teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 邪馬台国畿内説の論拠(623)
  2. 秋の花 新(80)
  3. 邪馬台国九州説の論拠(577)
  4. 出雲と大和 新 by トミー(89)
  5. スレ「現代史コーナー」(88)
  6. 高天原にあった卑弥呼の墓(136)
  7. 「魏志倭人伝」の正しい解釈で邪馬台国論争遂に決着 の検証 (29)
  8. 米田の系図を議論するスレ(177)
  9. 日本語の原郷は「中国東北部の農耕民」(9)
  10. 東アジア海洋国家論(56)
  11. 【国宝】中平銘鉄刀と卑弥呼の系図(57)
  12. さきたま「稲荷山鉄剣銘」の謎を解く(115)
  13. 「邪馬臺國」=「邪馬壹國」=「邪靡堆」=「高天原」(104)
  14. その他(討論室)(68)
  15. 日・朝語の関係(31)
  16. 東アジアの古代文化を考える会 スレッド(14)
  17. 3世紀後半、国内最古級の双方中円墳が福岡から(35)
  18. 邪靡堆≠邪馬壹國(13)
  19. 事代主神は九州から東遷した(142)
  20. 邪馬台国の疑問点(31)
スレッド一覧(全59)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:5/221 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

空想「ヤマタ国論」

 投稿者:米田 喜彦  投稿日:2022年 5月30日(月)23時15分10秒 fp76ee5538.tkyc003.ap.nuro.jp
  通報 返信・引用 編集済
  (その1):以下の考察は、アイデアの段階です。(ふざけている訳ではありませんが、私の性分です。)
(その2):「邪馬台国」の読み方は、「ヤマタ国」と読むらしいです。
(その3):「オロチ族」という部族があったことを知って、驚いています。

│「オロチ族」(ウィキペディアより)
│ロシアの少数民族の一つ。人口は約900人でハバロフスク地方のアムール川支流トゥムニナ川下流
│およびその支流およびフンガリ川、アムール川、キジ湖他に居住している。
│オロチ語はツングース諸語に属しており、云々。

(その4):「ヤマタノオロチ」を考えてみました。

│「ヤマタノオロチ」
│ヤマタノオロチ(八岐大蛇、八俣遠呂智、八俣遠呂知)は、日本神話に登場する伝説の生物。
│概要
│八岐大蛇は『日本書紀』での表記。『古事記』では八俣遠呂智と表記している。
│「高志之八俣遠呂智、年毎に来たり(古事記)」がみえ、古代日本の地方である
│高志(こし)から来たとされる。「ヤマタノオロチ」という名称の意味は諸説ある。
│本来は山神または水神であり、八岐大蛇を祀る民間信仰もある。
│古事記
│高天原を追放された須佐之男命(スサノオノミコト)は、
│出雲国の肥河(島根県斐伊川)の上流の鳥髪(現・奥出雲町鳥上)に降り立った。

(その5):最初に、イメージしたのは、「なまはげ」です。

│「なまはげ」(ウィキペディアより)
│なまはげは、秋田県の男鹿半島周辺で行われてきた年中行事、あるいはその行事において、
│仮面をつけ藁の衣装をまとった神の使い(来訪神)を指す。

(その6):ここからは、私のイメージの飛躍です。

九州(2万+5万=7万余戸)に匹敵する地域(7万余戸)を、日本国内で探すとなると、
魏志倭人伝の時代ですと、吉備か、大和/伊勢/丹波を中心とする勢力になると思います。
その時の航路は、投馬国(阿多)を南に向かって出航すると、黒潮に乗ります。
そこから九州を「反時計回り」に回って(吉備まで)行くのだろうと思います。

(その7)
:3世紀には、「出雲」「吉備」地方は、「葦原の国」だったろうと思います。
:3世紀には、同じように、「丹波国」「伊勢国」もあったと思います。
:スサノオを(新羅からやって来た)1世紀の人物と考えると、(そもそも、)
:日本海の沿岸を中心(出雲・丹波・越)に、「ヤマタ国」というものがあったのではないか。
:そして、やって来た、なまはげみたいな「オロチ族」をスサノオがやっつけた。
:そして、スサノオが「ヤマタ国」を手に入れた。

※:そんなことを、考えてみました。

 
 
》記事一覧表示

新着順:5/221 《前のページ | 次のページ》
/221