裁で却下された出光興産は年初来安値を更新した。

市場からは「前場は為替の影響を受けたが、後場は日銀のETF買い期待があるようで下げ止まっている感じだ。ただ、6月以降の2万円を挟んでのもみ合いに変わりはなく、日欧の金融イベントや決算待ちの状態だ」との声が聞かれた。

業種別では、三井不<8801>、菱地所<8802>、住友不<8830>などの不動産株や、三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>、みずほ<8411>などの銀行株が軟調。トヨタ<7203>、ホンダ<7267>、SUBARU<7270>などの輸送用機器株や、商船三井<9104>、飯野海<9119>などの海運株も売られた。個別では、タカタ<7312>(整理)がストップ安配分。18年2月期業績予想が市場コンセンサスを下回ったメディアドゥ<3678>や、Sサイエンス<5721>、ヒトコム<3654>、エンシュウ<6218>などの下げも目立った。

半面、サカタのタネ<1377>などの水産農林株が高く、任天堂<7974>、ピジョン<7956>などのその他製品株も堅調。富士通<6702>、東芝<6502>(監理)、太陽誘電<6976>などの電機株も買われた。個別では、第1四半期(17年3-5月)の連結決算で営業利益74.5%増のヨシムラFH<2884>や、第1四半期(17年3-5月)の単体決算で営業利益3.3倍の北の達人<2930>がストップ高。18年5月期は連結営業利益3.78倍を見込む前沢工<6489>や、パソナ<2168>、CTS<4345>、ライク<2462>などの上げも目立った。
-----------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 7月18日(火)07時34分10秒
返信・引用 編集済
  本日の外資系動向                

  売り :        630万株      119億円
  買い :       510万株      161億円
  -------------------------------------
  差引 :      -120万株      +42億円

※外資系動向は業界関係者からヒアリングした非公式な情報です。

本日の株価材料(国内)

日経産業(7月17日付け)
・東芝機<6104.T>が顧客が工作機械のテスト加工できる施設を新設
・三陽商<8011.T>が「100年コート」の定期診断・補修サービスを提供

日刊工業(7月17日付け)
・椿本チ<6371.T>が米で車エンジン用部品の生産能力を3倍に拡大
・フェローテック<6890.T>が中国で半導体装置向けセラミックス工場を開設
・東電力HD<9501.T>が福島原発3号機に水中調査ロボを投入

市場スケジュール(海外)

独7月ZEW景況感指数(18:00)
米6月輸出入物価(21:30)
米7月NAHB住宅市場指数(23:00)

日本市場の主な決算発表銘柄社数  2件

アクロディア (3823) 東宝 (9602)

------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます(NY市場)

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 7月18日(火)07時31分39秒
返信・引用
  NY市場・前日(2017.07.17)の結果  5日ぶり小反落 !   嫌になっちゃう~

             Farst       High        Low         Last
☆NYダウ          21633.97    21661.81    21617.66    21629.72(-  8.02)
☆S&P500          2459.50     2462.82     2457.16     2459.14(-  0.13)
☆NYナス           6320.35     6330.97     6307.34     6314.43(+  1.97)
☆CME225先物(円ベース)   20000       20115       19970       20035(- 75.00)
    ※CME225先物は円建てであり、前日比は前日の大証日中終値比を記載
☆NY為替(ドル/円)    112.55      112.87      112.33      112.61(+  0.08)
☆原油先物(WTI)        46.68       46.88       45.97       46.02(-  0.52)
☆NY金先物(Gold)     1228.70     1235.40     1227.50     1233.70(+  6.20)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底1値ゾーン)
        NYダウ     ●○○●●○●○○○○●   7勝 5敗    58.33%(-  8.33)
        ナスダック     ●●●○●○○○○○○○   8勝 4敗    66.67%(   0.00)

※中国上海指数       3219.79   3230.35     3139.50      3176.46(- 45.95)
        上 海      ○○●○○○●●●○○●  7勝 5敗    58.33%(-  8.33)

NY株式・為替・商品市場コメント
【NY株式概況】17日の米株式市場でダウ平均は5営業日ぶりに小反落した。相場を方向付ける手掛かりに欠く中、前週末まで連日で過去最高値を更新した後とあって利益確定を目的とした売りに押された。もっとも、ダウ平均は上昇する場面もあった。米主要企業の4-6月期決算の発表が本格化しており、市場では米主要500社は8%近い増益になるとの予測が多い。決算内容を見極めたいとして下値を探る動きも限られた。ナスダックは小幅ながら7日続伸した。アップルのほか、アマゾン・ドット・コムやマイクロソフトなど時価総額の大きい主力株が買われ指数を押し上げた。
【CME225先物(円ベース)】日経平均先物は小動き。9月物は前週末比5円安の2万0035円で引け、14日の大取終値を75円下回った。この日の日本市場が休場で新規材料に乏しく、円と米株の相場をにらむ動意薄の展開になった。前夜の夜間取引で一時2万円を割り込む場面もあり、9月物安値は1万9970円だった。高値は2万0115円。取引は低調で、推定売買高は1万5895枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)と少ない。
【NY為替(ドル/円)】NY外国為替市場で円相場は小反落し、前週末比5銭円安・ドル高の1ドル=112円55~65銭で取引を終えた。日銀の金融政策決定会合やECB理事会など重要日程を控え、持ち高調整目的の売買が中心だった。東京市場が祝日だったため、市場参加者が限られ方向感は乏しかった。日銀の決定会合とECB理事会の結果判明が20日に重なる。いずれも現状の金融緩和策を維持するとみられているが、日銀は2019年度までの経済・物価の見通しを再点検し、17年度と18年度の物価見通しの下方修正を検討すると伝わっている。ECB理事会後の記者会見でドラギ総裁が緩和縮小を示唆するかどうかも注目だ。12日の米下院金融サービスの議会証言で、イエレンFRB議長が金融政策の正常化を時間をかけて進める考えを強調したのを受け、ドル安基調が続いていた。重要日程を控えてドルの売り持ち高や円の買い持ち高を整理する動きが円売り・ドル買いを誘った。円の安値は112円87銭だった。円は上昇する場面もあった。NY連銀が発表した7月の製造業景況感指数がプラス9.8と前月から10.0P低下し、市場予想(プラス15.0)も下回った。米景気に対する楽観的な見方が後退し、円買い・ドル売りが優勢になった。円の高値は112円33銭だった。
【NY為替(ユーロ/円)】円の対ユーロ相場は4営業日ぶりに反落し、前週末比25銭円安・ユーロ高の1ユーロ=129円25~35銭で終えた。足元でユーロに対する円の上昇が続いていたため、ECB理事会を控えた持ち高調整目的の円売り・ユーロ買いが優勢になった。
【NY原油先物】NYMEXで原油先物相場が6営業日ぶりに反落した。WTIで期近の8月物は前週末比0.52ドル安の1バレル46.02ドルで終えた。米国で増産基調が続くとの見方が強まり、需給の緩みを見込んだ売りが優勢となった。EIAが17日昼前に公表した掘削関連リポートで、米主要シェール鉱区の8月の原油生産量が7月を上回る見通しとなった。前週末の民間調査では原油生産向け掘削設備(リグ)稼働数が増えており、米国で供給過剰が続くとの警戒が広がった。5日続伸した後とあって、目先の利益を確定する目的の売りが出やすかった面もあった。朝方は前週末終値の近辺で推移した。OPEC加盟国とロシアなど非加盟国が、来週にも協調減産の枠組みについて協議するとの観測が先週後半からくすぶっている。行方を見極めたいとして、投資家が持ち高を一方向に傾ける動きを控えた。ガソリンも6営業日ぶりに反落。ヒーティングオイルは3営業日ぶりに反落した。
【NY金先物】金先物相場は続伸した。COMEXで、取引の中心である8月物は前週末比6.2ドル高の1トロイオンス1233.7ドルで終えた。NY連銀が発表した7月の製造業景況指数が市場予想を大きく下回った。FRBが追加利上げを急がないとの見方が強まり、金市場への資金流入が続くとみた買いが優勢だった。外国為替市場でドルがユーロなど主要通貨に対して下落し、ドルの代替投資先とされる金が買われる場面もあった。銀とプラチナは続伸した。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

近年のペットの王様は?

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 7月17日(月)09時11分14秒
返信・引用
  幼少の頃、「鍋島藩猫化け騒動」を観て見て、トイレも一人で行けない程の恐怖を覚え、それ以来すっかり猫が嫌いになったよ(苦笑)。

しかし、近年、愛玩動物の中で支持率が急上昇したのは猫だそうだね。
犬とは違った野性味や愛らしさ、飼育のしやすさなどが魅力のようだ。映画、書籍、グッズなど猫ファン向け商品が売り上げを伸ばす現象は「ネコノミクス」ともいわれるそうだ。

   -----------------------------------------------------------------------

▼お株を奪われたのは安倍晋三首相。急落した支持率の回復に向け、近く内閣改造・自民党役員人事に踏み切るという。そこで忠告。政治と「猫」は一線を画すべし

▼自分の気に入った政治家を“猫かわいがり”するのは禁物。失態を演じた閣僚らにはけじめを。永田町の面々がポスト欲しさで首相にこびる“猫なで声”にも要注意。彼らの資質を見極めることが肝要だ

▼功を焦って矢継ぎ早にキャッチフレーズを掲げる“猫の目改革”は底が知れた。政権の非を他者に転嫁して国民の関心をそらす“猫だまし”のような手も、もはや通用しまい

▼皿なめた猫が科(とが)を負う-。こんな格言がある。皿に載った魚を失敬した猫が逃げた後、残った汁をなめていた別の猫が人に見つかってとっちめられる。肝心の主犯や黒幕は往々にして事件の陰に隠れてしまうという例え。そんな不条理が国政でまかり通ってはなるまい

▼皿といえば、この数字も直視すべし。最近の世論調査では与野党ともに政党支持率が低迷し、無党派層が5割近くに上る。政治刷新への1票の「受け皿」がないことの証し。飼い主ならぬ国民から見限られた政治も哀れである。

= 2017/07/16付 西日本新聞 春秋 =
 

おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 7月17日(月)07時26分22秒
返信・引用
  本日(2017.07.17)の東京市場は休場      海の日

市場スケジュール(海外)

中国6月小売売上高(11:00)
中国6月都市部固定資産投資(11:00)
中国6月鉱工業生産(11:00)
中国4-6月期GDP(11:00)
米7月NY連銀製造業景気指数(21:30)
 

おはようございます(NY市場)

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 7月15日(土)07時56分34秒
返信・引用
  NY市場・前日(2017.07.14)の結果  4日続伸 !   嬉しいな

             Farst       High        Low         Last
☆NYダウ          21532.77    21681.53    21521.72    21637.74(+ 84.65)
☆S&P500          2449.16     2463.54     2446.69     2459.27(+ 11.44)
☆NYナス           6289.08     6321.76     6278.70     6312.47(+ 38.03)
☆CME225先物(円ベース)   20115       20140       20015       20040(- 70.00)
    ※CME225先物は円建てであり、前日比は前日の大証日中終値比を記載
☆NY為替(ドル/円)    113.28      113.58      112.27      112.51(-  0.77)
☆原油先物(WTI)        46.08       46.74       45.80       46.54(+  0.46)
☆NY金先物(Gold)     1216.40     1232.70     1214.00     1227.50(+ 10.20)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底1値ゾーン)
        NYダウ     ○●○○●●○●○○○○   8勝 4敗    66.67%(+  8.33)
        ナスダック     ○●●●○●○○○○○○   8勝 4敗    66.67%(+  8.33)

※中国上海指数       3212.03   3222.98     3204.85      3222.42(+  4.25)
     サイコロジカル      ○○○●○○○●●●○○  8勝 4敗    66.67%(+  8.33)

NY株式・為替・商品市場コメント
【NY株式概況】14日の米株式市場でダウ平均は4日続伸した。3日連続で過去最高値を更新した。14日朝に発表された6月の米消費者物価指数(CPI)は前月から横ばいだった。市場予想(0.1%上昇)をやや下回り、物価上昇の鈍さが改めて意識された。追加利上げの観測が後退し、株式市場への資金流入が続くとの思惑から幅広い銘柄が買われた。米長期金利が低下し、利ざや縮小の懸念から銀行株は売りが優勢だった。ナスダックは6日続伸、マイクロソフト、アップル、グーグルの持ち株会社アルファベットやフェイスブックなど主力のハイテク株が指数を押し上げた。機関投資家の多くが運用指標とするS&P500種株価指数は3日続伸し、6月19日に付けた最高値を約1ヶ月ぶりに更新した。
【CME225先物(円ベース)】日経平均先物は続落した。9月物は前日比75円安の2万0040円で引け、14日の大取終値を70円下回った。円高進行が重荷になった。朝方発表になった6月の米消費者物価指数(CPI)と米小売売上高がともに市場予想を下回り、米利上げ観測が後退して円が買われた。ダウ平均は3日連続で過去最高値を更新したが、日本株相場への影響は限られた。9月物安値は2万0015円、高値は2万0140円。推定売買高は3万6589枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)。
【NY為替(ドル/円)】NY為替市場で円は反発し、前日比70銭円高・ドル安の1ドル=112円50~60銭で取引を終えた。6月のCPIなど低調な米経済指標が相次ぎ、FRBが追加利上げに動きにくくなったとの見方から円買い・ドル売りが進んだ。一時112円26銭と3日以来ほぼ10日ぶりの円高水準をつけた。朝方発表の6月のCPIは前月比横ばいと市場予想(0.1%上昇)に届かず、市場では「年後半も物価上昇の鈍さが続くとの見方を強める内容」との声が聞かれた。同月の小売売上高は前月比0.2%減と、増加の予想に反して減少した。複数の米金融機関や米アトランタ連銀が4-6月期の成長率見通しを相次いで引き下げた。「低インフレが続けばFRBは年内の追加利上げを見送るかもしれない」との見方が増え、米10年債利回りは一時2.27%と6月末以来の水準に低下。金利低下を受け、円など主要通貨に対してドルが売られた。円の安値はCPIの発表前につけた113円11銭だった。
【NY為替(ユーロ/円)】円は対ユーロで小幅に3日続伸し、前日比5銭円高・ユーロ安の1ユーロ=129円00~10銭で取引を終えた。
【NY原油先物】NYMEXで原油先物相場は5日続伸した。WTIで、期近の8月物は前日比0.46ドル高の1バレル46.54ドルで取引を終えた。原油需給の改善観測やドル安を背景に、買いが優勢となった。米原油在庫が前週から大きく減ったとEIAが12日に発表してから、原油需給の緩みが解消されるとの観測が強まりつつある。14日はナイジェリアで原油の一部輸出が停止されたと伝わり、買い材料視された。米国で金融緩和の縮小ペースが緩やかになるとの見方が広がり、外国為替市場でドルがユーロなど主要通貨に対して下落した。ドル建てで取引される原油には割安感からの買いも入った。石油サービス会社ベーカー・ヒューズが14日公表した米国の石油掘削設備(リグ)稼働数は前週からわずかに増えたが、相場の反応は目立たなかった。ガソリンは5日続伸し、ヒーティングオイルは続伸した。
【NY金先物】NY金先物相場は反発した。COMEXで取引の中心である8月物は、前日比10.2ドル高の1トロイオンス1227.5ドルで終えた。6月の米消費者物価指数(CPI)は前月比で横ばいと上昇を見込んだ市場予想を下回った。エネルギー・食品を除くコア指数は上昇したが、市場予想を下回った。6月の米小売売上高も市場予想ほど増えず、FRBが利上げに動きにくくなるとの観測が浮上。緩和的な金融政策を追い風に、金市場に資金が流入が続くとの見方から買いが優勢となった。銀とプラチナもそれぞれ反発した。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

本日の東京市場概況

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 7月14日(金)16時07分22秒
返信・引用 編集済
  東京市場・本日(2017.07.14)の結果   小幅続伸 !   嬉しいな 

            始値       高値      安値     終値
☆日経平均          20157.92     20163.67    20101.71   20118.86(+ 19.05)
☆TOPIX         1623.79      1628.61     1621.63    1625.48(+  6.37)
☆JPX400         14459.48     14501.09    14441.47   14472.36(+ 54.58)
☆東証一部出来高      20.43億株
☆東証一部売買代金   19863億円
☆騰落銘柄数         値上り    1241,   値下り    635,   変らず    147,
     ※為替は18:30以降に表示しています。
☆東京為替(ドル/円)     113.27      113.57     113.15      113.16(+  0.03)
          (ユーロ/円)     129.11      129.53     129.09      129.23(-  0.30)
☆騰落レシオ   (警戒水域 70.00%以下、130.00%以上)      112.19%(+  3.22)
☆RSI       (警戒水域  30.00%以下、 70.00%以上)      48.30%(-  0.10)
☆東証1単純平均                                       2879.00円(+  9.34)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底値ゾーン)
          N225    ○●○●○●●○○●○○    7勝 5敗   58.33%(+  8.33)
          TOPIX   ○●○●○●●○○●●○    6勝 6敗   50.00%(+  8.33)
          JPX400  ○●○●○●●○○●●○    6勝 6敗   50.00%(+  8.33)

東京株式・為替市場コメント
【東京株式概況】14日の東京株式市場で日経平均は小幅ながら続伸した。13日の米ダウ工業株30種平均が連日で過去最高値を更新し、東京市場でも投資家心理が強気に傾いた。時価総額の大きい自動車や電気機器株に買いが入った。ただ連休前で積極的な売買は少なく、日経平均の高値と安値の差である日中値幅はわずか62円にとどまった。外国為替市場で円相場が下落したことも追い風となった。東京時間に入り、1ドル=113円台半ばまで円安・ドル高に振れ、鉄鋼や機械などには輸出採算の改善を期待した買いが入った。ただ6月の米消費者物価指数や米小売売上高などの主要経済指標の発表を現地時間14日に控え、投資家の様子見姿勢は強く、株式相場の上昇に勢いはなかった。2016年9月~17年5月期決算を発表したファストリの大幅安も重荷となった。採用銘柄の中でも寄与度の高いファストリの下落により、日経平均を60円ほど押し下げる影響が出た。7月物SQの値はQUICK試算で2万0151円83銭だった。SQ値としては2015年8月以来1年11ヶ月ぶりに2万円を上回った。JPX日経インデックス400、TOPIXは3日ぶりに反発した。

市場からは「為替は落ち着いているが、3連休控えで後場はほとんど動きがない。日経平均は2万円台を維持しているが、3日連続で陰線となり、上値が重い印象だ。ボリンジャーバンドが収束し相当に煮詰まっており、何らかのきっかけで上下どちらかにフレる可能性がある」との声が聞かれた。

業種別では、三井金<5706>、古河機金<5715>などの非鉄金属株が上昇。日精工<6471>、DMG森精機<6141>などの機械株や、新日鉄住金<5401>、神戸鋼<5406>などの鉄鋼株も買われた。トヨタ<7203>、ホンダ<7267>などの輸送用機器株も高い。個別では、リチウムイオン電池関連の安永<7271>や、第1四半期(17年3-5月)の連結決算で営業利益14.9%増のSFOODS<2292>が上昇。三栄建築<3228>、Wスコープ<6619>、オルトプラス<3672>などの上げも目立った。

半面、サカタのタネ<1377>、マルハニチロ<1333>などの水産農林株がさえない。17年3-5月期の連結決算で営業利益7.5%増も市場予想を若干下回ったファストリテや、ニトリHD<9843>などの小売株も売られた。東京海上<8766>、かんぽ生命<7181>などの保険株も安い。個別では、マネーゲーム感覚のタカタ<7312>(整理)が朝高後に下落。Sサイエンス<5721>、エンシュウ<6218>、RSTECH<3445>、イワキ<8095>などの下げが目立った。
-----------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

速報!!!

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 7月14日(金)09時45分5秒
返信・引用
     オプションSQ速報値
           20,151.83円

■2017年SQ値
     1月限     2月限      3月限      4月限      5月限      6月限
  19,182.28  19276.09   19,434.30  18,613,29  19,991,27  19,997.63
     7月限     8月限   9月限   10月限   11月限     12月限
 20,151.83

■2016年SQ値
     1月限     2月限      3月限      4月限      5月限      6月限
  17,420.01  15,156.81  16,586.95  15,507.59  16,845.67  16,639.11
     7月限     8月限   9月限   10月限   11月限     12月限
  15,331.34  16,926.60  17,011.77  16,741.77  17,596.78  18,867.45
 

おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 7月14日(金)07時56分44秒
返信・引用 編集済
  本日の外資系動向                

  売り :       460万株       63億円
  買い :      530万株      106億円
  -------------------------------------
  差引 :      +70万株      +43億円

※外資系動向は業界関係者からヒアリングした非公式な情報です。

本日の株価材料(国内)

日経産業
・三洋化<4471.T>が高機能ウレタン生産を増強
・昭電工<4004.T>が植物工場の面積当たり生産性を向上
・日通<9062.T>が成田空港近くの医薬品用冷蔵施設を稼働
・サッポロHD<2501.T>系が長野でワイン生産にAI導入

日刊工業
・川重<7012.T>が国内航空機エンジン2工場に180億円投資へ
・三菱電<6503.T>がレーザー加工機向け稼働監視を他社製にも拡大
・丸順<3422.T>が車用バッテリーケース生産を岐阜工場に集約
・因幡電産<9934.T>がロボ拡販に向け提案体制強化
・栗本鉄<5602.T>がVR釣りゲーム向けに磁気粘性流体デバイスを開発
・京セラ<6971.T>がAI自ら充電・放電判断する住宅用蓄電池を発売

市場スケジュール(国内)

オプションSQ

市場スケジュール(海外)

米6月消費者物価指数(21:30)
米6月小売売上高(21:30)
米6月鉱工業生産・設備稼働率(22:15)
米7月ミシガン大学消費者マインド指数(23:00)
米5月企業在庫(23:00)

日本市場の主な決算発表銘柄社数  74件

松竹 (9601) ドトール日レスH (3087) 寿スピリッツ (2222) クリエイトRH(3387)
ベクトル(6058) 三益半導体工業(8155) TKY BASE(3415) ポケットカード(8519)
Gunosy (6047) リテールパートナ (8167) ブロッコリー (2706)
パソナグループ (2168) ブロンコビリー (3091) 大庄 (9979) ライク (2462)

------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます(NY市場)

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 7月14日(金)07時55分4秒
返信・引用
  NY市場・前日(2017.07.13)の結果  3日続伸 !   嬉しいな

             Farst       High        Low         Last
☆NYダウ          21537.19    21568.72    21512.36    21553.09(+ 20.95)
☆S&P500          2444.99     2449.32     2441.69     2447.83(+  4.58)
☆NYナス           6269.10     6281.45     6251.26     6274.44(+ 13.27)
☆CME225先物(円ベース)   20140       20175       20045       20115(+ 35.00)
    ※CME225先物は円建てであり、前日比は前日の大証日中終値比を記載
☆NY為替(ドル/円)    113.16      113.53      112.86      113.26(+  0.09)
☆原油先物(WTI)        45.44       46.28       44.99       46.08(+  0.59)
☆NY金先物(Gold)     1219.20     1223.60     1215.60     1217.30(-  1.80)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底1値ゾーン)
        NYダウ     ●○●○○●●○●○○○   7勝 5敗    58.33%(   0.00)
        ナスダック     ●○●●●○●○○○○○   7勝 5敗    58.33%(+  8.33)

※中国上海指数       3192.36   3219.27     3190.34      3218.16(+ 20.62)
     サイコロジカル      ●○○○●○○○●●●○  7勝 5敗    58.33%(   0.00)

NY株式・為替・商品市場コメント
【NY株式概況】13日の米株式市場ではダウ平均が小幅に続伸した。連日で過去最高値を更新した。FRBの利上げペースが緩やかなものにとどまり、米株式市場に資金が流入しやすい地合いが続くとの期待からアップルやマイクロソフトなど大型ハイテク株に買いが入った。ただ割高感も意識され、利益確定売りで上値は重かった。14日発表の米消費者物価指数(CPI)や、JPモルガン・チェースなど金融大手の決算を見極めたいとのムードも強かった。ナスダックは続伸、過去最高値(6321.764)を付けた6月8日以来、およそ1ヶ月ぶりの高値を付けた。
【CME225先物(円ベース)】日経平均先物は小幅反落した。9月物は前日比25円安の2万0115円で引け、13日の大取終値を35円上回った。14日発表の5月の米消費者物価指数と小売売上高を見極めたい投資家が多く、動意薄の展開になった。円が強含んだ場面で売りが優勢になった一方、米株の続伸が支えになった。この日の9月物安値は2万0045円、高値は2万0175円。推定売買高は2万5356枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)。
【NY為替(ドル/円)】NY外国為替市場で円相場は反落した。前日比10銭円安・ドル高の1ドル=113円20~30銭で取引を終えた。米長期金利の上昇を受け、円売り・ドル買いがやや優勢だった。14日発表の米消費者物価指数(CPI)を見極めたい投資家が多く、売り一巡後は方向感に欠ける相場展開となった。米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは13日、ECBドラギ総裁が8月に米ワイオミング州ジャクソンホールで講演すると伝えた。9月のECB理事会を前にして、金融緩和の「出口」に向かう姿勢をみせるのではとの思惑が浮上。米長期金利が上昇し、日米金利差の拡大を見越した円売りが先行した。もっとも、円売りの勢いは弱かった。市場参加者は6月のCPIに関心を寄せている。鈍い物価上昇が続く中、結果次第で金融政策の見通しに影響を与えかねないとあって、様子見姿勢が広がった。FRBイエレン議長は13日、米上院銀行委員会で証言した。金融政策に関して新味のある発言はなく、相場への影響は限られた。円の安値は1ドル=113円47銭、高値は1ドル=113円12銭だった。
【NY為替(ユーロ/円)】円は対ユーロで小幅に続伸した。前日比05銭円高・ユーロ安の1ユーロ=129円05銭~15銭で取引を終えた。
【NY原油先物】NYMEXで原油先物相場が4日続伸した。WTIで期近の8月物は、前日比0.59ドル高の1バレル46.08ドルで終えた。IEAが2017年の原油需要予測を引き上げ、需給改善への期待が高まった。IEAは13日公表の6月の石油市場月報で、17年の原油需要予測を前月から上方修正し、日量9800万バレルとした。6月の供給は9746万バレルと前月から増えたが、需要予測を下回った。IEAは過去最高水準にある世界の原油在庫の縮小が進むと予想した。OPEC加盟国が年初から取り組む協調減産の順守率は6月に低下しており、需給を巡る先行き不透明感が強かった。IEAは月報で「年内に需給が均衡するか見極めたい」とやや楽観的な姿勢を示した。月報を受け、先物は買いが優勢になった。ガソリンも4日続伸した。ヒーティングオイルは反発した。
【NY金先物】金先物相場は4営業日ぶりに小反落した。COMEXで、取引の中心である8月物は前日比1.8ドル安の1トロイオンス1217.3ドルで終えた。欧米株式相場の上昇を受けて投資家心理が強気に傾き、リスク回避目的で買われやすい金は売りが優勢だった。米長期金利が上昇し、金利が付かない資産である金の投資妙味が薄れた面もある。銀も4営業日ぶりに反落。プラチナは反落した。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

本日の東京市場概況

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 7月13日(木)15時43分29秒
返信・引用 編集済
  東京市場・本日(2017.07.13)の結果   小幅反発 !   嬉しいな 

            始値       高値      安値     終値
☆日経平均          20177.28     20183.80    20062.27   20099.81(+  1.43)
☆TOPIX         1625.43      1626.23     1615.81    1619.11(-  0.23)
☆JPX400         14472.65     14481.65    14389.61   14417.78(-  4.23)
☆東証一部出来高      17.40億株
☆東証一部売買代金   19815億円
☆騰落銘柄数         値上り    882,   値下り    994,   変らず    145,
     ※為替は18:30以降に表示しています。
☆東京為替(ドル/円)     113.16      113.53     112.86      113.13(-  0.40)
          (ユーロ/円)     129.13      129.66     129.08      129.53(-  0.56)
☆騰落レシオ   (警戒水域 70.00%以下、130.00%以上)      108.97%(+  1.79)
☆RSI       (警戒水域  30.00%以下、 70.00%以上)      48.40%(-  1.00)
☆東証1単純平均                                       2869.66円(+  0.80)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底値ゾーン)
          N225    ●○●○●○●●○○●○    6勝 6敗   50.00%(   0.00)
          TOPIX   ●○●○●○●●○○●●    5勝 7敗   41.67%(-  8.33)
          JPX400  ●○●○●○●●○○●●    5勝 7敗   41.67%(-  8.33)

東京株式・為替市場コメント
【東京株式概況】13日の東京株式市場で日経平均は小幅反発した。12日の米株高を背景にアジア株全般が買われ、投資家心理を支えた。情報・通信や電気機器などのハイテク関連株を中心に買われた。一方、為替が1ドル=113円前後に下落し、自動車や海運が売られた。イエレンFRB議長は12日の議会証言で「今後数年にわたって穏やかな利上げが適切」と延べ、市場の金融引き締めへの警戒感が和らいだ。12日に米ハイテク株が上昇した流れを引き継ぎ、東エレクやソニー、ソフトバンクといったIT関連株が買われた。働き方改革の進捗期待からリクルートが買われ、サービス業の上昇も目立った。一方、米長期金利の下落を背景に利ざや改善期待が後退した金融関連株には売りが広がった。第一生命HDやT&Dといった保険株や、みずほFGや三菱UFJなどの銀行株が下落した。JPX日経インデックス400、TOPIXも小幅続落した。

市場では「米国株は、イエレンFRB議長の『緩やかな利上げ』発言を受け、急速な金利引き上げは遠のいたとの見方から上昇した。ただ、日本にとっては日米金利差の縮小から円高に振れたことで、手控えにつながったようだ」との見方があった。

業種別では、JAL<9201>、ANA<9202>などの空運株や、オリエンタルランド(OLC)<4661>、リクルートH<6098>などのサービス株が上昇。日水<1332>、マルハニチロ<1333>などの水産農林株や、NTTドコモ<9437>、ソフトバンク<9984>などの情報通信株も高い。旭硝子<5201>、日電硝子<5214>などのガラス土石株や、三井松島<1518>、国際帝石<1605>などの鉱業株も堅調。信越化<4063>、花王<4452>などの化学株や、LIXILG<5938>、リンナイ<5947>などの金属製品株も買われた。

個別では、タカタ<7312>(整理)、東天紅<8181>、津田駒<6217>、ヨシムラFH<2884>、ランド<8918>などが上昇。半面、IDOM<7599>、インターアク<7725>、Sサイエンス<5721>、三協立山<5932>、ディップ<2379>などが下落した。
-----------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 7月13日(木)09時39分57秒
返信・引用
  本日の外資系動向                

  売り :        720万株      123億円
  買い :       620万株      101億円
  -------------------------------------
  差引 :      -100万株      -22億円

※外資系動向は業界関係者からヒアリングした非公式な情報です。

本日の株価材料(国内)

日経産業
・京三製<6742.T>が駅ホーム向け液晶パネル式電光掲示板を開発
・東レ<3402.T>が合成ゴム素材手術用手袋の新製品を投入
・日立<6501.T>系が送電枠変えず風力発電併設するシステム開発

日刊工業
・日立金<5486.T>が複合金属材料の生産能力3倍に
・NTTドコモ<9437.T>が2つのコンシェルサービスを統合
・日本ライフL<7575.T>がマレーシアでバルーンカテーテル工場稼働
・アサヒ<2502.T>がAI活用で事務業務の改善図る
・住友鉱<5713.T>が金属精錬や結晶材料工程で深層学習を試験導入

市場スケジュール(国内)

6月都心オフィス空室率(11:00)
20年国債入札

市場スケジュール(海外)

中国6月貿易収支
韓国中銀政策金利
米6月生産者物価(21:30)
米6月財政収支(7/14 3:00)
米30年国債入札
メイ英首相就任1年

日本市場の主な決算発表銘柄社数  45件

ファーストリテ (9983) いちご (2337) サカタのタネ (1377) ジンズ (3046)
エスフーズ (2292) 大黒天物産 (2791) 松屋 (8237) SFPH (3198)
ノダ (7879) イワキ (8095) 毎日コムネット (8908) PRTIMES (3922)
ほぼ日 (3560) リベレステ (8887) ニイタカ (4465)

------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます(NY市場)

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 7月13日(木)09時38分19秒
返信・引用
  NY市場・前日(2017.07.12)の結果  大幅続伸 !   嬉しいな

             Farst       High        Low         Last
☆NYダウ          21467.93    21580.79    21467.93    21532.14(+123.07)
☆S&P500          2435.75     2445.76     2435.75     2443.25(+ 17.72)
☆NYナス           6238.90     6265.64     6236.12     6261.17(+ 67.87)
☆CME225先物(円ベース)   20130       20165       20040       20140(+ 80.00)
    ※CME225先物は円建てであり、前日比は前日の大証日中終値比を記載
☆NY為替(ドル/円)    113.94      113.97      112.93      113.14(-  0.80)
☆原油先物(WTI)        45.74       46.48       45.11       45.49(+  0.45)
☆NY金先物(Gold)     1216.50     1225.20     1212.50     1219.10(+  4.40)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底1値ゾーン)
        NYダウ     ○●○●○○●●○●○○   7勝 5敗    58.33%(+  8.33)
        ナスダック     ●●○●●●○●○○○○   6勝 6敗    50.00%(   0.00)

※中国上海指数       3201.93   32158.20     3177.93     3197.54(-  5.49)
     サイコロジカル      ○●○○○●○○○●●●  7勝 5敗    58.33%(-  8.33)

NY株式・為替・商品市場コメント
【NY株式概況】12日の米株式市場でダウ平均は大幅続伸し、前日比123.07ドル高の2万1532.14ドルで終えた。6月19日以来ほぼ1ヶ月ぶりに過去最高値を更新した。FRBのイエレン議長が米下院金融サービス委員会で証言し「今後数ヶ月の物価動向を注視する」との見方を示した。市場で「利上げ判断がしばらく延期される」との受け止めが広がり、低金利環境の継続を期待した買いが幅広い銘柄に集まった。
化学のデュポンやホームセンターのホーム・デポ、外食のマクドナルドが買われて相場上昇をけん引した。ナスダックは4日続伸した。利上げがひとまず遠のいたとの見方から債券市場で金利が低下し、割高感が意識されていたハイテク株には買い安心感が広がった。フェイスブックやグーグルの持ち株会社アルファベット、アマゾン・ドット・コム、動画配信のネットフリックスなどの大型株が買われた。
【CME225先物(円ベース)】日経平均先物は小幅ながら4営業日続伸した。9月物は前日比20円高の2万0140円で引け、12日の大取終値を80円上回った。この日のイエレンFRB議長の議会証言を受け米株が続伸し、日本株にも買いが波及した。ただ米金利低下で円高が進んだため、上値は重かった。この日の9月物高値は2万0165円、安値は2万0040円。推定売買高は3万8886枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)。
【NY為替(ドル/円)】NY外国為替市場で円相場は続伸し、前日比80銭円高・ドル安の1ドル=113円10~20銭で終えた。FRBのイエレン議長の議会証言を受けて、米利上げが緩やかになるとの観測が改めて広がった。米長期金利が低下し、日米金利差の拡大観測が後退したことも円買い・ドル売りを誘った。米下院金融サービス委員会でイエレン議長は「中立的な政策姿勢になるのにフェデラルファンド(FF)金利をそれほど上げる必要はない」と発言。「今後数ヶ月の物価動向を注視する」とも述べ、市場で「利上げ判断がしばらく延期される」との見方が広がった。証言の草稿が公表された直後に円は112円92銭と、6日以来の円高・ドル安水準まで買われた。買い一巡後の円相場は伸び悩んだ。イエレン議長が質疑応答で資産縮小の開始を「比較的早い段階で実施すべきだ」と指摘し、金融政策の正常化が続くと意識された。ダウ平均が最高値を更新し、投資家が運用リスクを取りやすくなるとの思惑が出て、低金利で調達通貨とされる円への買い手控えにつながった。円の安値は朝方に付けた113円74銭だった。
【NY為替(ユーロ/円)】円の対ユーロ相場は5営業日ぶりに反発し、前日比1円50銭円高・ユーロ安の1ユーロ=129円10~20銭で終えた。ドルに対して円買いが優勢になり、対ユーロでも円買いが入った。前日に約1年5ヶ月ぶりの円安・ユーロ高水準を付けたため、目先の利益を確定する目的の円買いも入った。
【NY原油先物】NYMEXで原油先物相場は3日続伸した。WTIで期近の8月物は、前日比0.45ドル高の1バレル45.49ドルで取引を終えた。米原油在庫の減少を好感した買いが優勢だった。ただ、米国の増産に対する警戒は根強く、上値は限られた。原油先物は一時46.48ドルまで上げ幅を広げた。EIAが発表した週間の在庫統計で原油在庫が前週から約760万バレル減り、減少幅は市場予想を大幅に上回った。ガソリン在庫も市場予想に反して減り、原油需給の緩みが改善に向かうとの期待が先物の買いを誘った。もっとも、買いが一巡すると原油相場は急速に伸び悩んだ。EIAの統計では米国の原油生産が増えており、昨年の同時期を1割近く上回った。米シェール企業などの増産が続き、原油需給の均衡時期が遅れるとの見方が上値を抑えた。OPECが12日公表した月報によると、協調減産の枠外にあるリビアやナイジェリアの生産回復で、加盟14ヶ国の6月の生産量は、1月に協調減産を初めてから最高水準となった。2018年は米国を中心にした非加盟国の増産で、生産が需要をわずかに上回るとの見通しを示した。世界的な需給悪化の懸念がくすぶり、相場の重荷となった。ガソリンは3日続伸。ヒーティングオイルは3営業日ぶりに反落した。
【NY金先物】NY金先物相場は3日続伸した。COMEXで取引の中心である8月物は前日比4.4ドル高の1トロイオンス1219.1ドルで終えた。FRBのイエレン議長は12日の米議会証言で「今後数カ月は物価動向を見極める」と述べ、利上げなど金融政策の正常化を慎重に進める姿勢を示した。金市場への資金流入が細るとの警戒が薄れたうえ、米金利の低下で金利の付かない金の投資妙味が増すとの見方から買われた。銀は3日続伸し、プラチナは4営業日ぶりに反発した。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

本日の東京市場概況

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 7月12日(水)15時57分43秒
返信・引用 編集済
  東京市場・本日(2017.07.12)の結果   3日ぶり反落 !   嫌になっちゃう~

            始値       高値      安値     終値
☆日経平均          20137.22     20153.04    20061.16   20198.38(- 97.10)
☆TOPIX         1622.62      1623.78     1616.59    1619.34(-  7.80)
☆JPX400         14449.48     14461.67    14398.58   14422.01(- 68.32)
☆東証一部出来高      14.80億株
☆東証一部売買代金   19817億円
☆騰落銘柄数         値上り    570,   値下り    1306,   変らず    145,
     ※為替は18:30以降に表示しています。
☆東京為替(ドル/円)     113.94      113.97     113.32      113.51(-  0.95)
          (ユーロ/円)     130.66      130.69     129.93      130.07(-  0.32)
☆騰落レシオ   (警戒水域 70.00%以下、130.00%以上)      107.18%(-  5.58)
☆RSI       (警戒水域  30.00%以下、 70.00%以上)      49.40%(-  3.30)
☆東証1単純平均                                       2868.86円(- 10.62)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底値ゾーン)
          N225    ○●○●○●○●●○○●    6勝 6敗   50.00%(-  8.33)
          TOPIX   ○●○●○●○●●○○●    6勝 6敗   50.00%(-  8.33)
          JPX400  ○●○●○●○●●○○●    6勝 6敗   50.00%(   0.00)

東京株式・為替市場コメント
【東京株式概況】12日の東京株式市場で日経平均は3日ぶりに反落した。外国為替市場で円相場が1ドル=113円台半ばまで強含み、輸出関連株に利益確定売りが出た。6月最終週以降続いていた米長期金利の上昇に一服感があり、このところ上昇していた銀行株にも売りが出た。日本時間12日夜に予定するイエレンFRB議長の米下院議会証言の内容を見極めたい投資家が多く、売買は低調だった。イエレン氏が利上げに慎重な姿勢を示し、米金利上昇の停滞が相場を冷やすとの警戒感が広がった。JPX日経インデックス400、TOPIXは反落した。

市場からは「円安トレンドから円高に風向きが変わってきた点が気になり、イエレンFRB議長の議会証言を見極めたいとのムードが強い。日経平均株価は2万円を行ったり来たりで大きく変化はなく、年初来高値を超えるには新たな材料が欲しいところだ」との声が聞かれた。

業種別では、三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>、みずほ<8411>などの銀行株が下落。出光興産<5019>、JXTG<5020>などの石油石炭製品株も軟調。オリックス<8591>、アイフル<8515>などのその他金融株や、大成建<1801>、鹿島<1812>などの建設株も売られた。 個別では、C&R社<4763>、トランザク<7818>、ネクステージ<3186>、ADワークス<3250>などの下げが目立った。

半面、ブリヂス<5108>、住友ゴム<5110>などのゴム製品株が引き締まった。SUMCO<3436>などの金属製品株も買われ、鉱業株では国際帝石<1605>がしっかり。個別では、トヨタ<7203>と共同開発したレーザークラッドバルブシート加工機の量産を開始したエンシュウ<6218>がストップ高。タカタ<7312>(整理)もストップ高。第2四半期(16年12月-17年5月)の連結決算で増益を確保し自社株買い発表の北興化<4992>や、第1四半期(17年3-5月)の連結決算で営業利益55.6%増のパルGH<2726>も上昇。ディップ<2379>、ダイト<4577>、ハニーズ<2792>などの上げも目立った。
-----------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 7月12日(水)07時41分7秒
返信・引用 編集済
  本日の外資系動向                

  売り :        540万株      115億円
  買い :       350万株       44億円
  -------------------------------------
  差引 :      -190万株      -71億円

※外資系動向は業界関係者からヒアリングした非公式な情報です。

本日の株価材料(国内)

日経産業
・NTT<9432.T>系が格安スマホ向けに回線混雑時の通信改善
・ニッパツ<5991.T>がトラック用緩衝装置を軽量化
・日立<6501.T>系がATMに電子看板機能を搭載

日刊工業
・三菱電<6503.T>が板金切断レーザー加工機にAR機能を追加
・旭化成<3407.T>系が住宅事業で豪州に進出
・京セラ<6971.T>系が半導体関連前・後工程向けレンズを一貫生産

市場スケジュール(国内)

6月国内企業物価指数(8:50)
5月第三次産業活動指数(13:30)

市場スケジュール(海外)

ベージュブック
イエレンFRB議長が米議会下院の金融委員会で半年に1度の議会証言
米10年国債入札

日本市場の主な決算発表銘柄社数  36件

イズミ (8273) オーエスジー (6136) 近鉄百貨店 (8244) ホギメディカル(3593)
ベル24H (6183) IDOM (7599) コメダH (3543) 日本毛織 (3201)
TKP (3479) リンガーハット (8200) 三協立山 (5932) 進和 (7607)
CSP (9740) ヤマダSXL (1919) ラクトジャパン (3139)

------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます(NY市場)

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 7月12日(水)07時39分28秒
返信・引用
  NY市場・前日(2017.07.11)の結果  小反発 !   嬉しいな

             Farst       High        Low         Last
☆NYダウ          21410.17    21441.62    21279.30    21409.07(+  0.55)
☆S&P500          2427.35     2429.30     2412.79     2425.53(-  1.90)
☆NYナス           6171.25     6200.58     6149.87     6193.31(+ 16.91)
☆CME225先物(円ベース)   20050       20190       20040       20120(- 60.00)
    ※CME225先物は円建てであり、前日比は前日の大証日中終値比を記載
☆NY為替(ドル/円)    114.04      114.49      113.72      113.95(-  0.09)
☆原油先物(WTI)        44.58       45.76       43.83       45.04(+  0.64)
☆NY金先物(Gold)     1213.80     1216.90     1207.40     1214.70(+  1.50)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底1値ゾーン)
        NYダウ     ●○●○●○○●●○●○   6勝 6敗    50.00%(+  8.33)
        ナスダック     ○●●○●●●○●○○○   6勝 6敗    50.00%(   0.00)

※中国上海指数       3201.52    3226.91     3199.22     3203.04(-  9.59)
     サイコロジカル      ○○●○○○●○○○●●  8勝 4敗    66.67%(-  8.33)

NY株式・為替・商品市場コメント
【NY株式概況】11日の米株式市場でダウ平均は小幅に反発した。FRBのイエレン議長の議会証言など今後の重要日程を控え、相場は方向感に欠いた。IT株に持ち高調整を目的とした買い戻しが優勢だったほか、エネルギー株が買われて相場を支えた。イエレン議長は12、13日に金融政策に関して米議会で証言するほか、今週から米主要企業の4-6月期決算の発表が本格化する。相場を大きく動かす可能性のある重要イベントを前に、このところ下げが目立っていたハイテク株を中心にした買い戻しが広がった。NY原油先物相場が反発し、エネルギー株が買われたのも相場をやや押し上げた。もっとも、ダウ平均は下げに転じる場面もあった。米大統領選でのロシア干渉問題を巡り、ロシア人弁護士と会っていたトランプ氏の長男が仲介者とのメールを公表し、クリントン元国務長官に不利となる情報の提供を持ちかけられていたのが明らかになった。大統領選干渉でのロシアとトランプ陣営の共謀疑惑で政権運営が不透明になるとの観測が売りを誘い、ダウ平均は下げ幅を129ドルまで広げた。ナスダックは続伸した。フェイスブックやアルファベット(グーグル)など代表的なネット関連株の一角が堅調に推移したほか、半導体関連株に買いが入ったのも指数を押し上げた。
【CME225先物(円ベース)】日経平均先物は3日続伸した。9月物は前日比65円高の2万0120円で引け、大阪取引所の終値を60円下回った。米株高が買いを支えた一方、円相場が反発し相場の上値を重くした。市場は12、13日のイエレンFRB議長の議会証言に注目している。この日の9月物高値は2万0190円、安値は2万0040円。推定売買高は3万2150枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)。
【NY為替(ドル/円)】NY外国為替市場で円相場は小幅ながら3営業日ぶりに反発し、前日比10銭円高・ドル安の1ドル=113円90銭~114円00銭で取引を終えた。午前に114円49銭と3月15日以来ほぼ4ヶ月ぶりの円安・ドル高水準を付ける場面があった。ただ、米長期金利が低下すると、日米の金利差縮小の見方から円買い・ドル売りがやや優勢となった。ドイツなど欧州国債の利回り上昇を背景に、円売り・ユーロ買いが先行した。対ドルでも円が売られ、円は昼前にこの日の安値を付けた。トランプ米大統領の長男であるトランプ・ジュニア氏は11日、昨年の米大統選中にクリントン元国務長官の不利な情報を得るためロシア人弁護士と会ったことに関連する電子メールをツイッターで公開した。トランプ政権とロシアとの関係を巡る不透明感から、投資家が運用リスクを避けて米国債を買う動きを強め米金利が低下。円買い・ドル売りが優勢となった。ブレイナードFRB理事が11日の講演で、追加の利上げについて「物価動向を見極めた上で判断したい」と述べたと伝わった。理事はFRBが保有する資産の縮小を巡っては「すぐにでも始めるのが適切」と述べたが、市場の一部は利上げについての発言に着目。金融緩和の縮小に慎重な発言と受け止められ、円買い・ドル売りにつながった。ただ、イエレンFRB議長の議会証言を12、13日に控えて様子見ムードが強く、積極的に円を買う動きは限られた。円の高値は113円72銭だった。
【NY為替(ユーロ/円)】円は対ユーロで4日続落し、前日比70銭円安・ユーロ高の1ユーロ=130円60~70銭で取引を終えた。一時130円76銭と2016年2月8日以来ほぼ1年5ヶ月ぶりの円安・ユーロ高水準を付けた。
【NY原油先物】NYMEXで原油先物相場は続伸した。WTIで期近の8月物は前日比0.64ドル高の1バレル45.04ドルで取引を終えた。米国の生産増加による需給緩和への警戒感がやや後退し買いが優勢だった。EIAが発表した7月の短期エネルギー見通しで、2018年の米原油の日産量を990万バレルと、6月時点の1001万バレルから下方修正した。米増産ペースが想定ほどは早まらないとの見方が先物の買いを誘った。11日夕に米石油協会(API)、12日にEIAがそれぞれ発表する週間の在庫統計で、原油在庫が減少するとの観測が出ていることも相場を下支えした。もっとも、上値は重かった。EIAの短期見通しでは、17~18年のWTIの価格予想をやや引き下げた。ダウ・ジョーンズ通信など米メディアによると、サウジアラビアがOPECに報告した6月の生産量が日量1007万バレルとなり、昨年11月に主要産油国と合意した日産量の上限(1005万8000バレル)を初めて上回った。ロシアが一段の協調減産に消極的とみられるなか、原油価格の安定に向けた関係国の結束が揺らぐとの警戒感が相場の重荷になった。ガソリンとヒーティングオイルはともに続伸した。
【NY金先物】NY金先物相場は続伸した。COMEXで取引の中心である8月物は前日比1.5ドル高の1トロイオンス1214.7ドルで終えた。米政治リスクが意識された場面で、現物の裏付けがあり安全資産とされる金を買う動きが強まった。外国為替市場でドルが下げたこともドル建ての金価格を支えた。トランプ大統領の長男、トランプ・ジュニア氏が自身の電子メールを公開し、昨年の大統領選に際してロシア側から民主党候補だったクリントン氏に不利となる情報の提供を持ちかけられていたことが明らかになった。トランプ政権とロシアとの不適切な関係への疑惑が深まり、投資家心理が悪化した。銀は続伸。プラチナは3日続落し、一時1トロイオンス891.4ドルと中心限月として昨年12月15日以来ほぼ7ヶ月ぶりの安値を付けた。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

面白い銘柄だね (^^♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 7月11日(火)20時03分39秒
返信・引用
      ウエーブロックHD(7940/T2)  

東2に上場して3ヶ月、株価は2倍になった。
6/23@1390を付けて調整してるようだが、出来高もそこそこに人気は衰えていないようだ。
7/4@1330は線香花火に終えたが、本日は出来高を伴い戻し、25dを前後している。

種玉(@1100,1110,1120)、遊撃玉を節目(@1330)付近で編成しようと思ってるが・・・

日足チャート 2017.07.11現在
 

レンタル掲示板
/191