teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


本日の東京市場概況

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 6月26日(月)15時52分51秒
返信・引用 編集済
  東京市場・本日(2017.06.26)の結果   小幅続伸 !   嬉しいな 

            始値       高値      安値     終値
☆日経平均          20132.81     20196.38    20119.04   20153.35(+ 20.68)
☆TOPIX         1611.29      1616.07     1610.46    1612.21(+  0.87)
☆JPX400         14327.37     14367.92    14317.91   14330.97(-  1.37)
☆東証一部出来高      13.96億株
☆東証一部売買代金   17505億円
☆騰落銘柄数         値上り    1104,   値下り    775,   変らず    142,
     ※為替は18:30以降に表示しています。
☆東京為替(ドル/円)     111.20      111.47     111.16      111.46(+  0.16)
          (ユーロ/円)     124.52      124.78     124.42      124.76(+  0.37)
☆騰落レシオ   (警戒水域 70.00%以下、130.00%以上)      108.50%(-  2.30)
☆RSI       (警戒水域  30.00%以下、 70.00%以上)      59.30%(+ 11.10)
☆東証1単純平均                                       2895.43円(+ 10.24)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底値ゾーン)
          N225    ○●●●●○○○●●○○    6勝 6敗   50.00%(+  8.33)
          TOPIX   ○●○●●○○○●●○○    7勝 5敗   58.33%(+  8.33)
          JPX400  ●○○●●○○○●●○●    6勝 6敗   50.00%(   0.00)

東京株式・為替市場コメント
【東京株式概況】26日の東京株式市場で日経平均は小幅に続伸した。明日27日に6月や12月期決算企業の権利付き最終売買日を迎えるため、権利取りの買いが指数を支えした。日経平均は6日連続で2万円台を上回って終了した。朝方に前週末比60円程度高い2万0200円近辺まで上昇する場面があった。東エレクやファストリ、ファナックなど一部の値がさ株が買われた。買い一巡後は、週初で国内外投資家の注文が少なく、時価総額が大きい銀行や保険株の下落が目立ったこともあり上値追いの勢いも限られた。午後に入ってからも売買代金は盛り上がりに欠ける展開が続き、今年最低だった4月17日以来の低水準だった。日経平均の取引時間中の高値と安値の差である日中値幅は77円程度と5日連続で100円を下回った。JPX日経インデックス400は小幅に反落、TOPIXは小幅に続伸した。

市場からは「後場にほとんど動きがないのは最近の傾向であり、材料不足に尽きる。目先的な話だが、あえてこれまでと違う点は陽線であり、底堅さの表れとも言えよう。ただ、今週は特に目立ったイベントがなく、しばらくウネリは出にくい」との声が聞かれた。

業種別では、国際帝石<1605>、石油資源<1662>などの鉱業株が堅調。任天堂<7974>、ヤマハ<7951>などのその他製品株も高い。JT<2914>、コカ・コーラ<2579>などの食料品株や、日水<1332>、サカタのタネ<1377>などの水産農林株も買われた。個別では、前週に道路・軌道の路面下ビッグデータ共有システムの開発を発表した土木管理<6171>が連日のストップ高。欅坂46の公式ゲームアプリ「欅のキセキ」を正式に開発するenish<3667>や、ジンズメイト<7448>もストップ高。エアバッグの代替需要が思惑視された芦森工<3526>や、タツタ線<5809>、Eガディアン<6050>などの上げも目立った。

半面、野村<8604>、大和証G<8601>などの証券商品先物株や、第一生命HD<8750>、東京海上<8766>などの保険株が軟調。商船三井<9104>、川崎汽<9107>などの海運株もさえない。個別では、CTS<4345>、大日住薬<4506>、大光<3160>、サツドラHD<3544>、Sサイエンス<5721>などの下げも目立った。民事再生法の適用を東京地裁に申請し、受理されたタカタ<7312>(整理)は終日売買停止。
-----------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 
 

おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 6月26日(月)07時29分2秒
返信・引用 編集済
  本日の外資系動向                

  売り :        600万株       83億円
  買い :       420万株       56億円
  -------------------------------------
  差引 :      -180万株      -27億円

※外資系動向は業界関係者からヒアリングした非公式な情報です。

本日の株価材料(国内)

日経産業
・エスケーエレク<6677.T>が液晶パネル用フォトマスク製造設備を更新
・富士電機<6504.T>が電力損失低減のパワー半導体モジュールを生産へ
・フクダ電<6960.T>が睡眠時無呼吸症候群の自宅検査装置を開発
・テンプHD<2181.T>系がレジアプリに中国人向け決済機能を追加

日刊工業
・ファナック<6954.T>がCNC装置操作のファイバーレーザー発振器開発
・三井化学<4183.T>が米国で自動車軽量化用の開発拠点新設
・河西工<7256.T>が合成表皮を立体に木目込む技術を車メーカーに拡販

市場スケジュール(国内)

6月15・16日開催の日銀金融政策決定会合の「主な意見」
5月企業向けサービス価格指数(8:50)

市場スケジュール(海外)

米5月耐久財受注(21:30)
米5月シカゴ連銀全米活動指数(21:30)
米5月ダラス連銀製造業活動指数(23:30)
米2年国債入札
独6月Ifo景況感指数(17:00)
休場:
シンガポール、マレーシア、インド・トルコ(~6/27)、インドネシア(~6/30)

日本市場の主な決算発表銘柄社数  10件

あさひ (3333) 日本オラクル (4716) 瑞光 (6279) NaITO (7624)
壱番屋 (7630) オークワ (8217) しまむら (8227) 高島屋 (8233)
パルコ (8251) タキヒヨー (9982)

------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

メダカさんに癒されてるよ (^^♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 6月26日(月)00時40分26秒
返信・引用 編集済
  「濃姫の癒し処」に連載してるから、お暇な時に訪問してね (^^♪



 

おはようございます(NY市場)

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 6月24日(土)07時18分23秒
返信・引用
  NY市場・前日(2017.06.23)の結果  4日小続落 !    嫌になっちゃう~

             Farst       High        Low         Last
☆NYダウ          21380.92    21421.79    21333.89    21394.76(-  2.53)
☆S&P500          2434.65     2441.40     2431.11     2438.30(+  3.80)
☆NYナス           6234.35     6269.37     6218.78     6265.25(+ 28.57)
☆CME225先物(円ベース)   20125       20125       20045       20095(+ 15.00)
    ※CME225先物は円建てであり、前日比は前日の大証日中終値比を記載
☆NY為替(ドル/円)    111.33      111.43      111.15      111.31(-  0.02)
☆原油先物(WTI)        42.80       43.20       42.53       43.01(+  0.27)
☆NY金先物(Gold)     1250.90     1260.00     1250.60     1256.40(+  7.00)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底1値ゾーン)
        NYダウ     ○○●○○●○○●●●●   6勝 6敗    50.00%(-  8.33)
        ナスダック     ○●●○●●●○●○○○   6勝 6敗    50.00%(   0.00)

※中国上海指数       3138.44    3158.05     3118.09     3157.87(+ 10.42)
     サイコロジカル      ○○●○●○●○●○●○  7勝 5敗    58.33%(   0.00)

NY株式・為替・商品市場コメント
【NY株式概況】23日の米株式市場でダウ平均は4日続落した。相場を方向付ける新たな取引材料に乏しく、週末を控えて持ち高調整や利益確定を目的とした売りに押された。だが、原油相場の下げ止まりがエネルギー関連株の買いを誘い、相場を支えた。トランプ米政権の政策を巡る思惑から前日まで上げが目立っていたヘルスケア株に利益確定の動きが活発となった。医療保険のユナイテッドヘルス・グループなどが下げて相場の重荷となった。週前半まで株価が上昇してきたホームセンターのホーム・デポに売りがかさんだのもダウ平均を下押しした。ナスダックは3日続伸、アップルのほか、アルファベット(グーグル)やフェイスブックといった主力株に買いが入り、指数を押し上げた。
【CME225先物(円ベース)】日経平均先物は小幅に下落した。9月物は前日比5円安の2万0095円で終え、大阪取引所の終値を15円上回った。週末を控え、持ち高調整の売りがやや優勢だった。新たな取引材料を欠き、米株式と円相場をにらんだ動きに終始して動意は乏しかった。この日発表の米景気指標は強弱入り交じった結果で相場を方向付ける材料とはならなかった。9月物安値は2万0045円、高値は2万0125円。推定売買高は2万1455枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)と少ない。
【NY為替(ドル/円)】NY外国為替市場で円相場は小幅に上昇した。前日比5銭の円高・ドル安の1ドル=111円25~35銭で終えた。ユーロ圏の製造業の景況感改善を示す指標を受けユーロに対するドル安が進み、対円にもドル売りが波及した。イエレンFRB議長などの発言を来週に控え、様子見姿勢は強く方向感は乏しかった。英調査会社IHSマークイットがまとめたユーロ圏の6月の製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)が市場予想に反して上昇し、6年2ヶ月ぶりの高水準を付けた。一方、米国の6月の製造業PMI(速報値)は9ヶ月ぶりの水準に低下。米欧経済の勢いの差が意識されユーロ高・ドル安が進み、円に対してもドル売りが広がった。米クリーブランド連銀のメスター総裁は「緩やかに緩和策を縮小する時期にある」と述べ、政策正常化を進めるべきだと主張したと伝わった。一方、セントルイス連銀のブラード総裁は米経済は低成長、低インフレのままで「現在の政策金利の水準が適切だ」と利上げの必要はないと強調した。地区連銀総裁の発言が割れたため、円相場の反応は限定的だった。円は伸び悩む場面があった。米商務省が発表した5月の新築住宅販売件数は前月比で2.9%増え、季節調整済みの年率換算で61万戸と、市場予想(59万戸)を上回った。米住宅販売は増加基調を保っており、景気を下支えするとの思惑からドル売りの勢いが鈍った。円の高値は111円16銭、安値は111円34銭で値幅は18銭と小幅だった。25日にNY連銀のダドリー総裁、27日にはイエレン議長など来週前半にかけてFRB高官の発言が相次ぐ。インフレ率の鈍化にもかかわらず、FRBがシナリオ通りに利上げを進めるかどうか見極めたいとして積極的に持ち高を傾ける動きは限られた。
【NY為替(ユーロ/円)】円の対ユーロ相場は反落し、前日比45銭円安・ユーロ高の1ユーロ=124円55~65銭で終えた。ユーロ圏の景況感改善を受けて対円でもユーロ買いが優勢になった。円は一時124円70銭と、5日以来ほぼ3週ぶりの円安・ユーロ高水準まで売られた。
【NY原油先物】NYMEXで原油先物相場は小幅に続伸した。WTIで期近の8月物は前日比0.27ドル高の1バレル43.01ドルで取引を終えた。このところ急速に下げていた反動で買い戻しが優勢となった。だが、需給が緩んだ状態は長引くとの警戒は強く上値も限られた。米国やリビアなどの増産を背景に供給過剰な状態が続くとの観測から原油先物は大きく下げ、21日には期近物として約10ヶ月ぶりの安値を付けていた。一段と下値を探る材料に欠く中、23日は対ユーロを中心にドル安が進んだことが、ドル建てで取引される原油の割安感を意識させ、買い戻しを誘った。もっとも、相場の上値も重かった。石油サービス会社ベーカー・ヒューズが23日公表した米国での石油掘削に使う設備(リグ)の稼働数は23週続けて増えた。米国の増産に伴う需給の緩みへの警戒は残り、相場は伸び悩んだ。ガソリンは反落したが、ヒーティングオイルは小幅に続伸した。
【NY金先物】NY金先物相場は3日続伸した。COMEXで取引の中心である8月物は前日比7.0ドル高の1トロイオンス1256.4ドルで終えた。外国為替市場でのドル安進行を受け、ドルの代替投資先として逆の値動きをしやすい金の先物には買いが入った。銀は続伸し、プラチナは反発した。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

本日の東京市場概況

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 6月23日(金)16時13分44秒
返信・引用 編集済
  東京市場・本日(2017.06.23)の結果   小反発 !   嬉しいな 

            始値       高値      安値     終値
☆日経平均          20152.58     20152.58    20089.54   20132.67(+ 22.16)
☆TOPIX         1612.35      1613.08     1607.67    1611.34(+  0.96)
☆JPX400         14334.46     14347.60    14292.56   14332.34(+ 14.26)
☆東証一部出来高      15.32億株
☆東証一部売買代金   20114億円
☆騰落銘柄数         値上り    853,   値下り    1005,   変らず    164,
     ※為替は18:30以降に表示しています。
☆東京為替(ドル/円)     111.32      111.43     111.22      111.31(+  0.31)
          (ユーロ/円)     124.15      124.41     124.02      124.40(+  0.43)
☆騰落レシオ   (警戒水域 70.00%以下、130.00%以上)      110.80%(-  2.07)
☆RSI       (警戒水域  30.00%以下、 70.00%以上)      48.20%(+  1.30)
☆東証1単純平均                                       2885.19円(-  5.35)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底値ゾーン)
          N225    ●○●●●●○○○●●○    5勝 7敗   41.67%(   0.00)
          TOPIX   ●○●○●●○○○●●○    6勝 6敗   50.00%(   0.00)
          JPX400  ●●○○●●○○○●●○    6勝 6敗   50.00%(+  8.33)

東京株式・為替市場コメント
【東京株式概況】23日の東京株式市場で日経平均は3営業日ぶりに小反発した。円相場が1ドル=111円台前半と前日夕に比べ円安・ドル高に振れ、主力企業の輸出採算の改善期待が強まったとして投資家心理が改善した。ただ、前日の米株安や米金利低下が重荷となり、上値は重かった。週末前に積極的な売買も見送られ、日中の値幅(高値と安値の差)は63円にとどまった。前週に日米の金融政策決定会合を無難に通過し、手がかりとなる材料に乏しいなか、投資家の様子見ムードは強かった。株式市場では「目立った大きな動きは見られなかった一方、中長期志向の投資家を含め一部の海外勢は断続的に買いを入れていた」との声も聞かれ、相場の底堅さにつながった。JPX日経インデックス400、TOPIXも3営業日ぶりに反発した。

市場からは「一日を通しても値幅は60円強(後場は30円強)にとどまり、小幅な動きだ。材料に乏しい週末で手掛けづらい状況だ。来週は大きなイベントがなく、日経平均2万円台を固めつつ、反発の機会をうかがう流れではないか」との声が聞かれた。

業種別では、みずほ証券が目標株価を引き上げた任天堂<7974>や、パラベッド<7817>などのその他製品株が上昇。SMBC日興証券が投資評価「1」でカバレッジ開始のアコム<8572>とアイフル<8515>などのその他金融株も買われた。太平洋セメ<5233>、住友大阪<5232>などのガラス土石株や、東邦鉛<5707>、邦チタ<5727>などの非鉄金属株も堅調。個別では、国内乗用車メーカーの資金繰り支援が伝わったタカタ<7312>がストップ高。道路・軌道の路面下ビッグデータ共有システムを開発した土木管理<6171>もストップ高。投資ファンドのエフィッシモ・キャピタル・マネージメントが株式を追加取得し筆頭株主になった東鉄鋼<5445>や、大光<3160>、日新<9066>、FJネクスト<8935>などの上げも目立った。

半面、川崎汽<9107>、飯野海<9119>などの海運株が軟調。日水<1332>、マルハニチロ<1333>などの水産農林株や、キリンHD<2503>、サントリBF<2587>などの食料品株も安い。個別では、オルトプラス<3672>、スターティア<3393>、芦森工<3526>、ボルテージ<3639>などの下げが目立った。
-----------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 6月23日(金)07時14分50秒
返信・引用 編集済
  本日の外資系動向                

  売り :       1000万株      195億円
  買い :       550万株      112億円
  -------------------------------------
  差引 :      -450万株      -84億円

※外資系動向は業界関係者からヒアリングした非公式な情報です。

本日の株価材料(国内)

日経産業
・オリックス<8591.T>系がドローンと3Dシステムの一括レンタル開始
・IDEC<6652.T>がナノバブル測定研究開発支援サービスを提供へ
・東レ<3402.T>系が3年で50億円の設備投資を計画
・日工営<1954.T>が福島に小水力発電所を建設
・ブリヂストン<5108.T>系がシミュレータ活用ゴルフ施設を多店舗展開

日刊工業
・旭化成<3407.T>が20年までに二次電池用絶縁材の年産能力を2.5倍に増強
・NTTドコモ<9437.T>がポイント付与など組み合わせた料金プラン検討
・千代建<6366.T>が浮体式の液化天然ガス発電に参入

市場スケジュール(国内)

東京都議会議員選挙告示(7/2投開票)
4月毎月勤労統計確報値

市場スケジュール(海外)

米5月新築住宅販売件数(23:00)

日本市場の主な決算発表銘柄社数  2件

サツドラH (3544)

------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます(NY市場)

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 6月23日(金)07時13分4秒
返信・引用
  NY市場・前日(2017.06.22)の結果  3日小幅続落 !   嫌になっちゃう~

             Farst       High        Low         Last
☆NYダウ          21407.98    21456.47    21394.81    21397.29(- 12.74)
☆S&P500          2437.40     2441.62     2433.27     2434.50(-  1.11)
☆NYナス           6239.15     6257.68     6221.96     6236.69(+  2.73)
☆CME225先物(円ベース)   20085       20155       20040       20100(+ 30.00)
    ※CME225先物は円建てであり、前日比は前日の大証日中終値比を記載
☆NY為替(ドル/円)    111.38      111.45      110.95      111.30(-  0.08)
☆原油先物(WTI)        42.55       43.32       42.26       42.74(+  0.21)
☆NY金先物(Gold)     1246.40     1256.00     1246.40     1249.40(+  3.60)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底1値ゾーン)
        NYダウ     ○○○●○○●○○●●●   7勝 5敗    58.33%(   0.00)
        ナスダック     ○○●●○●●●○●○○   6勝 6敗    50.00%(+  8.33)

※中国上海指数       3152.24    3186.98     3146.64     3147.45(-  8.76)
     サイコロジカル      ○○○●○●○●○●○●  7勝 5敗    58.33%(-  8.33)

NY株式・為替・商品市場コメント
【NY株式概況】22日の米株式市場でダウ平均は小幅に3日続落し、前日比12.74ドル安の2万1397.29ドルで終えた。共和党上院による医療保険制度改革法(オバマケア)代替法案の提出を手掛かりにヘルスケア株が買われ、日中のダウ平均は小幅高で推移する時間が長かった。ただ、原油安への警戒感が根強く、引けにかけて売りに押された。ナスダックは小幅に続伸し、前日比2.732P高い6236.685Pで終えた。
【CME225先物(円ベース)】日経平均先物は横ばい。9月物は前日比変わらずの2万100円で引け、22日の大取終値を30円上回った。目立った材料に乏しいなか、米株と円相場をにらんで小動きとなった。この日の9月物安値は2万40円、高値は2万155円。推定売買高は2万7158枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)と少なかった。
【NY為替(ドル/円)】NY外国為替市場で円相場は横ばいとなり、前日終値と同水準の1ドル=111円30~40銭で取引を終えた。米長期金利の低下を受け、日米金利差の縮小を見込んだ円買い・ドル売りが入った。一方で5月の米景気先行指数の上昇はドル買い材料となり、相場は方向感が出にくかった。取引材料が乏しい中、円の対ドル相場は長期金利の動きに連動しやすかった。米株式相場が軟調に推移した場面では、低金利で資金の調達通貨とされる円を買ってドルを売る動きが出た。米調査会社コンファレンス・ボードが5月の景気先行指数を発表すると、円は売り優勢に転じる場面があった。同指数は前月比0.3%上昇と改善した。年後半の経済成長について「2%成長か、それをやや上回る可能性がある」との見通しも示し、米景気減速への警戒感が和らいだ。セントルイス連銀のブラード総裁が、FRBが量的緩和で膨らませた保有資産の縮小について「早期に始めるべきだ」との見解を示したと伝わった。ただ、相場の反応は限られた。円の高値は111円08銭。安値は111円45銭だった。
【NY為替(ユーロ/円)】円は対ユーロで反発し、前日比25銭円高・ユーロ安の1ユーロ=124円10~20銭で取引を終えた。ドルに対してユーロが下げ、円に対してもユーロ売りが優勢となった。
【NY原油先物】NYMEXで原油先物相場は反発した。WTIで期近の8月物は、前日比0.21ドル高の1バレル42.74ドルで取引を終えた。前日に約10ヶ月ぶりの安値を付けるなど今週に急激に下げており、この日は持ち高調整や利益確定を目的とした買い戻しが入った。ただ需給が緩んだ状態が続くとの見方がから上値は重かった。23日に石油サービス会社ベーカー・ヒューズが週間の米原油掘削装置(リグ)の稼働数を発表する。今後の需給を占ううえで、米国内の生産状況を見極めたい市場参加者が多く、22日はポジションを一方向に傾ける動きは限られた。前日にEIAが発表した週間の米石油在庫統計では、原油やガソリンの在庫は減ったが、米国の原油生産量が増えていた。OPECが協調減産を続けても、リビアやナイジェリアの輸出が増えるとの観測もあり、需給改善のメドは立っていない。ガソリンとヒーティングオイルは4営業日ぶりに反発した。
【NY金先物】NY金先物相場は小幅に続伸した。COMEXで取引の中心である8月物は、前日比3.6ドル高の1トロイオンス1249.4ドルで取引を終えた。外国為替市場でドルが主要通貨に対して売られる場面があり、ドルの代替投資先とされる金に買いが入った。ただドルが対ユーロなどで上げに転じると、金は伸び悩んだ。銀は6営業日ぶりに反発、プラチナは反落した。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

本日の東京市場概況

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 6月22日(木)15時57分14秒
返信・引用 編集済
  東京市場・本日(2017.06.22)の結果   小幅続落 !   嫌になっちゃう~

            始値       高値      安値     終値
☆日経平均          20154.38     20191.42    20107.89   20110.51(- 28.28)
☆TOPIX         1612.71      1616.29     1610.38    1610.38(-  1.18)
☆JPX400         14348.54     14371.46    14316.58   14318.08(- 20.60)
☆東証一部出来高      15.50億株
☆東証一部売買代金   20771億円
☆騰落銘柄数         値上り    992,   値下り    876,   変らず    152,
     ※為替は18:30以降に表示しています。
☆東京為替(ドル/円)     111.38      111.43     110.96      110.99(-  0.29)
          (ユーロ/円)     124.39      124.45     123.91      123.96(+  0.13)
☆騰落レシオ   (警戒水域 70.00%以下、130.00%以上)      112.87%(+  6.16)
☆RSI       (警戒水域  30.00%以下、 70.00%以上)      46.90%(- 13.20)
☆東証1単純平均                                       2890.54円(+  4.35)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底値ゾーン)
          N225    ○●○●●●●○○○●●    5勝 7敗   41.67%(   0.00)
          TOPIX   ○●○●○●●○○○●●    6勝 6敗   50.00%(   0.00)
          JPX400  ●●●○○●●○○○●●    5勝 7敗   41.67%(   0.00)

東京株式・為替市場コメント
【東京株式概況】22日の東京株式市場で日経平均は小幅に続落した。米原油先物相場の下落を受け石油関連株が売られ、全体の重荷になった。一方、IT関連株に海外投資家を中心とする買いが入り、相場を支えた。日経平均は前日終値前後の動きで、方向感が乏しかった。前日まで下げていた主力株の一角に押し目買いが入った。材料が出た中小型銘柄への物色意欲も旺盛で、東証規模別株価指数では「小型」が反発した。JPX日経インデックス400、TOPIXも続落した。

市場では「手掛かり材料難のなか方向感が出づらかったが、押し目買いで売りを吸収する展開が継続するとみられ、15年6-8月にもみ合いとなった2万500円前後の水準が意識されそう」との声が聞かれた。

業種別では、第一生命HD<8750>、東京海上<8766>などの保険株や、国際帝石<1605>、石油資源<1662>などの鉱業株が下落。中部電力<9502>、関西電力<9503>などの電気ガス株や、サッポロHD<2501>、キリンHD<2503>などの食料品株が安い。出光興産<5019>、JXTG<5020>などの石油石炭株や、三井不<8801>、三菱地所<8802>などの不動産株も軟調。7&iHD<3382>、イオン<8267>などの小売株や、王子HD<3861>、日本紙<3863>などのパルプ紙株も売られた。

個別では、タカタ<7312>、トーセ<4728>、沢藤電機<6901>、エムアップ<3661>、Sサイエンス<5721>などが下落。半面、スターティア<3393>、カーバイド<4064>、ティアック<6803>、Wスコープ<6619>、ブラインド<7989>などが上昇した。
-----------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 6月22日(木)07時33分51秒
返信・引用 編集済
  本日の外資系動向                

  売り :        950万株      135億円
  買い :       750万株      140億円
  -------------------------------------
  差引 :      -200万株       +5億円

※外資系動向は業界関係者からヒアリングした非公式な情報です。

本日の株価材料(国内)

日経産業
・電通<4324.T>が米社とネット動画広告の効果高めるサービス開始
・NTT<9432.T>系がスマホ上で施設内部を立体表示する技術開発
・日本紙<3863.T>が15億円投じて紙パック事業を拡大
・アドバネクス<5998.T>がカーボンナノチューブ事業に参入
・極洋<1301.T>が冷凍食品を3割増産 水産関連商品特化で独自性出す
・NTTドコモ<9437.T>が貯蓄や投資診断する金融サービス開始

日刊工業
・大成建<1801.T>がコンクリート床仕上げロボを現場に導入
・伊藤園<2593.T>が茶葉収穫判断にドローンや固定カメラを活用
・NTN<6472.T>が用水路の自然流水用水力発電装置を発売
・KDDI<9433.T>が動画配信でAIが映画など薦める機能を導入

市場スケジュール(国内)

6月月例経済報告

市場スケジュール(海外)

NZ準備銀行金融政策決定会合
EU首脳会議(~6/23)
ECB拡大理事会
米4月FHFA住宅価格指数(22:00)
米5月CB景気先行総合指数(23:00)

日本市場の主な決算発表銘柄社数  1件

オプトエレ (6664)

------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます(NY市場)

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 6月22日(木)07時32分29秒
返信・引用
  NY市場・前日(2017.06.21)の結果  続落 !    嫌になっちゃう~

             Farst       High        Low         Last
☆NYダウ          21466.39    21492.62    21390.00    21410.03(- 57.11)
☆S&P500          2439.31     2442.23     2430.74     2435.61(-  1.42)
☆NYナス           6202.75     6236.66     6200.86     6233.95(+ 45.92)
☆CME225先物(円ベース)   20155       20180       20040       20100(- 10.00)
    ※CME225先物は円建てであり、前日比は前日の大証日中終値比を記載
☆NY為替(ドル/円)    111.45      111.74      111.07      111.42(-  0.03)
☆原油先物(WTI)        43.38       44.20       42.05       42.53(-  0.98)
☆NY金先物(Gold)     1243.90     1248.80     1241.70     1245.80(+  2.30)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底1値ゾーン)
        NYダウ     ●○○○●○○●○○●●   7勝 5敗    58.33%(   0.00)
        ナスダック     ●○○●●○●●●○●○   5勝 7敗    41.67%(+  8.33)

※中国上海指数       3148.99    3157.03     3132.62     3156.21(+ 16.20)
     サイコロジカル      ○○○○●○●○●○●○  8勝 4敗    66.67%(+  8.33)

NY株式・為替・商品市場コメント
【NY株式概況】21日の米株式市場でダウ平均は続落した。原油先物相場が約10ヶ月ぶりの安値を付け、エクソンモービルなどエネルギー関連株に売りが膨らみダウ平均を押し下げた。相場全体を方向付けるような材料は乏しく、個別に材料が出た銘柄の売買が中心だった。原油先物相場は一時1バレル42ドル台前半と、期近物として2016年8月11日以来の安値を付けた。EIAが発表した週間の石油在庫統計で原油とガソリンの在庫が減ったものの、米国で増産が続いているとの見方から売りが膨らんだ。エネルギー関連の投資が落ち込むとの見方から建機のキャタピラーも売られ、1銘柄でダウ平均を24ドルあまり押し下げた。一方、米ゴールドマン・サックスが「アマゾンでの直接販売に近づいている」と指摘したスポーツ用品のナイキが買われた。データセンターなどサーバー向け高性能チップの販売を前日夕に発表したアドバンス・マイクロ・デバイス(AMD)が大幅高となるなど、半導体株への物色も相場全体を下支えした。ナスダックは反発した。アップルやアマゾン・ドット・コム、グーグルの持ち株会社アルファベット、フェイスブックなど主力IT関連株が軒並み反発し、指数を押し上げた。
【CME225先物(円ベース)】日経平均先物は反落した。9月物は前日比70円安の2万100円で引け、21日の大取終値を10円下回った。原油安を背景にダウ平均が続落したうえ、円高も嫌気され、日本株相場を下押した。この日の9月物安値は2万40円、高値は2万180円。推定売買高は3万2508枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)。
【NY為替(ドル/円)】NY外国為替市場で円相場は小幅ながら続伸した。前日比10銭円高・ドル安の1ドル=111円30~40銭で取引を終えた。米長期金利が日中は下げ基調だったうえ、米国株がやや弱含んだことなどから、円買いがやや優勢だった。だが、相場を動かすような材料は限られ、持ち高調整を目的とした取引が中心だった。米原油先物が21日に昨年8月以来の安値を付けた。原油安で物価上昇圧力の弱まりが意識され、米長期債が買われた。米長期金利が低位で推移し、日米金利差の縮小観測を手掛かりに円買いがやや優勢となった。原油安は米株式市場の重荷になり、ダウ平均は前日比57ドル下げた。株式相場が軟調に推移する中、リスク回避の際に買われやすい円が上げた面もある。もっとも、日中の円の高値と安値の差は50銭と小幅だった。金融政策の見通しを示すFRBの高官発言もなく、売買材料に乏しかった。21日の円の高値は1ドル=111円24銭、安値は1ドル=111円74銭だった。
【NY為替(ユーロ/円)】円は対ユーロで反落した。前日比30銭円安・ユーロ高の1ユーロ=124円35~45銭で取引を終えた。
【NY原油先物】NYMEXで原油先物相場が下落した。WTIでこの日から期近になった8月物は前日比0.98ドル安の1バレル42.53ドルで終えた。一時は42.05ドルと期近物として2016年8月11日以来ほぼ10ヶ月ぶりの安値をつけた。米国で増産基調が続き、長期的な需給の緩みを見込んだ売りが膨らんだ。朝方は買い優勢で推移した。OPEC加盟国が一段の減産を検討していると伝わり、世界全体で過去最大水準にある在庫の縮小につながるとみた買いが入った。EIAが午前に週間の石油在庫統計を発表すると上げ幅を広げた。原油とガソリンの在庫減を好感した買いが入った。ただ、上昇の勢いは続かなかった。同統計で米国の増産基調が続いたことが明らかになり、OPECが減産を続けても需給が均衡する時期は遅れるとの見方が強まった。節目とされた43ドルを下回ると、損失を限定する目的の売りを巻き込み下げ幅を広げた。米原油相場は長期的な基調の目安となる200日移動平均(49.51ドル近辺)をこのところ大きく下回っており、市場では「目先は40ドルを割る可能性がある」との声も聞かれた。ガソリンとヒーティングオイルは3日続落した。
【NY金先物】金先物相場は3営業日ぶりに小反発した。COMEXで取引の中心である8月物は前日比2.3ドル高の1トロイオンス1245.8ドルで終えた。外国為替市場でドルがユーロに対して下落した場面で、ドルの代替投資先とされる金が買われた。朝方に一時1241.7ドルと中心限月として5月17日以来ほぼ1ヶ月ぶりの安値まで下げたため、短期的な戻りを見込んだ買いも入りやすかった。銀は5日続落。プラチナは反発した。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

本日の東京市場概況

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 6月21日(水)15時53分38秒
返信・引用 編集済
  東京市場・本日(2017.06.21)の結果   4日ぶり反落 !   嫌になっちゃう~

            始値       高値      安値     終値
☆日経平均          20192.16     20215.11    20117.79   20138.79(- 91.62)
☆TOPIX         1614.73      1617.35     1608.84    1611.56(-  5.69)
☆JPX400         14361.82     14379.43    14305.04   14338.68(- 43.35)
☆東証一部出来高      16.34億株
☆東証一部売買代金   22639億円
☆騰落銘柄数         値上り    589,   値下り    1330,   変らず    101,
     ※為替は18:30以降に表示しています。
☆東京為替(ドル/円)     111.46      111.49     111.19      111.28(-  0.41)
          (ユーロ/円)     124.10      124.14     123.79      123.83(-  0.69)
☆騰落レシオ   (警戒水域 70.00%以下、130.00%以上)      106.71%(-  0.38)
☆RSI       (警戒水域  30.00%以下、 70.00%以上)      60.10%(-  9.30)
☆東証1単純平均                                       2886.19円(-  8.35)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底値ゾーン)
          N225    ●○●○●●●●○○○●    5勝 7敗   41.67%(   0.00)
          TOPIX   ●○●○●○●●○○○●    6勝 6敗   50.00%(   0.00)
          JPX400  ●●●●○○●●○○○●    5勝 7敗   41.67%(   0.00)

東京株式・為替市場コメント
【東京株式概況】21日の東京株式市場で日経平均は4営業日ぶりに反落した。20日の米国株安や為替の円安一服で、輸出関連銘柄に売りが出た。国内企業の業績拡大期待も根強く、下値では買いも入った。日経平均は午後に、一時112円安まで下げ幅を広げる場面があった。円相場が一段高となったため、海外投資家から持ち高調整の売りが出た。もっとも、全般に手掛かり難で午後の値幅(高値と安値の差)は50円にとどまった。JPX日経インデックス400、TOPIXは4日ぶりに反落した。

市場からは「直近、材料難で上値は重いが、下値には押し目買いが入り、上昇トレンドを保っている。ただ、テーマ性のある銘柄や好業績の出遅れ株などに資金が集まり、動くものにつく傾向が強く、主力株は敬遠されている」との声が聞かれた。

業種別では、野村<8604>、大和証G<8601>などの証券商品先物株が軟調。国際帝石<1605>、石油資源<1662>などの鉱業株や、住友鉱<5713>、東邦鉛<5707>などの非鉄金属株も安い。商船三井<9104>、郵船<9101>などの海運株も売られた。個別では、前週末に民事再生法の適用申請に向け最終調整入りと報じられたタカタ<7312>が3日連続のストップ安配分。日本エンタ<4829>、エムアップ<3661>、オルトプラス<3672>、ワコム<6727>などの下げも目立った。

半面、JAL<9201>、ANA<9202>などの空運株が引き締まった。日電硝子<5214>、住友大阪<5232>などのガラス土石株や、JR西日本<9021>、京成<9009>などの陸運株も買われた。個別では、テレビ番組での水素関連特集が材料視された沢藤電<6901>がストップ高となり、トーセ<4728>、SHOBI<7819>も一時ストップ高。gumi<3903>、Vコマース<2491>、石川製<6208>などの上げも目立った。
-----------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 6月21日(水)07時21分4秒
返信・引用 編集済
  本日の外資系動向                

  売り :       1160万株      137億円
  買い :       830万株      196億円
  -------------------------------------
  差引 :      -330万株      +59億円

※外資系動向は業界関係者からヒアリングした非公式な情報です。

本日の株価材料(国内)

日経産業
・洋エンジ<6330.T>が発電設備の設計・建設事業を強化
・井関農<6310.T>が中国やASEAN向けの農業機械生産を拡大
・日立造<7004.T>が「遠隔監視・運転支援センター」を拡大
・ダイニチ工<5951.T>が燃料電池の生産に再参入

日刊工業
・富士フイルム<4901.T>がバイオ医薬品の開発・製造受託を強化
・エプソン<6724.T>が2018年度の新卒採用を2割増へ
・日精工<6471.T>がロボ活用で大型軸受け生産を自動化
・DMG森精<6141.T>の2017年工作機械生産・受注10%増

市場スケジュール(国内)

4月26・27日開催の日銀金融政策決定会合議事要旨
4月全産業活動指数(13:30)
5月訪日外客数(16:00)

市場スケジュール(海外)

米5月中古住宅販売件数(23:00)

------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます(NY市場)

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 6月21日(水)07時19分40秒
返信・引用
  NY市場・前日(2017.06.20)の結果  反落 !    嫌になっちゃう~

             Farst       High        Low         Last
☆NYダウ          21521.25    21535.03    21464.24    21467.14(- 61.85)
☆S&P500          2450.66     2450.66     2436.60     2437.03(- 16.43)
☆NYナス           6229.62     6234.01     6186.94     6188.03(- 50.98)
☆CME225先物(円ベース)   20125       20285       20125       20170(- 30.00)
    ※CME225先物は円建てであり、前日比は前日の大証日中終値比を記載
☆NY為替(ドル/円)    111.53      111.79      111.31      111.46(-  0.07)
☆原油先物(WTI)        44.33       44.69       42.94       43.51(-  0.92)
☆NY金先物(Gold)     1245.40     1249.40     1242.40     1243.50(-  3.20)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底1値ゾーン)
        NYダウ     ●●○○○●○○●○○●   7勝 5敗    58.33%(-  8.33)
        ナスダック     ●●○○●●○●●●○●   4勝 8敗    33.33%(-  8.33)

※中国上海指数       3148.02    3150.46     3134.61     3140.01(-  4.36)
     サイコロジカル      ●○○○○●○●○●○●  7勝 5敗    58.33%(-  8.33)

NY株式・為替・商品市場コメント
【NY株式概況】20日の米株式市場でダウ平均は3営業日ぶりに反落し、前日比61.85ドル安の2万1467.14ドルで終えた。原油先物相場が大幅安となり、投資家が運用リスクを取りにくくなるとの見方が広がった。シェブロンやエクソンモービルなど石油株が売られ、指数を押し下げた。ダウ平均が連日で過去最高値を更新した後とあって、目先の利益を確定する目的の売りも誘った。ナスダックも反落し、同50.982P安の6188.031Pで終えた。
【CME225先物(円ベース)】日経平均先物は小幅ながら4日続伸した。9月物は前日比40円高の2万0170円で引け、20日の大阪取引所の終値を30円下回った。前日上昇した地合いを引き継ぎ買いが優勢だったが、新たな材料に乏しく値動は小幅だった。原油安を背景にした米株安が嫌気され、一時は小幅安となった。この日の9月物の高値は2万0285円、安値は2万0125円。推定売買高は3万7543枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)。
【NY為替(ドル/円)】NY外国為替市場で円相場は小幅ながら反発した。前日比10銭円高・ドル安の1ドル=111円40~50銭で取引を終えた。米長期金利の低下や株安を背景に、低金利で調達通貨とされる円への買いがやや優勢だった。もっとも、FRBが金融緩和の縮小に前向きとの見方は続き、円の上値は限られた。原油先物相場が大幅に下落し、物価上昇圧力が弱まるとの思惑が広がった。物価の影響を受けやすい償還までの期間が長い米国債が買われ、長期金利の指標とされる10年物の米国債利回りも低下(価格は上昇)した。米長期金利の低下で、日米金利差が縮小するとの観測が円相場を支えた。もっとも、円の上値は限られた。FRBが金融緩和の縮小に前向きと受け止められる高官発言が続いている。20日はシカゴ連銀のエバンス総裁が、年内の追加利上げとFRBの資産縮小を「利上げの前に始める可能性」に言及した。日銀が4月26~27日に開いた金融政策決定会合の議事要旨の公表を米東部時間20日夜に控え、方向感は乏しかった。円の高値は1ドル=111円32銭、安値は1ドル=111円73銭だった。値幅は41銭と小幅だった。
【NY為替(ユーロ/円)】円は対ユーロで4営業日ぶりに反発し、前日比20銭円高・ユーロ安の1ユーロ=124円05~15銭で取引を終えた。ユーロに対する下落が続き、目先の利益を確定する目的の円買い・ユーロ売りがやや優勢だった。
【NY原油先物】NYMEXで原油先物相場は続落した。WTIで期近の7月物は前日比0.97ドル安の1バレル43.23ドルで取引を終えた。一時42.75ドルまで下落し、期近物として2016年11月14日以来ほぼ7ヶ月ぶりの安値を付けた。世界的な原油需給の緩みが当面続くとの見方から売りが優勢となった。米国の産油量が増加傾向にあるうえ、リビア、ナイジェリアなどの石油の輸出量は夏にかけて増えるとみられている。モルガン・スタンレーのアナリストは20日、原油在庫が今後18ヶ月間はOPECが目標とする水準まで減らないと指摘したと伝わった。需給緩和が当面続くとの警戒感が改めて強まり、原油が売られた。原油先物の1月に付けた高値(55.24ドル)からの下げ幅は20日に、市場関係者が弱気相場入りの目安とする2割を超えた。相場の先安観が強まり、売りが加速したとの指摘があった。ガソリンとヒーティングオイルは続落した。
【NY金先物】NY金先物相場は小幅ながら続落した。COMEXで取引の中心である8月物は前日比3.2ドル安の1トロイオンス1243.5ドルで終えた。一時1242.4ドルまで下げ、5月17日以来ほぼ1ヶ月ぶりの安値を付けた。外国為替市場でドルが対ユーロなどで上昇し、ドルの代替投資先とされ逆の値動きをしやすい金が売られた。銀は4日続落。プラチナは3営業日ぶりに反落した。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

本日の東京市場概況

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 6月20日(火)16時00分8秒
返信・引用 編集済
  東京市場・本日(2017.06.20)の結果   3日続伸 !   嬉しいな 

            始値       高値      安値     終値
☆日経平均          20234.12     20318.11    20227.29   20230.41(+162.66)
☆TOPIX         1619.49      1625.05     1617.25    1617.25(+ 11.18)
☆JPX400         14408.58     14461.01    14382.03   14382.03(+ 96.84)
☆東証一部出来高      18.37億株
☆東証一部売買代金   25192億円
☆騰落銘柄数         値上り    1532,   値下り    389,   変らず    99,
     ※為替は18:30以降に表示しています。
☆東京為替(ドル/円)     111.53      111.77     111.51      111.69(+  0.59)
          (ユーロ/円)     124.31      124.64     124.31      124.52(+  0.09)
☆騰落レシオ   (警戒水域 70.00%以下、130.00%以上)      107.09%(+  3.47)
☆RSI       (警戒水域  30.00%以下、 70.00%以上)      69.40%(+  5.00)
☆東証1単純平均                                       2894.54円(+ 26.88)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底値ゾーン)
          N225    ●●○●○●●●●○○○    5勝 7敗   41.67%(   0.00)
          TOPIX   ●●○●○●○●●○○○    6勝 6敗   50.00%(   0.00)
          JPX400  ●●●●●○○●●○○○    5勝 7敗   41.67%(   0.00)

東京株式・為替市場コメント
【東京株式概況】20日の東京株式市場で日経平均は3日続伸、6月2日以来、半月ぶりに年初来高値を更新した。2015年8月18日以来、約1年10ヶ月ぶりの高値となった。19日の米株高や外国為替市場で進んだ円安を好感し、輸出関連株を中心に幅広い銘柄が買われた。円相場は対ドルで111円台後半まで円安が進み、輸出採算が改善するとの期待から機械や輸送用機器に買いが広がった。スズキやコマツ、SMCが上げた。19日の米国株式市場でハイテク株が上昇した流れを引き継ぎ、村田製や東エレク、三菱電などが上げた。パナソニックは年初来高値を付けた。NY連銀のダドリー総裁が米景気の拡大局面が続くとの見方を示し、19日に米長期金利の下落が一服。東京株式市場でも利ざや拡大への期待が高まった保険や銀行など金融株には買いが先行した。もっとも国内金利が長期的に低位に推移するとの見方が強いなか金融株の上昇には懐疑的な見方も多く、大引けにかけては利益確定目的の売りが出て伸び悩んだ。SOMPOは年初来高値を付けたあと伸び悩み、T&Dは下落に転じた。JPX日経インデックス400、TOPIXも3日続伸した。

市場からは「高値超えで上への期待が出てきた。相対的な割安感があり、今のところテクニカル的な過熱感もない。ただ、指数を引き上げるには外国人買いが必要であり、彼ら次第ということにもなる」との声が聞かれた。

業種別では、ブリヂス<5108>、浜ゴム<5101>などのゴム製品株や、住友鉱<5713>、三井金<5706>などの非鉄金属株が上昇。菱ガス化<4182>、日立化成<4217>などの化学株や、日電硝子<5214>、住友大阪<5232>などのガラス土石株も買われた。コマツ<6301>、日精工<6471>などの機械株も堅調。個別では、任天堂<7974>の「Nintendo Switch」好調で部品を供給する関西の電子部品メーカー各社の業績に追い風と報じられ、田淵電<6624>がストップ高。オルトプラス<3672>も一時ストップ高。東海東京調査センターが投資判断「アウトパフォーム」(強気)でカバレッジを開始したデクセリアル<4980>や、大光<3160>、イワキ<8095>などの上げも目立った。

半面、北陸電<9505>、四国電<9507>などの電気ガス株や、菱地所<8802>、住友不<8830>などの不動産株もさえない。出光興産<5019>、JXTG<5020>などの石油石炭製品株も売られた。個別では、前週末に民事再生法の適用申請に向け最終調整入りと報じられ、タカタ<7312>が連日のストップ安配分。ヤーマン<6630>、トーセ<4728>、CYBOZU<4776>、燦HD<9628>などの下げも目立った。
-----------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 6月20日(火)07時48分43秒
返信・引用 編集済
  本日の外資系動向                

  売り :       710万株       77億円
  買い :      800万株      119億円
  -------------------------------------
  差引 :      +90万株      +42億円

※外資系動向は業界関係者からヒアリングした非公式な情報です。

本日の株価材料(国内)

日経産業
・NTTデータ<9613.T>がITシステム運用監査を自動化
・Dガレージ<4819.T>が家電から情報検索できるプログラム開発
・エーザイ<4523.T>が原薬を効率生産する設備を稼働
・大ガス<9532.T>が法人向け節電サービスを導入
・キヤノン<7751.T>が中国で女性向けに販促開始

日刊工業
・リコー<7752.T>がIoTで保守効率化しエンジニアの訪問削減図る
・新日電工<5563.T>がメッキ処理排水再利用システムの受注開始
・NEC<6701.T>が業種別PLMソリューションを中堅企業向けに投入
・シーイーシー<9692.T>が工場内IoT一元管理の情報基盤を開発
・ペプチド<4587.T>が20年めどに研究開発者を倍増へ

市場スケジュール(国内)

5月全国百貨店売上高

市場スケジュール(海外)

米1-3月期経常収支(21:30)

日本市場の主な決算発表銘柄社数  2件

ツルハH (3391) アークLサカモト (9842)

------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます(NY市場)

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 6月20日(火)07時47分21秒
返信・引用
  NY市場・前日(2017.06.19)の結果  続伸 !    嬉しいな

             Farst       High        Low         Last
☆NYダウ          21444.75    21528.99    21436.08    21528.99(+144.71)
☆S&P500          2442.55     2453.82     2441.79     2453.46(+ 20.31)
☆NYナス           6196.85     6243.31     6194.00     6239.01(+ 87.26)
☆CME225先物(円ベース)   19940       20145       19910       20130(+100.00)
    ※CME225先物は円建てであり、前日比は前日の大証日中終値比を記載
☆NY為替(ドル/円)    110.83      111.60      110.75      111.52(+  0.64)
☆原油先物(WTI)        44.68       45.06       44.06       44.20(-  0.54)
☆NY金先物(Gold)     1255.80     1257.30     1244.70     1246.70(-  9.80)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底1値ゾーン)
        NYダウ     ○●●○○○●○○●○○   8勝 4敗    66.67%(   0.00)
        ナスダック     ○●●○○●●○●●●○   5勝 7敗    41.67%(   0.00)

※中国上海指数       3122.16    3146.77     3121.78     3144.37(+ 21.21)
     サイコロジカル      ○●○○○○●○●○●○  8勝 4敗    66.67%(+  8.33)

NY株式・為替・商品市場コメント
【NY株式概況】19日の米株式市場でダウ平均は続伸した。前週末比144.71ドル高の2万1528.99ドルで終え、連日で過去最高値を更新した。世界的な株高が好感され、市場心理が強気に傾いた。このところ下げが目立っていたアップルなど主力のハイテク株に買い戻しが活発になり、相場を支えた。米金利の低下一服で、利ざや拡大への期待からゴールドマン・サックスなど金融株が買われたのもダウ平均を押し上げた。ナスダックは4営業日ぶりに反発した。アップルのほか、アルファベット(グーグル)やフェイスブック、アマゾン・ドット・コムといった代表的なネット関連株が軒並み上昇して指数を押し上げた。
【CME225先物(円ベース)】日経平均先物は3営業日続伸し、6月8日以来となる2万円を回復して引けた。9月物は前週末比210円高の2万0130円で引け、19日の大取終値を100円上回った。円相場が反落したうえハイテク銘柄を中心に米株が上げ、日本株にも買いが入った。この日の9月物高値は2万145円、安値は1万9910円。推定売買高は3万769枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)。
【NY為替(ドル/円)】NY外国為替市場で円相場は反落し、前週末比70銭円安・ドル高の1ドル=111円50~60銭で取引を終えた。NY連銀のダドリー総裁の講演を受け、FRBが金融緩和の縮小を進めるとの見方が強まり、円売り・ドル買いが優勢となった。ダドリー総裁は19日朝の講演で、米景気拡大について「まだ長く続くことに非常に自信を持っている」と述べたと伝わった。金融緩和を縮小しなければ、インフレ圧力の高まりと景気の急減速を招きかねないとの認識も示した。FRBは緩和縮小に前向きと受け止められ、米長期金利が上昇。日米金利差の拡大観測から円売り・ドル買いが優勢となった。ダウ平均が大きく上昇し、過去最高値を更新した。投資家が運用リスクを取りやすくなるとの見方から、相対的にリスクが小さいとされる円を売る動きもみられた。円の安値は111円60銭、高値は110円91銭だった。
【NY為替(ユーロ/円)】円は対ユーロで3日続落し、前週末比20銭円安・ユーロ高の1ユーロ=124円25~35銭で取引を終えた。
【NY原油先物】NYMEXで原油先物相場は反落した。WTIで期近の7月物は、前週末比0.54ドル安の1バレル44.20ドルで取引を終えた。リビアと米国の生産増への警戒感が相場の重荷になった。一時は44.09ドルと5月5日以来ほぼ1ヶ月半ぶりの安値を付けた。リビアで国営石油会社の日産量が7月末までに100万バレルを超える見通しとなった。実現すれば「2013年以来の高水準」といい、目先の供給増への懸念が強まった。米国では石油掘削装置(リグ)の稼働数が前週末まで22週連続で増加したと伝わっている。日本やインドでは5月の原油輸入が大きく減った。大消費地のアジアで需要が頭打ちになりつつあるとの観測につながり、先物の売りを誘ったとの声も出ていた。アラブ有力紙アッシャルクル・アウサトとのインタビューで、サウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相が原油需給の改善は今年10~12月期になると述べた。「過去数年間の在庫の積み上がりを考慮すると(OPECなどの)減産の効果が出るまで時間がかかる」という。ただ、発言に対する相場の反応は目立たなかった。ガソリンとヒーティングオイルはともに3営業日ぶりに反落した。
【NY金先物】NY金先物相場は反落した。COMEXで取引の中心である8月物は、前週末比9.8ドル安の1トロイオンス1246.7ドルで終えた。午後の時間外取引では一時1246.1ドルまで下げ、5月19日以来1ヶ月ぶりの安値を付けた。外国為替市場でドル安の流れが一服し、ドル建てで取引される金の割安感が後退した。ダウ平均が最高値を上回って推移するなど、リスク資産が堅調に推移した。投資家心理が改善し、安全資産とされる金には売りが出やすかった面もある。銀は3日続落。プラチナは続伸した。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

本日の東京市場概況

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 6月19日(月)15時43分46秒
返信・引用 編集済
  東京市場・本日(2017.06.19)の結果   続伸 !   嬉しいな 

            始値       高値      安値     終値
☆日経平均          19974.30     20087.71    19949.88   20067.75(+124.49)
☆TOPIX         1597.21      1607.47     1596.09    1606.07(+ 10.03)
☆JPX400         14213.57     14300.39    14201.73   14285.19(+ 77.30)
☆東証一部出来高      11.85億株
☆東証一部売買代金   19867億円
☆騰落銘柄数         値上り    1414,   値下り    508,   変らず    97,
     ※為替は18:30以降に表示しています。
☆東京為替(ドル/円)     110.91      111.14     110.76      111.09(-  0.16)
          (ユーロ/円)     124.26      124.52     124.08      124.43(+  0.34)
☆騰落レシオ   (警戒水域 70.00%以下、130.00%以上)      103.62%(+  4.75)
☆RSI       (警戒水域  30.00%以下、 70.00%以上)      64.40%(+  3.90)
☆東証1単純平均                                       2867.66円(+ 23.04)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底値ゾーン)
          N225    ○●●○●○●●●●○○    5勝 7敗   41.67%(   0.00)
          TOPIX   ○●●○●○●○●●○○    6勝 6敗   50.00%(   0.00)
          JPX400  ○●●●●●○○●●○○    5勝 7敗   41.67%(   0.00)

東京株式・為替市場コメント
【東京株式概況】19日の東京株式市場で日経平均は続伸した。終値が2万円を上回るのは9日以来6営業日ぶり。東エレクなど足元で売りが目立っていたハイテク関連銘柄を中心に買いが入り、指数を押し上げた。外国為替市場で円高・ドル安が進まなかったことも投資家心理を支えた。市場では「海外ヘッジファンドが株高をけん引した一方、中長期志向の機関投資家は積極的な売買を見送っていた」との声が聞かれた。日経平均は一時140円高となったが、短期筋主導の買いが一巡すると上値が重くなった。JPX日経インデックス400、TOPIXも続伸した。

市場からは「今週は特段のスケジュールはなく、為替の安定が相場をサポートしたとみられる。ただ、買い上がる材料は見当たらず、指数は値固めの動きになるのではないか。一方でテーマに乗る中小型株は玉回転が利いており、個別株物色は続こう」との声が聞かれた。

業種別では、任天堂<7974>、凸版<7911>などのその他製品株が堅調。SUMCO<3436>、LIXILG<5938>などの金属製品株や、DeNA<2432>、楽天<4755>などのサービス株も買われた。東レ<3402>、帝人<3401>などの繊維製品株も高い。個別では、Sサイエンス<5721>がストップ高。自社株買いを実施するゼリア新薬<4559>や、KLab<3656>、ヤーマン<6630>、沢藤電<6901>などの上げが目立った。

半面、郵船<9101>、飯野海<9119>などの海運株が軟調。コスモエネH<5021>、JXTG<5020>などの石油石炭製品株や、第一生命HD<8750>、T&DHD<8795>などの保険株もさえない。個別では、前週末に民事再生法の適用申請に向け最終調整入りと報じられたタカタ<7312>がストップ安配分。日本郵政<6178>による株式取得について検討を中止した野村不HD<3231>は大幅安。第1四半期(17年2月21日-5月20日)の連結決算で営業利益9.9%減の西松屋チェ<7545>や、エンシュウ<6218>、ジーフット<2686>、クリナップ<7955>などの下げも目立った。
-----------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 6月19日(月)07時21分9秒
返信・引用 編集済
  本日の外資系動向                

  売り :       620万株      73億円
  買い :      560万株      82億円
  -------------------------------------
  差引 :      -60万株      +9億円

※外資系動向は業界関係者からヒアリングした非公式な情報です。

本日の株価材料(国内)

日経産業
・KDDI<9433.T>系が自由視点映像の効率伝送技術開発
・SUBARU<7270.T>がアイサイトの海外導入地域を拡大
・積水化<4204.T>がCO2の中期的削減目標を策定
・DOWA<5714.T>が10億円投じインドで車用熱処理加工を拡大
・日通<9062.T>がインドデリー向け翌日配送航空貨物サービス開始
・ソースネクスト<4344.T>が米ソフトウエア開発コールリッジと提携

日刊工業
・ミツバ<7280.T>が24年めどに生産拠点30カ所にロボ3000台導入
・デンソー<6902.T>がパワートレーン売上高を25年度に倍増図る
・日東電<6988.T>が多様な形状に加工できるネオジム磁石を供給
・セーレン<3569.T>がコンジュゲート糸生産能力を1割増強

市場スケジュール(国内)

5月貿易統計(8:50)

市場スケジュール(海外)

EU外相理事会(ルクセンブルク)
中国主要70都市新築住宅価格動向

日本市場の主な決算発表銘柄社数  1件

サンオータス (7623)

------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます(NY市場)

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 6月17日(土)07時35分3秒
返信・引用
  NY市場・前日(2017.06.16)の結果  反発 !    嬉しいな

             Farst       High        Low         Last
☆NYダウ          21335.93    21384.42    21308.01    21384.28(+ 24.38)
☆S&P500          2431.24     2433.15     2422.88     2433.15(+  0.69)
☆NYナス           6154.28     6161.56     6125.50     6151.76(- 13.74)
☆CME225先物(円ベース)   19880       19980       19855       19920(- 20.00)
    ※CME225先物は円建てであり、前日比は前日の大証日中終値比を記載
☆NY為替(ドル/円)    110.93      111.42      110.65      110.87(-  0.06)
☆原油先物(WTI)        44.25       44.94       44.24       44.74(+  0.28)
☆NY金先物(Gold)     1255.60     1258.60     1253.20     1256.50(+  1.90)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底1値ゾーン)
        NYダウ     ○○●●○○○●○○●○   8勝 4敗    66.67%(+  8.33)
        ナスダック     ○○●●○○●●○●●●   5勝 7敗    41.67%(   0.00)

※中国上海指数       3126.37    3134.25     3117.86     3123.17(-  9.32)
     サイコロジカル      ●○●○○○○●○●○●  7勝 5敗    58.33%(-  8.33)

NY株式・為替・商品市場コメント
【NY株式概況】16日の米株式市場でダウ平均は反発し、史上最高値を更新した。前日に約1ヶ月ぶりの安値を付けた原油価格が持ち直したのを受け、石油株が上昇して指数を押し上げた。取引開始前に米ネット通販大手のアマゾン・ドット・コムが米高級スーパーのホールフーズ・マーケットを買収すると発表した。アマゾンが実店舗のスーパー運営に乗り出すことで、競争が激化するとの懸念が広がり、小売り世界最大手のウォルマート・ストアーズをはじめ小売株が軒並み下落した。アップルなど一部の大型ハイテク株への売りが続いたことも相場の上値を抑えた。ナスダックは3日続落した。
【CME225先物(円ベース)】日経平均先物は小幅続伸した。9月物は前日比50円高の1万9920円で引け、16日の大取終値を20円下回った。引けにかけて米株が上昇した局面で買いが入った。朝方は低調な米景気指標を受けて円高が進み、日経平均先物は売りに押された。この日の9月物高値は1万9980円、安値は1万9855円。推定売買高は3万5442枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)。
【NY為替(ドル/円)】NY外国為替市場で円相場は反発し、前日比10銭円高・ドル安の1ドル=110円80~90銭で取引を終えた。朝方は日銀の金融緩和が長期化するとの見方から円安・ドル高で推移した。だが、5月の米住宅着工件数が市場予想に反して減少したとの発表を受け、円買いが優勢になり、上げに転じた。日銀の黒田総裁が16日の金融政策会合後の会見で、金融緩和の「具体的な出口を示すことは難しい」と述べた。緩和策の長期化を見込んだ円売りが日欧市場から引き継がれ、朝に一時111円39銭まで下落した。だが、低調な米経済指標の発表を受けて円は急速に買い戻された。5月の米住宅着工件数が前月比5.5%減と3ヶ月続けて減り、昨年9月以来8ヶ月ぶりの低水準となった。先行指標である住宅許可件数も減少した。住宅市場の低迷は「建設支出など他の指標の悪化につながる可能性がある」との観測が浮上し、円など主要通貨に対しドルが売られた。ミシガン大学が発表した6月の米消費者態度指数(速報値)も前月から落ちこんだ。米長期債利回りが低下し、日米金利差の縮小を受けた円買い・ドル売りを巻き込み、円相場は一時110円65銭まで上昇した。午後に米株式相場が強含むと、円は取引終了にかけてやや伸び悩んだ。
【NY為替(ユーロ/円)】円は対ユーロで続落し、前日比45銭円安・ユーロ高の1ユーロ=124円05~15銭で取引を終えた。ドルに対する円売りが、対ユーロにも及んだ。
【NY原油先物】NYMEXで原油先物相場は3日ぶりに反発した。WTIで期近の7月物は前日比0.28ドル高の1バレル44.74ドルで取引を終えた。値ごろ感から買い優勢で始まったが、次第に伸び悩んで終えた。早朝は買いが先行した。前日に5月上旬以来の安値を付けており、週末を前に持ち高を調整する目的の買いが入った。ただ、供給過剰への警戒感は根強く、上値を追う動きは限られた。欧米メディアによると、産油国のリビアで国営石油会社の生産が数日内にも節目の日量90万バレルに達する見込み。リビアはOPEC加盟国だが減産を免除されており、このところ生産量が増加しつつある。カナダで今後3年でオイルサンドの生産量が急増するとの見通しも伝わり、需給バランスの悪化懸念に拍車が掛かったという。石油サービス会社ベーカー・ヒューズが午後に発表した米原油掘削装置(リグ)の稼働数は22週続けて増えたが、相場の反応は限られた。ガソリンとヒーティングオイルはともに続伸した。
【NY金先物】NY金先物相場は反発した。COMEXで取引の中心である8月物は、前日比1.9ドル高の1トロイオンス1256.5ドルで終えた。14日のFOMC後に大きく下げており、週末前の16日は持ち高調整を目的とした買いが優勢だった。朝方発表された米経済指標が軒並み低調だったことも安全資産とされる金の買いを誘った。5月の米住宅着工件数は市場予想に反して前月から減少し、6月の消費者態度指数(ミシガン大学)速報値も市場予想を大幅に下回った。銀は続落。プラチナは反発した。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

本日の東京市場概況

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 6月16日(金)16時23分1秒
返信・引用 編集済
  東京市場・本日(2017.06.16)の結果   5日ぶり反発 !   嬉しいな 

            始値       高値      安値     終値
☆日経平均          19931.15     20015.16    19884.80   19943.26(+111.44)
☆TOPIX         1595.51      1602.91     1591.62    1596.04(+  7.95)
☆JPX400         14203.38     14272.60    14169.27   14207.89(+ 73.95)
☆東証一部出来高      22.86億株
☆東証一部売買代金   31900円
☆騰落銘柄数         値上り    1237,   値下り    652,   変らず    129,
     ※為替は18:30以降に表示しています。
☆東京為替(ドル/円)     110.93      111.38     110.85      111.25(+  1.61)
          (ユーロ/円)     123.67      124.22     123.56      124.09(+  1.18)
☆騰落レシオ   (警戒水域 70.00%以下、130.00%以上)       98.87%(+  4.06)
☆RSI       (警戒水域  30.00%以下、 70.00%以上)      60.50%(+  4.10)
☆東証1単純平均                                       2844.62円(+  7.00)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底値ゾーン)
          N225    ○○●●○●○●●●●○    5勝 7敗   41.67%(+  8.33)
          TOPIX   ○○●●○●○●○●●○    6勝 6敗   50.00%(+  8.33)
          JPX400  ○○●●●●●○○●●○    5勝 7敗   41.67%(+  8.33)

東京株式・為替市場コメント
【東京株式概況】16日の東京株式市場で日経平均は5営業日ぶりに反発した。英ポンドの急伸や米国の利上げ継続の見通しから円の対ドル相場が大幅に下げ、、輸出関連銘柄に採算改善を期待した買いが入った。日銀が同日昼に金融緩和策の現状維持を決め、日米金利差の長期的な拡大期待につながったのも相場を支えた。午後には取引時間中としては2日ぶりに一時2万円を上回った。JPX日経インデックス400、TOPIXも3日ぶりに反発した。

市場からは「日経平均2万円乗せ後は上値が重いが、25日線がサポートラインになっている。もうしばらく日柄調整を挟むかもしれないが、それを経て再度上に向かうイメージだ。ただ、外国人買いが入らないと上には行きにくい」との声が聞かれた。

業種別では、JPモルガン証券が投資判断・目標株価を引き上げた商船三井 <9104>と郵船 <9101> などの海運株が上昇。野村 <8604> 、大和証G <8601> などの証券商品先物株も高い。ソフトバンク <9984> 、NTT <9432> などの情報通信株やHOYA <7741> 、オリンパス <7733> などの精密株も買われた。個別では、タカタ <7312> の民事再生法報道でエアバッグの代替需要が思惑視された芦森工 <3526> が急騰。パソナ <2168> 、オハラ <5218> 、レナウン <3606> 、新川 <6274> などの上げも目立った。

半面、関西電 <9503> 、大ガス <9532> などの電気ガス株軟調。日水 <1332> 、マルハニチロ <1333> などの水産農林株も売られ、大株主の投資ファンド「ベインキャピタル」が海外で株式を売り出すと発表したすかいらーく <3197> や、良品計画 <7453> などの小売株も安い。個別では、アイエスビー <9702> 、フォーカス <4662> 、中央発條 <5992> 、CTS <4345> などの下げが目立った。民事再生法の適用申請に向け最終調整入りと報じられたタカタ <7312> は報道の真偽等の確認のため、午前8時20分から売買停止。
-----------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 6月16日(金)07時49分15秒
返信・引用 編集済
  本日の外資系動向                

  売り :       1830万株      240億円
  買い :       680万株      143億円
  -------------------------------------
  差引 :     -1150万株      -97億円

※外資系動向は業界関係者からヒアリングした非公式な情報です。

本日の株価材料(国内)

日経産業
・ALSOK<2331.T>が国際会議などのセキュリティを強化
・GSユアサ<6674.T>がアイドリングストップ車向け蓄電池開発
・イーレックス<9517.T>がシンガポールでバイオマス燃料調達会社設立

日刊工業
・富士フイルム<4901.T>が半導体生産向けフォトレジスト生産を増強
・日通<9062.T>がインドネシアで店舗配送などの販売物流に参入
・ミライトHD<1417.T>がドローン活用サービスを提供へ
・サンワテクノス<8137.T>がデータ収集用工場向けソフトウエアに参入
・JVCKW<6632.T>が業務用無線事業を本格化

市場スケジュール(国内)

黒田日銀総裁会見

市場スケジュール(海外)

AIIB 年次総会(~6/18韓国)
米5月住宅着工件数(21:30)
米5月建設許可件数(21:30)
米6月ミシガン大学消費者信頼感指数(23:00)
休場:南ア

日本市場の主な決算発表銘柄社数  1件

西松屋チェーン (7545)

------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます(NY市場)

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 6月16日(金)07時45分4秒
返信・引用
  NY市場・前日(2017.06.15)の結果  小幅反落 !   嫌になっちゃう~

             Farst       High        Low         Last
☆NYダウ          21291.69    21367.28    21261.87    21359.90(- 14.66)
☆S&P500          2424.14     2433.95     2418.53     2432.46(-  5.46)
☆NYナス           6127.05     6170.15     6107.85     6165.50(- 29.39)
☆CME225先物(円ベース)   19830       19935       19705       19870(+ 60.00)
    ※CME225先物は円建てであり、前日比は前日の大証日中終値比を記載
☆NY為替(ドル/円)    109.58      110.98      109.27      110.92(+  1.34)
☆原油先物(WTI)        44.69       44.81       44.32       44.46(-  0.27)
☆NY金先物(Gold)     1262.70     1268.50     1252.70     1254.60(- 21.30)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底1値ゾーン)
        NYダウ     ●○○●●○○○●○○●   7勝 5敗    58.33%(   0.00)
        ナスダック     ●○○●●○○●●○●●   5勝 7敗    41.67%(   0.00)

※中国上海指数       3125.59    3137.59     3117.08     3132.49(+  1.81)
     サイコロジカル      ○●○●○○○○●○●○  8勝 4敗    66.67%(   0.00)

NY株式・為替・商品市場コメント
【NY株式概況】15日の米株式市場でダウ平均は3営業日ぶりに反落し、前日比14.66ドル安の2万1359.90ドルで終えた。アップルなど主力のハイテク株への売りが続き、前日に上げたゴールドマン・サックスなど金融株も下落した。ダウ平均は朝方に110ドル超下げたが、午後にかけて下げ渋った。アナリストが目標株価を引き上げた航空機のボーイングなどが買われ、相場を支えた。ナスダックは続落し、同29.391P安の6165.501Pで終えた。
【CME225先物(円ベース)】日経平均先物は小反発した。9月物は前日比20円高の1万9870円で引け、15日の大取終値を60円上回った。前日のFOMCを受けて円安が進み、日本株買いにつながった。ただ米株がハイテク株主導で下げ、日経平均先物の上値を重くした。この日の9月物高値は1万9935円、安値は1万9705円。推定売買高は5万6717枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)。
【NY為替(ドル/円)】NY外国為替市場で円相場は大幅に反落し、前日比1円40銭の円安・ドル高となる1ドル=110円90銭~111円00銭で取引を終えた。前日のFOMCの結果を受け、米国で金融政策の正常化が進むとの見方が改めて強まった。米長期金利が上昇し、日米金利差の拡大を見込んだ円売り・ドル買いを誘った。FRBは14日に追加利上げを決めた。日欧市場では実際の米利上げペースは緩やかになるとの見方から円高・ドル安が進んだが、NY市場に入るとドル買いが優勢になった。「FOMCでは経済や金利の見通しがほぼ維持されたうえ、量的緩和で膨らんだ資産の圧縮にも積極的だと受け止めた投資家がドルを買った」との指摘が多かった。金融緩和が長引く日本との政策方針の違いを意識した円売り・ドル買いを誘った面もあった。日銀は16日まで開く金融政策決定会合で「金融緩和策を維持し、正常化に向けた方針も示さない公算が大きい」との観測が聞かれた。米株式相場が取引終了にかけて下落幅を縮めたことも、低リスク通貨とされる円の重荷だった。円の安値は取引終了前につけた110円98銭。高値は朝方につけた110円09銭だった。
【NY為替(ユーロ/円)】円は対ユーロで反落。前日比75銭円安・ユーロ高の1ユーロ=123円60銭~70銭で取引を終えた。ドルに対する円売り圧力が強まり、ユーロに対しても円売りが波及した。
【NY原油先物】NYMEXで原油先物相場は続落した。WTIで期近の7月物は、前日比0.27ドル安の1バレル44.46ドルで取引を終えた。需給緩和を懸念した売りが続いた。一時は44.32ドルと期近物として5月5日以来、およそ1ヶ月ぶりの安値を付けた。特に目新しい材料はなかったが、需給の緩みが長期化するとの見方が相場の重荷となった。13日にOPECが発表した月報で加盟国の増産が明らかになり、14日に米エネルギー情報局が発表した週間の在庫統計ではガソリン在庫が市場予想に反して増加した。国際エネルギー機関が14日に発表した月報は、来年にかけて米国などの増産が続く見通しを示した。市場では供給が需要を上回る状態が長引く可能性が改めて意識されたという。米株式市場で主要ハイテク株への利益確定売りが続いた。投資家が運用リスクを取りにくくなり、原油の持ち高を手じまう目的の売りも出やすかった。ガソリンとヒーティングオイルは反発した。
【NY金先物】NY金先物相場は大幅反落した。COMEXで取引の中心である8月物は前日比21.3ドル安の1トロイオンス1254.6ドルで取引を終えた。外国為替市場でドルが対主要通貨で上昇し、ドルの代替資産として逆の動きをしやすい金が売られた。FRBが前日までのFOMCで利上げし、量的緩和で膨らんだ保有資産の縮小を年内に開始する方針も示した。金融政策の正常化が進み、金市場への資金流入が減るとの警戒感も売りを誘った。銀とプラチナも反落した。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

本日の東京市場概況

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 6月15日(木)15時49分3秒
返信・引用 編集済
  東京市場・本日(2017.06.15)の結果  4日続落 !    嫌になっちゃう~

            始値       高値      安値     終値
☆日経平均          19815.54     19963.36    19755.34   19831.82(- 51.70)
☆TOPIX         1586.99      1598.03     1581.68    1588.09(-  3.68)
☆JPX400         14129.97     14231.39    14079.12   14133.94(- 42.32)
☆東証一部出来高      18.82億株
☆東証一部売買代金   24775円
☆騰落銘柄数         値上り    817,   値下り    1063,   変らず    139,
     ※為替は18:30以降に表示しています。
☆東京為替(ドル/円)     109.57      109.80     109.28      109.64(-  0.45)
          (ユーロ/円)     122.93      123.19     122.52      122.91(-  0.58)
☆騰落レシオ   (警戒水域 70.00%以下、130.00%以上)       94.81%(-  1.41)
☆RSI       (警戒水域  30.00%以下、 70.00%以上)      56.40%(+  3.50)
☆東証1単純平均                                       2837.62円(+  3.12)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底値ゾーン)
          N225    ●○○●●○●○●●●●    4勝 8敗   33.33%(   0.00)
          TOPIX   ●○○●●○●○●○●●    5勝 7敗   41.67%(-  8.33)
          JPX400  ●○○●●●●●○○●●    4勝 8敗   33.33%(-  8.33)

東京株式・為替市場コメント
【東京株式概況】15日の東京株式市場で日経平均は4日続落した。14日発表の米経済指標が振るわず、米利上げペースの鈍化で円高・ドル安が進むとの見方から売りが出た。海外ヘッジファンドなど短期志向の投資家が下げを主導したとの声は多く、下げ幅は一時128円安まで広がった。FRBは14日に3ヶ月ぶりの利上げを決めた。保有資産縮小の年内開始に初めて言及し、年3回とする2018年以降の利上げペースを維持した。景気判断も小幅に引き上げ、金融政策の正常化に向けて「タカ派寄り」の姿勢を示した。一方、同日発表の5月の米消費者物価指数(CPI)は前月比で下落に転じ、5月の米小売売上高が市場予想を下回った。FRBは18年に3回の利上げを見込んでいるが、米景気の減速で利上げペースが鈍化するとの見方から円高・ドル安が進み、日本株相場の重荷となった。国内外の機関投資家は様子見姿勢を強めた。金融引き締めが早期に進めば、カネ余りによる株高が一服するとの見方が根強かった。JPX日経インデックス400、TOPIXも続落した。

市場では「FOMC後の株式市場の反応がまちまちで、方向感が出なかったことから、今晩の米国株式の動きを見たいとして、様子見となったようだ」との声が聞かれた。

業種別では、浜ゴム<5101>やブリヂス<5108>などのゴム株や、新日鉄住金<5401>、JFE<5411>などの鉄鋼株が下落。出光興産<5019>、JXTG<5020>などの石油石炭株や、第一生命HD<8750>、東京海上<8766>などの保険株も安い。三井金属<5706>、住友鉱<5713>などの非鉄金属株や、三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>などの銀行株も軟調。郵船<9101>、商船三井<9104>などの海運株や、大和証G<8601>、野村<8604>などの証券株も売られた。

個別では、エムアップ<3661>、大真空<6962>、トーセ<4728>、Fロジック<6037>、ルネサス<6723>などが下落。半面、Hamee<3134>、KLab<3656>、エンシュウ<6218>、オルトプラス<3672>、インフォMT<2492>などが上昇した。
-----------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

3Q減益受け急落!!!

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 6月15日(木)11時00分42秒
返信・引用
           明豊エンター(8927JQ) 

17.06.14【明豊エンタ、2-4月期(3Q)経常は74%減益】

明豊エンタープライズ <8927> [JQ] が6月14日大引け後(15:00)に決算を発表。17年7月期第3四半期累計(16年8月-17年4月)の連結経常利益は前年同期比7.7%増の3億4900万円に伸び、通期計画の4億4000万円に対する進捗率は79.3%に達したものの、5年平均の85.4%を下回った。会社側が発表した第3四半期累計の実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した5-7月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比11.0%増の9100万円に伸びる計算になる。直近3ヵ月の実績である2-4月期(3Q)の連結経常利益は前年同期比74.4%減の1億2900万円に大きく落ち込み、売上営業利益率は前年同期の17.8%→9.3%に大幅低下した。 株探ニュース
・3ヶ月業績の推移【実績】
   決算期  売上高 営業益 経常益 最終益 1株益 損益率  発表日
 16.02-04   2,942   524    503     414   16.8   17.8 16/06/14
 16.05-07  1,620    99     82      97    3.9    6.1 16/09/14
 16.08-10  1,472    92     66      37    1.5    6.2 16/12/15
 16.11-01   1,818   198    154     152    6.2   10.9 17/03/16
 17.02-04   1,737   162    129     123    5.0    9.3 17/06/14
  前期比   -41.0 -69.1  -74.4   -70.3  -70.2
・第3四半期累計決算【実績】
   決算期  売上高 営業益 経常益 最終益 1株益 進捗率   発表日
  14.08-04   3,043    113     55     54    2.2   21.7  15/06/12
  15.08-04   4,154    360    324    217    8.8   79.8  16/06/14
  16.08-04   5,027    452    349    312   12.7   79.3  17/06/14
    前期比   +21.0  +25.6   +7.7  +43.8  +44.3
・通期実績推移及び予想
   決算期  売上高 営業益 経常益 最終益 1株益 1株配   発表日
  2014.07   4,856    212    147    231    9.4   0.00  14/09/12
  2015.07   5,177    332    253    239    9.7   0.00  15/09/14
  2016.07   5,774    459    406    314   12.7   0.00  16/09/14
予2017.07   8,500    580    440    410   16.6   0.00  16/09/14
   前期比   +47.2  +26.4   +8.4  +30.6  +30.7
・今下期予想
   決算期  売上高 営業益 経常益 最終益 1株益 1株配   発表日
  15.02-07  3,163    229    192    179    7.3   0.00  15/09/14
  16.02-07  4,562    623    585    511   20.7   0.00  16/09/14
予17.02-07  5,210    290    220    221    9.0   0.00  17/03/16
    前期比  +14.2  -53.5  -62.4  -56.8  -56.5    
 

おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 6月15日(木)07時37分14秒
返信・引用 編集済
  本日の外資系動向                

  売り :       700万株       84億円
  買い :      300万株       60億円
  -------------------------------------
  差引 :     -400万株      -24億円

※外資系動向は業界関係者からヒアリングした非公式な情報です。

本日の株価材料(国内)

日経産業
・シャープ<6753.T>が液晶技術活用で保冷・保温材開発
・JUKI<6440.T>がロボ活用でミシンの生産効率向上
・enish<3667.T>が月額制洋服レンタルを拡充
・リクルート<6098.T>系がデジタルハリウッドと提携し就職支援へ
・CTC<4739.T>が新規ビジネス創造支援サービスを開始

日刊工業
・新明和<7224.T>が空港旅客塔乗橋を3次元表示で遠隔監視開発
・ソフトバンテク<4726.T>がプロジェクト管理資格社員を倍増
・ユニー・ファミマ<8028.T>系がグーグルと協業で業務改善図る
・NTT<9432.T>系がセキュリティー製品の運用代行サービス提供

市場スケジュール(国内)

日銀金融政策決定会合(~5/16)
5月首都圏新規マンション発売(13:00)

市場スケジュール(海外)

NZ1-3月期GDP(7:45)
トルコ中銀金融政策決定会合
英国金融政策発表
米5月輸出入物価(21:30)
米6月NY連銀製造業景気指数(21:30)
米6月フィラデルフィア
連銀製造業景況感指数(21:30)
米5月鉱工業生産・設備稼働率(22:15)
米6月NAHB住宅市場指数(23:00)
核兵器の法的禁止措置について交渉する国連会議(~7/7NY)
休場:ブラジル

------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます(NY市場)

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 6月15日(木)07時34分54秒
返信・引用
  NY市場・前日(2017.06.14)の結果  続伸 !   嬉しいな

             Farst       High        Low         Last
☆NYダウ          21342.71    21391.97    21294.09    21374.56(+ 46.09)
☆S&P500          2443.75     2443.75     2428.34     2437.92(-  2.43)
☆NYナス           6237.46     6237.53     6153.55     6194.89(- 25.48)
☆CME225先物(円ベース)   19945       19970       19715       19850(- 30.00)
    ※CME225先物は円建てであり、前日比は前日の大証日中終値比を記載
☆NY為替(ドル/円)    110.07      110.34      108.83      109.60(-  0.47)
☆原油先物(WTI)        45.94       46.49       44.54       44.73(-  1.73)
☆NY金先物(Gold)     1268.40     1284.20     1259.00     1275.90(+  7.30)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底1値ゾーン)
        NYダウ     ●●○○●●○○○●○○   7勝 5敗    58.33%(+  8.33)
        ナスダック     ●●○○●●○○●●○●   5勝 7敗    41.67%(-  8.33)

※中国上海指数       3146.75    3149.17     3125.35     3130.67(- 23.07)
     サイコロジカル      ○○●○●○○○○●○●  8勝 4敗    66.67%(-  8.33)

NY株式・為替・商品市場コメント
【NY株式概況】14日の米株式市場でダウ平均は続伸、連日で過去最高値を更新した。FRBは14日まで開いたFOMCで追加利上げを決めた。米長期金利の低下が一服し、利ざや縮小への警戒から下げていたゴールドマン・サックスなどの金融株に買い戻しが活発となりダウ平均を押し上げた。FOMC参加者の中心は年内の実質GDP見通しを引き上げた半面、物価見通しは小幅に下方修正した。米景気の回復期待が浮上しているものの、インフレ圧力は鈍くFRBは積極的な金融引き締めには動きにくいとの見方も株式の買い安心感につながった。ナスダックは反落した。FOMCの結果公表後にアップルのほか、アマゾン・ドット・コムやアルファベット(グーグル)、フェイスブックといった主力のハイテク株に売りがかさみ、指数を下押しした。
【CME225先物(円ベース)】日経平均先物は反落した。9月物は前日比65円安の1万9850円で引け、14日の大取終値を30円下回った。5月の米消費者物価指数(CPI)など低調な景気指標を手がかりに円が反発し、売りが先行した。その後、FOMCで追加利上げが決まり、円が伸び悩むにつれ下げ幅を縮めた。ダウ平均の最高値更新も下値を支えた。この日の6月物安値は1万9715円、高値は1万9970円。推定売買高は4万7890枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)。
【NY為替(ドル/円)】NY外国為替市場で円相場は反発し、前日比50銭円高・ドル安の1ドル=109円50~60銭で取引を終えた。市場予想を下回る物価指標などを手がかりとした円買い・ドル売りが優勢だった。FRBが追加利上げを決めたFOMC後は対主要通貨でドルが買い戻され、円も伸び悩んで終えた。一時は108円81銭と4月20日以来、およそ2ヶ月ぶりの水準まで円高・ドル安が進んだ。朝方に発表された5月の米消費者物価指数(CPI)が前月比で0.1%下落し、エネルギー・食品を除くコア指数も市場予想ほど伸びなかった。市場では「物価の伸び悩みが一段と鮮明になった」との指摘があった。5月の米小売売上高は横ばいとの予想に反して前月から減少し、企業在庫も減少するなど全般的に低調な経済指標が目立った。経済指標の発表を受けて米10年債利回りが一時2.10%と昨年11月以来、およそ7ヶ月ぶりの水準に低下した。日米金利差の縮小を手がかりとした円買い・ドル売りも目立った。FOMC後には円が上げ幅を縮小した。FRBはこの日まで開いたFOMCで0.25%の利上げを決めた。声明では量的金融緩和で膨らんだ保有資産の縮小を年内に開始することを初めて明記し、再投資を縮小するペースも具体的に示した。FRBが想定以上に金融政策の正常化に積極的との受け止めがあった。FOMCの政策金利見通しでは、年内の利上げ回数の予測が「3回」から変わらなかった。物価上昇圧力が鈍っているとの見方を背景に、市場の一部ではFRBが年後半の利上げに慎重な姿勢を示すとの思惑があった。FRBが緩やかな引き締めを続ける姿勢を示したため、ドルの買い戻しを誘ったという。この日の円の安値は110円32銭だった。
【NY為替(ユーロ/円)】円は対ユーロで反発し、前日比50銭円高・ユーロ安の1ユーロ=122円85~95銭で取引を終えた。対ドルで円が上げ、対ユーロでも円買いが波及した。
【NY原油先物】NYMEXで原油先物相場が4営業日に反落した。WTIで期近の7月物の終値は、前日比1.73ドル(3.7%)安の1バレル44.73ドルと節目の45ドルを割った。米国の在庫が想定ほど減らず、長期的な需給の緩みを見込んだ売りが膨らんだ。一時は44.54ドルと、期近物では5月5日以来ほぼ1ヶ月ぶりの安値を付けた。朝方から売りが優勢だった。IEAが6月の石油市場月報で、米国など主要産油国ではない地域で2018年まで増産基調が続くとの見通しを示した。世界の原油在庫がOPECの目標水準まで減らない可能性があると指摘し、先物に売りが出た。EIAが午前に週間の石油在庫統計を発表すると一段安となった。原油在庫の減少幅が市場予想より小幅にとどまり、ガソリン在庫は減少を見込んでいた予想に反して増加した。夏場のドライブシーズンにも関わらず、需要が高まっていない受け止められた。ガソリン需要が低調なら原油需要も伸び悩むとみた売りが膨らんだ。FRBは14日まで開いたFOMCで、市場の予想通りに追加利上げを決めた。原油市場の関心は需給要因に集中していたため、FOMCへの相場の反応は限られた。ガソリンとヒーティングオイルは反落した。
【NY金先物】金先物相場は6営業日ぶりに反発した。COMEXで取引の中心である8月物は前日比7.3ドル高の1トロイオンス1275.9ドルで終えた。朝方に外国為替市場でドルが主要通貨に対して下落した局面で、ドルの代替投資先とされる金に資金が流入した。ただ、午後の時間外取引では下げに転じた。FOMCでは追加利上げに加え、年内にFRBの資産縮小を開始すると決めた。金融政策の正常化が進むとの見方から、金市場への資金流入が細ると警戒した売りを誘った。銀も6営業日ぶりに反発。プラチナは反発した。

------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

本日の東京市場概況

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 6月14日(水)16時20分24秒
返信・引用 編集済
  東京市場・本日(2017.06.14)の結果  3日続落 !    嫌になっちゃう~

            始値       高値      安値     終値
☆日経平均          19974.56     20009.93    19879.60   19883.52(- 15.23)
☆TOPIX         1599.34      1601.54     1591.77    1591.77(-  1.74)
☆JPX400         14237.31     14253.61    14176.06   14176.26(- 13.96)
☆東証一部出来高      17.01億株
☆東証一部売買代金   22075円
☆騰落銘柄数         値上り    774,   値下り    1082,   変らず    162,
     ※為替は18:30以降に表示しています。
☆東京為替(ドル/円)     110.07      110.13     109.95      110.09(-  0.04)
          (ユーロ/円)     123.40      123.57     123.33      123.49(+  0.19)
☆騰落レシオ   (警戒水域 70.00%以下、130.00%以上)       96.22%(-  2.25)
☆RSI       (警戒水域  30.00%以下、 70.00%以上)      52.90%(-  3.30)
☆東証1単純平均                                       2834.50円(-  0.86)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底値ゾーン)
          N225    ●●○○●●○●○●●●    4勝 8敗   33.33%(   0.00)
          TOPIX   ○●○○●●○●○●○●    6勝 6敗   50.00%(-  8.33)
          JPX400  ○●○○●●●●●○○●    5勝 7敗   41.67%(   0.00)

東京株式・為替市場コメント
【東京株式概況】14日の東京株式市場で日経平均は3日続落した。13日の米株高を好感し、朝方に取引時間中としては3営業日ぶりに2万円の大台を回復した。その後はFOMCの結果発表を前にIT関連銘柄を中心に売りが出て、大引けにかけて下落した。買いが先行したソフトバンクや東エレクなどの主力IT関連銘柄は売りに押された。13日の米国株式市場で下落していたハイテク株が持ち直し上昇した流れから買われたものの、年始から見れば大幅に上昇している日本のハイテク株には持ち高調整の売り圧力が強まっている。電気機器では日電産や日立、村田製も下落した。JPX日経インデックス400、TOPIXは反落した。

市場からは「FOMCの結果待ちだが、15-16日開催の日銀金融政策決定会合とともに、イベントが無事通過となれば、再び堅調相場を取り戻そう。米国株は過熱感があるが、崩れるとは思えず、日本株は出遅れている」との声が聞かれた。

業種別では、JAL<9201>、ANA<9202>などの空運株が堅調。大口顧客の運賃改定で平均15%以上の値上げを求めると報じられたヤマトHD<9064>や、JR東日本<9020>などの陸運株も高い。帝人<3401>、東レ<3402>などの繊維製品株も買われた。個別では、日星電気(静岡県浜松市)、トヨタ自動車<7203>などと共同でレーザ発振器の冷却構造、およびこれを使用したファイバレーザ装置を開発し特許を取得したエンシュウ<6218>がストップ高。世界最小で最薄の水晶振動子と発振器を開発した大真空<6962>や、18年4月期は連結営業利益4.6%増を見込み1対10の株式分割を実施するヤーマン<6630>もストップ高。18年4月期は連結営業利益6.7%増を見込み
50円増配予定の東建コーポ<1766>や、トーセ<4728>、Sサイエンス<5721>、ジンズメイト<7448>などの上げも目立った。

半面、JXTG<5020>、出光興産<5019>などの石油石炭製品株が軟調。古河電工<5801>、東邦鉛<5707>などの非鉄金属株や、第一生命HD<8750>、T&DHD<8795>などの保険株も安い。個別では、KLab<3656>、エムアップ<3661>、ルネサス<6723>、フォーカス<4662>、スターティア<3393>などの下げが目立った。
-----------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 6月14日(水)07時18分44秒
返信・引用 編集済
  本日の外資系動向                

  売り :      1910万株      239億円
  買い :     1800万株      278億円
  -------------------------------------
  差引 :     -110万株      +39億円

※外資系動向は業界関係者からヒアリングした非公式な情報です。

本日の株価材料(国内)

日経産業
・凸版印<7911.T>が優良顧客選別するマーケティング手法開発
・シャープ<6753.T>がOS内蔵型電子看板を発売
・住友精<6355.T>が航空機の降着装置の修理・メンテを拡大

日刊工業
・出光興産<5019.T>などが国内で石油化学原料を融通
・NEC<6701.T>系が高齢者向け会話訓練システム開発
・村田製<6981.T>がLPWA通信モジュールをサンプル出荷
・東芝<6502.T>系が眼球データでバス運転手の眠気を監視
・パナソニック<6752.T>が来年1月に情報調達をケムシェルパに
・岩田産<8088.T>がバイオマス発電向けにヤシ殻輸入販売拡大

市場スケジュール(国内)

4月鉱工業生産指数確報値

市場スケジュール(海外)

イエレンFRB 議長会見(経済見通し)
中国5月鉱工業生産(11:00)
中国5月小売売上高(11:00)
中国5月都市部固定資産投資(11:00)
米5月小売売上高(21:30)
米5月消費者物価(21:30)
米4月企業在庫(23:00)

日本市場の主な決算発表銘柄社数  20件

東京ドーム (9681) サンバイオ (4592) エニグモ (3665) バロック (3548)
アルデプロ (8925) 丸善CHIH (3159) オハラ (5218) Hamee (3134)
ファーストロジ (6037) 3Dマトリックス (7777) 菊池製作所 (3444)
サクセスH(6065) 明豊E(8927) HyAS&CO.(6192) バリューゴルフ(3931)

------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます(NY市場)

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 6月14日(水)07時14分43秒
返信・引用
  NY市場・前日(2017.06.13)の結果  反発 !   嬉しいな

             Farst       High        Low         Last
☆NYダウ          21256.83    21332.77    21256.83    21328.47(+ 92.80)
☆S&P500          2434.15     2441.49     2431.28     2440.35(+ 10.96)
☆NYナス           6206.12     6226.41     6180.04     6220.37(+ 44.90)
☆CME225先物(円ベース)   19825       19930       19800       19915(+ 25.00)
    ※CME225先物は円建てであり、前日比は前日の大証日中終値比を記載
☆NY為替(ドル/円)    109.85      110.27      109.83      110.07(+  0.12)
☆原油先物(WTI)        46.01       46.57       45.56       46.46(+  0.38)
☆NY金先物(Gold)     1267.70     1271.00     1260.50     1268.40(-  0.30)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底1値ゾーン)
        NYダウ     ●●●○○●●○○○●○   6勝 6敗    50.00%(   0.00)
        ナスダック     ○●●○○●●○○●●○   6勝 6敗    50.00%(   0.00)

※中国上海指数       3134.01    3155.99     3131.04     3153.74(+ 13.87)
     サイコロジカル      ○○○●○●○○○○●○  9勝 3敗   75.00%(   0.00)

NY株式・為替・商品市場コメント
【NY株式概況】13日の米株式市場でダウ平均は反発し、2営業日ぶりに最高値を更新して終えた。前日まで下落が続いたアップルなど主力IT関連株が持ち直し、投資家心理が改善。規制緩和への期待から金融株が買われたのも指数を押し上げた。「FAANG」と呼ばれる、フェイスブックやアマゾン・ドット・コム、アップル、ネットフリックス、グーグルの持ち株会社アルファベットといった時価総額の大きい主力IT株がそろって反発した。マイクロソフトや画像処理半導体(GPU)大手のエヌビディアなど前日まで大きく下げた銘柄にも買いが入り、投資家心理が改善した。12日夕に米財務省がオバマ前政権下で成立したドッド・フランク法(金融規制改革法)刷新に向けた報告書を公表した。一定以下の資産規模の金融機関を資産査定(ストレステスト)や自己勘定取引を制限するボルカー・ルールの対象から外すことなどを提案。立法措置が不要な案が多く、規制緩和の実現を意識した買いが金融株に入った。ナスダックは3営業日ぶりに反発した。主力IT株が軒並み反発し、指数を押し上げた。多くの投資家が運用指標に据えるS&P500も3営業日ぶりに反発し、最高値を更新した。
【CME225先物(円ベース)】日経平均先物は反発した。9月物は前日比105円高の1万9915円で終え、大阪取引所の終値を25円上回った。米株式相場の反発で投資家心理が改善。外国為替市場での円安進行もあって買われた。だが、14日にFOMCの結果公表と、イエレンFRB議長の記者会見を控え、市場の様子見ムードは強かった。取引は低調で推定売買高は2万3112枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)。
【NY為替(ドル/円)】NY外国為替市場で円相場は小幅に反落した。前日比10銭の円安・ドル高の1ドル=110円00~10銭で取引を終えた。欧米の株高や米物価指標の改善を背景にした円売り・ドル買いが優勢だった。だが、14日にFOMCの結果公表を控え、相場は方向感に乏しかった。13日の米株式市場では、前日まで大きく下げていたアップルなど主力ハイテク株が軒並み反発し、ダウ平均も過去最高値を更新した。投資家のリスク回避姿勢が和らぐとの見方から低金利で投資資金の調達通貨とされる円には売りが広がった。朝方発表の5月の米卸売物価指数(PPI)は、食品とエネルギーを除くコア指数は前月比0.3%上昇し、市場予想(0.1%上昇)を上回った。このところ伸び悩んでいた物価指標の改善で、FRBが利上げに動きやすくなるとの見方も円売り・ドル買いを誘った。円相場は上げに転じる場面もあった。14日に結果が公表されるFOMCでは追加利上げが確実視されているものの、「焦点は米経済の見通しをどう捉えているかだ」との声は多い。今後の金融政策運営を読み解くうえで、FOMC参加者の見通しやイエレンFRB議長の記者会見を見極めたいとして、持ち高調整を目的とした円買い・ドル売りが入りやすく、円相場を支えた。円の安値は110円22銭、高値は109円90銭だった。
【NY為替(ユーロ/円)】円は対ユーロで反落した。前日比25銭の円安・ユーロ高の1ユーロ=123円35~45銭で終えた。欧米の株高を背景に対ユーロでも円には売りが優勢だった。
【NY原油先物】NYMEXで原油先物相場は3日続伸した。WTIで、期近の7月物は前日比0.38ドル高の1バレル46.46ドルで取引を終えた。OPECの月報を受けて売りが先行したものの、将来の需給改善が意識され次第に買いが優勢となった。OPECが13日公表した月報によると、加盟国の生産量は5月が前月から33万6000バレル増え、日量3214万バレルになった。協調減産が免除されているリビアやナイジェリアの大幅増産が押し上げたほか、OPEC最大の産油国サウジアラビアの減産も一服した。協調減産に伴う原油の需給引き締めの効果は限られるとの見方から先物には売りが広がった。売りが一巡した後は先物の買い戻しが活発となった。EIAが14日発表する週間の石油在庫統計について、市場では原油在庫が前週から減ると予想が多い。サウジは7月に中国を含む一部アジア諸国と米国向けの輸出を減らすと伝わったのも需給改善を期待した買いにつながった。ガソリンとヒーティングオイルも反発した。
【NY金先物】NY金先物相場は小幅ながら5日続落した。COMEXで取引の中心である8月物は前日比0.3ドル安の1トロイオンス1268.6ドルで終えた。FRBは13~14日のFOMCで追加利上げするとの見方は多く、金利の付かない金の先物には持ち高調整を目的とした売りが続いた。銀も5日続落し、プラチナは3営業日ぶりに反落した。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

本日の東京市場概況

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 6月13日(火)16時11分16秒
返信・引用 編集済
  東京市場・本日(2017.06.13)の結果  小幅続落 !    嫌になっちゃう~

            始値       高値      安値     終値
☆日経平均          19859.81     19929.03    19850.86   19898.75(-  9.83)
☆TOPIX         1589.08      1597.08     1588.72    1593.51(+  1.96)
☆JPX400         14148.91     14220.64    14144.66   14190.22(+ 19.05)
☆東証一部出来高      16.14億株
☆東証一部売買代金   21192円
☆騰落銘柄数         値上り    1106,   値下り    748,   変らず    164,
     ※為替は18:30以降に表示しています。
☆東京為替(ドル/円)     109.95      110.14     109.83      110.13(-  0.10)
          (ユーロ/円)     123.17      123.33     123.02      123.30(-  0.24)
☆騰落レシオ   (警戒水域 70.00%以下、130.00%以上)       98.47%(+  1.61)
☆RSI       (警戒水域  30.00%以下、 70.00%以上)      56.20%(-  4.50)
☆東証1単純平均                                       2835.36円(+  5.95)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底値ゾーン)
          N225    ●●●○○●●○●○●●    4勝 8敗   33.33%(   0.00)
          TOPIX   ○○●○○●●○●○●○    7勝 5敗   58.33%(+  8.33)
          JPX400  ●○●○○●●●●●○○    5勝 7敗   41.67%(+  8.33)

東京株式・為替市場コメント
【東京株式概況】13日の東京株式市場で日経平均は小幅に続落した。東エレクやソフトバンクなど直近に高値を付けていた値がさ株に利益確定売りが出た。一方で、資源株や不動産株など出遅れ株に資金が流入し、指数を下支えした。前週末から世界的にIT・ハイテク株が急落する流れが日本市場でも続いた。半導体関連や米エヌビディアに出資するソフトバンクが続落した。東エレクなど今期に大幅増益を見込む銘柄には、下値で押し目買いが入った。13日からFOMCが開催され、市場では利上げがほぼ確実視されている。利上げ後の米長期金利や為替がどう反応するかが読みづらく、持ち高を買いに傾けづらかった。値がさ株が下げる一方で、内需株を中心に幅広い銘柄に買いが入った。JPX日経インデックス400は続伸、TOPIXは反発した。

市場からは「底堅い動きだ。ハイテク系は売られているが、内需系が買われ、資金循環が利いており、センチメントは悪くない。ただ、FOMCを控えており、あすも全般はもみ合いか」との声が聞かれた。

業種別では、新日鉄住金<5401>、JFE<5411>などの鉄鋼株や、オリンパス<7733>、島津製<7701>などの精密株が軟調。野村<8604>などの証券商品先物株も売られた。個別では、株主優待制度の変更が売り材料視されたオンリー<3376>が大幅安。オルトプラス<3672>、東天紅<8181>、イーブック<3658>、Bガレージ<3180>などの下げも目立った。

半面、JX<5020>、コスモエネH<5021>などの石油石炭製品株が堅調。菱地所<8802>、三井不<8801>、住友不<8830>などの不動産株や、大成建<1801>、大林組<1802>、鹿島<1812>などの建設株も買われた。個別では、ゲーム関連でトーセ<4728>が4営業日連続のストップ高となり、フォーカス<4662>もストップ高。コラボ公式アプリ「乃木坂46~always with you~」の事前登録者数が15万人を突破したエムアップ<3661>や、スターティア<3393>、ルネサス<6723>、日本ライフL<7575>などの上げも目立った。
-----------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 6月13日(火)07時28分48秒
返信・引用 編集済
  本日の外資系動向                

  売り :       510万株       95億円
  買い :      720万株      102億円
  -------------------------------------
  差引 :     +210万株       +7億円

※外資系動向は業界関係者からヒアリングした非公式な情報です。

本日の株価材料(国内)

日経産業
・新コスモス<6824.T>がガス漏れ検知器点検を簡単にできる装置開発
・東レ<3402.T>がスポーツ衣料繊維の通気性50倍に
・JFEHD<5411.T>系がフィリピンで浄水場建設工事受注
・東洋電<6505.T>が鉄道用モーターや駆動装置を小型化
・大塚HD<4578.T>系が乳酸菌の風邪予防効果を確認
・エア・ウォーター<4088.T>が海外市場調査部隊を新設

日刊工業
・大和ハウス<1925.T>がICT活用運送会社仲介サービスを開始
・ホンダ<7267.T>が中国・武漢で年63万台まで生産能力増強
・鹿島<1812.T>が建設工事でAI活用自動施工計画ツールを導入
・三井物<8031.T>が交通やエネルギーでスリランカに再進出
・田辺三菱<4508.T>がMRの営業活動にAI活用

市場スケジュール(国内)

4-6月期法人企業景気予測調査(8:50)
20年国債入札

市場スケジュール(海外)

FOMC(~6/14)
独6月ZEW 景況感指数(18:00)
米5月生産者物価(21:30)
ゲーム見本市「E3」開催(~6/15ロサンゼルス)
米30年国債入札

日本市場の主な決算発表銘柄社数  20件

コーセル (6905) ヤーマン (6630) TASAKI (7968) トーエル (3361)
ファーマフーズ (2929) OM2ネット (7614) きんえい (9636) 小林産業 (8077)
石井表記 (6336) ウエスコH (6091) GENEPA (3195) ナイガイ (8013)
ジャストプラン (4287) 太洋基礎工業 (1758) ミサワ (3169)

------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます(NY市場)

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 6月13日(火)07時26分46秒
返信・引用
  NY市場・前日(2017.06.12)の結果  反落 !   嫌になっちゃう~

             Farst       High        Low         Last
☆NYダウ          21259.95    21277.08    21186.15    21235.67(- 36.30)
☆S&P500          2425.88     2430.38     2419.97     2429.39(-  2.38)
☆NYナス           6153.56     6183.81     6110.67     6175.47(- 32.45)
☆CME225先物(円ベース)   19920       19925       19755       19810(- 50.00)
    ※CME225先物は円建てであり、前日比は前日の大証日中終値比を記載
☆NY為替(ドル/円)    110.34      110.44      109.63      109.92(-  0.40)
☆原油先物(WTI)        45.80       46.71       45.66       46.08(+  0.25)
☆NY金先物(Gold)     1269.70     1272.40     1265.60     1268.90(-  2.50)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底1値ゾーン)
        NYダウ     ○●●●○○●●○○○●   6勝 6敗    50.00%(-  8.33)
        ナスダック     ○○●●○○●●○○●●   6勝 6敗    50.00%(-  8.33)

※中国上海指数       3149.53    3164.95     3135.31     3139.88(- 18.52)
     サイコロジカル      ○○○○●○●○○○○●  9勝 3敗   75.00%(   0.00)

NY株式・為替・商品市場コメント
【NY株式概況】12日の米株式市場でダウ平均は4営業日ぶりに反落した。前週末比36.30ドル安の2万1235.67ドルで終えた。前週末に強まったハイテク株への売りが続き、投資家心理を冷やした。アップルが大幅安となり、ダウ平均を押し下げた。一方、イメルトCEOの退任を発表したGEが上昇し、指数を下支えした。ナスダックは続落し、同32.453P安の6175.465Pと5月24日以来ほぼ2週ぶりの安値で終えた。アマゾン・ドット・コムやグーグルの持ち株会社のアルファベットなど時価総額の大きい主力株が下落し、指数を押し下げた。
【CME225先物(円ベース)】日経平均先物は続落した。9月物は前週末比105円安の1万9810円で終え、大阪取引所の終値を50円下回った。円相場の反発や欧米株安が投資家心理を冷やし、売られた。この日の9月物の安値は1万9755円、高値は1万9925円。市場は13~14日に開くFOMCに注目している。推定売買高は4万2713枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)。
【NY為替(ドル/円)】NY外国為替市場で円相場は4営業日ぶりに反発し、前週末比40銭円高・ドル安の1ドル=109円90銭~110円00銭で取引を終えた。大型ハイテク株への売り継続が投資家のリスク回避姿勢につながり、低金利で調達通貨とされる円が買われた。この日もアップルやグーグルの持ち株会社のアルファベット、アマゾン・ドット・コムなど主要なIT株の下げが目立った。ハイテク株安が重荷となり、前週末に過去最高値を更新したダウ平均も下落して終えた。割高感が意識されるIT関連銘柄がさらに調整するとの警戒感もあり、相対的に価格変動リスクが小さく「低リスク通貨」とされる円の買いを誘った。前週末まで3日続落していたため、13~14日のFOMCを控えて持ち高調整目的の円買いも入りやすかった。円は109円64銭まで買われる場面があった。NY市場の取引終了にかけては伸び悩んだ。米株式相場が下げ渋って終えたのに伴い、円も上値が重くなった。FOMCでの追加利上げ観測も買い一巡後の円の重荷となった面があった。円の安値は110円03銭だった。
【NY為替(ユーロ/円)】円は対ユーロで反発し、前週末比40銭円高・ユーロ安の1ユーロ=123円10~20銭で終えた。円が対ドルで上げ、対ユーロでも円が買われた。
【NY原油先物】NYMEXで原油先物相場は続伸した。WTIで期近の7月物は前週末比0.25ドル高の1バレル46.08ドルで取引を終えた。先行きの需給改善を見越した買いがやや優勢で、先物相場を押し上げた。米メディアによると、有力産油国のサウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相が向こう3-4ヶ月で原油在庫の削減が進むとの見解を示した。ロシアの石油担当相との週末の会談でファリハ氏は、在庫減が進まない場合には産油国による減産期間の延長や減産量の拡大もあり得ると話したという。カタールとの断交については「減産合意への影響は限られる」との見方を示したといい、ロシアとの会談内容とあわせて「原油相場の支えになった」との声があった。7月以降の米国やアジア向け輸出を減らすとも伝わり、需給改善期待を誘った。調査会社ジェンスケープによる統計で、WTIの現物引き渡し地点であるオクラホマ州クッシングの原油在庫が減ったと伝わった。米国からの原油供給が減るとの思惑につながり、先物の買いを誘ったとの見方も出ていた。ガソリンとヒーティングオイルはそれぞれ3営業日ぶりに反落した。
【NY金先物】NY金先物相場は4日続落した。COMEXで取引の中心である8月物は前週末比2.5ドル安の1トロイオンス1268.9ドルで終えた。13~14日のFOMCを前に、持ち高調整を目的とした売りが続いた。今週のFOMCでは3月以来の追加利上げが予想されている。英国の総選挙などを控えて前週の前半に昨年11月以来の高値を付けたため、FOMCを前にひとまず持ち高を中立方向に戻す目的の売りが出やすかった。朝方にかけて主要通貨に対するドル高が優勢になった場面で、ドル建てで取引される金に割高感が出た面もあった。銀は4日続落。プラチナは続伸した。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

本日の東京市場概況

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 6月12日(月)15時50分59秒
返信・引用 編集済
  東京市場・本日(2017.06.12)の結果  反落 !    嫌になっちゃう~

            始値       高値      安値     終値
☆日経平均          19920.77     19949.07    19837.64   19908.58(-104.68)
☆TOPIX         1588.35      1595.61     1586.28    1591.55(-  0.11)
☆JPX400         14144.61     14209.11    14131.79   14171.17(+  1.47)
☆東証一部出来高      17.86億株
☆東証一部売買代金   23132円
☆騰落銘柄数         値上り    896,   値下り    980,   変らず    142,
     ※為替は18:30以降に表示しています。
☆東京為替(ドル/円)     110.31      110.44     110.16      110.22(-  0.23)
          (ユーロ/円)     123.67      123.79     123.44      123.52(-  0.08)
☆騰落レシオ   (警戒水域 70.00%以下、130.00%以上)       96.86%(-  7.88)
☆RSI       (警戒水域  30.00%以下、 70.00%以上)      60.70%(-  1.80)
☆東証1単純平均                                       2829.41円(-  3.24)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底値ゾーン)
          N225    ●●●●○○●●○●○●    4勝 8敗   33.33%(-  8.33)
          TOPIX   ●○○●○○●●○●○●    6勝 6敗   50.00%(-  8.33)
          JPX400  ●●○●○○●●●●●○    4勝 8敗   33.33%(   0.00)

東京株式・為替市場コメント
【東京株式概況】12日の東京株式市場で日経平均は反落した。終値は前週末に上回った2万円を再び割り込んだ。9日の米株式市場でナスダックが大幅安となり、東京市場でもこれまで上昇が続いていた半導体やIT関連銘柄の売りを誘った。日経平均の下げ幅は一時170円ほどに広がった。TOPIXは小幅に反落し、JPX日経インデックス400は反発した。

市場からは「後場は動意が乏しい。前場はナスダックの下落が響いたが、高い水準だっただけに調整があってもおかしくはない。ドル・円がこの程度(1ドル=110円台)のレベルなら、売り込むこともないだろう。ただ、FOMCの内容次第であり、イベント通過までは様子見になるのではないか」との声が聞かれた。

業種別では、任天堂<7974>、タカラトミー<7867>などのその他製品株が下落。スクリン<7735>、アドバンテス<6857>、東エレク<8035>などの電機株も売られた。ソフトバンク<9984>や、18年4月期は連結営業損益トントンを見込むgumi<3903>などの情報通信株も軟調。東精密<7729>、Vテク<7717>などの精密株も安い。個別では、17年7月期単体は赤字転落見通しで期末一括配当減額のサムコ<6387>が大幅安。17年7月期の単体業績予想を下方修正した鳥貴族<3193>や、フリービット<3843>、スターティア<3393>、enish<3667>などの下げも目立った。

半面、第一生命HD<8750>、T&DHD<8795>などの保険株が上昇。JX<5020>、出光興産<5019>などの石油石炭製品株や、日揮<1963>、大成建<1801>などの建設株も堅調。個別では、第1四半期(17年2-4月)の連結決算で営業利益54.4%増のミライアル<4238>や、トーセ<4728>がストップ高。第1四半期(17年2-4月)の連結決算で営業利益74.5%増となり自社株買いのポールHD<3657>や、イーブック<3658>、Sサイエンス<5721>、市光工<7244>、キッツ<6498>などの上げも目立った。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

どこまでいくのか???

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 6月12日(月)09時55分0秒
返信・引用 編集済
          三菱UFJ(8306/T)     金融株のリーダー

近時の節目(5/11@739.6)を上抜いたな、有難く遊撃玉が炸裂(@748)したよ(喜)。
遊撃玉再編は窓埋め(@738)で指してるが・・・

日足チャート 2017.06.12 11:30現在
 
    (濃姫) 後場一番窓埋めた、よし!!!読み通り遊撃玉が再編できたよ(喜)。  

おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 6月12日(月)06時51分28秒
返信・引用 編集済
  本日の外資系動向                

  売り :       860万株       139億円
  買い :     1030万株       242億円
  -------------------------------------
  差引 :     +170万株      +103億円

※外資系動向は業界関係者からヒアリングした非公式な情報です。

本日の株価材料(国内)

・日経産業 休刊日     ・日刊工業 休刊日

市場スケジュール(国内)

4月機械受注(8:50)
5月国内企業物価指数(8:50)

市場スケジュール(海外)

米5月財政収支(6/13 3:00)
米3年国債入札
米10年国債入札
休場:豪、ロシア、マレーシア、フィリピン

日本市場の主な決算発表銘柄社数  12件

サトウ食品工業 (2923) 神戸物産 (3038) ビューティガレジ (3180)
稲葉製作所 (3421) 日東製網 (3524) ジャパンミート (3539)
ザッパラス (3770) 神島化学工業 (4026) シーズH (4924) 萩原工業 (7856)
正栄食品工業 (8079) オーエス (9637)

------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます(NY市場)

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 6月10日(土)07時51分33秒
返信・引用
  NY市場・前日(2017.06.09)の結果  3日続伸 !   嬉しいな

             Farst       High        Low         Last
☆NYダウ          21208.96    21305.35    21159.45    21271.97(+ 89.44)
☆S&P500          2436.39     2446.20     2415.70     2431.77(-  2.02)
☆NYナス           6330.25     6341.70     6137.68     6207.92(-113.85)
☆CME225先物(円ベース)   19960       20070       19820       19915(- 35.00)
    ※CME225先物は円建てであり、前日比は前日の大証日中終値比を記載
☆NY為替(ドル/円)    110.02      110.81      109.77      110.27(+  0.25)
☆原油先物(WTI)        45.71       46.18       45.27       45.83(+  0.19)
☆NY金先物(Gold)     1283.50     1284.60     1266.70     1271.40(-  8.10)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底1値ゾーン)
        NYダウ     ○○●●●○○●●○○○   7勝 5敗    58.33%(   0.00)
        ナスダック     ○○○●●○○●●○○●   7勝 5敗    58.33%(-  8.33)

※中国上海指数       3147.45    3165.92     3146.11     3158.40(+  8.07)
     サイコロジカル      ●○○○○●○●○○○○  9勝 3敗   75.00%(+  8.33)

NY株式・為替・商品市場コメント
【NY株式概況】9日の米株式市場でダウ平均は3日続伸した。前日比89.44ドル高の2万1271.97ドルで終え、1週間ぶりに過去最高値を更新した。前FBI長官の議会証言や英総選挙などの重要イベントを波乱なく終え、投資家には買い安心感が広がった。前日には与党共和党が提出した金融規制を刷新する法案が米下院を通過。上院通過のメドは立っていないものの、米議会が金融規制緩和に向けて動き出したのが好感されてJPモルガン・チェースやゴールドマン・サックスなど金融株が買われてダウ平均を押し上げた。原油相場の下げ止まりで石油株が買われたのも相場の支えとなった。もっとも、ダウ平均は下げに転じる場面もあった。午後に入ると成長期待が高いハイテク株に売りが加速。ダウ平均ではアップルやマイクロソフトのほか、インテルが大きく売られて指数を押し下げた。ナスダックは3日ぶりに大幅反落し、前日比113.846P安の6207.918Pで終えた。高い成長期待で資金流入が続いていたグーグルの持ち株会社アルファベットやアマゾン・ドット・コム、フェイスブックといった代表的なネット関連株がそろって3%超下落。エヌビディアなど半導体関連株も軒並み売られ、指数を下押しした。
【CME225先物(円ベース)】日経平均先物は反落した。この日から中心限月となった9月物は前日比85円安の1万9915円で終え、大阪取引所の終値を35円下回った。午後に入り、米株式市場でアップルなどハイテク株が軒並み下げ幅を拡大した場面で売られた。だが、ダウ平均は過去最高値を更新しており、米株高の勢いが増していた午前には日経平均先物も節目の2万円を上回る場面があった。この日の9月物の安値は1万9820円、高値は2万0070円。推定売買高は7万2285枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)。
【NY為替(ドル/円)】NY外国為替市場で円相場は3日続落した。前日比35銭の円安・ドル高の1ドル=110円30~40銭で取引を終えた。相次ぐ重要日程を無難に終え、投資家が運用リスクを取りやすくなるとの見方が強まった。低金利で投資資金の調達通貨とされる円には売りが優勢だった。前日のコミー前FBI長官の議会証言を波乱なく終えたほか、想定外の結果となった英総選挙も金融・資本市場を混乱させることはなかった。重要日程を過ぎた安堵感から、ダウ平均は過去最高値を更新。欧州の株価指数も総じて上昇しており、投資家はリスク回避姿勢を和らげた。重要イベントの通過や欧米の株高基調を背景に安全資産とされる米国債には売りが出て、米長期金利が上昇(債券価格は下落)した。日米の金利差拡大を見込んだ円売り・ドル買いも加わり、円は朝方に一時110円81銭まで下げ幅を広げた。午後に入ると円は下げ幅を縮めた。米株式市場ではアップルなど大型ハイテク株の一角に売りが膨らみ、ナスダックが大きく下落した。市場心理がやや悪化し、円売りの勢いも一服した。トランプ米大統領は9日の記者会見でコミー氏に対し、忠誠を求めたこともロシアとの関係を巡るフリン前大統領補佐官の捜査中止を要請したこともないと語った。宣誓したうえで証言する用意があるとも述べた。コミー氏とトランプ氏の主張は食い違うが、円相場の反応は目立たなかった。円の高値は110円13銭だった。
【NY為替(ユーロ/円)】円は対ユーロで小幅ながら反落し、前日比10銭の円安・ユーロ高の1ユーロ=123円50~60銭で取引を終えた。
【NY原油先物】NYMEXで原油先物相場が3日ぶりに反発した。WTIで期近の7月物は前日比0.19ドル高の1バレル45.83ドルで終えた。相場を方向付ける新たな取引材料に欠く中、連日の下げで押し目とみた買いが優勢となった。市場予想に反して増加した米原油在庫をきっかけに、相場は前週末から前日までで4%超下落していた。「節目の45ドルに近づくと割安とみた買いが入った」といい、短期的な戻りへの期待が広がった。だが、相場の上値も重い。石油サービス会社ベーカー・ヒューズが9日発表した米原油掘削装置(リグ)の稼働数は21週続けて増え、2015年4月上旬以来およそ2年2ヶ月ぶりの高水準となった。米国の増産は続いており需給の緩んだ状況は長引くとの見方が売りを誘った。ガソリンとヒーティングオイルは続伸した。
【NY金先物】金先物相場は3日続落した。COMEXで取引の中心である8月物は前日比8.1ドル安の1トロイオンス1271.4ドルで終えた。前日の前FBI長官の証言やECB理事会、英総選挙といった重要イベント後も金融市場は落ち着いており、リスク回避目的で資金が流入してきた金には売りが優勢となった。外国為替市場でドル高もドルの代替投資先とされる金相場の重荷となった。銀は3日続落したが、プラチナは3日ぶりに反発した。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

本日の東京市場概況

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 6月 9日(金)15時47分2秒
返信・引用 編集済
  東京市場・本日(2017.06.09)の結果  反発 !    嬉しいな 

            始値       高値      安値     終値
☆日経平均          19953.06     20096.01    19927.07   20013.26(+104.00)
☆TOPIX         1589.66      1598.20     1585.22    1591.66(+  1.25)
☆JPX400         14159.74     14228.88    14112.82   14169.70(-  1.69)
☆東証一部出来高      22.64億株
☆東証一部売買代金   32000円
☆騰落銘柄数         値上り    903,   値下り    982,   変らず    133,
     ※為替は18:30以降に表示しています。
☆東京為替(ドル/円)     110.01      110.48     109.77      110.45(+  0.83)
          (ユーロ/円)     123.35      123.68     122.82      123.60(+  0.21)
☆騰落レシオ   (警戒水域 70.00%以下、130.00%以上)      104.74%(-  5.12)
☆RSI       (警戒水域  30.00%以下、 70.00%以上)      62.50%(+  0.50)
☆東証1単純平均                                       2832.65円(-  1.90)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底値ゾーン)
          N225    ○●●●●○○●●○●○    5勝 7敗   41.67%(   0.00)
          TOPIX   ○●○○●○○●●○●○    7勝 5敗   58.33%(   0.00)
          JPX400  ○●●○●○○●●●●●    4勝 8敗   33.33%(-  8.33)

東京株式・為替市場コメント
【東京株式概況】東京株式市場で日経平均は反発、4日ぶりに2万円台を回復した。8日のトランプ米大統領周辺とロシアの不透明な関係を巡るコミー前FBI長官の議会証言は「政権を揺るがすような発言は出なかった」との受け止めが広がり、先行き懸念が和らいだ。米ロボット会社の買収発表などを受け、ソフトバンクが大幅上昇したことも株価指数を押し上げた。8日の英総選挙の結果は9日午後に「与党・保守党の過半数割れが確実」と伝わった。英国政治の先行きへの不透明感が高まるとの懸念から日経平均は伸び悩み、2万円を下回る場面もあった。午前には一時、前日比186円01銭高の2万0096円01銭に上昇していた。SQ値は1万9997.63円だった。JPX日経インデックス400は5日続落、TOPIXは小幅に反発した。

市場からは「英保守党の過半数割れはある程度織り込んでおり、それによって世界経済に打撃を与えるものでもなく、あまり気にしていないのではないか。来週はFOMCを控え、またイベント待ちの形になるが、日本株は海外主要市場との比較やバリュエーションからみて割安であり、日経平均2万円割れは押し目買いのイメージだ」との声が聞かれた。

業種別では、三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>、みずほ<8411>などの銀行株が上昇。米ロボット開発会社の買収発表や、みずほ証券が投資判断・目標株価を引き上げたソフトバンク<9984>が大幅高となり、KLab<3656>などの情報通信株も高い。任天堂<7974>、凸版<7911>などのその他製品株や、古河電工<5801>、三井金<5706>などの非鉄金属株も買われた。個別では、トーセ<4728>、オルトプラス<3672>がストップ高。Sサイエンス<5721>、スバル興<9632>、新日無<6911>などの上げも目立った。

半面、西武HD<9024>、JR九州<9142>などの陸運株が軟調。OLC<4661>、エムスリー<2413>などのサービス株や、アサヒ<2502>、JT<2914>などの食料品株も売られた。個別では、第1四半期(17年2-4月)の連結決算で営業利益14.1%減のシーイーシー<9692>が大幅安。ジョイ本田<3191>、ヨシムラFH<2884>、ネクシィーズ<4346>、スターティア<3393>などの下げも目立った。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

速報!!!

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 6月 9日(金)09時33分51秒
返信・引用
     メジャーSQ速報値
           19,997.63円

■2017年SQ値
     1月限     2月限      3月限      4月限      5月限      6月限
  19,182.28  19276.09   19,434.30  18,613,29  19,991,27  19,997.63
     7月限     8月限   9月限   10月限   11月限     12月限

■2016年SQ値
     1月限     2月限      3月限      4月限      5月限      6月限
  17,420.01  15,156.81  16,586.95  15,507.59  16,845.67  16,639.11
     7月限     8月限   9月限   10月限   11月限     12月限
  15,331.34  16,926.60  17,011.77  16,741.77  17,596.78  18,867.45
 

おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 6月 9日(金)07時14分34秒
返信・引用 編集済
  本日の外資系動向                

  売り :      510万株       52億円
  買い :     460万株      107億円
  -------------------------------------
  差引 :     -50万株      +55億円

※外資系動向は業界関係者からヒアリングした非公式な情報です。

本日の株価材料(国内)

日経産業
・新日無<6911.T>がセンサー感度4倍高めるIC開発
・旭硝子<5201.T>が太陽光発電ガラスの輸出開始
・東洋紡<3101.T>がアクリル繊維生産を高付加価値にシフト
・アツギ<3529.T>がドラッグストア向け新ブランド立ち上げ

日刊工業
・岩谷産<8088.T>が20年めどに水素ステーション50カ所整備へ
・帝人<3401.T>が松山に極細ポリエステル繊維の生産ライン新設
・アンリツ<6754.T>が5G用キャリア信号を8つ一括解析できる分析機開発
・日本粉<2001.T>が弁当に食材飾り付けるトッピングロボ開発

市場スケジュール(国内)

5月マネーストック(8:50)
4月第三次産業活動指数(13:30)
メジャーSQ算出日

市場スケジュール(海外)

中国5月消費者物価(10:30)
中国5月生産者物価(10:30)

日本市場の主な決算発表銘柄社数  48件

積水ハウス (1928) カナモト (9678) エイチーム (3662) 丹青社 (9743)
ロックフィールド (2910) イトクロ (6049) gumi (3903) アスカネット (2438)
鳥貴族 (3193) トーホー (8142) ポールH (3657) ソフトウェアS (3733)
テンポスバスター (2751) モルフォ (3653) アイモバイル (6535)

------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます(NY市場)

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 6月 9日(金)07時13分10秒
返信・引用
  NY市場・前日(2017.06.08)の結果  小幅続伸 !   嬉しいな

             Farst       High        Low         Last
☆NYダウ          21169.76    21265.69    21138.16    21182.53(+  8.84)
☆S&P500          2434.27     2439.27     2427.94     2433.79(+  0.65)
☆NYナス           6311.74     6324.06     6282.93     6321.76(+ 24.38)
☆CME225先物(円ベース)   20020       20070       19895       20030(+ 60.00)
    ※CME225先物は円建てであり、前日比は前日の大証日中終値比を記載
☆NY為替(ドル/円)    109.82      110.38      109.38      109.99(+  0.17)
☆原油先物(WTI)        45.85       46.18       45.20       45.64(-  0.08)
☆NY金先物(Gold)     1289.50     1291.50     1273.50     1279.50(- 13.70)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底1値ゾーン)
        NYダウ     ○○○●●●○○●●○○   7勝 5敗    58.33%(   0.00)
        ナスダック     ○○○○●●○○●●○○   8勝 4敗    66.67%(   0.00)

※中国上海指数       3136.47    3153.26     3132.83     3150.33(+ 10.01)
     サイコロジカル      ●●○○○○●○●○○○  8勝 4敗    66.67%(   0.00)

NY株式・為替・商品市場コメント
【NY株式概況】8日の米株式市場でダウ平均は小幅ながら続伸した。コミー前FBI長官の議会証言が大きな波乱なく終わり、投資家が運用リスクを取りやすくなった。ダウ平均の上げ幅は一時90ドルを超え、2日に付けた最高値を上回る場面があったが、次第にトランプ米政権による減税などの景気刺激策が進みやすくなったわけではないとの見方が広がった。目先の利益を確定する目的の売りに押され、ダウ平均は下落に転じる場面もあった。ナスダックも続伸し、過去最高値を更新した。最高値更新は2日以来ほぼ1週間ぶり。証券会社が目標株価を引き上げたGPU大手のエヌビディアが急伸したほか、交流サイト(SNS)のフェイスブックなど時価総額の大きい銘柄が買われ、指数を押し上げた。
【CME225先物(円ベース)】日経平均先物は小幅に続伸し、3日ぶりに2万円を回復して終えた。6月物は前日比40円高の2万0030円で引け、大阪取引所の終値を60円上回った。この日のコミー前FBI長官の議会証言は前日公表した草稿に沿った内容だったと受け止められ、重要イベントを無事通過した安心感から米株とともに上昇した。この日の6月物高値は2万0070円、安値は1万9895円。推定売買高は6万3964枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)で、内訳は6月物が1万1750枚、9月物が5万2214枚だった。
【NY為替(ドル/円)】NY外国為替市場で円相場は続落し、前日比15銭円安・ドル高の1ドル=109円95銭~110円05銭で取引を終えた。コミーFBI前長官の議会証言が米政権による司法妨害などを決定づけなかったとの見方が多く、リスク回避目的で買われてきた円に売りを誘った。米長期金利が上昇し、日米金利差の拡大を見込んだ円売り・ドル買いも出た。朝方は、日欧市場で進んだ円安・ドル高の流れを引き継いで始まった。コミー氏は公聴会で、ロシアとの癒着疑惑があったフリン前米大統領補佐官の捜査中止をトランプ大統領が求めたとしたうえで、「妨害の試みだったかどうかは私が述べるべきではない」と判断を今後の捜査に委ねた。「前日に公表の証言草稿とほぼ同じ内容だったが、疑惑への警戒感が和らぎドルに買い戻しが続いた」との指摘があった。円は一時110円38銭近辺まで売られた。売り一巡後は底堅く推移した。公聴会の後にトランプ米大統領の個人弁護士が記者会見し、「大統領が忠誠を求めた」とのコミー氏の発言を大統領が否定していると改めて述べると、米政治の不透明感が広がった。米株式相場がいったん下げに転じたのも円買いを誘い、109円86銭まで伸び悩む場面があった。
【NY為替(ユーロ/円)】円は対ユーロで反発した。前日比15銭円高・ユーロ安の1ユーロ=123円40~50銭で取引を終えた。ECBが理事会で金融政策の現状維持を決めた。ドラギ総裁が記者会見で金融政策の正常化について「議論しなかった」と述べたため、欧州で金融緩和が長く続くとの見方から円買い・ユーロ売りが優勢となった。
【NY原油先物】NYMEXで原油先物相場は小幅に続落した。WTIで期近の7月物は前日比0.08ドル安の1バレル45.64ドルで取引を終えた。米在庫増を受け、世界的に原油の需給が緩んだ状態が長引くとの警戒が根強く売りが続いた。原油先物は朝方に一時45.20ドルまで下げ、期近物としては5月5日以来およそ1ヶ月ぶりの安値を付けた。EIAが7日公表した週間の石油在庫統計で原油在庫が市場予想に反して増加したのを受けて、需給の緩みに対する警戒感が強まった。先行きの警戒も相場の重荷となっている。OPEC加盟国と非加盟国のロシアなどは協調減産を9ヶ月延長することで合意したが、UBSは「米国の増産に加え産油国が減産合意を守るか疑念がある」として原油相場の見通しを下方修正した。もっとも、相場は上げに転じる場面もあった。6日の終値から8日の安値までで先物の下落率は6%強に達した。相場を下押しする新たな材料は見当たらず、目先の戻りを期待した買い戻しが活発になった。ガソリンとヒーティングオイルは反発した。
【NY金先物】NY金先物相場は続落した。COMEXで取引の中心である8月物は前日比13.7ドル安の1トロイオンス1279.5ドルで終えた。ECBが8日の理事会で、当面は利下げの可能性を排除する姿勢を示した。だが、インフレ見通しを下方修正したうえ、ドラギ総裁も金融緩和策の正常化に慎重な見方を示し、ユーロが対ドルで下落。ドルの代替投資先とされる金には売りが優勢だった。銀とプラチナも続落した。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

本日の東京市場概況

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 6月 8日(木)15時57分24秒
返信・引用 編集済
  東京市場・本日(2017.06.08)の結果  反落 !    嫌になっちゃう~

            始値       高値      安値     終値
☆日経平均          20048.28     20061.22    19896.35   19909.26(- 75.36)
☆TOPIX         1602.53      1603.08     1589.51    1590.41(-  6.68)
☆JPX400         14283.88     14288.62    14162.81   14171.39(- 60.93)
☆東証一部出来高      19.84億株
☆東証一部売買代金   25299円
☆騰落銘柄数         値上り    698,   値下り    1198,   変らず    121,
     ※為替は18:30以降に表示しています。
☆東京為替(ドル/円)     109.82      110.01     109.40      109.62(+  0.33)
          (ユーロ/円)     123.63      123.80     123.18      123.39(+  0.20)
☆騰落レシオ   (警戒水域 70.00%以下、130.00%以上)      109.86%(-  6.05)
☆RSI       (警戒水域  30.00%以下、 70.00%以上)      62.00%(-  4.80)
☆東証1単純平均                                       2834.55円(-  9.05)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底値ゾーン)
          N225    ○○●●●●○○●●○●    5勝 7敗   41.67%(   0.00)
          TOPIX   ○○●○○●○○●●○●    7勝 5敗   58.33%(   0.00)
          JPX400  ○○●●○●○○●●●●    5勝 7敗   41.67%(   0.00)

東京株式・為替市場コメント
【東京株式概況】8日の東京株式市場で日経平均株価は反落し、前日比75円36銭(0.38%)安の1万9909円26銭で終えた。朝方発表の名目GDPの下方修正が嫌気された。英総選挙など8日の重要イベントを前に手じまい売りも出て、日経平均は取引時間中では1日以来1週間ぶりに1万9900円を割り込む場面があった。日銀の出口戦略を巡り「時期早々から説明重視に姿勢を改めた」との一部報道をきっかけに、午後の債券市場で長期金利が一時0.075%と約3ヶ月ぶりの水準に上昇した。三井不や菱地所などの不動産株に売りが広がった。日米金利差の縮小が意識され、円売り・ドル買いの流れが一服。トヨタやホンダ、スズキなどの自動車株も下げ幅を広げた。加計学園問題を巡る政治の混迷で経済政策がおざなりになることへの懸念も買いを手控える一因となった。JPX日経インデックス400は4日続落、TOPIXは反落した。

市場では「手控えムードが広がり、買い物が薄いなか下げ幅を拡大したようだ。英総選挙の影響は限定的とみているが、大勢が様子見では動きようがない」との声が聞かれた。

業種別では、三井不<8801>、三菱地所<8802>などの不動産株や、中部電力<9502>、関西電力<9503>などの電気ガス株が下落。JR東日本<9020>、JR東海<9022>などの陸運株や、トヨタ<7203>、ホンダ<7267>などの輸送用機器株なども安い。国際帝石<1605>、石油資源<1662>などの鉱業株や、三菱倉<9301>、住友倉<9303>などの倉庫運輸株なども軟調。大和証G<8601>、野村<8604>などの証券株も軟調。日本郵政<6178>やリクルートH<6098>などのサービス株もさえない。

個別では、フォーカス<4662>、CTS<4345>、大光<3160>、東亜建<1885>、エムアップ<3661>などが下落。半面、キムラタン<8107>、トーセ<4728>、Sサイエンス<5721>、U-NEXT<9418>、ALサービス<3085>などが上昇した。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

メガバンクに着々と来てるねぇ。。。

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 6月 8日(木)14時33分56秒
返信・引用 編集済
          三菱UFJ(8306/T)     金融株のリーダー

抵抗線(3/15@728.0 - 5/11@739.6)を上放れたよ(喜)。
節目(5/11@739.6)を上抜くのも時間の問題だね。

     -----------------------------------------------------------

【メガバンクが高い、米長期金利上昇と米金融株高に追随】

三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>、三井住友フィナンシャルグループ<8316>、みずほフィナンシャルグループ<8411>などメガバンクがいずれも続伸歩調。前日の米国株市場では、ゴールドマン・サックスが、傘下のネット銀行が貯蓄口座の金利を引き上げたことなどを受けて買われたほか、JPモルガン、シティグループなど大手金融株が総じて堅調だった。目先リスクオフの流れが一服し債券が売られ、米長期金利が上昇に転じたことも好感された。この流れが東京市場にも波及、メガバンクは目先底入れから上値慕いの動きをみせている。 出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日足チャート 2017.06.08現在
 
    (濃姫) 凄い上ヒゲに終えたね、慌てる乞食は・・・じゃないの、落ち着いてね(笑)。  

おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 6月 8日(木)07時40分51秒
返信・引用 編集済
  本日の外資系動向                

  売り :      1470万株      212億円
  買い :     1320万株      250億円
  -------------------------------------
  差引 :     -150万株      +38億円

※外資系動向は業界関係者からヒアリングした非公式な情報です。

本日の株価材料(国内)

日経産業
・NTT<9432.T>系が人間と議論できるAIシステム開発
・東エレデバ<2760.T>が液体分離装置ベンチャーと提携
・日本色材<4920.T>がメーキャップ増産に向け茨城工場増設
・富士フイルム<4901.T>が自家発電電力のグループ内利用を拡大

日刊工業
・DMG森精<6141.T>が国内で工作機械生産体制を再構築
・ファインシンター<5994.T>が焼結時間短縮の新ラインを米国で導入
・ジェイテクト<6473.T>が中・大型車向け電動パワーステアリングを強化
・ファルテック<7215.T>がミリ波レーダーカバー生産ラインを米国で導入
・日ユニシス<8056.T>系が3D印刷機用積層スライスの幅変更できるソフト開発

市場スケジュール(国内)

1-3月期GDP改定値(8:50)
4月国際収支(8:50)
5月都心オフィス空室率(11:00)
5月景気ウォッチャー調査
5年国債入札

市場スケジュール(海外)

中国5月貿易収支
英国総選挙
ECB定例理事会(ドラギ総裁会見)

日本市場の主な決算発表銘柄社数  10件

クミアイ化学工業 (4996) シーイーシー (9692) 東京楽天地 (8842)
鎌倉新書(6184) スバル興業 (9632) アセンテック (3565) コーセーRE(3246)
トップカルチャー (7640) イムラ封筒 (3955) 土屋H (1840)

------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます(NY市場)

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 6月 8日(木)07時38分57秒
返信・引用
  NY市場・前日(2017.06.07)の結果  反発 !   嬉しいな

             Farst       High        Low         Last
☆NYダウ          21171.57    21189.84    21113.31    21173.69(+ 37.46)
☆S&P500          2432.03     2435.28     2424.75     2433.14(+  3.81)
☆NYナス           6290.44     6302.78     6267.18     6297.38(+ 22.32)
☆CME225先物(円ベース)   19935       20020       19910       19990(+ 40.00)
    ※CME225先物は円建てであり、前日比は前日の大証日中終値比を記載
☆NY為替(ドル/円)    109.41      109.88      109.12      109.82(+  0.41)
☆原油先物(WTI)        47.98       48.23       45.65       45.72(-  2.47)
☆NY金先物(Gold)     1297.00     1297.60     1285.00     1293.20(-  4.30)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底1値ゾーン)
        NYダウ     ○○○○●●●○○●●○   7勝 5敗    58.33%(   0.00)
        ナスダック     ○○○○○●●○○●●○   8勝 4敗    66.67%(   0.00)

※中国上海指数       3101.76    3140.77     3098.95     3140.32(+ 38.20)
     サイコロジカル      ○●●○○○○●○●○○  8勝 4敗    66.67%(+  8.33)

NY株式・為替・商品市場コメント
【NY株式概況】7日の米株式相場は3営業日ぶりに反発した。ダウ平均は、前日比37.46ドル高の2万1173.69ドルで終えた。8日に控えたコミーFBI前長官の議会証言の冒頭発言の草稿が公開され、内容が報道の範囲内だったとの見方から買い安心感が広がった。原油先物相場が下落したうえ、証言の質疑応答や英国の総選挙などを見極めたいとの雰囲気も残り上値は重かった。米上院情報特別委員会が公表した草稿によると、コミー氏はトランプ米大統領にフリン前大統領補佐官の捜査から手を引くよう要請された。トランプ氏は「忠誠が必要だ。忠誠を期待している」とも迫ったという。米メディアの報道内容の範囲にとどまったため、目先の不透明感が後退したとの見方が広がった。草稿が公表されると米株式相場は上げ幅を拡大した。草稿の公表前には下げる場面があった。原油先物相場が1ヶ月ぶりの安値を付け、エクソンモービルなど石油株に売りが優勢になった。英国の総選挙やECBの理事会など重要日程を控えており、様子見姿勢も根強かった。ナスダックは前日比22.322P高の6297.380Pで終えた。アップルやグーグルの持ち株会社アルファベット、アマゾン・ドット・コムなど主力株の一角に買いが入り指数を押し上げた。
【NY為替(ドル/円)】7日のNY外国為替市場で円相場は反落し、前日比45銭円安・ドル高の1ドル=109円80~90銭で取引を終えた。8日のコミー前FBI長官の証言内容が市場の想定内にとどまるとの見方が広がり、投資家が運用リスクを回避する姿勢を緩めた。リスク回避の局面で買われやすい円に売りが優勢となった。米東部時間7日午後、コミー氏による8日の議会証言の冒頭部分の草稿が公表された。トランプ大統領はコミー氏に忠誠を求め、トランプ氏がロシア疑惑に関して更迭したフリン前米大統領補佐官を巡る捜査について「手放していい」などと述べていたことが明らかになった。内容がこれまでの報道とさして変わりなく、証言に対する警戒感が後退した。前日に約7ヶ月ぶりの低水準(価格は高水準)を付けた米長期金利が7日は上昇した。日米の金利差が縮小するとの観測が後退したことも円売りを促した。円は7日の欧州市場で109円12銭と、ほぼ1ヶ月半ぶりの円高・ドル安水準を付けていた。目先の利益を確定したり、持ち高を調整したりするための円売り・ドル買いが出やすかったとの指摘があった。NY市場での円の安値は109円89銭、高値は109円23銭だった。
【NY為替(ユーロ/円)】円は対ユーロで4営業日ぶりに反落し、前日比20銭円安・ユーロ高の1ユーロ=123円55~65銭で取引を終えた。コミー前FBI長官証言の草稿公表を受けて、午後に対ユーロでも円売りが優勢となった。円は朝方は高く推移する場面があった。ECBが8日の理事会で2019年までのインフレ見通しを引き下げると伝わった。ECBが金融緩和策を転換するとの思惑が後退し、ユーロが売られた。その後ECBによる物価見通し引き下げは小幅にとどまると報じられると、ユーロは買い戻された。
【NY原油先物】NYMEXで原油先物相場は大幅反落した。WTIで期近の7月物は前日比2.47ドル安の1バレル45.72ドルで取引を終えた。米原油在庫の増加を材料に売りがかさみ、一時は45.65ドルと5月9日以来ほぼ1ヶ月ぶりの安値を付けた。EIAが午前に発表した週間の在庫統計で、前週末の原油在庫が約330万バレル増えたことが明らかになった。市場では約350万バレルの減少が予想されていたため、想定外の在庫増を嫌気した売りが急速に膨らんだ。ガソリンや、ヒーティングオイルなどを含む石油蒸留物の在庫もそれぞれ市場予想を大幅に上回るペースで増えた。英蘭系ロイヤル・ダッチ・シェルが前日、武装組織の襲撃を受けて停止していたナイジェリアの大規模油田からの原油輸出を再開したと伝わった。米ブルームバーグ通信によると、同国の生産量は日量200万バレルに近づく見通し。OPECによる協調減産の効果が疑問視されるなか、一段の供給増につながりかねないとの思惑が相場の重荷になったとみられる。ガソリンとヒーティングオイルも大幅に反落した。
【NY金先物】NY金先物相場は4営業日ぶりに反落した。COMEXで取引の中心である8月物は、前日比4.3ドル安の1トロイオンス1293.2ドルで終えた。前日までのリスク回避ムードが後退し、実物資産の裏付けがあり安全資産とされる金への資金流入が一服した。米株式相場が小幅に上げるなど投資家のリスク回避姿勢がやや後退。金相場は前日におよそ7ヶ月ぶりの高値を付けており、目先の利益を確定する目的の売りが出た。銀とプラチナはともに4営業日ぶりに反落した。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

本日の東京市場概況

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 6月 7日(水)15時44分16秒
返信・引用 編集済
  東京市場・本日(2017.06.07)の結果  小幅反発 !    嬉しいな 

            始値       高値      安値     終値
☆日経平均          19951.68     20023.24    19908.07   19984.62(+  4.72)
☆TOPIX         1594.42      1599.50     1591.20    1597.09(+  0.65)
☆JPX400         14211.64     14257.07    14185.09   14232.32(-  2.93)
☆東証一部出来高      17.18億株
☆東証一部売買代金   23239円
☆騰落銘柄数         値上り    1150,   値下り    693,   変らず    174,
     ※為替は18:30以降に表示しています。
☆東京為替(ドル/円)     109.42      109.63     109.29      109.30(-  0.31)
          (ユーロ/円)     123.39      123.52     123.19      123.20(-  0.31)
☆騰落レシオ   (警戒水域 70.00%以下、130.00%以上)      115.91%(+  4.81)
☆RSI       (警戒水域  30.00%以下、 70.00%以上)      66.80%(+ 11.50)
☆東証1単純平均                                       2843.60円(+  7.74)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底値ゾーン)
          N225    ●○○●●●●○○●●○    5勝 7敗   41.67%(   0.00)
          TOPIX   ●○○●○○●○○●●○    7勝 5敗   58.33%(   0.00)
          JPX400  ●○○●●○●○○●●●    5勝 7敗   41.67%(-  8.33)

東京株式・為替市場コメント
【東京株式概況】7日の東京株式市場で日経平均は3営業日ぶりに小反発した。これまでの上昇局面で買い遅れていた国内外の投資家が押し目買いに動いた。外国為替市場で円高が進まなかったことも買い戻しを誘い、心理的な節目の2万円を上回る場面もあった。一方、英総選挙など海外の重要な政治日程を控え、全体に上値は重かった。JPX日経インデックス400は3日続落し、TOPIXは小幅に反発した。8日に英国の英総選挙やコミー前FBI長官の議会証言などが控えている。朝方は米株安などもあり、相場は下げる場面が目立った。ただ、日銀による株価指数連動型上場投資信託(ETF)買いの期待などが投資家心理を支えた。

市場からは「日銀のETF買いが入ったかどうかは微妙だが、きのう先物売りが先行していたこともあり、思惑で買い戻された可能性はある。ただ、欧米での重要イベントを控えており、上にも下にも動かしにくい」との声が聞かれた。

業種別では、国際帝石<1605>、石油資源<1662>などの鉱業株や、フジクラ<5803>、東邦鉛<5707>などの非鉄金属株が堅調。野村<8604>、マネパG<8732>などの証券商品先物株も高く、新日鉄住金<5401>、JFE<5411>などの鉄鋼株も買われた。個別では、18年1月期第2四半期(17年2-7月)および通期の連結業績予想を上方修正して自社株買いなどを発表した三井ハイ<6966>や、スターティア<3393>、サイバーコム<3852>がストップ高。1対2の株式分割発表できのうストップ高の大光<3160>は連騰。抜本的な経営再建案を策定すると報じられたJDI<6740>や、Sサイエンス<5721>、ルネサス<6723>、ヤーマン<6630>などの上げも目立った。

半面、大林組<1802>、大和ハウス<1925>などの建設株が下落。同セクターでは、原発事故の除染費不正取得の疑いが報じられた安藤ハザマ<1719>の下げが目立った。ユニファミマ<8028>、良品計画<7453>などの小売株も軟調。任天堂<7974>、バンナムHD<7832>などのその他製品株も売られた。個別では、18年4月期は連結営業利益14.0%増を見込むも市場コンセンサスを下回ったアインHD<9627>が大幅安。東京個別<4745>、沢藤電<6901>、スタートトゥ<3092>、サンドラッグ<9989>などの下げも目立った。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

嬉しい悲鳴だね (^^♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 6月 7日(水)14時54分36秒
返信・引用
       日本CMK(6958T1)  プリント基板最大手
いよいよ重要な節目(2009.08@1045)に近づいてきたよ(喜)。

       ----------------------------------------------------
◆【CMKが大幅続伸し新高値、車載用プリント配線板の需要拡大に注目】

日本CMK<6958>が大幅続伸。株価は、一時前日に比べ7%高に買われ年初来高値を更新した。市場では同社が主力とする車載用プリント配線板の需要拡大に注目している。丸三証券では5日、同社株の投資判断を「買い」とし目標株価を1200円に設定している。

車載用プリント配線板を取り巻く2つの大きな構造変化が同社には追い風、と指摘。第1にはガソリン車からハイブリッド車・電気自動車の比率の上昇といった内燃機関の変化、第2にはADAS(先進運転支援システム)の進展・自動運転化を挙げている。これに伴い、プリント配線板は搭載面積の拡大と多層化ニーズが進展している。同証券では、車載用需要の拡大とともに同社業績の伸びを予想。18年3月期の連結営業利益は前期比62%増の43億円(会社予想40億円)、19年3月期は同57億円を見込んでいる。出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日足・月足チャート 2017.06.07現在
 

おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 6月 7日(水)07時52分39秒
返信・引用 編集済
  本日の外資系動向                

  売り :       920万株      146億円
  買い :     1080万株      178億円
  -------------------------------------
  差引 :     +160万株      +32億円

※外資系動向は業界関係者からヒアリングした非公式な情報です。

本日の株価材料(国内)

日経産業
・NEC<6701.T>がインドでビッグデータ分析専門組織を設立
・鶴見製<6351.T>が東南ア初の水中ポンプ工場をベトナムで建設
・ディスコ<6146.T>が窒化ガリウムの結晶を高品質・大口径で製造
・大日印<7912.T>がセキュリティ強化版オフィス機器を開発へ
・日ユニシス<8056.T>が個人の資産形成支援サービスを開始

日刊工業
・IHI<7013.T>が欧エアバス小型旅客機エンジン向け部品を増産
・日立造<7004.T>がゴミ処理施設用クレーンの運転管理システム開発
・旭化成<3407.T>がタイでポリウレタン弾性繊維の生産能力増強
・クボタ<6326.T>がGPS活用自動運転トラクターをモニター販売

市場スケジュール(国内)

4月景気動向指数(14:00)

市場スケジュール(海外)

インド準備銀行金融政策決定会合

日本市場の主な決算発表銘柄社数  5件

くらC (2695) 日本駐車場開発 (2353) カイカ (2315) アルトナー (2163)

------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます(NY市場)

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 6月 7日(水)07時51分24秒
返信・引用
  NY市場・前日(2017.06.06)の結果  続落 !   嫌になっちゃう~

             Farst       High        Low         Last
☆NYダウ          21145.48    21180.47    21118.46    21136.23(- 47.81)
☆S&P500          2431.92     2436.21     2428.12     2429.33(-  6.77)
☆NYナス           6281.88     6304.21     6269.87     6275.06(- 20.63)
☆CME225先物(円ベース)   20140       20155       19890       19940(- 30.00)
    ※CME225先物は円建てであり、前日比は前日の大証日中終値比を記載
☆NY為替(ドル/円)    110.45      110.53      109.23      109.42(-  1.03)
☆原油先物(WTI)        47.40       48.40       46.94       48.19(+  0.79)
☆NY金先物(Gold)     1282.50     1298.80     1282.10     1297.50(+ 14.80)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底1値ゾーン)
        NYダウ     ○○○○○●●●○○●●   7勝 5敗    58.33%(-  8.33)
        ナスダック     ○○○○○○●●○○●●   8勝 4敗    66.67%(-  8.33)

※中国上海指数       3084.54    3102.86     3078.79     3102.13(+ 10.47)
     サイコロジカル      ●○●●○○○○●○●○  7勝 5敗    58.33%(+  8.33)

NY株式・為替・商品市場コメント
【NY株式概況】6日の米株式市場でダウ平均は続落し、前日比47.81ドル安の2万1136.23ドルで終えた。8日にコミー前FBI長官の証言など複数の重要日程を控え、株式から債券など安全資産に資金を移す動きが広がった。航空機のボーイングや小売りのウォルマート・ストアーズ、外食のマクドナルド、映画・娯楽のウォルト・ディズニーが下げ、相場の重荷となった。ナスダックは続落し前日比20.626P低い6275.058Pで終えた。
【CME225先物(円ベース)】日経平均先物は続落し、3営業日ぶりに2万円を割り込んで引けた。6月物は前日比215円安の1万9940円で引け、6日の大取終値を30円下回った。8日にコミー前FBI長官の議会証言や英総選挙など重要イベントを控え、リスク回避の売りに押された。円高も弱材料。この日の6月物安値は1万9890円、高値は2万155円。推定売買高は9万1290枚(夜間電子取引、日中電子取引を含む)。
【NY為替(ドル/円)】NY外国為替市場で円相場は大きく反発し、前日比1円05銭円高・ドル安の1ドル=109円35~45銭で取引を終えた。一時は1ドル=109円23銭と4月21日以来、約1ヶ月半ぶりの高値を付けた。8日の重要イベントを控え、投資家は運用リスクを回避する姿勢を強めている。安全資産とされる円は買われやすく、円買い・ドル売りが優勢だった。8日にはECB理事会、英国の総選挙、コミーFBI前長官の証言が控える。英選挙は与党保守党の優位が薄れていると伝わり、投資家は警戒を強めている。トランプ米政権の「ロシア疑惑」に関するコミー氏の証言次第では、米政策運営が一段と停滞するとの懸念もある。サウジアラビアなどアラブ4ヶ国のカタールとの国交断絶で、地政学リスクもくすぶっている。「国内外の政治に懸念材料が多く、円が買われやすい」という。6日は米債券市場でも警戒感から債券が買われ、10年物国債利回りは昨年11月以来の水準まで低下した。日米金利差が縮小するとの観測から円の買い圧力が高まった。米株の下落も、投資資金の調達通貨とされる円買いにつながった。ただ、取引開始時点ですでに円高・ドル安が進んでいたため、NY市場では上値は重かった。利益確定目的の円売りも一部で出たようだ。円の安値は1ドル=109円64銭だった。
【NY為替(ユーロ/円)】円は対ユーロで大幅に3営業日続伸した。前日比1円00銭円高・ユーロ安の1ユーロ=123円35~45銭で終えた。重要日程を前にして、対ユーロでも安全資産とされる円は買われた。
【NY原油先物】NYMEXで原油先物相場が3営業日ぶりに反発した。WTIで期近の7月物は、前日比0.79ドル高の1バレル48.19ドルで取引を終えた。米原油在庫の縮小基調が続くとの観測が広がり、買いが優勢になった。EIAは7日に週間の石油在庫統計を発表する。ロイター通信が市場関係者を対象にした予測調査では、原油在庫は9週続けて縮小する見込みとなった。相場下落が続いた後とあって、持ち高を調整する目的の買いが膨らんだ。相場の反転で売り方は損失を抱えたもよう。47.50ドル近辺など節目に設定されていたストップロス(損失限定)の買い注文が執行され、上げ幅を広げた。外国為替市場でドルがユーロなど主要通貨に対して下げ、ドル建てで取引される原油の割安感に着目した買いも入った。サウジアラビアなどアラブ4ヶ国が5日にカタールと国交を断絶したが、OPECが主導する協調減産の合意には影響はないとの見方が現時点では多い。ただ、市場では「カタールにはテロ組織掃討の主要拠点である米空軍基地があるため、地政学リスクが一段と高まる可能性もある」との声も聞かれ、様子見ムードも出ていた。EIAは6日発表した短期エネルギー見通しで2018年のWTIの価格予想を引き下げたが、相場の反応は限られた。ガソリンは3営業日ぶりに反発し、ヒーティングオイルは反発した。
【NY金先物】金先物相場は3日続伸した。COMEXで取引の中心である8月物は前日比14.8ドル高の1トロイオンス1297.5ドルで終えた。一時は1298.8ドルと節目の1300ドルに迫り、中心限月として16年11月9日以来ほぼ7ヶ月ぶりの高値を付けた。米大統領選直後の水準まで持ち直した。中東の地政学リスクの高まりに加え、9日に予定されている英総選挙やコミーFBI前長官の議会証言などを前に投資家が運用リスクを取りにくくなるとの見方が広がった。米株式相場が下落したこともあり、相対的に安全な投資先とされる金先物に資金を移す取引が活発化した。銀、プラチナも3日続伸した。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

本日の東京市場概況

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 6月 6日(火)15時56分46秒
返信・引用 編集済
  東京市場・本日(2017.06.06)の結果  大幅続落 !    嫌になっちゃう~

            始値       高値      安値     終値
☆日経平均          20122.26     20152.95    19948.02   19979.90(-190.92)
☆TOPIX         1606.60      1608.93     1594.88    1596.44(- 13.53)
☆JPX400         14310.18     14347.62    14220.83   14235.25(-123.19)
☆東証一部出来高      17.05億株
☆東証一部売買代金   24671円
☆騰落銘柄数         値上り    292,   値下り    1635,   変らず    90,
     ※為替は18:30以降に表示しています。
☆東京為替(ドル/円)     110.48      110.52     109.58      109.61(-  0.91)
          (ユーロ/円)     124.31      124.42     123.51      123.52(-  1.01)
☆騰落レシオ   (警戒水域 70.00%以下、130.00%以上)      110.10%(- 10.27)
☆RSI       (警戒水域  30.00%以下、 70.00%以上)      55.30%(-  3.30)
☆東証1単純平均                                       2835.86円(- 27.67)
☆サイコロジカル    (75%以上は過熱ゾーン、25%以下は底値ゾーン)
          N225    ○●○○●●●●○○●●    5勝 7敗   41.67%(-  8.33)
          TOPIX   ○●○○●○○●○○●●    7勝 5敗   58.33%(-  8.33)
          JPX400  ○●○○●●○●○○●●    6勝 6敗   50.00%(-  8.33)

東京株式・為替市場コメント
【東京株式概況】6日の東京株式市場で日経平均は続落した。6月1日以来、3営業日ぶりに心理的な節目となる2万円を割り込んだ。東京外国為替市場で円相場が1ヶ月半ぶりに1ドル=109円台後半まで上昇し、輸出企業の採算悪化を警戒した売りに押された。大引けにかけては円高・ドル安が進み、下げ幅は一時200円を超えた。取引終盤には「海外ヘッジファンドなど短期投資家の売りが株価下落に拍車をかけた」という。欧米での重要イベントを8日を前に買いを控える雰囲気も強かった。8日はトランプ米政権とロシアとの関係を巡る疑惑に関してFBIコミー前長官が米議会で証言するうえ、英総選挙とECB理事会を控える。JPX日経インデックス400、TOPIXも続落した。

市場からは「後場は日銀のETF買いが入ったとみられるが、円上昇が響き相場は弱い。(英総選挙など)海外イベントを控える8日に向けて様子見になりやすく、あすはSQ週の水曜日で荒れやすいというアノマリー(理論的に説明のつかない動き)もあり、一時的にしろ振らされる可能性もある」との声が聞かれた。

業種別では、UBS証券が投資判断「Sell」(売り)に2段階格下げして目標株価も引き下げたアステラス薬<4503>や、中外薬<4519>、田辺三菱<4508>などの医薬品株が下落。商船三井<9104>、川崎汽<9107>、郵船<9101>などの海運株も軟調。コマツ<6301>、日精工<6471>などの機械株や、ガイシ<5333>、太平洋セメ<5233>などのガラス土石株も売られた。個別では、保証金規制のenish<3667>や、海外募集の新株発行と株式の海外売出しを発表したアイスタイル<3660>が大幅安。第2四半期(16年11月-17年4月)の単体決算で下ブレの学情<2301>や、エムアップ<3661>、ティーライフ<3172>、GMOクラ<3788>などの下げも目立った。

半面、JAL<9201>、ANA<9202>などの空運株が堅調。個別では、1対2の株式分割を実施する大光<3160>がストップ高。きのう3日連続ストップ高のフォーカス<4662>は連騰し、日ピラ工<6490>、アダストリア<2685>、カーボン<5302>などの上げも目立った。
------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

おはようございます♪

 投稿者:濃姫  投稿日:2017年 6月 6日(火)07時40分26秒
返信・引用 編集済
  本日の外資系動向                

  売り :       230万株       53億円
  買い :      440万株       70億円
  -------------------------------------
  差引 :     +210万株      +17億円

※外資系動向は業界関係者からヒアリングした非公式な情報です。

本日の株価材料(国内)

日経産業
・住友ゴム<5110.T>が路面状態自動検知のソフトウエア開発
・サイバーエージ<4751.T>が広告掲載箇所の監視サービス開始
・加藤製<6390.T>が建機生産工場を群馬に集約
・NTTデータ<9613.T>がAIやロボ活用物流開発支援を開始
・大日印<7912.T>がチャットボット使い企業情報をLINEで提供

日刊工業
・三井造<7003.T>がメタンハイドレート回収で独社と提携
・スズキ<7269.T>がインド生産子会社敷地に部品メーカー誘致
・ニッケ<3201.T>が室蘭工大と羊毛から樹脂作る技術開発
・住友商<8053.T>がインドで工業団地を開発・販売
・エイチ・アイエス<9603.T>が先進ベンチャーと地方観光を仲介

市場スケジュール(国内)

4月毎月勤労統計調査(9:00)
30年国債入札

市場スケジュール(海外)

豪州準備銀行理事会
休場:韓国

日本市場の主な決算発表銘柄社数  3件

アインH (9627) 三井ハイテック (6966) アートグリーン (3419)

------------------------------------------------------------------
出典元:日経、トレーダーズ、モーニングスター、株探、フィスコ、etc.
------------------------------------------------------------------
 

レンタル掲示板
/190