teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


本日の東京市場概況

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 9月19日(火)15時46分59秒
返信・引用 編集済
  東京市場・本日(2017.09.19)の結果   大幅続伸!   嬉しいな 

            始値       高値      安値     終値
☆日経平均          20128.18     20320.78    20122.00   20299.38(+389.88)
☆TOPIX         1629.12      1640.95     1628.86    1638.94(+  6.81)
☆JPX400         14432.01     14531.21    14428.12   14507.40(+ 50.88)
☆東証一部出来高      20.45億株
☆東証一部売買代金   31059億円
☆騰落銘柄数         値上り    1679,   値下り    279,   変らず    70,
     ※為替は18:30以降に表示しています。
☆東京為替(ドル/円)     111.58      111.88     111.38      111.75(+  1.07)
          (ユーロ/円)     133.36      134.15     133.24      134.14(+  2.16)
☆騰落レシオ   (警戒水域 70.00%以下、130.00%以上)      125.55%(+ 13.43)
☆RSI       (警戒水域  30.00%以下、 70.00%以上)      73.80%(+ 10.00)
☆東証1単純平均                                       3013.13円(+ 39.36)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底値ゾーン)
          N225    ○●●●○●○○○●○○    7勝 5敗   58.33%(   0.00)
          TOPIX   ○●●○○●○○○●○○    8勝 4敗   66.67%(   0.00)
          JPX400  ○●●○○●○○○●○○    8勝 4敗   66.67%(   0.00)

東京株式・為替市場コメント
【東京株式概況】19日の東京株式市場で日経平均は大幅に続伸、6月20日以来、約3ヶ月ぶりに年初来高値を更新した。2015年8月18日以来、2年1ヶ月ぶりの高値となる。米長期金利が上昇し為替は1ドル=111円台後半まで円安が進んだため、自動車や電機に今期業績の上方修正を期待した買いが入った。10月に総選挙実施の観測が浮上し、過去の選挙期間中は株高となるケースが多かったことも株式相場を支えた。信用売りをしていた投資家から損失を限定的にするための買い戻しも増え、日経平均は一時411円高の2万0320円まで上昇した。JPX日経インデックス400し、TOPIXも続伸し、いずれも年初来高値を更新した。

市場からは「円安の影響が一番効いている。買い戻し中心だが、外国人の新規買いが入ったとの観測も出ている。戻りのペースが速すぎるが、業績改善期待で売りにくい面もあり、強弱感が対立しやすい」との声が聞かれた。

業種別では、クレディ・スイス証券が投資評価・目標株価を引き上げた任天堂<7974>や、アシックス<7936>などのその他製品株が上昇。三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>、みずほ<8411>などの銀行株や、第一生命HD<8750>、SOMPOH<8630>などの保険株も高い。郵船<9101>、商船三井<9104>などの海運株も買われ、オリックス<8591>、JPX<8697>などのその他金融株も堅調。

個別では、EV(電気自動車)関連で思惑買いのOKAYA<6926>がストップ高。18年3月期第2四半期(17年4-9月)および通期の連結業績予想を上方修正して中間配当予想を増額した旭ダイヤ<6140>も大幅高。8月度の売上高10.6%増のベルーナ<9997>や、ヨシムラFH<2884>、enish<3667>、双信電機<6938>などの上げも目立った。半面、石川製<6208>、日本ライフL<7575>、ダイダン<1980>、クレオス<8101>、ぴあ<4337>などの下げが目立った。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 
 

連日のS高!!!

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 9月19日(火)12時56分10秒
返信・引用 編集済
           明豊エンター(8927JQ) 

本日もS高に張り付いたよ。過去を見るに今月から手が入ってるとしか思われないね。

まぁ、深追いは禁物と肝に銘じ、「株価に付いて行ってみよう」かな(笑)。

凄い売り残だ、逆日歩しかり、貸借倍率が0.16とは恐れ入ったね、踏み上げに期待だな。

 

おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 9月19日(火)07時39分5秒
返信・引用 編集済
  本日の外資系動向                

  売り :         500万株       128億円
  買い :        630万株      125億円
  -------------------------------------
  差引 :       +130万株      +28億円

※外資系動向は業界関係者からヒアリングした非公式な情報です。

本日の株価材料(国内)

日経産業(9月19日付け)
・HOYA<7741.T>が3.5型HDD向けガラス基板の量産開始
・キヤノン<7751.T>が低コストで半導体回路描ける装置の早期量産図る
・アンジェス<4563.T>が米国で腰痛薬の治験を10月にも開始
・三菱ケミHD<4188.T>系が技術供与で21.3期までに収益250億円狙う

日刊工業(9月18日付け)
・シャープ<6753.T>が来年1月にも欧州の白物家電市場に再参入へ
・JXTG<5020.T>が機能材で25年度までに10以上製品を事業化
・東芝<6502.T>がパワー半導体向けSiCトランジスタ新製造技術を開発
・富士電機<6504.T>が来年1月にタイで新工場稼働
・ジーテクト<5970.T>がEVバッテリー用ケース実用化で新技術開発へ
(9月19日付け)
・りそなHD<8308.T>が買収したシンガポールの銀行通じ日系企業に融資
・日立建<6305.T>が鉱山機械向け部品の世界供給網を構築へ

市場スケジュール(海外)

独9月ZEW景況感指数(18:00)
FOMC(~9/20)
米8月住宅着工件数(21:30)
米4-6月期経常収支(21:30)
米8月輸出入物価(21:30)
米8月建設許可件数(21:30)

日本市場の主な決算発表銘柄社数  2件

ツルハH (3391) アークLサカモト (9842)

------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます(NY市場)

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 9月19日(火)07時37分33秒
返信・引用
  NY市場・前日(2017.09.18)の結果 7日続伸 !   嬉しいな

             Farst       High        Low         Last
☆NYダウ          22297.92    22355.62    22283.35    22331.35(+ 63.01)
☆S&P500          2502.51     2508.32     2499.92     2503.87(+  3.64)
☆NYナス           6460.10     6477.77     6438.41     6454.64(+  6.17)
☆CME225先物(円ベース)   19845       20005       19845       19990(+200.00)
    ※CME225先物は円建てであり、前日比は前日の大証日中終値比を記載
☆NY為替(ドル/円)    110.92      111.66      110.83      111.57(+  0.74)
☆原油先物(WTI)        49.85       50.33       49.19       49.91(+  0.02)
☆NY金先物(Gold)     1324.00     1324.00     1308.10     1310.80(- 14.40)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底1値ゾーン)
        NYダウ     ○○●○●○○○○○○○  10勝 2敗   83.33%(   0.00)
        ナスダック     ○○●○○●○○○●○○   9勝 3敗   75.00%(   0.00)

※中国上海指数       3352.51   3371.75     3352.51      3362.86(+  9.24)
        上 海      ○○○○●●○○○●●○  8勝 4敗    66.67%(+  8.33)

NY株式・為替・商品市場コメント
【NY株式概況】18日の米株式市場でダウ平均は7日続伸、5日続けて過去最高値を更新した。北朝鮮情勢を巡る過度の警戒が薄らぎ、米株には買い安心感が広がった。米金利上昇が金融株の買いを促したうえ、良好な業績への期待が高まる個別株に物色が広がったのもダウ平均を押し上げた。ティラーソン米国務長官は17日放送の米CBS番組で、北朝鮮問題について「平和的な解決を目指していることをはっきりさせなければいけない」と語った。当面は米朝で軍事衝突に至る可能性が高くないとの見方が株式の買い安心感につながった。19~20日のFOMCを前に米長期金利が約1ヶ月ぶりの水準まで上昇し、利ざや改善への期待から金融株が買われた。業績期待が高まる建機のキャタピラーやGE、航空機のボーイングなどに買いが続いたのもダウ平均を押し上げた。ナスダックは続伸した。S&P500も続伸し、連日で過去最高値を更新した。
【CME225先物(円ベース)】日経平均先物は続伸した。12月物は前週末比150円高の1万9990円と、この日の高値で引けた。同限月物の終値ベースで約1ヶ月半ぶりの高値。15日の大取終値を200円上回った。円安進行と米株高が追い風となった。この日の12月物安値は1万9845円。19~20日のFOMCを控え、先行きの金融政策を見極めたい向きが多い。取引は低調で推定売買高は1万6671枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)と少ない。
【NY為替(ドル/円)】NY外国為替市場で円相場は続落し、前週末比70銭円安・ドル高の1ドル=111円50~60銭で取引を終えた。FOMCの結果発表を20日に控え、円買い・ドル売りの持ち高を解消する目的の円売りが出た。欧米株が上昇し、投資家が運用リスクを取る姿勢を強めるとの見方も低金利の円への売りを誘った。一時111円66銭と、7月27日以来ほぼ1ヶ月半ぶりの水準まで売られた。FRBは、今回のFOMCで量的緩和で膨らんだ保有資産の縮小開始を決める見通し。会合後に公表するメンバーの政策金利見通しでは年内3回目の利上げが維持されるとの見方が根強い。FOMCを前にして円買いに傾いた持ち高を整理する目的の円売りが優勢になった。米長期金利の指標である10年物の米国債利回りは一時2.23%と、8月17日以来ほぼ1ヶ月ぶりの水準に上昇(価格は下落)した。日米金利差の拡大観測も円売り・ドル買いを誘った。米株式市場ではダウ平均と機関投資家が運用指標に据えるS&P500が連日で最高値を更新した。ティラーソン米国務長官が17日放送の米CBS番組で、北朝鮮問題で「平和的な解決を目指していることをはっきりさせなければいけない」と指摘。当面は米朝の軍事衝突は避けられるとの見方からリスク選好姿勢が強まった。円の高値は111円34銭だった。
【NY為替(ユーロ/円)】円の対ユーロ相場は3日続落し、前週末比95銭円安・ユーロ高の1ユーロ=133円30~40銭で終えた。ECB高官から量的金融緩和の縮小に前向きな発言が相次いでおり、緩和を続ける日銀との姿勢の違いを材料にした円売り・ユーロ買いが続いた。円は一時133円42銭と2015年12月18日以来、1年9ヶ月ぶりの円安・ユーロ高水準を付けた。
【NY原油先物】NYMEXで原油先物相場が小幅に上昇した。WTIで期近の10月物は前週末比0.02ドル高の1バレル49.91ドルで終えた。相場を方向付ける材料に乏しいなか、先行きの需給改善を期待する買いがやや優勢だった。石油サービス会社ベーカー・ヒューズが前週末に発表した統計で、米国の原油掘削向け設備(リグ)の稼働数が減った。18日も引き続き材料視され、需給の緩みが徐々に解消に向かうとの見方が相場を支えた。先週、OPECなど主要機関が原油の需要見通しを上方修正したのも買い要因だった。もっとも、相場が節目の50ドルを超えると目先の利益を確定する目的の売りに押され、上げ幅を縮めた。1日を通しては方向感が出にくかった。新たなハリケーン「ホセ」が勢力を弱めながらも19日夜から20日朝にかけ、製油所など石油施設が集まる米北東部沿岸に接近する見通しだ。ただ、原油需給に及ぼす影響への警戒感はまだ高まっておらず、相場の反応は限られた。ガソリンは続伸。ヒーティングオイルは4営業日ぶりに反落した。
【NY金先物】金先物相場は続落した。COMEXで、取引の中心である12月物は前週末比14.4ドル安の1トロイオンス1310.8ドルで終えた。外国為替市場でドルがユーロなど主要通貨に対して上昇した場面で、ドルの代替投資先として逆の値動きになりやすい金は売られた。北朝鮮情勢を巡る地政学リスクが後退したことも、現物資産の裏付けがある金先物の売りを促した。19~20日に開かれるFOMCを前に持ち高調整を目的とした売りも出た。銀は6日続落した。プラチナは7日続落した。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 9月18日(月)09時21分47秒
返信・引用 編集済
  市場スケジュール(国内)

東京市場は休場      敬老の日

市場スケジュール(海外)

米9月NAHB住宅市場指数(23:00)

 

金融関連は弱いなぁ。。。

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 9月17日(日)11時35分50秒
返信・引用
          三菱UFJ(8306/T)     金融株のリーダー

6/29@777.7をトップに下降トレンド、
8/29@645.2が安値面合わせ(4/17@642.2)を割らず、又抵抗線を上放れしたことでサイクル反転を確認、ツナギを外したが・・・25dも越えたが余りにも弱いな。一目でも散々、どうなりますかね。
        りそなHD(8308/T)   愛してるよ~
7/4@642.2をトップに下降トレンド、
三菱UFJ同様、上値抵抗線を上放れたのでツナギを外したが・・・これも弱い!
まあ、それぞれドテン買いをしてなかったのが幸いか。。。

8306(上)、りそな(8308)日足チャート 2017.09.15現在
 

チャートの見本かな?

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 9月16日(土)19時20分18秒
返信・引用
       日本CMK(6958T1)  プリント基板最大手

綺麗な上昇トレンド(N字波動)を形成してますね(日足)。

月足をご覧あれ、約7年のボックス圏を放れて着実に上昇してますよ。

ここは、種玉手法で利確を繰り返しながら「株価に付いていく」ですよ。

日足(上)、月足(下)チャート 2017.09.15現在
 

全く立ち直れないね

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 9月16日(土)18時25分10秒
返信・引用
     アーレスティ(5852T1)   飛翔♪  ダイカスト大手

8/8決算(1Q)発表後、窓を開けての急落!!!

8/6@965で買い増し(ナンピン)たが・・・泣かず飛ばずのカニヨコ状態だよ。

日足チャート 2017.09.15現在
 

難しい局面だ

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 9月16日(土)18時09分58秒
返信・引用
      長谷工コーポ(1808/T) マンション建設関連

8/9決算(1Q)発表では好業績に関わらず、何故か窓を開けて急落したね。

8/16を底にサイクル転換、25dを上抜き上昇トレンド形成かと思いきや9/12雲上限に跳ね返された・・・果たして

日足チャート 2017.09.15現在
 

お待たせ~~~♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 9月16日(土)12時56分57秒
返信・引用
        ケネディクス(4321/T) 目覚めよ不動産ファンド!

予想通り9/5@508はサイクル転換の起点だったね。
上値抵抗線(@607-@585)を上放れれば、近時の節目(8/15@585)を上抜きまっせ。
5/26@607を上抜けば、ゾーンからの脱出、完全な上昇トレンド形成です、楽しみ(笑)。

>反転したようだが (^^♪投稿者:濃姫  投稿日:2017年 9月 8日(金)12時12分36秒

日足チャート 2017.09.15現在
 

適度に株価に付いていこう。

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 9月16日(土)12時48分26秒
返信・引用 編集済
           明豊エンター(8927JQ) 

昨年7月頃から、イナゴ博打の無配株と認知した上で取り組んだが余り利益を生まなかったなぁ。。。
>大失敗銘柄   投稿者:濃姫   投稿日:2016年 7月28日(木)11時34分37秒

確か@120程度が高値で、それも常に線香花火に終える状態だったなぁ。。。
撤退が早かったのですっかり忘れていたよ(苦笑)。
週足を見れば、動意づいたのは明らかに今月に入ってからだ。手が入ったのかな。

昨日は9/14の好決算発表を受けS高(@337)を付けたよ。

17年7月期の連結経常利益は前の期比32.0%増の5.3億円に伸び、従来予想の4.4億円を上回って着地。続く18年7月期も前期比3.7倍の20億円に急拡大する見通しとなったことが買い材料視されたようだ。又、業績好調に伴い、今期の年間配当は5円で、10期ぶりに復配する方針としたことも買いに拍車が掛かったんだね。

>絶好調!!!   投稿者:濃姫   投稿日:2017年 9月15日(金)09時23分5秒

日足(上)・週足(下)チャート 2017.09.15現在
 

抵抗線上放れ寸前だね(喜)。

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 9月16日(土)11時22分9秒
返信・引用 編集済
      ウエーブロックHD(7940/T2)  

4/10公募価格@750から2倍になったね。

ウエーブロックは7/04にエントリーして2ヶ月半経過した。

7/18の上方修正を受け7/25新高値@1515を付けた。
 ※ 18年3月期上期(4-9月)の連結経常利益を
   従来予想の9.2億円→11.6億円に26.1%上方修正。

その後調整気味のカニヨコ状態だったが、昨日上値抵抗線にタッチ、来週は上放れること間違いない?と思うよ。期待大だね。。。

日足チャート 2017.09.15現在
 

おはようございます(NY市場)

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 9月16日(土)08時02分28秒
返信・引用 編集済
  NY市場・前日(2017.09.15)の結果 6日続伸 !   嬉しいな

             Farst       High        Low         Last
☆NYダウ          22252.44    22275.02    22214.52    22268.34(+ 64.86)
☆S&P500          2495.67     2500.23     2493.16     2500.23(+  4.61)
☆NYナス           6426.16     6464.27     6419.65     6448.47(+ 19.38)
☆CME225先物(円ベース)   19720       19895       19620       19840(+ 50.00)
    ※CME225先物は円建てであり、前日比は前日の大証日中終値比を記載
☆NY為替(ドル/円)    110.24      111.33      109.56      110.86(+  0.62)
☆原油先物(WTI)        49.72       50.13       49.41       49.89(   0.00)
☆NY金先物(Gold)     1333.70     1338.20     1323.40     1325.20(-  4.10)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底1値ゾーン)
        NYダウ     ○○○●○●○○○○○○  10勝 2敗   83.33%(   0.00)
        ナスダック     ○○○●○○●○○○●○   9勝 3敗   75.00%(   0.00)

※中国上海指数       3365.15   3365.53     3345.33      3353.62(- 17.81)
        上 海      ●○○○○●●○○○●●  7勝 5敗    58.33%(   0.00)

NY株式・為替・商品市場コメント
【NY株式概況】15日の米株式市場でダウ平均は6日続伸、4日続けて過去最高値を更新した。主力の中型機「787」の増産で良好な業績への期待が高まっている航空機のボーイングに買いが続き、相場の上げをけん引した。ダウ平均の週間の上昇幅は470ドルに達し、昨年12月上旬以来およそ9ヶ月ぶりの大きさとなった。この日から主力スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の「8」と「8プラス」の予約を開始したアップルが上昇。工業製品・事務用品のスリーエム(3M)が買われたのもダウ平均を支えた。機関投資家が運用指標とするS&P500は初めて2500の大台に乗せ、2日ぶりに最高値を更新した。ナスダックは反発した。目標株価の引き上げを受けて半導体大手のエヌビディアが上場来高値を更新した。
【CME225先物(円ベース)】日経平均先物は上昇した。12月物は前日比105円高の1万9840円で終え、大阪取引所の終値を50円上回った。外国為替市場での円安進行と米株高を手がかりに買われた。この日のダウ平均は4日続けて過去最高値を更新した。北朝鮮のミサイル発射やロンドンでのテロ事件に対する投資家の警戒が強まらなかったのも日本株先物の買いを誘った。この日の12月物の高値は119895円、安値は1万9620円。推定売買高は3万6215枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)。
【NY為替(ドル/円)】NY外国為替市場で円相場は反落した。前日比60銭の円安・ドル高の1ドル=110円80~90銭で取引を終えた。円が英ポンドやユーロに対して大きく下げ、対ドルにも売りが及んだ。米長期金利が上昇し、日米の金利差拡大を見込んだ円売り・ドル買いも出た。円は欧州の取引時間帯に一時111円33銭前後まで下げ、7月28日以来およそ1ヶ月半ぶりの円安・ドル高水準を付けた。イングランド銀行やECB高官から金融緩和策の縮小に前向きな発言が相次ぎ、英ポンドとユーロが急伸。欧州通貨に対する下げが円相場を押し下げた。ミシガン大学が15日発表した9月の米消費者態度指数(速報値)は前月比1.5ポイント低い95.3だった。米南部を大型ハリケーンが襲ったにもかかわらず、消費者心理は市場予想ほど悪化しなかったのも円売り・ドル買いにつながった。もっとも、円は下げ渋る場面もあった。15日発表の8月の米小売売上高は前月比0.2%減と市場予想(0.2%増)に反して減少。8月の米鉱工業生産指数も市場予想より低下し円買い・ドル売りを誘った。米東部時間14日夕(日本時間15日朝)に北朝鮮が再び日本上空を通過する弾道ミサイルを発射。15日にはロンドン西部の地下鉄車両内でテロ事件が起きたが、国際政治情勢が過度に緊張するとの見方は少なく、円相場を方向付ける材料とはならなかった。NY市場での円の安値は111円24銭、高値は110円62銭だった。
【NY為替(ユーロ/円)】円は対ユーロで大幅に続落した。前日比1円の円安・ユーロ高の1ユーロ=132円35~45銭で取引を終えた。欧州の取引時間帯では一時133円07銭前後と約1年9ヶ月ぶりの円安・ユーロ高水準を付けた。ECB高官の発言を受け、近く量的緩和策を縮小するとの見方が強まり、日欧の金融政策の方向性の違いを意識した円売り・ユーロ買いが活発となった。
【NY原油先物】NYMEXで原油先物相場は横ばいだった。WTIで期近の10月物は前日と同じ1バレル49.89ドルで取引を終えた。原油需給の改善を期待した買いが入った一方、目先の利益確定を目的とした売りが出て相場は方向感に欠いた。今週はIEAとOPECが相次いで世界の原油需要見通しを引き上げた。OPECによると、8月は加盟国の産油量も減るという。米国では大型ハリケーンの影響で停止していた製油所が操業を再開。石油製品の生産が次第に回復すれば原油需給の緩み解消につながるとの見方も相場を支えた。石油サービス会社ベーカー・ヒューズが15日公表した米国での石油掘削に使う設備(リグ)の稼働数は前週から減少した。米国での増産が一服するとの思惑も原油先物の買いを誘った。もっとも、原油先物は前日に約4ヶ月ぶりの高値を付けるなど最近は価格が急速に上昇していた。週末を控えた利益確定の売りが活発になりやすく、相場の上値を押さえた。ガソリンは3日ぶりに反発し、ヒーティングオイルは3日続伸した。
【NY金先物】NY金先物相場は反落した。COMEXで取引の中心である12月物は前日比4.1ドル安の1トロイオンス1325.2ドルで終えた。最近の米金利の上昇基調を受け、FRBによる年内の追加利上げが意識された。金市場から資金が流入するとの思惑が先物の売りを誘った。ダウ平均が連日で過去最高値を更新するなど米株高が続き、投資家のリスク選好姿勢が強まるとの見方も逃避資金の受け皿となりやすい金の売りを誘った。しかし、下値も限られた。外国為替市場ではドルがユーロや英ポンドなどの主要通貨に対して下げたため、ドルの代替投資先とされる金には買いが入った。北朝鮮は米東部時間14日夕に再び日本上空を通過する弾道ミサイルを発射した。地政学リスクの高まりが意識され金には買いが入ったものの、軍事衝突に発展するような事態は想定しにくいとの見方が多く買いの勢いは限られた。銀は5日続落し、プラチナは6日続落した。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

本日の東京市場概況

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 9月15日(金)15時54分0秒
返信・引用 編集済
  東京市場・本日(2017.09.15)の結果   反発!   嬉しいな 

            始値       高値      安値     終値
☆日経平均          19793.80     19933.40    19787.65   19909.50(+102.06)
☆TOPIX         1629.12      1640.95     1628.86    1638.94(+  6.81)
☆JPX400         14432.01     14531.21    14428.12   14507.40(+ 50.88)
☆東証一部出来高      19.86億株
☆東証一部売買代金   28921億円
☆騰落銘柄数         値上り    1363,   値下り    563,   変らず    101,
     ※為替は18:30以降に表示しています。
☆東京為替(ドル/円)     110.25      110.72     109.56      110.68(+  0.20)
          (ユーロ/円)     131.40      132.07     130.63      131.98(+  0.65)
☆騰落レシオ   (警戒水域 70.00%以下、130.00%以上)      112.12%(+  3.51)
☆RSI       (警戒水域  30.00%以下、 70.00%以上)      63.80%(+  0.70)
☆東証1単純平均                                       2973.77円(+ 22.43)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底値ゾーン)
          N225    ○○●●●○●○○○●○    7勝 5敗   58.33%(   0.00)
          TOPIX   ○○●●○○●○○○●○    8勝 4敗   66.67%(   0.00)
          JPX400  ○○●●○○●○○○●○    8勝 4敗   66.67%(   0.00)

東京株式・為替市場コメント
【東京株式概況】15日の東京株式市場で日経平均は反発した。8月8日(1万9996円)以来ほぼ1ヶ月ぶりの高値。自動車や銀行などの主力株を中心に投資指標面での割安さを好感した買いが入った。日本株の出遅れ感に着目した買いもあった。朝方の北朝鮮によるミサイル発射の影響を懸念した売りは限られた。北朝鮮のミサイル発射を受け、朝方に日経平均は1万9700円台後半に下げる場面があった。ただ、北朝鮮は14日に日本を名指しで批判するなどしていたことから、ミサイル発射を想定し、前日に先回りして売りに動いていたた投資家もおり、下値では買い戻しが入った。今週の日経平均は634円上昇し、週間としては今年最大の上げ幅になった。フランス大統領選の第1回投票の結果を受け、フランスのEU離脱リスクが後退したことを好感した4月24~28日の週(575円)を上回った。2016年8月8-122日の週(665円)以来、1年1ヶ月ぶりの大きさだった。JPX日経インデックス400、TOPIXも反発した。

市場からは「北朝鮮のミサイル発射でもドル・円が踏ん張り、買い戻し主体の動きとみられる。年初来高値に迫るTOPIXを追う形で日経平均も修正高に進む可能性がある。ただ、ここから上は商いが膨らんだゾーンであり、出来高・売買代金の拡大が必要になろう」との声が聞かれた。

業種別では、旭硝子<5201>、東海カ<5301>などのガラス土石株が上昇。野村<8604>、松井証<8628>などの証券商品先物株や、国際帝石<1605>、石油資源<1662>などの鉱業株も買われた。ニコン<7731>、HOYA<7741>などの精密株も高い。半面、東電力HD<9501>、東ガス<9531>などの電気ガス株や、JR東日本<9020>、京王<9008>などの陸運株が軟調。新日鉄住金<5401>、JFE<5411>などの鉄鋼株も安い。

個別では、17年10月期の連結業績予想を上方修正したオハラ<5218>がストップ高。18年3月期第2四半期(17年4-9月)と通期の連結業績予想を上方修正して配当増額のラサ商事<3023>もストップ高。大和証券が目標株価を引き上げたヤーマン<6630>や、古河電池<6937>、Fスターズ<3687>などの上げも目立った。半面、18年7月期は単体営業利益10.0%増を見込むも材料出尽くし感が指摘されたブラス<2424>や、鎌倉新書<6184>、ダイニク<3551>、PLANT<7646>などの下げも目立った。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

絶好調!!!

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 9月15日(金)09時23分5秒
返信・引用 編集済
           明豊エンター(8927JQ) 

昨日は決算発表を待たず、何故かS安近辺まで売り込まれた。一瞬肝を冷やしたが・・・
やっぱりね、好決算を受け本日は急騰してるよ(笑)。株って難しいなぁ。。。

【前期経常が上振れ着地・今期は3.7倍増益、10期ぶり5円で復配へ】

明豊エンタープライズ <8927> [JQ] が9月14日大引け後(15:00)に決算を発表。17年7月期の連結経常利益は前の期比32.0%増の5.3億円に伸び、従来予想の4.4億円を上回って着地。18年7月期も前期比3.7倍の20億円に急拡大する見通しとなった。4期連続増収、増益になる。同時に、今期の年間配当は5円で、10期ぶりに復配する方針とした。直近3ヵ月の実績である5-7月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比2.3倍の1.8億円に急拡大し、売上営業利益率は前年同期の6.1%→9.0%に改善した。 株探ニュース

・通期実績推移及び予想
   決算期  売上高  営業益  経常益  最終益  1株益  1株配   発表日
  2015.07   5,177     332     253     239     9.7    0.00  15/09/14
  2016.07   5,774     459     406     314    12.7    0.00  16/09/14
  2017.07   7,496     675     536     747    30.3    0.00  17/09/14
   前年比   +29.8   +47.1   +32.0   2.4倍   2.4倍
予2018.07  15,000   2,170   2,000   1,800    73.0    5.00  17/09/14
   前期比   2.0倍   3.2倍   3.7倍   2.4倍   2.4倍

>3Q減益受け急落!!! 投稿者:濃姫   投稿日:2017年 6月15日(木)11時00分42秒
>早打ちマック   投稿者:濃姫   投稿日:2017年 1月17日(火)10時42分34秒
 
    (濃姫) やったね、14:29 S高付けたよ(喜)。

ところで、昨日の下げは何だったのかな?
 

おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 9月15日(金)08時02分10秒
返信・引用 編集済
  本日の外資系動向                

  売り :         650万株       190億円
  買い :        950万株      175億円
  -------------------------------------
  差引 :       +300万株      -15億円

※外資系動向は業界関係者からヒアリングした非公式な情報です。

本日の株価材料(国内)

日経産業
・サイバーエージ<4751.T>がGPS活用で最適広告を配信
・東プレ<5975.T>がエンジン止めても冷凍するコンテナを開発
・NEC<6701.T>系が情報管理強化の会議システムを販売
・オリンパス<7733.T>がAI使った内視鏡の画像診断システム開発
・日ユニシス<8056.T>がAI活用対話応答技術の導入サービス発売

日刊工業
・NTT<9432.T>系がトイレで倒れた人検知するIoTサービス提供
・キヤノン<7751.T>系の東芝メディカルが液化石油ガス設備を全廃
・神戸鋼<5406.T>系が工事現場の事故防止に役立つ情報を提供
・北陸電<9505.T>が配電工事効率化のロボ導入
・凸版印<7911.T>がバーコードで商品の真偽判定するサービス提供

市場スケジュール(海外)

米8月小売売上高(21:30)
米9月NY 連銀製造業景気指数(21:30)
米8月鉱工業生産・設備稼働率(22:15)
米7月企業在庫(23:00)
米9月ミシガン大学消費者信頼感指数(23:00)

日本市場の主な決算発表銘柄社数  1件

ウインテスト (6721)

------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます(NY市場)

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 9月15日(金)08時00分18秒
返信・引用
  NY市場・前日(2017.09.14)の結果 5日続伸 !   嬉しいな

             Farst       High        Low         Last
☆NYダウ          22144.96    22216.44    22135.26    22203.48(+ 45.30)
☆S&P500          2494.56     2498.43     2491.35     2495.62(-  2.75)
☆NYナス           6439.46     6455.32     6424.04     6429.08(- 31.10)
☆CME225先物(円ベース)   19730       19775       19655       19735(+ 45.00)
    ※CME225先物は円建てであり、前日比は前日の大証日中終値比を記載
☆NY為替(ドル/円)    110.49      111.04      110.07      110.28(-  0.21)
☆原油先物(WTI)        49.31       50.50       49.15       49.89(+  0.59)
☆NY金先物(Gold)     1327.60     1334.50     1319.50     1329.30(+  1.30)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底1値ゾーン)
        NYダウ     ○○○○●○●○○○○○  10勝 2敗   83.33%(+  8.33)
        ナスダック     ○○○○●○○●○○○●   9勝 3敗   75.00%(-  8.33)

※中国上海指数       3383.47   3391.64     3361.33      3371.43(- 12.72)
        上 海      ●●○○○○●●○○○●  7勝 5敗    58.33%(-  8.33)

NY株式・為替・商品市場コメント
【NY株式概況】14日の米株式市場で、ダウ平均が5日続伸した。終値は3日続けて過去最高値を更新した。原油高が素材株の買いを誘ったほか、個別に買い材料が出た航空機のボーイングなどが上げダウ平均を押し上げた。税制改革への根強い期待感が相場を支えたとの指摘もあった。ただ、前日まで主要3指数が連日で最高値を更新しており、目先の利益を確定する目的の売りが出やすかった。北朝鮮がミサイルを発射する兆候を見せていると報じられたことなども嫌気された。多くの機関投資家が運用指標とするS&P500が下げ、ダウ平均も上値が重くなる場面があった。ナスダックは4営業日ぶりに反落した。
【CME225先物(円ベース)】日経平均先物は小幅安だった。12月物は前日比10円安の1万9735円で終え、大阪取引所の終値を45円上回った。円相場の下げ渋りが重荷だった。ダウ平均は3日連続で過去最高値を更新したが、利益確定の売りに押される場面も目立った。日経平均先物の上値も重かった。12月物高値は1万9775円、安値は1万9655円。推定売買高は3万3388枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)。
【NY為替(ドル/円)】NY外国為替市場で円相場は4営業日ぶりに反発した。前日比25銭円高・ドル安の1ドル=110円20~30銭で取引を終えた。8月の米消費者物価指数(CPI)が前月比で市場予想以上に上昇したのを受け、朝方に111円05銭と8月4日以来ほぼ1ヶ月半ぶりの円安・ドル高水準を付ける場面があった。もっとも、円相場の下落が続いていたため、目先の利益を確定する目的の円買い・ドル売りが次第に優勢になった。8月のCPIは前年同月比で1.9%上昇とFRBの目標である2%に近づいた。「金融当局者による低インフレへの懸念がいくらか和らぐ内容だ」との受けとめが多く、年内の米利上げ観測を背景に円売り・ドル買いが広がった。もっとも、ドル買いの勢いは続かなかった。円に対するドル買いが続いており、利益確定のドル売りが出やすかった。「北朝鮮がミサイル発射の準備を進めていると早朝に伝わり、地政学リスクを意識した円買いも入りやすかった」との指摘があった。CPIの改善はハリケーン襲来によるガソリン価格の一時的な上昇が寄与した面が大きく、「インフレが強まる兆しとはいえない」との慎重な見方も出ていた。ECBによる金融政策の正常化が進むとの観測から対ユーロでドルが売られ、円に対しドル売りが出た面もあった。円の高値は110円07銭だった。
【NY為替(ユーロ/円)】円は対ユーロで小反落。前日比5銭円安・ユーロ高の1ユーロ=131円35~45銭で取引を終えた。
【NY原油先物】NYMEXで原油先物相場は4日続伸した。WTIで期近の10月物は前日比0.59ドル高の1バレル49.89ドルで取引を終えた。一時50.50ドルまで買われ、5月25日以来ほぼ4ヶ月ぶりの高値を付けた。中長期の原油需要の見通し引き上げが相次ぎ、需給改善への期待が買いを誘った。IEAが13日、欧州の活発な消費などを背景に17年の需要見通しを上方修正した。12日にはOPECが18年の世界の原油需要の見通しを引き上げた。OPECの12日の発表によると、加盟国による8月の産油量が前月比で減少。米国でも大型ハリケーンによる短期的な需給の緩みへの警戒感が一服し、先物に買い戻しが入りやすくなっている。EIAが14日公表した2017年版の「国際エネルギー見通し」によると、2040年までの世界のエネルギー消費は15年比で28%増える見通し。大幅な伸びが見込まれる天然ガスを中心に、化石燃料のシェアは全体の4分の3超を占める見通しという。ガソリンは続落。ヒーティングオイルは続伸した。
【NY金先物】NY金先物相場は4営業日ぶりに反発した。COMEXで取引の中心である12月物は前日比1.3ドル高の1トロイオンス1329.3ドルで終えた。外国為替市場でドルが主要通貨に対して軟調に推移し、ドル建てで取引される金先物の割安感が強まった。市場では「北朝鮮が再び弾道ミサイルを発射する兆候を見せている」との報道をきっかけに、運用リスクを回避する目的の買いが現物資産の裏付けのある金先物に入ったとの指摘も聞かれた。朝方は売られる場面もあった。14日発表の8月の消費者物価指数(CPI)は前月比0.4%上昇と、市場予想を上回った。前年同月比では1.9%上昇し、伸び率は前月(1.7%)から拡大した。FRBが追加利上げに動きやすくなり、金から投資資金が流出するとの思惑につながった。銀は4日続落。プラチナは5日続落した。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

本日の東京市場概況

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 9月14日(木)15時49分17秒
返信・引用 編集済
  東京市場・本日(2017.09.14)の結果   4日ぶり反落!   嫌になっちゃう~

            始値       高値      安値     終値
☆日経平均          19860.37     19918.39    19793.85   19807.44(- 58.38)
☆TOPIX         1637.54      1642.56     1631.05    1632.13(-  5.20)
☆JPX400         14501.22     14547.90    14447.04   14456.52(- 47.20)
☆東証一部出来高      16.63億株
☆東証一部売買代金   22501億円
☆騰落銘柄数         値上り    683,   値下り    1231,   変らず    114,
     ※為替は18:30以降に表示しています。
☆東京為替(ドル/円)     110.49      110.73     110.40      110.47(+  0.42)
          (ユーロ/円)     131.32      131.50     131.13      131.30(-  0.48)
☆騰落レシオ   (警戒水域 70.00%以下、130.00%以上)      108.61%(+  3.67)
☆RSI       (警戒水域  30.00%以下、 70.00%以上)      61.30%(-  4.60)
☆東証1単純平均                                       2951.34円(-  5.71)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底値ゾーン)
          N225    ○○○●●●○●○○○●    7勝 5敗   58.33%(   0.00)
          TOPIX   ○○○●●○○●○○○●    8勝 4敗   66.67%(   0.00)
          JPX400  ○○○●●○○●○○○●    8勝 4敗   66.67%(   0.00)

東京株式・為替市場コメント
【東京株式概況】14日の東京株式市場で日経平均は4営業日ぶりに反落した。14日午前に北朝鮮が国連安全保障理事会の新たな制裁決議に反発する報道官声明を発表したと伝わり、地政学リスクを警戒した売りが優勢となった。朝方は円相場が1ドル=110円台後半と1ヶ月ぶりの安値に下落し、投資家心理が改善。日経平均の上げ幅は50円を超える場面もあったが、買いは続かなかった。午後の日経平均は71円安まで下落する場面があった。海外ヘッジファンドなど一部の短期志向の投資家が運用リスクを回避する動きを強め、株価下落に拍車をかけた。一方、北朝鮮が他国と軍事衝突を起こす可能性は低いとの見方は根強く、下げた局面では押し目買いが入って下げ渋った。JPX日経インデックス400、TOPIXも4営業日ぶりに反落した。

市場では「戻り待ちの売りタイミングを探るなか、北朝鮮がICBMの発射に向け準備を進めているとの観測報道が、売りを出すきっかけとなった」との見方があった。

業種別では、JAL<9201>、ANA<9202>などの空運株や、三井金属<5706>、住友電工<5802>などの非鉄金属株が下落。ニコン<7731>、HOYA<7741>などの精密機器株や、三井不<8801>、三菱地所<8802>などの不動産株も安い。KDDI<9433>、ソフトバンク<9984>などの情報通信株や、新日鉄住金<5401>、JFE<5411>などの鉄鋼株も軟調。大和証G<8601>、野村<8604>などの証券株や、旭硝子<5201>、東海カーボン<5301>などのガラス土石株も下げた。

個別では、CRE<3458>、キムラタン<8107>、チタン工業<4098>、モリテック<5986>、東洋糖<2107>などが下落。半面、ダイニク<3551>、Hamee<3134>、ヤーマン<6630>、鳥貴族<3193>、石川製<6208>などが上昇した。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

白蛇銘柄に興味あってザラバを見ていたが・・・

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 9月14日(木)14時04分15秒
返信・引用 編集済
  ADワークス(3250)

買うに買えず、売るに売れずの状態じゃないか。

株券ジャブジャブ、買い板、売り板共に厚いので株価が全く動かないよ。
売り板が薄くなったと思ったら・・・売りが次から次へと湧いて出てくるよ。
上値を買うか下値を売るか・・・しかないね、いやはや呆れたよ(苦笑)。

買い指値(週間)はそのまま放置だよ、まぁ、今日は出来ないだろうね。
 
    (濃姫) 1000万株できたのに値動きなしだったね。
          始値 42 高値 42 安値 41 終値 41 出来高 10092.8

白蛇さんに取り巻きの皆さんは「買いました、買いました・・・」と報告しているが???
 

おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 9月14日(木)07時55分47秒
返信・引用 編集済
  本日の外資系動向                

  売り :        580万株        46億円
  買い :       650万株       62億円
  -------------------------------------
  差引 :       +70万株      +16億円

※外資系動向は業界関係者からヒアリングした非公式な情報です。

本日の株価材料(国内)

日経産業
・パナソニック<6752.T>が監視カメラHDDの寿命延長を提供開始
・住友ベ<4203.T>がスパコン内通信速める配線部品を出荷
・SUMCO<3436.T>が次世代7ナノメートルウエハーを量産
・NTT<9432.T>が個人情報匿名化ソフトウエアを開発

日刊工業
・住友商<8053.T>が東南アで電子部品組み付け工程を再編へ
・コニカミノルタ<4902.T>が乳がんなど女性の健康専任組織始動
・ダイヤ電機<6895.T>が小型車エンジン向け新型点火コイルを増産
・三井不<8801.T>が船橋の物流施設にICT機器ショールームを開設

市場スケジュール(国内)

8月首都圏新規マンション発売(13:00)
20年国債入札

市場スケジュール(海外)

中国8月小売売上高(11:00)
中国8月都市部固定資産投資(11:00)
中国8月鉱工業生産(11:00)
英国金融政策発表米8月消費者物価指数(21:30)

日本市場の主な決算発表銘柄社数  18件

アスクル (2678) 東京ドーム (9681) オハラ (5218) バロック (3548)
アルデプロ (8925) 丸善CHIH (3159) ファーストロジ (6037)
3Dマトリックス (7777) 鎌倉新書 (6184) 銚子丸 (3075) 明豊E (8927)
ブラス (2424) HyAS&CO. (6192) 土屋H (1840) ジャストプラン(4287)

------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます(NY市場)

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 9月14日(木)07時54分24秒
返信・引用
  NY市場・前日(2017.09.13)の結果 4日続伸 !   嬉しいな

             Farst       High        Low         Last
☆NYダウ          22103.47    22158.18    22095.79    22158.18(+ 39.32)
☆S&P500          2493.89     2498.37     2492.14     2498.37(+  1.89)
☆NYナス           6440.72     6460.42     6433.20     6460.19(+  5.91)
☆CME225先物(円ベース)   19765       19775       19665       19745(+ 55.00)
    ※CME225先物は円建てであり、前日比は前日の大証日中終値比を記載
☆NY為替(ドル/円)    110.17      110.69      109.91      110.51(+  0.34)
☆原油先物(WTI)        48.34       49.40       48.12       49.30(+  1.07)
☆NY金先物(Gold)     1336.20     1340.50     1324.50     1328.00(-  4.70)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底1値ゾーン)
        NYダウ     ●○○○○●○●○○○○   9勝 3敗   75.00%(   0.00)
        ナスダック     ○○○○○●○○●○○○  10勝 2敗   83.33%(+  8.33)

※中国上海指数       3374.72   3387.14     3366.54      3384.15(+  4.66)
        上 海      ○●●○○○○●●○○○  8勝 4敗    66.67%(   0.00)

NY株式・為替・商品市場コメント
【NY株式概況】13日の米株式市場でダウ平均は4日続伸した。終値は、連日で最高値を更新した。原油高を背景にエネルギー株が買われたほか、税制改革への期待が支えになった。もっとも、連日の最高値とあって高値警戒感が強まっており上値は重かった。EIAが13日に発表した週間の原油在庫でガソリンの在庫が市場予想以上の急減となった。原油需給の緩みが解消に向かうとの期待から、原油先物相場が上昇しシェブロンやエクソンモービルなどが買われ指数を支えた。トランプ米大統領は午後に超党派の下院議員の会合に参加し税制改革やオバマケアの見直しを呼びかけた。法人減税の引き下げなどを求めており、与野党が歩み寄れば税制改革が進みやすくなるとの期待につながった。取引終了にかけて米長期金利が上げ幅を広げた。一時は2.20%と、ほぼ3週ぶりの水準に上昇(債券価格は下落)した。利ざや拡大への期待からJPモルガン・チェースやGSなど金融株の一角が買われたのも相場を押し上げた。ナスダックは3日続伸し、連日で最高値を付けた。12日に新型「iPhone」を発表したアップルは材料出尽くし感から下げたが、アマゾン・ドット・コムやマイクロソフト、半導体大手のインテルなどが買われ指数を押し上げた。機関投資家の多くが運用指標に据えるS&P500も3日続伸し、主要3指数がそろって連日で最高値を更新した。
【CME225先物(円ベース)】日経平均先物は小幅続伸した。12月物は前日比20円高の1万9745円で引け、同日の大取終値を55円上回った。円安進行に加え、ダウ平均など米国の主要株価指数が連日で過去最高値を更新し、日本株の買いを誘った。この日の12月物高値は1万9775円、安値は1万9665円。推定売買高は2万8357枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)。
【NY為替(ドル/円)】NY外国為替市場で円相場は3日続落し、前日比35銭円安・ドル高の1ドル=110円45~55銭で取引を終えた。一時は110円69銭と、8月16日以来ほぼ1ヶ月ぶりの安値を付けた。米長期金利の上昇を受け、日米金利差の拡大を見込んだ円売り・ドル買いが優勢だった。米債券市場で10年物国債の利回りが一時2.20%と8月下旬以来の高水準に上昇した。円相場が110円台半ばの50日移動平均線を明確に下回ったことも呼び水となり、米金利上昇にあわせて円売り・ドル買いに勢いが付いた。米税制改革への期待感も円安・ドル高を後押しした。トランプ米大統領は13日午後、超党派の下院議員の会合に参加し、法人減税を含む税制改革の見直しを呼びかけた。与野党の歩み寄りに期待が広がった。為替市場の関係者によると「持ち高の多くが依然として円買い・ドル売りに偏っている」という。今週に入って急速に円安・ドル高方向に進んだことで、持ち高を手じまう目的の円売り・ドル買いも巻き込み円の下げが加速した。市場では「14日に8月の消費者物価指数(CPI)、15日に8月の小売売上高など米重要指標の発表を控え、持ち高を整理する目的の円売り・ドル買いが出やすかった」との声もある。朝方発表された8月の米卸売物価指数(PPI)は前月比0.2%上昇した。市場予想を下回ったものの、2ヶ月ぶりの上昇となった。14日発表のCPIもガソリン価格を中心に、過去数カ月に比べ上昇率が拡大するとの見方が出ている。13日の円の高値は1ドル=109円95銭だった。
【NY為替(ユーロ/円)】円は対ユーロで3営業日ぶりに反発し、前日比50銭円高・ユーロ安の1ユーロ=131円30~40銭で終えた。
【NY原油先物】NYMEXで原油先物相場は3日続伸した。WTIで期近の10月物は前日比1.07ドル高の1バレル49.30ドルで取引を終えた。IEAの月報などを受け、中長期的に原油の需給が改善に向かうとの見方が広がった。IEAが13日発表した月報によると世界の原油生産が4ヶ月ぶりに減った。一方、欧州の活発な消費などを背景にIEAは2017年の需要見通しを上方修正した。前日にはOPECの月報やEIAの短期見通しでも加盟国や米原油生産の減少が明らかになっていた。EIAが13日発表した週間の米石油在庫統計では原油在庫が市場予想以上に増えたが、ガソリン在庫は予想より少なかった。ハリケーンで被災したテキサス州の石油精製施設が全面的に復旧しておらず、需給や在庫水準に影響した。ただ原油の短期的な供給過剰は次第に解消に向かうとして、在庫統計を手がかりとした売りは限られた。ガソリンは反落し、ヒーティングオイルは4営業日ぶりに反発した。
【NY金先物】NY金先物相場は3日続落した。COMEXで取引の中心である12月物は前日比4.7ドル安の1トロイオンス1328.0ドルで取引を終えた。外国為替市場でドルが円やユーロなどの主要通貨に対して買われ、ドルの代替資産とされる金には売りが優勢だった。北朝鮮情勢への懸念が後退しており、リスク回避姿勢が強まると買われてきた金には利益確定の売りが出た。銀は3日続落、プラチナは4日続落した。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

本日の東京市場概況

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 9月13日(水)15時53分17秒
返信・引用 編集済
  東京市場・本日(2017.09.13)の結果   3日続伸 !   嬉しいな 

            始値       高値      安値     終値
☆日経平均          19873.69     19888.84    19845.02   19865.82(+ 89.20)
☆TOPIX         1636.23      1639.54     1634.58    1637.33(+  9.88)
☆JPX400         14500.37     14525.43    14484.92   14503.72(+ 81.53)
☆東証一部出来高      16.05億株
☆東証一部売買代金   20498億円
☆騰落銘柄数         値上り    1314,   値下り    594,   変らず    118,
     ※為替は18:30以降に表示しています。
☆東京為替(ドル/円)     110.17      110.30     109.99      110.05(+  0.52)
          (ユーロ/円)     131.84      132.03     131.74      131.78(+  0.63)
☆騰落レシオ   (警戒水域 70.00%以下、130.00%以上)      104.94%(+  3.77)
☆RSI       (警戒水域  30.00%以下、 70.00%以上)      65.90%(+  5.20)
☆東証1単純平均                                       2957.05円(+ 17.82)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底値ゾーン)
          N225    ●○○○●●●○●○○○    7勝 5敗   58.33%(+  8.33)
          TOPIX   ●○○○●●○○●○○○    8勝 4敗   66.67%(   0.00)
          JPX400  ●○○○●●○○●○○○    8勝 4敗   66.67%(   0.00)

東京株式・為替市場コメント
【東京株式概況】13日の東京株式市場で日経平均は3日続伸した。8月8日以来、約1ヶ月ぶりの高値を付けた。12日の米株式市場でダウ平均など主要3指数がそろって過去最高値を更新し、投資家心理が改善。証券商品先物や銀行など金融株の上昇が指数を押し上げた。外国為替市場で円相場が1ドル=110円台前半まで下落し、機械や電気機器など幅広い業種に買いが広がった。日経平均の上げ幅は100円を上回る場面もあった。もっとも、前日までの2日間で約500円上昇していたことで、取引終了にかけては上値が重い展開となった。JPX日経インデックス400、TOPIXも3日続伸した。

市場からは「日経平均は『三空』(3日連続のマド空け)で上昇し、リバウンド一巡の水準か。商いがたまったゾーンに差し掛かり、上値では戻り売りが警戒される。一方、9月中間配当取りの動きや、直近の円安で輸出企業の業績改善期待もあり、支えになっている」との声が聞かれた。

業種別では、野村<8604>、大和証G<8601>などの証券商品先物株が上昇。菱地所<8802>、住友不<8830>などの不動産株も買われ、三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>、みずほ<8411>などの銀行株も高い。日精工<6471>、クボタ<6326>などの機械株も堅調。半面、ANA<9202>、JAL<9201>などの空運株や、王子HD<3861>、レンゴー<3941>などのパルプ紙株がさえない。オリックス<8591>、JPX<8697>などのその他金融株も安い。

個別では、白金を使わない燃料電池用の触媒の実用化に世界で初めて成功したと報じられた日清紡HD<3105>がストップ高配分。同社が10月2日付で完全子会社化する日無線<6751>もストップ高配分。株式新聞が電池関連株として取り上げたカーリットH<4275>や、モリテック<5986>もストップ高配分。東洋糖<2107>、クレオス<8101>、化工機<6331>などの上げも目立った。半面、17年4月期は連結営業赤字6億5000万円を見込むザッパラス<3770>や、公募増資および株式売り出しのゲンキー<2772>が大幅安。神戸物産<3038>、サニックス<4651>、安永<7271>などの下げも目立った。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 9月13日(水)07時51分50秒
返信・引用 編集済
  本日の外資系動向                

  売り :        850万株       146億円
  買い :       840万株      176億円
  -------------------------------------
  差引 :       -10万株      +30億円

※外資系動向は業界関係者からヒアリングした非公式な情報です。

本日の株価材料(国内)

日経産業
・U-NEXT<9418.T>が統合後に営業体制統一やIT販売を計画
・フィード・ワン<2060.T>が完全養殖クロマグロ用飼料を発売
・ミツウロコGHD<8131.T>が北陸電<9505.T>管内で電力小売り開始

日刊工業
・三菱電<6503.T>が5割省エネLED照明システムの受注を開始
・ルネサス<6723.T>が営業と生産のITシステムを一体化
・明電舎<6508.T>が無人搬送機を製品単体で販売
・パルコ<8251.T>がテナントの商品在庫をウェブサイト表示へ
・東京海上<8766.T>系が業務負担軽減で仮想ロボを導入

市場スケジュール(国内)

8月国内企業物価指数(8:50)
7-9月期法人企業景気予測調査(8:50)

市場スケジュール(海外)

英8月失業率(17:30)
米8月生産者物価指数(21:30)
米8月財政収支(9/14 3:00)

日本市場の主な決算発表銘柄社数  23件

アインH(9627) クミアイ化学工業(4996) ヤーマン(6630) ジャパンミート(3539)
エニグモ (3665) 鳥貴族 (3193) Hamee (3134) 稲葉製作所 (3421)
シーアールイー(3458) ジェイエスビー(3480) トーエル(3361) 小林産業(8077)
石井表記 (6336) ウエスコH (6091) GENEPA (3195)

------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます(NY市場)

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 9月13日(水)07時50分13秒
返信・引用
  NY市場・前日(2017.09.12)の結果 3日続伸 !   嬉しいな

             Farst       High        Low         Last
☆NYダウ          22090.56    22134.57    22087.09    22118.86(+ 61.49)
☆S&P500          2491.94     2496.77     2490.37     2496.48(+  8.37)
☆NYナス           6448.81     6455.02     6429.54     6454.28(+ 22.02)
☆CME225先物(円ベース)   19570       19745       19515       19725(+ 95.00)
    ※CME225先物は円建てであり、前日比は前日の大証日中終値比を記載
☆NY為替(ドル/円)    109.39      110.25      109.24      110.19(+  0.16)
☆原油先物(WTI)        48.12       48.44       47.73       48.23(+  0.16)
☆NY金先物(Gold)     1331.70     1336.20     1326.70     1332.70(-  3.00)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底1値ゾーン)
        NYダウ     ○●○○○○●○●○○○   9勝 3敗   75.00%(+  8.33)
        ナスダック     ●○○○○○●○○●○○   9勝 3敗   75.00%(+  8.33)

※中国上海指数       3381.49   3391.07     3370.85      3379.49(+  3.07)
        上 海      ○○●●○○○○●●○○  8勝 4敗    66.67%(   0.00)

NY株式・為替・商品市場コメント
【NY株式概況】12日の米株式市場でダウ平均は3日続伸、8月7日につけた過去最高値(2万2118.42ドル)を約1ヶ月ぶりに更新した。北朝鮮情勢やハリケーン被害への警戒感が薄れ、投資家が運用リスクを取る動きが広がった。米長期金利の上昇で、利ざや拡大の思惑から金融株が買われて相場を押し上げた。金融のゴールドマン・サックスが2%強上げ、ダウ平均の上昇を主導した。アップルは12日、主力のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)X(テン)」を発表した。同社株は高値圏にあったため、ひとまず材料出尽くしの売りに押された。ナスダック指数も過去最高値を9月1日以来更新した。機関投資家の多くが運用の参考にするS&P500種株価指数も連日で過去最高値を更新した。
【CME225先物(円ベース)】日経平均先物は続伸した。12月物は前日比175円高の1万9725円で引け、同日の大取終値を95円上回った。北朝鮮情勢やハリケーン被害への警戒感が薄れ、リスク資産への投資意欲が強まった。円安が進み、米主要株価指数が軒並み過去最高値をつけたことも日本株買いを後押しした。この日の12月物高値は1万9735円、安値は1万9515円。推定売買高は3万5023枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)。
【NY為替(ドル/円)】NY外国為替市場で円相場は続落し、前日比75銭円安・ドル高の1ドル=110円10~20銭で取引を終えた。1日以来となる110円台を回復した。北朝鮮情勢の懸念が後退したことや米株高を受け、投資家が運用リスクを取りやすくなり、リスク回避の際に買われやすい円は売られた。米国債利回りが上昇し、日米金利差が拡大したことも円売り・ドル買いを誘った。国連安全保障理事会が11日夕、核実験などに踏み切った北朝鮮に対する制裁決議を採択した。追加制裁には石油の全面禁輸などの厳しい条項が含まれなかったため、北朝鮮が反発を強めることへの警戒感が後退した。トランプ政権が民主党に歩み寄るかたちで税制改革協議が進むとの期待がドル買いを誘ったとの見方もあった。ムニューシン米財務長官は12日のテレビ番組で、年内の税制改革法案成立に改めて意欲を示した。トランプ大統領が12日夜に与野党の上院議員数名を招いて夕食会を開き、税制について話し合うと伝わったことも税制協議が進展するとの期待につながったようだ。前日に大幅高となった米株式相場が続伸し、ダウ平均など主要な株価指数がそろって過去最高値で終えた。投資家のリスク選好が強まり、低金利で運用の際に調達通貨とされる円の売りが強まった。心理的な節目である110円ちょうど近辺では下値が堅くなるといい、109円台に下げ渋る場面もあった。この日の円の高値は109円67銭だった。
【NY為替(ユーロ/円)】円は対ユーロで続落し、前日比1円10銭円安・ユーロ高の1ユーロ=131円80~90銭で取引を終えた。一時、131円90銭と2016年2月2日以来1年7ヶ月ぶりの安値をつけた。リスク選好に伴う円売りが対ユーロでも広がった。
【NY原油先物】NYMEXで原油先物相場は小幅続伸した。WTIで期近の10月物は前日比0.16ドル高の1バレル48.23ドルで取引を終えた。OPEC加盟国の着実な減産が確認されたうえ、EIAが原油生産見通しをやや下方修正し、供給過剰が和らぐとの見方から買いが優勢になった。OPECが12日に公表した8月の月報によると、5月に同意した協調減産に基づく加盟国の減産が確認された。前日には来年3月までの協調減産が延長されるとの思惑も浮上しており、需給改善の期待が強まった。EIAが12日公表した短期見通しでは、8月の米原油生産は7月に比べ日量40万バレル減った。米テキサス州に上陸したハリケーン「ハービー」の影響が出た。2018年の米原油生産見通しを従来の日量990万バレルから980万ドルに引き下げたことも市場で好感された。半面、ハリケーン被害で米製油所の稼働が完全には戻っておらず、米原油需要が減るとの見方が相場の上値を抑えた。ガソリンは反発し、ヒーティングオイルは3日続落した。
【NY金先物】NY金先物相場は続落した。COMEXで取引の中心である12月物は、前日比3.00ドル安の1トロイオンス1332.7ドルで終えた。11日夕に国連安全保障理事会は北朝鮮の制裁決議を採択したが、石油禁輸などの厳しい内容が盛り込まれなかった。北朝鮮の反発を招かず、地政学リスクが低下すると受け止められた。相対的に安全資産とされる金には売りが出やすかった。銀は続落し、プラチナは3日続落した。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

本日の東京市場概況

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 9月12日(火)15時54分31秒
返信・引用 編集済
  東京市場・本日(2017.09.12)の結果   大幅続伸 !   嬉しいな 

            始値       高値      安値     終値
☆日経平均          19736.14     19792.06    19718.80   19776.62(+230.85)
☆TOPIX         1626.87      1630.18     1624.60    1627.45(+ 15.19)
☆JPX400         14415.54     14448.66    14399.48   14422.19(+135.38)
☆東証一部出来高      16.55億株
☆東証一部売買代金   22254億円
☆騰落銘柄数         値上り    1503,   値下り    447,   変らず    76,
     ※為替は18:30以降に表示しています。
☆東京為替(ドル/円)     109.39      109.59     109.25      109.53(+  0.95)
          (ユーロ/円)     130.76      131.22     130.68      131.15(+  0.87)
☆騰落レシオ   (警戒水域 70.00%以下、130.00%以上)      101.17%(+  0.51)
☆RSI       (警戒水域  30.00%以下、 70.00%以上)      60.70%(+  5.00)
☆東証1単純平均                                       2939.23円(+ 26.88)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底値ゾーン)
          N225    ●●○○○●●●○●○○    6勝 6敗   50.00%(   0.00)
          TOPIX   ○●○○○●●○○●○○    8勝 4敗   66.67%(   0.00)
          JPX400  ○●○○○●●○○●○○    8勝 4敗   66.67%(   0.00)

東京株式・為替市場コメント
【東京株式概況】12日の東京株式市場で日経平均は続伸した。終値は8月8日以来約1ヶ月ぶりの高値を付けた。国連安全保障理事会による北朝鮮への制裁決議の採択などにより米朝軍事衝突が回避できるとの見方が強まった。このため、警戒感が和らぎ、投資家の運用リスク回避の姿勢が後退した。円相場の下落や11日の米国株高も日本株を支えた。買い戻しが優勢で、新規の買いは限定的との見方が多かった。 JPX日経インデックス400、TOPIXも続伸した。

市場からは「連日で『マド』を空けて上昇し、9月1日の戻り高値(高値1万9735円)を抜けてきたが、(北朝鮮リスクを警戒して)売られた分を戻している状態だ。買い戻し主体の需給的な要因であり、2万円回復には新たな支援材料が必要だ」との声が聞かれた。

業種別では、東京海上<8766>、第一生命HD<8750>、T&DHD<8795>などの保険株や、野村<8604>、大和証G<8601>などの証券商品先物株が上昇。任天堂<7974>、大日印<7912>などのその他製品株や、王子HD<3861>、巴川紙<3878>などのパルプ紙株も堅調。半面、鹿島<1812>、大林組<1802>などの建設株が軟調。

個別では、EV(電気自動車)関連として思惑買いのチタン工<4098>が連日のストップ高。第1四半期(17年5-7月)の連結決算で大幅増益のライクキッズ<6065>もストップ高。SMBC日興証券が投資評価・目標株価を引き上げた日製鋼<5631>や、シーイーシー<9692>、スターティア<3393>などの上げも目立った。半面、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断・目標株価を引き下げたVOYAGE<3688>や、正栄食<8079>、シーズHD<4924>、gumi<3903>、サイゼリヤ<7581>などの下げが目立った。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

注目!

 投稿者:信 長  投稿日:2017年 9月12日(火)09時41分41秒
返信・引用
  濃姫さん、こんにちは!

日経平均戻り高値を抜きましたね、面白くなりそうです。
 

おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 9月12日(火)07時42分51秒
返信・引用 編集済
  本日の外資系動向                

  売り :        1110万株        138億円
  買い :       1150万株       256億円
  -------------------------------------
  差引 :        +40万株      +118億円

※外資系動向は業界関係者からヒアリングした非公式な情報です。

本日の株価材料(国内)

日経産業
・ローム<6963.T>がノイズ除去不要なオペアンプ開発 世界初
・CTC<4739.T>がAIシステムの構築・運用サービスに参入
・DNC<4246.T>が100億円超投じ19年度までに新生産ライン稼働
・タムラ製<6768.T>系が酸化ガリウム使用ウエハーを量産
・リプロセル<4978.T>のiPS保存液がPMDAマスターファイル登録

日刊工業
・東芝<6502.T>が半導体事業を米WDなど「新日米連合」に売却へ
・日立建<6305.T>が茨城の工場でIoT活用加工最適化システムを構築
・日立<6501.T>系が操作機能スマホに集約したエアコンを開発
・旭化成<3407.T>が米アラバマ州で樹脂成形機用洗浄剤の生産開始

市場スケジュール(国内)

5年国債入札

市場スケジュール(海外)

米10年国債入札
第72回国連総会(~9/25 NY)

日本市場の主な決算発表銘柄社数  17件

神戸物産 (3038) サンバイオ (4592) 神島化学工業 (4026) アセンテック (3565)
ファーマフーズ(2929) バルニバービ(3418) ネオジャパン(3921) クロスフォー(7810)
OM2ネット (7614) はてな (3930) ザッパラス (3770) サムライ&J (4764)
TBCSCAT (3974) MICS化学 (7899) ながの東急百貨店 (9829)

------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます(NY市場)

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 9月12日(火)07時41分8秒
返信・引用
  NY市場・前日(2017.09.11)の結果 大幅続伸 !   嬉しいな

             Farst       High        Low         Last
☆NYダウ          21927.79    22067.10    21927.79    22057.37(+259.58)
☆S&P500          2474.52     2488.95     2474.52     2488.11(+ 26.68)
☆NYナス           6411.18     6439.11     6410.71     6432.26(+ 72.07)
☆CME225先物(円ベース)   19200       19565       19200       19550(+140.00)
    ※CME225先物は円建てであり、前日比は前日の大証日中終値比を記載
☆NY為替(ドル/円)    108.10      109.51      108.09      109.46(+  1.62)
☆原油先物(WTI)        47.58       48.27       47.00       48.07(+  0.59)
☆NY金先物(Gold)     1341.50     1344.60     1330.60     1335.70(- 15.50)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底1値ゾーン)
        NYダウ     ●○●○○○○●○●○○   8勝 4敗    66.67%(+  8.33)
        ナスダック     ●●○○○○○●○○●○   8勝 4敗    66.67%(+  8.33)

※中国上海指数       3365.35   3384.81     3360.05      3376.42(+ 11.18)
        上 海      ○○○●●○○○○●●○  8勝 4敗    66.67%(+  8.33)

NY株式・為替・商品市場コメント
【NY株式概況】11日の米株式市場でダウ平均は大幅に続伸、8月7日に付けた最高値に60ドルあまりに迫った。北朝鮮の軍事挑発に対する警戒感が後退したほか、大型ハリケーン「イルマ」の被害が警戒したほど大きくないとの見方から損害保険株が上昇し全体をけん引した。9日に建国記念日を迎えた北朝鮮がミサイル発射などの挑発行為に出なかった。週末に北朝鮮を巡る地政学リスクが高まるとの警戒感が根強かったため、投資家が運用リスクを取る姿勢を強め幅広い銘柄が買われた。週末に米南部フロリダ州を直撃したイルマは11日、熱帯低気圧に勢力を落とした。停電被害は600万戸近くに拡大したが、有数の都市であるマイアミが直撃を免れたことなどから被害総額は上陸前に警戒されたほど大きくないとの観測が相次いだ。トラベラーズやプログレッシブなど損保大手を中心に買いが膨らみ、相場を押し上げた。ナスダックは大幅に反発した。一時は1日に付けた最高値を上回った。リスク回避姿勢が後退し、12日に新製品の発表を控えたアップルやフェイスブック、マイクロソフト、アマゾン・ドット・コムなど主力株が軒並み買われた。機関投資家の多くが運用指標に据えるS&P500は3営業日ぶりに反発し、8月7日に付けた最高値をほぼ1ヶ月ぶりに更新した。
【CME225先物(円ベース)】日経平均先物は大幅反発した。12月物は前週末比400円高の1万9550円で引け、同日の大取終値を140円上回った。北朝鮮情勢や大型ハリケーン「イルマ」の被害への警戒感が薄れ、市場では円安と米株高が進み、日本株は買われた。この日の12月物高値は1万9555円、安値は1万9200円。推定売買高は3万3224枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)。
【NY為替(ドル/円)】NY外国為替市場で円相場は3営業日ぶりに大幅反落し、前週末比1円55銭円安・ドル高の1ドル=109円35~45銭で取引を終えた。北朝鮮問題やハリケーン被害への懸念が後退し、リスク回避の際に買われやすい円を売ってドルを買い戻す動きにつながった。北朝鮮が建国記念日の9日にミサイル発射など軍事的な挑発行為をしなかった。地政学リスクが高まることを警戒し、前週は円買いの勢いが強まっていた。その反動でポジションの巻き戻しを目的とした円売りが出た。北朝鮮への追加制裁が厳しくならないとの見方も円売り・ドル買いにつながったようだ。制裁決議を主導する米国が、国連安全保障理事会で採決される追加制裁の修正案に北朝鮮への石油の全面禁輸などを盛り込まなかった。中国とロシアの同意を得るために譲歩したとみられる。厳しい制裁で北朝鮮が反発を強めれば、一段の挑発行為につながる恐れがあった。週末に米フロリダ州に上陸したハリケーン「イルマ」は有数の都市マイアミを直撃しなかった。州南西部では600万世帯が停電するなどの被害があったが、米経済への打撃は警戒されていたよりも小さくなるとの見方から、市場参加者のリスク回避姿勢が和らいだ。同日の米株式相場が急伸し、ダウ平均が約260ドル上げた。相対的に安全資産とされる米国債が売られ、米金利が上昇したため、日米金利差の拡大を手がかりとした円売り・ドル買いも優勢だった。この日の円の安値は109円51銭。高値は108円58銭だった。
【NY為替(ユーロ/円)】円は対ユーロで反落し、前週末比1円ちょうど円安・ユーロ高の1ユーロ=130円70~80銭で取引を終えた。
【NY原油先物】NYMEXで原油先物相場は3営業日ぶりに反発した。WTI期近の10月物は前週末比0.59ドル高の1バレル48.07ドルで取引を終えた。大型ハリケーン「イルマ」による需要減を警戒して売りが先行したが、主要産油国による協調減産が延長されるとの思惑から次第に買いが勢いを増した。イルマの影響で、米フロリダ州では道路の冠水や約600万戸の停電の被害が出たと伝わった。8月下旬にはハリケーン「ハービー」が米テキサス州に上陸した。ゴールドマン・サックスは2つのハリケーンについて、原油の供給よりも需要を減らす影響の方が大きいとみて「世界で日量60万バレル程度の供給過剰になる」と試算。原油相場の重荷となった。一方、OPECの加盟・非加盟国による来年3月までの協調減産が延長されるとの思惑が原油先物の買いを誘った。サウジアラビアのファリハ石油相が前週末に、ベネズエラやカザフスタンの石油相と減産延長を話し合ったと伝わった。11日にはアラブ首長国連邦(UAE)の石油相と同様の協議をしたと報じられた。ガソリンは続落。ヒーティングオイルは続落した。
【NY金先物】NY金先物相場は3営業日ぶりに反落した。COMEXで取引の中心である12月物は、前週末比15.5ドル安の1トロイオンス1335.7ドルで終えた。北朝鮮が9日の建国記念日にミサイル発射などの挑発行為に出ず、地政学リスクへの警戒感が和らいだ。現物資産の裏付けがある金先物に売りが出た。イルマによる被害が想定ほど深刻ではないとの見方から、米国株が大きく上昇したことも金の売りにつながった。銀も3営業日ぶりに反落。プラチナは続落した。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

本日の東京市場概況

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 9月11日(月)15時52分29秒
返信・引用 編集済
  東京市場・本日(2017.09.11)の結果   大幅反発 !   嬉しいな 

            始値       高値      安値     終値
☆日経平均          19441.39     19567.03    19437.14   19547.55(+270.95)
☆TOPIX         1607.69      1618.03     1606.98    1612.26(+ 18.72)
☆JPX400         14245.86     14340.36    14238.73   14286.81(+168.95)
☆東証一部出来高      14.99億株
☆東証一部売買代金   19899億円
☆騰落銘柄数         値上り    1617,   値下り    331,   変らず    78,
     ※為替は18:30以降に表示しています。
☆東京為替(ドル/円)     108.21      108.61     108.14      108.58(+  0.95)
          (ユーロ/円)     130.07      130.38     129.90      130.26(+  0.45)
☆騰落レシオ   (警戒水域 70.00%以下、130.00%以上)      100.44%(+  3.93)
☆RSI       (警戒水域  30.00%以下、 70.00%以上)      55.70%(+ 10.90)
☆東証1単純平均                                       2912.35円(+ 33.42)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底値ゾーン)
          N225    ○●●○○○●●●○●○    6勝 6敗   50.00%(+  8.33)
          TOPIX   ○○●○○○●●○○●○    8勝 4敗   66.67%(+  8.33)
          JPX400  ○○●○○○●●○○●○    8勝 4敗   66.67%(+  8.33)

東京株式・為替市場コメント
【東京株式概況】11日の東京株式市場で日経平均は反発した。上昇率は6月2日(1.59%高)以来およそ3ヶ月ぶりの大きさ。北朝鮮が9日の建国記念日でミサイル発射など新たな挑発行為に出なかったため、地政学リスクへの警戒がひとまず後退。円相場が前週末の1ドル=107円台から108円台に下落したことも好感され、幅広い銘柄が買われた。これまで地政学リスクを意識し、日経平均先物の売り持ち高を膨らませていた投資家が買い戻しに動き、現物株に裁定買いを誘った。日経平均の終値は長期トレンドを示す200日移動平均を再び上回った。国連安全保障理事会は日本時間12日未明に北朝鮮に対する追加制裁決議案を採決する見通し。その後の北朝鮮の出方を見極めたいとの雰囲気もあり、売買は盛り上がりを欠いた。JPX日経インデックス400、TOPIXも反発した。

市場からは「北朝鮮リスクが後退し、円安方向、指数上昇に動いた。リバウンドの範疇で日経平均は25日移動平均線(1万9554円)に上値を抑えられている格好だが、9月限のメジャーSQ値(1万9278円)を超えて推移したことはサポート要因になる。依然として北朝鮮リスクありだが、外国人投資家の買い戻しが続けば、戻り期待が出てくる」との声が聞かれた。

業種別では、ブリヂス<5108>、浜ゴム<5101>、洋ゴム<5105>などのゴム製品株が上昇。安川電<6506>、ソニー<6758>、太陽誘電<6976>などの電機株も買われた。小野薬<4528>、第一三共<4568>などの医薬品株や、LIXILG<5938>、洋缶HD<5901>などの金属製品株も堅調。半面、国際帝石<1605>、石油資源<1662>などの鉱業株や、上組<9364>などの倉庫運輸関連株がさえない。

個別では、EV(電気自動車)関連として思惑買いのチタン工<4098>がストップ高。18年7月期は連結営業利益15.3%増を見込み5円増配予定のエイチーム<3662>や、第1四半期(17年5-7月)の連結決算で営業利益19.5%増のBガレージ<3180>も大幅高。安永<7271>、ノーリツ鋼<7744>、モリテック<5986>などの上げも目立った。半面、第3四半期(16年8-17年7月)の連結決算で営業利益14.4%増も低進ちょく率のカナモト<9678>や、阿波製紙<3896>、エコナクHD<3521>、ポールHD<3657>、エラン<6099>などの下げが目立った。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 9月11日(月)07時13分42秒
返信・引用 編集済
  本日の外資系動向                

  売り :        1030万株         96億円
  買い :       1450万株       280億円
  -------------------------------------
  差引 :       +420万株      +184億円

※外資系動向は業界関係者からヒアリングした非公式な情報です。

本日の株価材料(国内)

日経産業・休刊日    日刊工業・休刊日

市場スケジュール(国内)

7月機械受注(8:50)
8月マネーストック(8:50)
7月第三次産業活動指数(13:30)
8月工作機械受注(15:00)

市場スケジュール(海外)

米3年国債入札

日本市場の主な決算発表銘柄社数  16件

学情 (2301) プラネット(2391) サトウ食品工業(2923) ビューティガレジ(3180)
クロスプラス (3320) 菊池製作所 (3444) グッドコムA (3475) 日東製網(3524)
gumi (3903) シャノン (3976) シーズH (4924) ライクキッズN (6065)
萩原工業 (7856) 正栄食品工業 (8079) シーイーシー (9692)

------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます(NY市場)

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 9月 9日(土)07時39分51秒
返信・引用
  NY市場・前日(2017.09.08)の結果 反発 !   嬉しいな

             Farst       High        Low         Last
☆NYダウ          21764.43    21846.63    21731.12    21797.79(+ 13.01)
☆S&P500          2462.25     2467.11     2459.40     2461.43(-  3.67)
☆NYナス           6389.65     6391.41     6354.96     6360.19(- 37.68)
☆CME225先物(円ベース)   19280       19280       19090       19150(+ 10.00)
    ※CME225先物は円建てであり、前日比は前日の大証日中終値比を記載
☆NY為替(ドル/円)    108.45      108.49      107.32      107.79(-  0.66)
☆原油先物(WTI)        49.09       49.26       47.27       47.48(-  1.61)
☆NY金先物(Gold)     1354.00     1362.40     1347.10     1351.20(+  0.90)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底1値ゾーン)
        NYダウ     ●●○●○○○○●○●○   7勝 5敗    58.33%(   0.00)
        ナスダック     ●●●○○○○○●○○●   7勝 5敗    58.33%(-  8.33)

※中国上海指数       3364.43   3380.89     3353.69      3365.24(-  0.25)
        上 海      ●○○○●●○○○○●●  7勝 5敗    58.33%(-  8.33)

NY株式・為替・商品市場コメント
【NY株式概況】8日の米株式市場でダウ平均は小反発した。米フロリダ州に接近している大型ハリケーン「イルマ」の経済への影響を見極めたい雰囲気が強く、持ち高を整理する目的の買いがやや優勢だった。ただ、米株を買い上げる材料には乏しく、ダウ平均は下げる場面もあった。住宅などの補修が増えるとの見方からホームセンターのホーム・デポが買われた。保険金支払いが膨らむとの警戒感で売られてきた保険株にも押し目買いが入り、保険のトラベラーズも大幅に上昇。2銘柄でダウ平均を40ドル超押し上げた。航空機のボーイングも高かった。ナスダックは3日ぶりに反落、アップルやアマゾン・ドット・コムなど主力株をはじめ、半導体株などの下げが目立った。
【CME225先物(円ベース)】日経平均先物は続落した。9月物に代わり中心限月になった12月物は前日比120円安の1万9150円で引け、同日の大取終値を10円上回った。大型ハリケーン「イルマ」が米フロリダ州に接近しており、米景気先行きに警戒感が広がった。北朝鮮情勢への懸念もあり、リスク回避の円買いで円高が進み、日本株には逆風となった。この日の12月物安値は1万9090円、高値は1万9280円。推定売買高は3万5617枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)。
【NY為替(ドル/円)】NY外国為替市場で円相場は続伸し、前日比60銭円高・ドル安の1ドル=107円80~90銭で取引を終えた。北朝鮮問題への根強い警戒感が円買い・ドル売りを誘った。相次ぐハリケーン襲来が短期的に米経済に与える影響が懸念されることや、米利上げ観測の後退などから、主要通貨に対してドル安が進んだことも対ドルの円相場を押し上げた。円は朝方に107円32銭と2016年11月14日以来、約10ヶ月ぶりの高値を付けた。心理的な節目とされていた108円ちょうど近辺を上回ったことで、売り方の損失限定を目的とした円買いが加速したという。9日に建国記念日を迎える北朝鮮がミサイル発射を実行する可能性がある。地政学リスクの高まりが警戒され、金利水準が低く調達通貨とみなされる円が買われた。ハリケーンが米経済に打撃を与えるとの懸念も円買い・ドル売りを誘った。9日に米フロリダ州に上陸するとみられている「イルマ」の勢力は最上位から2番目の「カテゴリー4」と非常に強く、州全域で暴風雨が大きな被害をもたらすとみられている。8月下旬にテキサス州に上陸し大洪水を引き起こした「ハービー」と合わせ、7-9月期の米景気や企業業績を押し下げる可能性があるとして警戒された。米利上げ観測後退も幅広い通貨に対するドル売りを誘い、円相場を押し上げた。7日の上院に続いて、8日は下院が12月までの3ヶ月間の連邦債務の引き上げや暫定予算を可決した。だが12月には再び債務上限問題や予算審議で紛糾する可能性がある。ハリケーンの米経済への影響と併せ、12月のFOMCで利上げが見送られる可能性が意識された。NY連銀のダドリー総裁が8日、CNBCテレビとのインタビューで「次の利上げ時期を判断するには早い」と発言した。物価が想定以上に伸び悩んでいるとの見解も示し、以前よりやや利上げに慎重と受け止められたこともドルの重荷となった。円は朝方に高値を付けた後は伸び悩む場面があった。週末だったこともあり、利益確定や持ち高調整の円売りが出た。8日未明に約10ヶ月ぶりの水準に低下した米長期金利の下げが一服したことも円売りにつながった。この日の円の安値は108円07銭だった。
【NY為替(ユーロ/円)】円は対ユーロで3日ぶりに反発し、前日比70銭円高・ユーロ安の1ユーロ=129円70~80銭で取引を終えた。
【NY原油先物】NYMEXで原油先物相場が続落した。WTIで期近の10月物は前日比1.61ドル(3.3%)安の1バレル47.48ドルで終えた。ハリケーン「ハービー」の影響で操業を停止した米テキサス州の製油所の復旧が期待ほど進まず、目先の原油需要の落ち込みを見込んだ売りに押された。8月下旬にテキサス州に上陸したハービーの製油所への影響について、米調査会社IHSマークイットは「被災した20の製油所のうち通常の稼働率にほぼ回復したのは8ヶ所と推計され、7日時点で全米の石油精製能力の16%が停止したままだ」と8日に伝えた。8日発表のEIAの統計では、ハービー襲来後のメキシコ湾岸の製油所稼働率は平均63.4%と前週から32.6ポイント下がった。米原油在庫は10週ぶりに増えた。当面は在庫増が続き、需給改善が遠のくとの見方につながった。今週末にはハリケーン「イルマ」が強い勢力を維持したまま米フロリダ州に上陸する見込み。同州には石油施設は集中していないが、人の移動や消費、企業活動に広く影響が及ぶ。ガソリンなどエネルギー需要が一時的に低下するとの観測が売り材料になった。ガソリンは続落。ヒーティングオイルは反落した。
【NY金先物】金先物相場は小幅に続伸した。COMEXで取引の中心である12月物は、前日比0.9ドル高の1トロイオンス1351.2ドルで終えた。未明の時間外取引で一時は1362.4ドルと、中心限月として2016年8月16日以来ほぼ1年1ヶ月ぶりの高値を付けた。朝方は利益確定売りに押されたが、取引終了間際にイルマ襲来による米経済への影響や、北朝鮮情勢を警戒する買いが入った。未明に高値を付けた後、午前は軟調に推移した。利益確定売りに加え、銅先物の下落に連れ安した。中国の8月の銅輸入量が前月比で横ばいとなり、上昇基調だった銅に需要の伸び悩みを見込んだ売りが出た。金は売り一巡後は買いが優勢になり、結局、前日比プラスで引けた。北朝鮮が9日の建国記念日に弾道ミサイルを発射する可能性が意識された。地政学リスクの高まりから現物資産の裏付けがある金先物に資金を移す動きが強まった。外国為替市場で主要通貨に対するドル売りが続き、ドルの代替投資先とされる金に買いを促した面もある。米利上げ観測が後退しており、金市場への資金流入が続くとの見方も相場を支えた。銀は続伸。プラチナは反落した。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

本日の東京市場概況

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 9月 8日(金)16時50分48秒
返信・引用 編集済
  東京市場・本日(2017.09.08)の結果   反落 !   嫌になっちゃう~

            始値       高値      安値     終値
☆日経平均          19287.96     19357.49    19239.52   19274.82(-121.70)
☆TOPIX         1593.61      1599.27     1590.33    1593.54(-  4.70)
☆JPX400         14123.95     14165.99    14089.87   14117.86(- 43.28)
☆東証一部出来高      18.60億株
☆東証一部売買代金   27145億円
☆騰落銘柄数         値上り    678,   値下り    1247,   変らず    101,
     ※為替は18:30以降に表示しています。
☆東京為替(ドル/円)     108.44      108.48     107.59      107.63(-  1.38)
          (ユーロ/円)     130.41      130.66     129.79      129.81(-  0.25)
☆騰落レシオ   (警戒水域 70.00%以下、130.00%以上)       96.51%(-  2.70)
☆RSI       (警戒水域  30.00%以下、 70.00%以上)      44.80%(-  1.80)
☆東証1単純平均                                       2878.93円(-  6.36)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底値ゾーン)
          N225    ●○●●○○○●●●○●    5勝 7敗   41.67%(-  8.33)
          TOPIX   ●○○●○○○●●○○●    7勝 5敗   58.33%(-  8.33)
          JPX400  ●○○●○○○●●○○●    7勝 5敗   58.33%(-  8.33)

東京株式・為替市場コメント
【東京株式概況】8日の東京株式市場で日経平均は反落した。終値は4月28日以来、4ヶ月半ぶりの安値を付けた。ECB理事会後に進んだ為替の円高・ドル安が株式相場の重荷になった。9日の北朝鮮の建国記念日を前に地政学リスクが高まり、持ち高を整理する売りが広がった。円相場は一時、1ドル=107円62銭近辺と約10ヶ月ぶりの高値に上昇し、輸出関連株の売りを促した。トヨタやマツダ、SUBARUといった自動車株やキヤノンや三菱電、パナソニックなど電機株が下げた。14時前にメキシコ沖で発生した大地震で、米国経済への不透明感が強まったのも株価を押し下げた。JPX日経インデックス400、TOPIXも3日ぶりに反落した。

市場からは「円が1ドル=107円台に突入し、相場に響いた。北朝鮮の建国記念日を控えた週末とあって、買いポジションを外して軽くしたい面もある。短期的な買い戻しの動きも期待されるが、外部環境が不透明で当面は調整が尾を引くことになりそうだ」との声が聞かれた。

業種別では、SOMPOH<8630>、第一生命HD<8750>などの保険株が下落。新日鉄住金<5401>、JFE<5411>などの鉄鋼株や、アサヒ<2502>、キリンHD<2503>などの食料品株が売られた。野村<8604>、大和証G<8601>などの証券商品先物株も軟調。半面、任天堂<7974>、タカラトミー<7867>などのその他製品株が堅調。電通<4324>、OLC<4661>などのサービス株も買われた。同セクターでは、ゴールドマン・サックス証券が投資判断「買い」でカバレッジ開始のNフィールド<6077>がストップ高。JAL<9201>、ANA<9202>などの空運株も引き締まった。

個別では、第3四半期(16年11月-17年7月)の連結決算で営業利益12.3%減のくら<2695>が大幅安。オリジン<6513>、ネクステージ<3186>、ボルテージ<3639>、ラクトJ<3139>などの下げも目立った。半面、電磁パルス(EMP)関連では、阿波製紙<3896>がストップ高し、巴<1921>も上伸。8月売上高45.4%増のシュッピン<3179>や、木村化<6378>、シード<7743>、OATアグリ<4979>などの上げも目立った。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

メガBKは酷いことになってるな

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 9月 8日(金)13時48分19秒
返信・引用
          三菱UFJ(8306/T)     金融株のリーダー
        りそなHD(8308/T)   愛してるよ~

8/31やっと下げ止まったと思ったら騙しに遭っちゃったよ(ショボン)。

ツナギを外して喜んだも束の間、今月に入って急落してるよ。
それにしてもドテン買いしなかったのが幸いだったな(ホッ)。

>やっと上放れたね (^^♪ 投稿者:濃姫 投稿日:2017年 8月31日(木)10時59分24秒

8306(上)、8308(下)日足チャート 2017.09.08
 

反転したようだが (^^♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 9月 8日(金)12時12分36秒
返信・引用 編集済
        ケネディクス(4321/T) 目覚めよ不動産ファンド!

8月末に新IRが出たが反応薄だった、が、ここにきて反転の兆しが見えてきたよ。

兎に角75dを上抜き、上値抵抗線を上放れなきゃ話にならないよ(頑張れっ)。

日足チャート 2017.09.08前場現在
 

速報!!!

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 9月 8日(金)09時27分57秒
返信・引用
     メジャーSQ速報値
           19,278.13円

■2017年SQ値
     1月限     2月限      3月限      4月限      5月限      6月限
  19,182.28  19,276.09  19,434.30  18,613,29  19,991,27  19,997.63
     7月限     8月限   9月限   10月限   11月限     12月限
 20,151.83 19,825.92 19,278.13

■2016年SQ値
     1月限     2月限      3月限      4月限      5月限      6月限
  17,420.01  15,156.81  16,586.95  15,507.59  16,845.67  16,639.11
     7月限     8月限   9月限   10月限   11月限     12月限
  15,331.34  16,926.60  17,011.77  16,741.77  17,596.78  18,867.45
 

おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 9月 8日(金)07時57分24秒
返信・引用 編集済
  本日の外資系動向                

  売り :         600万株       60億円
  買い :        325万株      65億円
  -------------------------------------
  差引 :       -275万株      +5億円

※外資系動向は業界関係者からヒアリングした非公式な情報です。

本日の株価材料(国内)

日経産業
・凸版印<7911.T>が商品の真がんや不正開封判定のICタグ開発
・シチズン<7762.T>系が東南アで自動旋盤の生産能力引き上げ
・エムスリー<2413.T>系が頭部手術用の新人工硬膜を開発
・双日<2768.T>系が九州工大VBとAI活用建設設計調整システム発売

日刊工業
・三菱マ<5711.T>がリチウム電池の再資源化を推進
・明電舎<6508.T>が従業員の体調把握する腕時計端末を導入
・三星ベ<5192.T>が高性能樹脂ベルトで食品工場など向け提案強化
・インフォコム<4348.T>がインドネシアで創業支援を加速

市場スケジュール(国内)

4-6月期GDP改定値(8:50)
8月景気ウォッチャー調査
8月企業倒産件数(13:30)
メジャーSQ算出日

市場スケジュール(海外)

中国8月貿易収支
米7月消費者信用残高(9/9 4:00)

日本市場の主な決算発表銘柄社数  41件

カナモト (9678) 丹青社 (9743) 日本駐車場開発 (2353) イトクロ (6049)
コーセル (6905) エイチーム (3662) ポールH (3657) ソフトウェアS (3733)
ファースト住建 (8917) テンポスバスター (2751) モルフォ (3653)
アイモバイル(6535) フリービット(3843) ベステラ(1433) フルスピード(2159)

------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます(NY市場)

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 9月 8日(金)07時55分31秒
返信・引用 編集済
  NY市場・前日(2017.09.07)の結果 小反落 !   嫌になっちゃう~

             Farst       High        Low         Last
☆NYダウ          21820.38    21850.01    21745.71    21784.78(- 22.86)
☆S&P500          2468.06     2468.62     2460.29     2465.10(-  0.44)
☆NYナス           6402.94     6413.07     6379.81     6397.87(+  4.56)
☆CME225先物(円ベース)   19295       19340       19210       19270(+ 20.00)
    ※CME225先物は円建てであり、前日比は前日の大証日中終値比を記載
☆NY為替(ドル/円)    109.22      109.27      108.05      108.53(-  0.69)
☆原油先物(WTI)        49.14       49.33       48.63       49.09(-  0.07)
☆NY金先物(Gold)     1339.00     1355.50     1337.20     1350.30(+ 11.30)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底1値ゾーン)
        NYダウ     ○●●○●○○○○●○●   7勝 5敗    58.33%(-  8.33)
        ナスダック     ○●●●○○○○○●○○   8勝 4敗    66.67%(+  8.33)

※中国上海指数       3383.63   3387.80     3363.18      3365.50(- 19.89)
        上 海      ○●○○○●●○○○○●  8勝 4敗    66.67%(-  8.33)

NY株式・為替・商品市場コメント
【NY株式概況】7日の米株式市場でダウ平均は小反落した。米長期金利の低下で利ざやが縮小するとの見方からGSなど金融株が下げ、指数を押し下げた。慎重な利益見通しを示した映画・娯楽のウォルト・ディズニーが売られたのも相場の重荷だった。米フロリダ州に向かっている大型ハリケーン「イルマ」への警戒感も根強く様子見姿勢が強かった。10年物の米国債利回りは、一時2.03%と、昨年11月9日以来ほぼ10ヶ月ぶりの水準に低下(価格は上昇)した。GSやJPモルガン・チェースなどの金融株に売りが膨らみ、2銘柄でダウ平均を30ドルあまり押し下げた。ディズニーのボブ・アイガーCEOが7日のアナリスト説明会で、2017年9月期の1株利益が「前期とほぼ同水準になる」と述べたと伝わった。成長鈍化を嫌気した売りが膨らみ、ダウ平均構成銘柄で最大の下落率になった。朝方発表の週間の新規失業保険申請件数は29万8000件と、前週から6万2000件の大幅増となった。15年4月18日以来、ほぼ2年5ヶ月ぶりの高水準で、米南部テキサス州を襲ったハリケーン「ハービー」の影響が意識された。ハリケーンの襲来は今後も相次ぐ見通しで「米経済に大きな打撃になる」との警戒感を誘った。ナスダックは小幅に続伸、アマゾン・ドット・コムやフェイスブック、マイクロソフトなど主力株の一角が買われ指数を押し上げた。
【CME225先物(円ベース)】日経平均先物は反落した。9月物は前日比45円安の1万9415円で引け、同日の大取終値を15円上回った。円相場の反発や米株の上値の重さを嫌気した。8月にテキサス州を見舞った大型ハリケーン「ハービー」に続き、今週末に「イルマ」がフロリダ州に上陸すると予想され、被害拡大による景気悪化への警戒感が広がった。この日の9月物安値は1万9355円、高値は1万9480円。推定売買高は5万2552枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)で、内訳は9月物が1万1025枚、12月物が4万1527枚。
【NY為替(ドル/円)】NY外国為替市場で円相場は反発し、前日比80銭円高・ドル安の1ドル=108円40~50銭で終えた。一時108円05銭と、2016年11月15日以来ほぼ10ヶ月ぶりの円高・ドル安水準を付けた。対ユーロのドル売りが対円にも波及した。米長期金利が約10ヶ月ぶりの低水準に下げ、日米金利差が縮小したことも円買い・ドル売りにつながった。7日開催のECB理事会後の記者会見で、ドラギ総裁は最近のユーロ高について「不確実性のもとになっている」と述べるにとどめた。「為替市場ではドラギ総裁がユーロ高をけん制するとの警戒感が強かった」ため、踏み込んだ言及がなかったことでユーロ買い・ドル売りが加速した。市場ではECBが「量的金融緩和の政策変更を10月に決めると明言したことや、17年のGDPの成長率見通しを上方修正したこともユーロ買いを誘った」との見方もあった。ECB理事会後にユーロ高・ドル安が進行。つれて円もドルに対して買いが優勢になった。利上げ観測が後退し、市場ではドルの先安観が広がっている。米上院は7日、連邦債務の上限を12月上旬まで引き上げる法案を賛成多数で可決した。ただ、下院の採決が残るうえ、12月には再び債務上限問題で議会が紛糾しかねないとの懸念が根強く、むしろドルの先安観を強める材料になったとの声がある。朝方発表された週間の新規失業保険申請件数が前週から大幅に増え、ほぼ2年5ヶ月ぶりの高水準となった。前月末に米南部を襲ったハリケーン「ハービー」による悪影響が統計に表れ、米景気への警戒感も強まった。今月も大型ハリケーンが相次ぎ米国に接近している。市場では景気に影響が広がれば「FRBによる12月の利上げを阻む」との見方もあり、ドル売り圧力は強かった。7日はドルが円など主要通貨に対して全面的に下落。米ICEが算出するドル指数は91台半ばと、15年1月上旬以来およそ2年9ヶ月ぶりの低水準を付けた。7日の円の安値は1ドル=108円97銭だった。
【NY為替(ユーロ/円)】円は対ユーロで続落し、前日比30銭円安・ユーロ高の1ユーロ=130円40~50銭で終えた。ECB理事会を受けて対円でもユーロ買いが優勢になった。
【NY原油先物】NYMEXで原油先物相場が5営業日ぶりに小反落した。WTIで期近の10月物は前日比0.07ドル安の1バレル49.09ドルで取引を終えた。米国の原油在庫増を嫌気した売りがやや優勢だった。ただ相次ぐハリケーンが需給に及ぼす影響が見通せず、方向感を欠く展開だった。EIAが7日発表した週間の石油在庫統計で原油在庫が10週ぶりに増加した。ハリケーン「ハービー」の影響で製油所が操業を停止し、原油在庫が積み上がった。市場では「在庫増は続かないとみるが、ひとまずは需給を見極めたい」との指摘があった。ガソリン在庫は市場予想ほど減らなかった。夏のドライブシーズンが終わり、ガソリン需要が伸び悩むとの見方も原油相場の重荷となった。ハリケーン「イルマ」が勢力を強め、今週末に米フロリダ州に上陸する可能性が高まった。同州には製油所は集積していないが、イルマ襲来の原油需給への影響が不透明で、取引を見送る雰囲気が広がった。ガソリンは続落。ヒーティングオイルは続伸した。
【NY金先物】金先物相場は反発した。COMEXで、取引の中心である12月物は前日比11.3ドル高の1トロイオンス1350.3ドルで取引を終えた。一時は1355.5ドルと、中心限月としては2016年9月7日以来1年ぶりの高値を付けた。外国為替市場でドルがユーロに対して下落した場面で、ドルの代替投資先とされる金が買われた。ECBは7日に開いた理事会の声明で、量的緩和の拡大方向を示す文言を残した。欧州の量的緩和が長引く可能性が意識され、当面は金市場への資金流入が続くとの見方が相場を支えた面もあった。銀は反発。プラチナは3営業日ぶりに反発した。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

本日の東京市場概況

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 9月 7日(木)16時00分5秒
返信・引用 編集済
  東京市場・本日(2017.09.07)の結果   反発 !   嬉しいな 
            始値       高値      安値     終値
☆日経平均          19433.44     19482.72    19365.75   19396.52(+ 38.55)
☆TOPIX         1598.59      1605.83     1594.86    1598.24(+  6.24)
☆JPX400         14686.59     14231.28    14137.32   14161.14(+ 18.04)
☆東証一部出来高      15.27億株
☆東証一部売買代金   20448億円
☆騰落銘柄数         値上り    1432,   値下り    485,   変らず    107,
     ※為替は18:30以降に表示しています。
☆東京為替(ドル/円)     109.23      109.27     108.91      109.00(+  0.42)
          (ユーロ/円)     130.19      130.28     129.97      130.06(+  0.58)
☆騰落レシオ   (警戒水域 70.00%以下、130.00%以上)       99.21%(+  2.04)
☆RSI       (警戒水域  30.00%以下、 70.00%以上)      46.60%(+  9.90)
☆東証1単純平均                                       2885.29円(+ 19.99)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底値ゾーン)
          N225    ○●○●●○○○●●●○    6勝 6敗   50.00%(+  8.33)
          TOPIX   ○●○○●○○○●●○○    8勝 4敗   66.67%(   0.00)
          JPX400  ○●○○●○○○●●○○    8勝 4敗   66.67%(   0.00)

東京株式・為替市場コメント
【東京株式概況】7日の東京株式市場で日経平均株価は小幅ながら4営業日ぶりに小反発した。前日の米国株が持ち直し、東京市場でも運用リスクを避ける動きが和らいだ。トランプ米大統領と野党の民主党がハリケーン被害の復興支援とともに債務上限の引き上げで合意したと伝わり、米財政問題への懸念が後退した。外国為替市場で円相場が1ドル=109円台の円安・ドル高にふれ、自動車など輸出関連株に見直し買いが入った。前日まで下落したスタートトゥなどの中小型株には買いが入り指数を押し上げた。ただ北朝鮮を巡る地政学上のリスクへの警戒感から上値を追う勢いはなかった。外国為替市場で円相場が強含む場面では大型株を中心に売りが出た。朝方には「北朝鮮が9日にミサイル発射をする可能性がある」と一部通信社が韓国大統領の話として伝えたのが材料視された。JPX日経インデックス400、TOPIXも続伸した。

市場では「現地7日のECB理事会を控え、次第に円が対ドル・ユーロで強含んだことをきっかけに、株式に手控えムードが広がり、上げ幅を縮小したようだ」との見方があった。

業種別では、王子HD<3861>や日本紙<3863>などのパルプ紙株や、オークマ<6103>、ダイキン<6367>などの機械株が上昇。LIXILG<5938>、リンナイ<5947>などの金属製品株や、ブリヂス<5108>、住友ゴム<5110>などのゴム製品株が高い。トヨタ<7203>、ホンダ<7267>などの輸送用機器株や、三菱倉<9301>、上組<9364>などの倉庫運輸株も堅調。国際帝石<1605>、石油資源<1662>などの鉱業株や、大林組<1802>、大和ハウス<1925>などの建設株も上げた。

個別では、モリテック<5986>、オリジン<6513>、安永<7271>、三井ハイ<6966>、ぴあ<4337>などが上昇。半面、ボルテージ<3639>、ランド<8918>、ジョイ本田<3191>、大阪ソーダ<4046>、鳥貴族<3193>などが下落した。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 9月 7日(木)07時56分36秒
返信・引用 編集済
  本日の外資系動向                

  売り :         570万株        93億円
  買い :       1260万株      171億円
  -------------------------------------
  差引 :       +690万株      +78億円

※外資系動向は業界関係者からヒアリングした非公式な情報です。

本日の株価材料(国内)

日経産業
・OKI<6703.T>がATM製造工場で硝酸使用量8割削減図る
・日機装<6376.T>が買収した米社のLNG用ポンプを日・欧で販売

日刊工業
・SUBARU<7270.T>が20年度めどにディーゼル車事業から撤退
・NTTドコモ<9437.T>が機器間通信機器向けSIMカード事業を加速
・セーレン<3569.T>が中国で車シート用合成皮革の生産能力増強
・MUTOH-HD<7999.T>が大型試作品対応の光造形機を開発
・オリンパス<7733.T>が内視鏡生産でIoT活用のデジタル化に着手

市場スケジュール(国内)

8月都心オフィス空室率(11:00)
7月景気動向指数(14:00)
30年国債入札

市場スケジュール(海外)

ECB定例理事会(ドラギ総裁会見)

日本市場の主な決算発表銘柄社数  6件

積水ハウス (1928) くらC (2695) カイカ (2315) スバル興業 (9632)
アルトナー (2163) トップカルチャー (7640)

------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます(NY市場)

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 9月 7日(木)07時55分6秒
返信・引用
  NY市場・前日(2017.09.06)の結果 反発 !   嬉しいな

             Farst       High        Low         Last
☆NYダウ          21815.76    21849.24    21794.07    21807.64(+ 54.33)
☆S&P500          2463.83     2469.64     2459.20     2465.54(+  7.69)
☆NYナス           6394.35     6407.40     6356.20     6393.31(+ 17.74)
☆CME225先物(円ベース)   19225       19345       19125       19320(- 20.00)
    ※CME225先物は円建てであり、前日比は前日の大証日中終値比を記載
☆NY為替(ドル/円)    108.81      109.40      108.45      109.20(+  0.39)
☆原油先物(WTI)        48.59       49.42       48.52       49.16(+  0.50)
☆NY金先物(Gold)     1345.00     1347.70     1336.40     1339.00(-  5.50)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底1値ゾーン)
        NYダウ     ○○●●○●○○○○●○   8勝 4敗    66.67%(+  8.33)
        ナスダック     ●○●●●○○○○○●○   7勝 5敗    58.33%(+  8.33)

※中国上海指数       3372.43   3391.01     3364.76      3385.39(+  1.07)
        上 海      ○○●○○○●●○○○○  9勝 3敗   75.00%(   0.00)

NY株式・為替・商品市場コメント
【NY株式概況】6日の米株式相場は反発した。前日に大幅安となったのを受け、短期的な相場の戻りを見込んだ買いが優勢になった。連邦債務の引き上げ問題を巡り、米議会の最終合意に向けて前進したとの見方も買い安心感につながった。もっとも、米フロリダ州に向かっている大型ハリケーン「イルマ」の影響を見極めようとのムードも強く、買いの勢いは限られた。野党・民主党のシューマー上院院内総務とペロシ下院院内総務は6日、「民主党員はハービーの復興支援と債務上限の3ヶ月間の引き上げに投票する準備をしている」との声明を発表。政治情報サイトのポリティコが「トランプ米大統領が民主党案に合意した」と伝え、与党・共和党も含めた超党派の最終合意へと進んでいるとの期待が広がった。報道を受け、前日にほぼ10ヶ月ぶりの水準に低下(価格は上昇)した米10年物国債利回りが上昇。前日に利ざや縮小懸念から売り込まれたゴールドマン・サックスやJPモルガンチェースなど金融株が買われた。原油価格の上昇に加え、証券会社が投資判断を引き上げた石油のエクソンモービルが買われたのもダウ平均を押し上げた。ナスダックも反発、アマゾン・ドット・コムやフェイスブックなど主力株の一角が買われて指数を押し上げた。
【CME225先物(円ベース)】日経平均先物は反発した。9月物は前日比105円高の1万9460円で引け、同日の大取終値を120円上回った。トランプ米大統領が短期の債務上限引き上げで民主党指導部と合意したと伝わり、米国債のデフォルト(債務不履行)懸念が薄れ、米株とともに日本株も買われた。円の反落も買い材料になり、9月物は一時1万9485円まで上げた。この日の9月物安値は1万9260円。推定売買高は6万8507枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)で、内訳は9月物が4万2406枚、12月物が2万6101枚。
【NY為替(ドル/円)】NY外国為替市場で円相場は反落し、前日比45銭円安・ドル高の1ドル=109円20~30銭で取引を終えた。トランプ米大統領が野党・民主党指導部と米連邦政府の債務上限引き上げなどで合意したと伝わり、米国債の債務不履行(デフォルト)といった財政の混乱が回避される見通しが強まった。投資家が運用リスクを取りやすくなり、低金利で調達通貨とされる円が売られた。米民主党が提案した12月15日までの約3ヶ月間の債務上限引き上げや暫定予算案、ハリケーン「ハービー」の復興予算案などをトランプ大統領が受け入れたと伝わった。債務上限問題の合意に向けて前進したとの受け止めから市場心理が好転し、米株式相場が一時上げ幅を拡大した。相対的に安全資産とされる米国債が売られて米金利が上昇し、日米金利差が拡大したことも円売り・ドル買いを誘った。この日の円の安値は109円39銭だった。ただ、円の下値も堅かった。共和党の上院トップ、マコネル院内総務が民主党案に賛同しており、上院では可決されるとみられる。一方、来年秋までの引き上げを求めていた共和党のライアン下院議長が反対しているとされ、下院での審議には不透明感が残る。ハービーに続いて、米フロリダ州に大型ハリケーン「イルマ」が向かっており、市場では経済への影響を警戒してドルを買い進みにくいとの声もあった。円は上げに転じる場面もあった。FRBのフィッシャー副議長が任期を全うせずに、10月中旬で辞任する意向を示した。金融政策運営に対する不透明感につながり、一時、円が買われた。円の高値は108円71銭だった。午後にFRBが公表した地区連銀経済報告(ベージュブック)では米景気の緩やかな拡大が続いたことが明らかになった。自動車産業の停滞を指摘する記述があったが、労働市場の引き締まりにも言及されており、あまり材料視されなかった。
【NY為替(ユーロ/円)】円は対ユーロで5営業日ぶりに反落し、前日比55銭円安・ユーロ高の1ユーロ=130円10~20銭で取引を終えた。
【NY原油先物】NYMEXで原油先物相場は4日続伸した。WTIで期近の10月物は、前日比0.50ドル高の1バレル49.16ドルで取引を終えた。ハリケーンの影響で休止した製油所が操業を再開し、原油需給の緩みが解消されるとの見方が広がった。ハリケーン「ハービー」による洪水などで稼働を停止した製油所やパイプラインの復旧が進んでいると伝わった。原油在庫のだぶつきが解消されるとの期待が強まった。ただ、カリブ海を進む次の大型ハリケーン「イルマ」が週末にかけて米フロリダ州に接近すると予想されている。人口が多い同州で被害が大きくなれば原油需要が減るとの思惑が浮上し、相場の上値を抑えた。ガソリンは続落した。製油所再開でガソリン生産が増え、需給逼迫が解消に向かうとの観測が売りを誘った。ヒーティングオイルは続伸した。
【NY金先物】NY金先物相場は4営業日ぶりに反落した。COMEXで取引の中心である12月物は前日比5.5ドル安の1トロイオンス1339.0ドルで終えた。トランプ米大統領が米連邦政府の債務上限の引き上げを巡り、野党・民主党指導部と12月中旬までの短期引き上げで合意したと伝わった。米国債がデフォルト(債務不履行)に陥るとの懸念が和らぎ、相対的に安全資産とされる金への売りが優勢となった。銀は4営業日ぶりに反落。プラチナは下落した。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

本日の東京市場概況

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 9月 6日(水)15時57分10秒
返信・引用 編集済
  東京市場・本日(2017.09.06)の結果   3日続落 !    嫌になっちゃう~

            始値       高値      安値     終値
☆日経平均          19286.06     19371.38    19254.67   19357.97(- 27.84)
☆TOPIX         1580.77      1593.70     1578.66    1592.00(+  1.29)
☆JPX400         14025.19     14127.85    14008.10   14113.10(+  3.91)
☆東証一部出来高      16.66億株
☆東証一部売買代金   22100億円
☆騰落銘柄数         値上り    1166,   値下り    746,   変らず    112,
     ※為替は18:30以降に表示しています。
☆東京為替(ドル/円)     108.81      108.81     108.51      108.58(-  0.72)
          (ユーロ/円)     129.61      129.71     129.37      129.51(-  0.62)
☆騰落レシオ   (警戒水域 70.00%以下、130.00%以上)       97.17%(+  0.49)
☆RSI       (警戒水域  30.00%以下、 70.00%以上)      36.70%(   0.00)
☆東証1単純平均                                       2865.30円(+ 12.35)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底値ゾーン)
          N225    ●○●○●●○○○●●●    5勝 7敗   41.67%(   0.00)
          TOPIX   ○○●○○●○○○●●○    8勝 4敗   66.67%(+  8.33)
          JPX400  ○○●○○●○○○●●○    8勝 4敗   66.67%(+  8.33)

東京株式・為替市場コメント
【東京株式概況】6日の東京株式市場で日経平均は小幅に3日続落した。北朝鮮リスクへの警戒から連休明け5日の米株式相場が大幅に下落し投資家心理が悪化した。日経平均は終値ベースで2016年11月9日以来10ヶ月ぶりに長期トレンドを示す200日移動平均(1万9389円)を下回った。朝方は幅広い銘柄に売りが広がり、日経平均の下げ幅は130円を超え、取引時間中としては5月1日以来4ヶ月ぶりの安値を付ける場面があった。米長期金利の低下を受け、円相場が上昇したことも嫌気された。もっとも、売り一巡後は個人投資家などの押し目買いで下げ幅が縮小した。午後には日銀による上場投資信託(ETF)買いへの思惑も出た。前日まで大幅に下げていた東証マザーズ指数が上昇に転じたことも心理的な支えとなった。JPX日経インデックス400、TOPIXは反発した。

市場では「後場に入り、信用取引での追証(追加保証金)に絡んだ処分売りが懸念されたが、影響はなかった。為替市場で1ドル=108.50円前後から円高方向に進まず、過度な懸念が一時的に緩んだことも下げ幅の縮小につながったようだ」との見方があった。

業種別では、大和証G<8601>、野村<8604>などの証券株や、JAL<9201>、ANA<9202>などの空運株が下落。三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>などの銀行株や、ブリヂス<5108>、住友ゴム<5110>などのゴム製品株も安い。第一生命HD<8750>、東京海上<8766>などの保険株や、王子HD<3861>や日本紙<3863>などのパルプ紙株が軟調。アイフル<8515>、オリックス<8591>などのその他金融株や、トヨタ<7203>、ホンダ<7267>などの輸送用機器株も下げた。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 9月 6日(水)08時01分48秒
返信・引用 編集済
  本日の外資系動向                

  売り :        1090万株       175億円
  買い :        820万株      145億円
  -------------------------------------
  差引 :       -270万株      -30億円

※外資系動向は業界関係者からヒアリングした非公式な情報です。

本日の株価材料(国内)

日経産業
・カシオ<6952.T>が腕時計と連動し故障検知するアプリを提供
・NEC<6701.T>が物流センター用トラック誘導システムを開発
・IHI<7013.T>系が車材強化で使う「真空浸炭装置」を製造
・大日印<7912.T>がHMD用に目の疲労抑える液晶パネル部品開発
・月島機<6332.T>がバイオガス使った発電事業を拡大

日刊工業
・トヨタ<7203.T>が米AI開発子会社の人員を1.5倍に拡大
・双日<2768.T>が九州工大VBと画像解析で提携
・エキサイト<3754.T>が利用者好みの記事自動表示するAIを拡充
・富士電機<6504.T>が鈴鹿工場で生産自動化を加速

市場スケジュール(国内)

7月毎月勤労統計調査(9:00)

市場スケジュール(海外)

豪4-6月期GDP(10:30)
米7月貿易収支(21:30)
米8月ISM非製造業景況指数(23:00)
ベージュブック

日本市場の主な決算発表銘柄社数  6件

三井ハイテック(6966) 東京楽天地(8842) トーホー(8142) アスカネット(2438)
きんえい (9636)

------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます(NY市場)

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 9月 6日(水)08時00分43秒
返信・引用
  NY市場・前日(2017.09.05)の結果 5日ぶり反落 !  嫌になっちゃう~

             Farst       High        Low         Last
☆NYダウ          21912.37    21921.08    21709.63    21753.31(-234.25)
☆S&P500          2470.35     2471.97     2446.55     2457.85(- 18.70)
☆NYナス           6414.82     6426.51     6334.59     6375.57(- 59.76)
☆CME225先物(円ベース)   19450       19625       19265       19355(- 75.00)
    ※CME225先物は円建てであり、前日比は前日の大証日中終値比を記載
☆NY為替(ドル/円)    109.72      109.83      108.63      108.76(-  0.96)
☆原油先物(WTI)        47.28       48.98       47.35       48.66(+  1.37)
☆NY金先物(Gold)     1339.70     1349.70     1331.10     1344.50(+ 14.10)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底1値ゾーン)
        NYダウ     ●○○●●○●○○○○●   7勝 5敗    58.33%(   0.00)
        ナスダック     ●●○●●●○○○○○●   6勝 6敗    50.00%(   0.00)

※中国上海指数       3377.20   3390.82     3371.57      3384.32(+  4.73)
        上 海      ○○○●○○○●●○○○  9勝 3敗   75.00%(   0.00)

NY株式・為替・商品市場コメント
【NY株式概況】5日の米株式市場でダウ平均は5営業日ぶりに大幅に反落した。北朝鮮による核実験の強行などによる地政学リスクの高まりを背景に投資家心理が悪化した。運用リスクを回避する目的で株式を売る動きが広がった。FRBのブレイナード理事が「追加利上げには慎重になるべきだ」と利上げに慎重姿勢を示したこともあって、米長期金利が大幅に低下。利ざや縮小の観測からゴールドマン・サックスなど金融株が売られた。航空機部品のロックウェル・コリンズの買収を発表した機械・航空機関連のユナイテッド・テクノロジーズも大幅安となり、相場の重荷となった。ナスダックは6営業日ぶりに反落、アップルやフェイスブックなどの主力株に加え、エヌビディアなど半導体株が軒並み売られ指数を押し下げた。
【CME225先物(円ベース)】日経平均先物は大幅安。9月物は連休前の1日に比べ335円安の1万9355円で終え、9月物の終値として約2週間ぶりの安値をつけた。大阪取引所の終値も75円下回った。北朝鮮情勢の緊迫化を背景に投資家がリスク回避姿勢を強め、米株式とともに売られた。資金の国内回帰への思惑から円相場が急伸したのも相場を下押しし、9月物は一時1万9265円まで下げた。高値は1万9625円。推定売買高は12万6134枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)で、内訳は9月物が9万4025枚、12月物が3万2109枚。
【NY為替(ドル/円)】NY外国為替市場で円相場は大幅に反発した。1日終値に比べ1円45銭の円高・ドル安となる1ドル=108円75~85銭で取引を終えた。北朝鮮を巡る地政学リスクの高まりを受けて円高・ドル安が進んだ海外市場の流れを引き継いだほか、年内の米利上げ観測の後退で円買いが強まった。北朝鮮が前週末に核実験を強行し、米朝関係の緊迫化が意識され投資家が運用リスクを回避する姿勢を強めた。米債券市場で10年物国債利回りが一時2.06%と米大統領選直後の2016年11月10日以来の低水準を付け、日米金利差の縮小を見込んだ円買い・ドル売りが広がった。米株式相場が大幅に下げ、国内への資金回帰が意識されやすい円に買いを誘った。FRBのブレイナード理事が5日に講演し、長期的な物価低迷を理由に「追加利上げには慎重になるべきだ」と述べた。「FRBは年内の追加利上げに消極的になっている」との見方が改めて広がり、円など主要通貨に対しドルが売られた。一時は108円63銭まで円高・ドル安が進んだ。円の安値は109円37銭だった。
【NY為替(ユーロ/円)】円は対ユーロで大幅に4日続伸し11日に比べ1円25銭円高・ユーロ安の1ユーロ=129円55~65銭で終えた。地政学リスクの高まりで日本の投資家が海外に投資した資金を国内に戻すとの思惑が、ユーロに対しても円買いを誘った。
【NY原油先物】NYMEXで原油先物相場は3日続伸した。WTIで期近の10月物は1日終値に比べ1.37ドル高の1バレル48.66ドルで取引を終えた。ハリケーン「ハービー」の影響で落ち込んでいた米国の石油精製能力が回復に向かい、原油需給の緩みが解消するとの見方が買いを誘った。ハリケーンによる大洪水で稼働が停止していた製油所の復旧が始まっていると伝わった。数社が製油所を再開し、エクソンモービルも再開準備を進めているという。メキシコ湾岸から米北東部にガソリンなどを運ぶパイプラインも5日から輸送を再開したと伝わり、ハリケーンによる短期的な需給のゆがみが解消するとの見方につながった。ガソリンは続落した。製油所の稼働が再開しつつあり、ガソリン需給が逼迫するとの観測が後退した。ヒーティングオイルは続伸した。
【NY金先物】NY金先物相場は3日続伸した。COMEXで取引の中心である12月物は1日終値に比べ14.1ドル高の1トロイオンス1344.5ドルで取引を終えた。一時は1349ドル前後と2016年9月上旬以来、ほぼ1年ぶりの高値を付けた。北朝鮮を巡る地政学リスクの高まりで米株式相場が大幅安となり、実物資産の裏付けがあって資金の逃避先とされる金が買われた。ブレイナードFRB理事が追加利上げに慎重な姿勢を示したことで、金市場に資金が流入しやすい地合いが続くとの見方も改めて意識された。外国為替市場でドルが対円などで下落し、ドルの代替投資先とされる金が買われた面もあった。銀も3日続伸、プラチナは横ばいだった。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

本日の東京市場概況

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 9月 5日(火)16時19分17秒
返信・引用 編集済
  東京市場・本日(2017.09.05)の結果   続落 !    嫌になっちゃう~

            始値       高値      安値     終値
☆日経平均          19533.38     19542.78    19354.59   19385.81(-122.44)
☆TOPIX         1605.11      1605.39     1588.94    1590.71(- 12.84)
☆JPX400         14221.50     14223.92    14092.48   14104.19(-100.14)
☆東証一部出来高      16.40億株
☆東証一部売買代金   19539億円
☆騰落銘柄数         値上り    181,   値下り    1786,   変らず    58,
     ※為替は18:30以降に表示しています。
☆東京為替(ドル/円)     109.72      109.84     109.21      109.29(-  0.18)
          (ユーロ/円)     130.48      130.64     130.03      130.12(-  0.08)
☆騰落レシオ   (警戒水域 70.00%以下、130.00%以上)       96.68%(-  4.24)
☆RSI       (警戒水域  30.00%以下、 70.00%以上)      36.70%(-  3.10)
☆東証1単純平均                                       2852.95円(- 41.18)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底値ゾーン)
          N225    ●●○●○●●○○○●●    5勝 7敗   41.67%(   0.00)
          TOPIX   ●○○●○○●○○○●●    7勝 5敗   58.33%(   0.00)
          JPX400  ●○○●○○●○○○●●    7勝 5敗   58.33%(   0.00)

東京株式・為替市場コメント
【東京株式概況】5日の東京株式市場で日経平均は続落した。終値が節目の1万9500円を下回るのは8月29日以来、5営業日ぶりとなる。北朝鮮を巡る地政学リスクの高まりで、投資家は運用リスクを回避する姿勢を強めた。これまで値動きの良かった中小型株への売りが目立った。3日に北朝鮮による核実験後に米朝関係が一段と緊迫化し、株式相場の重荷となった。5日は「北朝鮮が発射に備え大陸間弾道ミサイル(ICBM)の移動を開始した」との一部報道もあり、日経平均の下げ幅が150円を超える場面もあった。一方、自動車株などには買いが入り相場を下支えした。JPX日経インデックス400、TOPIXは続落した。

市場では「個人投資家が連日の下げで、直近まで手掛けていた中小型株の処分売りを行い、現金比率を高める動きを進めたようだ」との声が聞かれた。

業種別では、商船三井<9104>、川崎汽<9107>などの海運株や、バンナムHD<7832>、任天堂<7974>などのその他製品株が下落。日水<1332>、マルハニチロ<1333>などの水産農林株や、三菱倉<9301>、上組<9364>などの倉庫運輸株も安い。大和証G<8601>、野村<8604>などの証券株や、JAL<9201>、ANA<9202>などの空運株も軟調。三井不<8801>、三菱地所<8802>などの不動産株や、LIXILG<5938>、リンナイ<5947>などの金属製品株も下げた。

個別では、エコナクHD<3521>、福井コンH<9790>、サニックス<4651>、ティーライフ<3172>、イマジカロボ<6879>などが下落。半面、石川製<6208>、阿波製紙<3896>、橋本総業HD<7570>、オープンドア<3926>、豊和工<6203>などが上昇している。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 9月 5日(火)07時28分48秒
返信・引用 編集済
  本日の外資系動向                

  売り :         672万株        80億円
  買い :        515万株       97億円
  -------------------------------------
  差引 :       -157万株      +17億円

※外資系動向は業界関係者からヒアリングした非公式な情報です。

本日の株価材料(国内)

日経産業
・富士通<6702.T>が小型船SOS検知するGPS使用通報システム開発
・KYB<7242.T>が油圧機器の生産拠点を長野に集約
・養命酒<2540.T>が郵便局通販カタログに新商品追加

日刊工業
・アマダHD<6113.T>が帯のこ盤を強化 半導体向けなどに参入へ
・清水建<1803.T>が既存建物用地震対策装置を提供
・神戸鋼<5406.T>が買収したクインタスの製品を日本で投入
・テルモ<4543.T>が超高濃度栄養食を全国の医療機関向けに発売

市場スケジュール(国内)

10年国債入札

市場スケジュール(海外)

中国財新8月PMIサービス業(10:45)
豪州準備銀行理事会
米7月製造業受注(23:00)

日本市場の主な決算発表銘柄社数  4件

フジC (7605) ナ・デックス (7435)

------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

本日の東京市場概況

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 9月 4日(月)15時54分5秒
返信・引用 編集済
  東京市場・本日(2017.09.04)の結果   大幅反落 !    嫌になっちゃう~

            始値       高値      安値     終値
☆日経平均          19615.96     19628.40    19479.40   19508.25(-183.22)
☆TOPIX         1613.59      1616.04     1600.96    1603.55(- 16.04)
☆JPX400         14287.44     14308.51    14182.22   14209.33(-127.80)
☆東証一部出来高      19.56億株
☆東証一部売買代金   17369億円
☆騰落銘柄数         値上り    153,   値下り    1824,   変らず    46,
     ※為替は18:30以降に表示しています。
☆東京為替(ドル/円)     109.52      109.92     109.39      109.48(-  0.71)
          (ユーロ/円)     130.16      130.63     130.11      130.19(-  0.81)
☆騰落レシオ   (警戒水域 70.00%以下、130.00%以上)      100.92%(-  6.08)
☆RSI       (警戒水域  30.00%以下、 70.00%以上)      39.80%(- 16.40)
☆東証1単純平均                                       2894.75円(- 41.15)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底値ゾーン)
          N225    ●●●○●○●●○○○●    5勝 7敗   41.67%(   0.00)
          TOPIX   ●●○○●○○●○○○●    7勝 5敗   58.33%(   0.00)
          JPX400  ●●○○●○○●○○○●    7勝 5敗   58.33%(   0.00)

東京株式・為替市場コメント
【東京株式概況】週明け4日の東京株式市場で日経平均は4営業日ぶりに反落した。一時は下げ幅が200円を超え、1万9500円の節目を下回った。北朝鮮が3日に核実験を強行したのを受け、地政学リスクへの警戒感が強まった。幅広い銘柄に売りが広がった。朝から売りが先行した。マティス米国防長官が米国や同盟国に対する脅威に「大規模な軍事的対応で臨む」と発言したため、米国と北朝鮮の軍事衝突の可能性が意識された。円相場が1ドル=109円台に上昇し、主力の輸出関連を中心に下げた。JPX日経インデックス400、TOPIXも4営業日ぶりに反落した。

市場では「一部の個人投資家は値動きのある小型株に参戦しているが、機関投資家などは、ほとんど動いていないようだ」との声が聞かれた。

業種別では、旭硝子<5201>、ガイシ<5333>などのガラス土石株や、帝人<3401>、東レ<3402>などの繊維株が下落。郵船<9101>、商船三井<9104>などの海運株や、NTTドコモ<9437>、ソフトバンク<9984>などの情報通信株が安い。新日鉄住金<5401>、JFE<5411>などの鉄鋼株や、武田薬<4502>、アステラス薬<4503>などの医薬品株も軟調。日本郵政<6178>、リクルートH<6098>などのサービス株や、三菱倉<9301>、上組<9364>などの倉庫運輸株も下げた。
-----------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 9月 4日(月)07時22分27秒
返信・引用 編集済
  本日の外資系動向                

  売り :         760万株       67億円
  買い :        570万株      90億円
  -------------------------------------
  差引 :       -190万株      +23億円

※外資系動向は業界関係者からヒアリングした非公式な情報です。

本日の株価材料(国内)

日経産業
・栗田工<6370.T>が発電ボイラー配管を長寿命化する薬を投入
・三菱ガス<4182.T>がLED向けに熱・光に強い基板材を開発
・大ガス<9532.T>が組織再編やM&A用の専門部署を立ち上げ
・NTN<6472.T>の発電装置が東電力HD<9501.T>の実験に採用
・竹内製作<6432.T>が長野の旧本社工場跡に新工場建設

日刊工業
・IHI<7013.T>が米国の車用過給器の販売見通しを引き上げ
・住友商<8053.T>が北アフリカ開拓でモロッコの銀行と覚書締結
・パナソニック<6752.T>が頑丈型PC販売で台湾での生産比率引き上げ

市場スケジュール(国内)

8月マネタリーベース(8:50)

市場スケジュール(海外)
NY市場は休場   米レーバーデー
休場:米、カナダ、トルコ

日本市場の主な決算発表銘柄社数  8件

日本ハウスH(1873) モロゾフ(2217) ティーライフ(3172) 不二電機工業(6654)
エイケン工業 (7265) ピジョン (7956) 泉州電業 (9824)

------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます(NY市場)

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 9月 2日(土)07時48分19秒
返信・引用
  NY市場・前日(2017.09.01)の結果 4日続伸 !    嬉しいな

             Farst       High        Low         Last
☆NYダウ          21981.77    22038.97    21974.91    21987.56(+ 39.46)
☆S&P500          2474.42     2480.38     2473.85     2476.55(+  4.90)
☆NYナス           6442.17     6449.65     6417.87     6435.33(+  6.67)
☆CME225先物(円ベース)   19660       19745       19620       19690(   0.00)
    ※CME225先物は円建てであり、前日比は前日の大証日中終値比を記載
☆NY為替(ドル/円)    109.98      110.47      109.56      110.28(+  0.30)
☆原油先物(WTI)        47.08       47.34       46.56       47.29(+  0.06)
☆NY金先物(Gold)     1326.90     1334.50     1321.40     1330.40(+  8.20)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底1値ゾーン)
        NYダウ     ●●○○●●○●○○○○   7勝 5敗    58.33%(   0.00)
        ナスダック     ●●●○●●●○○○○○   6勝 6敗    50.00%(   0.00)

※中国上海指数       3365.99   3381.93     3358.47      3367.12(+  0.31)
        上 海      ●○○○○●○○○●●○  8勝 4敗    66.67%(   0.00)

NY株式・為替・商品市場コメント
【NY株式概況】1日の米株式市場でダウ平均は4日続伸した。金融政策の引き締めは緩やかなペースにとどまるとの見方が広がったうえ、ISMが発表した8月の製造業景況感指数の改善を受けた買いが優勢だった。もっとも、3連休を控えた週末とあって上値は重かった。1日発表の8月の米雇用統計は、非農業部門の雇用者数や失業率が市場予想に届かなかった。全体の平均時給も市場予想を下回り、物価上昇率の伸び悩みが改めて意識された。一方で8月のISM製造業景況感指数は予想に反して上昇し2011年4月以来の高水準となった。景気回復が続く一方、FRBが緩和的な金融環境を長期にわたり維持するとの思惑から幅広い銘柄に買いが入った。ナスダックは5日続伸、連日で最高値を更新した。バイオ製薬株への買いが続いたうえ、半導体関連株の一角が買われ指数を押し上げた。連日の高値更新のうえ連休を控えていることもあり上値を追う勢いは乏しかった。
【CME225先物(円ベース)】日経平均先物は小幅に続伸した。9月物は前日比15円高の1万9690円で終え、大阪取引所の終値に並んだ。米株式相場の上昇が好感され、日本株先物にも買いが入った。8月の米雇用統計で、平均時給の伸びが市場予想を下回り、低インフレでFRBによる利上げペースが緩やかになるとの見方が広がった。3連休を控えた週末とあって上値を追う勢いは乏しかった。この日の9月物高値は1万9745円、安値は1万9620円。推定売買高は3万7368枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)。
【NY為替(ドル/円)】NY外国為替市場で円相場は反落し、前日比30銭円安・ドル高の1ドル=110円20~30銭で取引を終えた。市場予想を下回る8月の米雇用統計を受けて円買い・ドル売りが先行したが、同月のISM製造業景況感指数が上昇するとドル買いが優勢となった。朝方発表の米雇用統計は非農業部門の雇用者数が前月比15万6000人増と市場予想を下回った。失業率は前月から上昇し、平均時給の伸びは市場予想より小さかった。発表直後には米長期金利が低下し、対円やユーロなどでドルが売られた。ただ、8月分の雇用統計は弱めに出る傾向が強く、米労働市場の拡大基調に変わりはないとの見方が次第に広がった。米金融政策見通しにも大きな影響はないとして、ドルを売る動きは続かなかった。その後、発表されたISM指数は市場予想に反して上昇し、2011年4月以来6年4ヶ月ぶりの高水準となった。個別項目の雇用や生産なども上昇し、米製造業の景況感改善が鮮明になった。米長期金利が上昇し、ドル買いが勢いを増した。円の安値は110円50銭、高値は109円56銭だった。
【NY為替(ユーロ/円)】円は対ユーロで小幅ながら3日続伸し、前日比10銭円高・ユーロ安の1ユーロ=130円80~90銭で取引を終えた。7日開催のECB理事会をにらみ、このところ対ユーロで下落が進んだ円には持ち高を中立方向に調整する目的の買いがやや優勢だった。ECB理事会では最近のユーロ高や量的金融緩和の縮小について、ドラギ総裁がどのような姿勢を示すのかが注目されている。
【NY原油先物】NYMEXで原油先物相場は小幅に続伸した。WTIで期近の10月物は前日比0.06ドル高の1バレル47.29ドルで取引を終えた。ハリケーンの影響による原油やガソリン需給のゆがみが改善に向かうとの期待が原油の買いを誘った。ただ原油需給の一時的な緩みは続くとみられ、上値も重かった。前日に、米政府がガソリン需給逼迫への対応として戦略石油備蓄から原油を放出したと伝わった。ハリケーンの影響で原油を調達できなくなっているルイジアナ州の製油所に戦略石油備蓄から100万バレルを引き渡したという。ガソリン先物相場が下げた一方、原油相場には買い戻しが入った。もっとも、上値は重かった。大洪水による製油所の一部稼働停止で、引き続き米国全体の石油精製能力は2割近く縮小しているとみられる。浸水や停電が続き、製油所の復旧には時間を要するとの見方も多い。一時的に原油在庫が積み上がり、原油需給が緩むとの見通しが売りを誘った。この日から期近物となったガソリン先物の10月物は下落した。政府がガソリン価格の高騰を抑える目的で戦略石油備蓄を放出したことで需給ひっ迫観測が和らいだ。前日には9月物が期近物として約2年2ヶ月ぶりの高値を付けるなど急上昇しており、利益確定売りも出た。ただガソリン需給が締まった状態は続くとの見方から下値も堅かった。ヒーティングオイルは上昇した。
【NY金先物】NY金先物相場は続伸した。COMEXで取引の中心である12月物は前日比8.2ドル高の1トロイオンス1330.4ドルで取引を終えた。8月の米雇用統計で非農業部門雇用者数の前月比の伸びが市場予想を下回り、賃金の伸びも鈍った。FRBが利上げを急がず、金市場への資金流入が続くとの見方から買いが入った。雇用統計発表後に外国為替市場でドルが主要通貨に対し下落すると金買いが膨らみ、一時は1334.5ドルと2016年11月9日以来、約10ヶ月ぶりの高値を付けた。銀とプラチナは続伸した。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

本日の東京市場概況

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 9月 1日(金)15時52分56秒
返信・引用 編集済
  東京市場・本日(2017.09.01)の結果   3日続伸 !    嬉しいな 

            始値       高値      安値     終値
☆日経平均          19733.57     19735.96    19620.07   19691.47(+ 45.23)
☆TOPIX         1624.37      1624.37     1612.80    1619.59(+  2.18)
☆JPX400         14384.03     14384.03    14278.18   14337.13(+ 12.72)
☆東証一部出来高      16.30億株
☆東証一部売買代金   19028億円
☆騰落銘柄数         値上り    1222,   値下り    663,   変らず    138,
     ※為替は18:30以降に表示しています。
☆東京為替(ドル/円)     109.97      110.22     109.93      110.20(-  0.28)
          (ユーロ/円)     130.97      131.19     130.87      130.95(-  0.46)
☆騰落レシオ   (警戒水域 70.00%以下、130.00%以上)      107.00%(+  2.02)
☆RSI       (警戒水域  30.00%以下、 70.00%以上)      56.20%(+  9.30)
☆東証1単純平均                                       2935.90円(+  8.17)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底値ゾーン)
          N225    ●●●●○●○●●○○○    5勝 7敗   41.67%(+  8.33)
          TOPIX   ●●●○○●○○●○○○    7勝 5敗   58.33%(+  8.33)
          JPX400  ●●●○○●○○●○○○    7勝 5敗   58.33%(+  8.33)

東京株式・為替市場コメント
【東京株式概況】1日の東京株式市場で日経平均は小幅ながら3日続伸した。前日の米株高を受け、投資家心理が上向いた。外国為替市場で円相場が1ドル=110円台前半で推移し、円高による過度な業績下振れ懸念が後退したことも買い安心感につながった。8月の米雇用統計など主要経済統計の公表を前に、持ち高を減らしていた投資家の買い戻しが入った。日経平均が週間で上昇するのは7月10~14日の週以来7週ぶり。月初の上げは15ヶ月連続となった。JPX日経インデックス400、TOPIXも3日続伸した。

市場では「米7月雇用統計待ちのなか、8月29日の安値(1万9280円)からきのう31日の高値(1万9687円)まで400円強の戻りとなっていたことから、ポジション調整の売りが出たようだ」との声が聞かれた。

業種別では、JAL<9201>、ANA<9202>などの空運株や、浜ゴム<5101>、ブリヂス<5108>などのゴム製品株が上昇。三菱倉<9301>、上組<9364>などの倉庫運輸株や、大日印<7912>、任天堂<7974>などのその他製品株も高い。郵船<9101>、商船三井<9104>などの海運株や、LIXILG<5938>、リンナイ<5947>などの金属製品株も堅調。昭シェル<5002>、JXTG<5020>などの石油石炭製品株や、国際帝石<1605>、石油資源<1662>などの鉱業株も上げた。

個別では、エコナクHD<3521>、大和冷機<6459>、イマジカロボ<6879>、ヤーマン<6630>、ヤマトインタ<8127>などが上昇。半面、キムラタン<8107>、クラウディア<3607>、グロバル社<3271>、KLab<3656>、アグロカネシ<4955>などが下落した。
-----------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 9月 1日(金)07時26分24秒
返信・引用 編集済
  本日の外資系動向                

  売り :        1230万株       144億円
  買い :        650万株       98億円
  -------------------------------------
  差引 :       -580万株      -46億円

※外資系動向は業界関係者からヒアリングした非公式な情報です。

本日の株価材料(国内)

日経産業
・NEC<6701.T>が中堅企業向けERPパッケージを11年ぶり刷新
・パンチ<6165.T>が14億円投じ国内外生産体制を再編
・ニチレイ<2871.T>が食品の鼻に抜ける香り分析受託サービス開始
・サッポロHD<2501.T>が国内輸送で内航船の活用推進

日刊工業
・ヤマハ発<7272.T>が鋳物の受託生産を開始
・Mimaki<6638.T>が1000万色の造形できる3Dプリンター発売
・三井物<8031.T>が英社に出資し構造物のドローン検査に参入
・コーセル<6905.T>がスイッチング電源生産にロボ導入
・芝浦メカ<6590.T>が車載部材需要受けスパッタリング装置を増設

市場スケジュール(国内)

4-6月期法人企業統計(8:50)
8月消費動向調査(14:00)
民進党代表選挙投開票

市場スケジュール(海外)

財新中国8月製造業PMI(10:45)
米8月雇用統計(21:30)
米8月ISM製造業景況指数(23:00)
米7月建設支出(23:00)
米8月新車販売台数
休場:トルコ

日本市場の主な決算発表銘柄社数  4件

伊藤園(2593) ハイレックスC(7279) ロックフィールド(2910) 内田洋行(8057)

------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

レンタル掲示板
/194