【重要】teacup. byGMOのサービス終了について


  • [0]
  • 「邪馬臺國」=「邪馬壹國」=「邪靡堆」=「高天原」

  • 投稿者:福島 雅彦
  • 投稿日:2021年 5月 2日(日)09時48分59秒
  • h175-177-044-165.catv02.itscom.jp
 
日時: 2021年04月14日 18:39
名前: 福島雅彦 [ 返信 ]
[ 削除 ]
※これ等を国名との思い込みで、先哲らは何百年×何百人も掛かって、空しい研究を続けてきた!

*これらが、「倭人」が発する「古代倭語(方言と朝鮮語に片鱗を留める)」の音写である、と私が看破した。

・「邪馬臺國」=「卑彌呼」の居所説明文言の一部である。

・『後漢書』には「大倭王居邪馬臺國(案今名邪摩惟音之訛也)」との註が付いている。「倭語」の訛りである、と。

・「邪馬壹國」=邪摩惟と通音、訛の範囲である。

∴「卑彌呼」の居所説明文言の「古代倭語(方言と朝鮮語に片鱗を留める)」である、が導き出せる。

*「邪馬臺國」=3).「邪馬臺國」は「やまたい國」では無い!

漢字は一文字一音節である。「臺」=“ta-i”の二音節ではなく“t-ai”

「やまたィ・やまてェ」の九州弁の強調語尾「やまですヨ!」の意味の当て字。

「卑彌呼」の居所説明文言の一部を国名と勘違いしている。

中国書記官の問い=「女王卑彌呼は何処に坐すか」と。

「天(あま・あめ)たィ!」と「高天原」の意で答えた。九州弁=「蟻」を「ヤリ」と訛る。

「邪馬」=「天(あま・あめ)」の九州弁訛。「天(あま・あめ)」・「高天原」の語源は次項で述べる。

*「邪馬壹國」=「やまいち國」ではない!

漢字は一文字一音節である。中国の書記官の認識では「壹」は“i-chi”の二音節ではない。

“yi”の一音節である。「邪馬臺國」の項でも述べたが「邪馬・邪靡」は「天(あま・あめ)」の九州弁訛り、と。

では、“yi”は「倭語」の何を音写したのか。“wi”「うヰ(上)」の意を“yi”の訛りと受取られた。

「卑彌呼」の居所説明文言の一部を国名と勘違いしている。

『後漢書』の記載を知っている書記官が後世の使者に問う「今でも女王「卑彌呼」は「邪馬臺國」に坐しますか」と。使者は「邪馬臺國」が何か判らなかった。その様な国名の地は無いから…。

だが、「卑彌呼」の居所を問われたのは理解した。曰く「「天(あま・あめ)」ンうヰ(上)」と、上を指して一本指を立てた。前史の書記官が「臺と壹」とを書き間違ったと理解した、か。これ等が国名ではなかった、と『隋書』が証明している。

*『隋書』では「邪靡堆」=「倭國」への行程=「上遣文林郎裴(世)清使於俀國」=現地に来ている。

「上(煬帝)が裴世清を俀國へ使いとして遣す」=倭國の都へ到っている。

・「度百済行至竹島南望[身冉]羅國経都斯麻國迥在大海中又東至一支國又至竹斯國」=「(黄海を)度って百済に行き(上陸して)竹島に至る、南に[身冉]羅國を望み(再出航して)迥か大海の中に在る都斯麻國を経て(寄港しないで)一支國に至り(寄港して)又竹斯國に至る」。

・「竹斯國」に至るも、「末盧國、伊都國、「奴國?1」、不彌國、「奴國?2」、投馬國」の国名を挙げていない。これらは国情説明文言の一部を国名と勘違いしている、から記録しなかった。

・竹斯國の東に「秦王國」に至る、とあり「其の人は華夏(中国)におなじく…」とある。「華奴蘇奴國」=「漢ン(の)祖ン(の)國」=徐福の興した國であり、「漢ン(神)祖(前=さき)郡」=「神崎郡」(好字二字令)が発展的に豊前へ。

3).裴世清が見た「倭國」の都

*「其地勢東高西下都於「邪靡堆」則魏志所謂「邪馬臺」者也古云去楽浪郡徼及帯方郡並一萬二千里」

・「東高西下」とは東が高く西に下がる地勢で、一望できる範囲の水縄連山(耳納山地)の山容・山態と筑後川の西流を指している。

・「魏志に所謂「邪馬臺」とは、(「臺」とは女王の宮殿の意かと)来て見たら、「邪靡堆」(黒髪靡く堆い小山)だった」と合点している。

この地は楽浪郡徼・帯方郡より萬二千餘里。伊都國まで萬五百里=伊都國の南千五百里に在る。

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [108]
  • Re: アンカーって、何ですか?

  • 投稿者:福島 雅彦
  • 投稿日:2022年 4月 5日(火)16時03分32秒
  • p2008-ipad04fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp
  • 返信
 
>>107
> >
> > ※「大伽耶國」は伊奘諾尊(「伊珍阿岐王」)が建国した故地です!
> >
> > *弁辰「彌烏邪馬國」=水縄連山(耳納山地)の故地。
> >
> > ・「彌烏邪馬」(みおやま)と水縄山(みのやま)に区別を付けるために、定冠詞“???”(ku-reum-e)=「雲の…」を付けたのが久留米の語源。
> >
> > ・水縄連山(耳納山地)は春夏秋冬朝昼晩降っても照っても雲が湧く。

*文字化けは「古代倭語(方言と朝鮮語に片鱗を留める)」のハングル表記。

> ⇒ すべて、福島流の新説(珍説)ですね。

※いいえ、真説です!!

>  とりあえず、私が信じることはありませんが、この板で言い張り続けていれば、誰か信じる人が出てくるかもしれませんね。

*此処にも、名伯楽は坐さなかった!!!!

・サラバ!!!!!!


  • [107]
  • Re: アンカーって、何ですか?

  • 投稿者:難升米
  • 投稿日:2022年 4月 3日(日)18時40分9秒
  • dhcp05-049.ctb.ne.jp
  • 編集済
  • 返信
 
>
> ※「大伽耶國」は伊奘諾尊(「伊珍阿岐王」)が建国した故地です!
>
> *弁辰「彌烏邪馬國」=水縄連山(耳納山地)の故地。
>
> ・「彌烏邪馬」(みおやま)と水縄山(みのやま)に区別を付けるために、定冠詞“???”(ku-reum-e)=「雲の…」を付けたのが久留米の語源。
>
> ・水縄連山(耳納山地)は春夏秋冬朝昼晩降っても照っても雲が湧く。

⇒ すべて、福島流の新説(珍説)ですね。

 とりあえず、私が信じることはありませんが、この板で言い張り続けていれば、誰か信じる人が出てくるかもしれませんね。


https://www.amazon.co.jp/dp/4909566430/


  • [106]
  • Re: アンカーって、何ですか?

  • 投稿者:福島 雅彦
  • 投稿日:2022年 4月 3日(日)16時35分12秒
  • p6197-ipad113fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp
  • 返信
 
>>105
> >
> > ※『日本書紀』は半島由来の故事を隠蔽していると。観ます。
> >
> > *太安万侶は反骨精神から、後世の賢者が其の隠蔽を暴く鍵を仕込んでいます。
> >
> > ・「鵜葺草葺不合命(鸕?草葺不合尊)」=「大伽耶(うがや)國」不統合、の意。
>
> ⇒ 完全な陰謀論ですね。
>
>  こんな怪しい陰謀説をタダで信じてくれる人なんて誰もいませんよ。
>
>  単に名前が国名と似ているだけで、そこまで勝手に断言するのは福島さんだけです。

※「大伽耶國」は伊奘諾尊(「伊珍阿岐王」)が建国した故地です!

*弁辰「彌烏邪馬國」=水縄連山(耳納山地)の故地。

・「彌烏邪馬」(みおやま)と水縄山(みのやま)に区別を付けるために、定冠詞“???”(ku-reum-e)=「雲の…」を付けたのが久留米の語源。

・水縄連山(耳納山地)は春夏秋冬朝昼晩降っても照っても雲が湧く。

  • [105]
  • Re: アンカーって、何ですか?

  • 投稿者:難升米
  • 投稿日:2022年 4月 3日(日)03時04分4秒
  • dhcp05-049.ctb.ne.jp
  • 返信
 
>
> ※『日本書紀』は半島由来の故事を隠蔽していると。観ます。
>
> *太安万侶は反骨精神から、後世の賢者が其の隠蔽を暴く鍵を仕込んでいます。
>
> ・「鵜葺草葺不合命(鸕?草葺不合尊)」=「大伽耶(うがや)國」不統合、の意。

⇒ 完全な陰謀論ですね。

 こんな怪しい陰謀説をタダで信じてくれる人なんて誰もいませんよ。

 単に名前が国名と似ているだけで、そこまで勝手に断言するのは福島さんだけです。


https://www.amazon.co.jp/dp/4909566430/


  • [104]
  • Re: アンカーって、何ですか?

  • 投稿者:福島 雅彦
  • 投稿日:2022年 4月 2日(土)22時18分25秒
  • p3080-ipad29fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp
  • 返信
 
>>103
> > >
> > > つまり、宮崎に残った人はおらず、遠征組が全滅したら血族は途絶えます。
> >
> > ※「鵜葺草葺不合命(鸕?草葺不合尊)」が居ますョ!
>
> ⇒ 親父ですか?
>  親父が生き残ったって、何の役にも立たない。
>  神武は45歳で東征の旅に出たと記されます。
>  神武は四兄弟の最年少だから、父親のウガヤフキアエズは出立時に70過ぎ、52歳の即位時には80位のはずです。
>  もはや、更に弟を産む能力などあるはずがない。
>
>  つまり、神武四兄弟が全員死ぬと、ウガヤフキアエズ命の血流は終結です。
>
> >
> > >
> > > ⇒ ウガヤフキアエズ命は大伽耶国の(日本との?)統合に失敗したのですか?
> > >  これは珍説!では、ウガヤフキアエズ命は宮崎をほったらかしにして、大伽耶国に東征したのですね。
> >
> > ※今までの投稿を読んでいないのですか?
> >
> > *「大伽耶國」にいて「倭人」の他の伽耶諸国の統合に失敗して、列島に来た、ンですョ!
> >
> ⇒ 今迄のそんな珍説で出来た投稿は読む気になりませんね。
>
>  ウガヤフキアエズ命の父親のホオリ命は山幸彦で日向国生まれの日向国育ち。
>
>  ウガヤフキアエズ命自身は日向国の鵜戸神宮生まれだから、いつの間に「大伽耶國」に行ったのですか?

※『日本書紀』は半島由来の故事を隠蔽していると。観ます。

*太安万侶は反骨精神から、後世の賢者が其の隠蔽を暴く鍵を仕込んでいます。

・「鵜葺草葺不合命(鸕?草葺不合尊)」=「大伽耶(うがや)國」不統合、の意。

  • [103]
  • Re: アンカーって、何ですか?

  • 投稿者:難升米
  • 投稿日:2022年 4月 1日(金)21時03分53秒
  • dhcp05-049.ctb.ne.jp
  • 返信
 
> >
> > つまり、宮崎に残った人はおらず、遠征組が全滅したら血族は途絶えます。
>
> ※「鵜葺草葺不合命(鸕?草葺不合尊)」が居ますョ!

⇒ 親父ですか?
 親父が生き残ったって、何の役にも立たない。
 神武は45歳で東征の旅に出たと記されます。
 神武は四兄弟の最年少だから、父親のウガヤフキアエズは出立時に70過ぎ、52歳の即位時には80位のはずです。
 もはや、更に弟を産む能力などあるはずがない。

 つまり、神武四兄弟が全員死ぬと、ウガヤフキアエズ命の血流は終結です。

>
> >
> > ⇒ ウガヤフキアエズ命は大伽耶国の(日本との?)統合に失敗したのですか?
> >  これは珍説!では、ウガヤフキアエズ命は宮崎をほったらかしにして、大伽耶国に東征したのですね。
>
> ※今までの投稿を読んでいないのですか?
>
> *「大伽耶國」にいて「倭人」の他の伽耶諸国の統合に失敗して、列島に来た、ンですョ!
>
⇒ 今迄のそんな珍説で出来た投稿は読む気になりませんね。

 ウガヤフキアエズ命の父親のホオリ命は山幸彦で日向国生まれの日向国育ち。

 ウガヤフキアエズ命自身は日向国の鵜戸神宮生まれだから、いつの間に「大伽耶國」に行ったのですか?


https://www.amazon.co.jp/dp/4909566430/


  • [102]
  • Re: アンカーって、何ですか?

  • 投稿者:福島 雅彦
  • 投稿日:2022年 4月 1日(金)20時25分44秒
  • p6138-ipad13fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp
  • 返信
 
>>101
> > ⇒ どうやら福島さんの脳内には、我々常人とは異なる、別の独自の世界があるらしい。
> > >
> > >  東征に出たのは末っ子の神武=彦火火出見命だけではなく、四兄弟全員で出ているしね。
> >
> > ※『古事記』と『日本書紀』では少し記述が異なりますが…。
>
> >
> > >  いくら敗退した時に帰れる処を確保しようが、死んでしまったらどうにもならない。
> >
> > ※遠征組か゜全滅しても血族の途絶にはならない、です。
>
>
> ⇒ 古事記は五瀬と神武の二兄弟だから、兄弟全員が東征したことに変わりありませんね。
>
> つまり、宮崎に残った人はおらず、遠征組が全滅したら血族は途絶えます。

※「鵜葺草葺不合命(鸕?草葺不合尊)」が居ますョ!

> > >  ところで、神武は宮崎にウガヤフキアエズ命を残していたのかな?
> >
> > ※その様に、最初から申しています!
> >
> > *「宮崎」=「宮(「神武天皇」)」の「﨑(前=祖)」=天津日高日子波限建鵜葺草葺不合命。
> >
> > ・「鵜葺草葺不合命」=「大伽耶(うがや)國」の統合に失敗した命(みこと)である。
>
>
> ⇒ ウガヤフキアエズ命は大伽耶国の(日本との?)統合に失敗したのですか?
>  これは珍説!では、ウガヤフキアエズ命は宮崎をほったらかしにして、大伽耶国に東征したのですね。

※今までの投稿を読んでいないのですか?

*「大伽耶國」にいて「倭人」の他の伽耶諸国の統合に失敗して、列島に来た、ンですョ!


  • [101]
  • Re: アンカーって、何ですか?

  • 投稿者:難升米
  • 投稿日:2022年 4月 1日(金)16時25分50秒
  • 211.130.161.33
  • 編集済
  • 返信
 
> ⇒ どうやら福島さんの脳内には、我々常人とは異なる、別の独自の世界があるらしい。
> >
> >  東征に出たのは末っ子の神武=彦火火出見命だけではなく、四兄弟全員で出ているしね。
>
> ※『古事記』と『日本書紀』では少し記述が異なりますが…。

>
> >  いくら敗退した時に帰れる処を確保しようが、死んでしまったらどうにもならない。
>
> ※遠征組か゜全滅しても血族の途絶にはならない、です。


⇒ 古事記は五瀬と神武の二兄弟だから、兄弟全員が東征したことに変わりありませんね。

  つまり、宮崎に残った人はおらず、遠征組が全滅したら血族は途絶えます。


>
> >  ところで、神武は宮崎にウガヤフキアエズ命を残していたのかな?
>
> ※その様に、最初から申しています!
>
> *「宮崎」=「宮(「神武天皇」)」の「﨑(前=祖)」=天津日高日子波限建鵜葺草葺不合命。
>
> ・「鵜葺草葺不合命」=「大伽耶(うがや)國」の統合に失敗した命(みこと)である。


⇒ ウガヤフキアエズ命は大伽耶国の(日本との?)統合に失敗したのですか?

 これは珍説!では、ウガヤフキアエズ命は宮崎をほったらかしにして、大伽耶国に東征したのですね。

 そんな話を記した資料が、いったい、どこにあるのですか?

 もしかして、福島さんの脳内だけ?



https://www.amazon.co.jp/dp/4909566430/


  • [100]
  • Re: アンカーって、何ですか?

  • 投稿者:福島 雅彦
  • 投稿日:2022年 4月 1日(金)14時37分50秒
  • p1095-ipad29fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp
  • 返信
 
>>99
> > *神武は末っ子。
> > >
> > > ⇒ じゃあ、神武は宮崎に残らねばならないじゃないですか?
> >
> > ※末っ子だから東征に出掛けたンですョ!
> >
> > *父親を残して、敗退した時に帰れる処=アンカーですョ!
> >
>
> ⇒ どうやら福島さんの脳内には、我々常人とは異なる、別の独自の世界があるらしい。
>
>  東征に出たのは末っ子の神武=彦火火出見命だけではなく、四兄弟全員で出ているしね。

※『古事記』と『日本書紀』では少し記述が異なりますが…。

>  いくら敗退した時に帰れる処を確保しようが、死んでしまったらどうにもならない。

※遠征組か゜全滅しても血族の途絶にはならない、です。

>  ところで、神武は宮崎にウガヤフキアエズ命を残していたのかな?

※その様に、最初から申しています!

*「宮崎」=「宮(「神武天皇」)」の「﨑(前=祖)」=天津日高日子波限建鵜葺草葺不合命。

・「鵜葺草葺不合命」=「大伽耶(うがや)國」の統合に失敗した命(みこと)である。

  • [99]
  • Re: アンカーって、何ですか?

  • 投稿者:難升米
  • 投稿日:2022年 4月 1日(金)07時25分51秒
  • dhcp05-049.ctb.ne.jp
  • 返信
 
> *神武は末っ子。
> >
> > ⇒ じゃあ、神武は宮崎に残らねばならないじゃないですか?
>
> ※末っ子だから東征に出掛けたンですョ!
>
> *父親を残して、敗退した時に帰れる処=アンカーですョ!
>

⇒ どうやら福島さんの脳内には、我々常人とは異なる、別の独自の世界があるらしい。

 東征に出たのは末っ子の神武=彦火火出見命だけではなく、四兄弟全員で出ているしね。

 いくら敗退した時に帰れる処を確保しようが、死んでしまったらどうにもならない。

 実際、兄の五瀬命、稲飯命、三毛入野命らは近畿で死んでいる。

 ところで、神武は宮崎にウガヤフキアエズ命を残していたのかな?


https://www.amazon.co.jp/dp/4909566430/


  • [98]
  • Re: アンカーって、何ですか?

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2022年 3月31日(木)22時26分24秒
  • p1021-ipad28fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp
  • 返信
 
>>97
> >>96
> > >>95
> > > 訳が分かりませんね。
> >
> > ※一族郎党全員が東征に出掛けて全滅するのを避けた。
> >
> > *神武は末っ子。
>
> ⇒ じゃあ、神武は宮崎に残らねばならないじゃないですか?

※末っ子だから東征に出掛けたンですョ!

*父親を残して、敗退した時に帰れる処=アンカーですョ!


  • [97]
  • Re: アンカーって、何ですか?

  • 投稿者:難升米
  • 投稿日:2022年 3月31日(木)11時46分55秒
  • 211.130.161.33
  • 返信
 
>>96
> >>95
> > 訳が分かりませんね。
>
> ※一族郎党全員が東征に出掛けて全滅するのを避けた。
>
> *神武は末っ子。

⇒ じゃあ、神武は宮崎に残らねばならないじゃないですか?

 「神武東征物語」では神武もちゃんと畿内に行ってますよね。

 逆に他の三兄弟が死滅した。


https://www.amazon.co.jp/dp/4909566430/


  • [96]
  • Re: アンカーって、何ですか?

  • 投稿者:福島 雅彦
  • 投稿日:2022年 3月31日(木)11時32分46秒
  • p3183-ipad30fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp
  • 返信
 
>>95
> 訳が分かりませんね。

※一族郎党全員が東征に出掛けて全滅するのを避けた。

*神武は末っ子。

  • [95]
  • アンカーって、何ですか?

  • 投稿者:難升米
  • 投稿日:2022年 3月31日(木)02時45分51秒
  • dhcp05-049.ctb.ne.jp
  • 返信
 
訳が分かりませんね。


https://www.amazon.co.jp/dp/4909566430/


  • [94]
  • 保管用 チェック

  • 投稿者:米田 喜彦
  • 投稿日:2022年 3月30日(水)23時06分26秒
  • fp76ee5538.tkyc003.ap.nuro.jp
  • 返信
 
2022-03-30


  • [93]
  • Re: 天孫降臨の地は宮崎

  • 投稿者:福島 雅彦
  • 投稿日:2022年 3月30日(水)22時43分36秒
  • p1135-ipad112fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp
  • 返信
 
>>92
> ウガヤフキアエズ命の祖父の邇邇芸命は高天原から日向国に天孫降臨している。
>
> 即ち、天孫降臨の地は耳納連山ではない。こんなことは、当たり前。

※「高天原」=水縄連山(耳納山地)です!!!!!!!!

*水縄連山(耳納山地)から宮崎へアンカーを置いて、神武は東征する。

  • [92]
  • 天孫降臨の地は宮崎

  • 投稿者:難升米
  • 投稿日:2022年 3月30日(水)22時24分26秒
  • dhcp05-049.ctb.ne.jp
  • 返信
 
ウガヤフキアエズ命の祖父の邇邇芸命は高天原から日向国に天孫降臨している。

即ち、天孫降臨の地は耳納連山ではない。こんなことは、当たり前。


https://www.amazon.co.jp/dp/4909566430/


  • [91]
  • Re: 邪馬台国東遷

  • 投稿者:福島雅彦
  • 投稿日:2022年 3月30日(水)21時23分56秒
  • p1135-ipad112fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp
  • 返信
 
>>90
> 北部九州にあった邪馬台国=高天原は神武東征により、畿内に東遷している。
>
> だから、のちの大和朝廷は畿内にあるのだ。
>
> 福島説はこのことがまったく判っておらず、相変わらず九州王朝説を唱えている。

※「神武天皇」は九州を棄てた訳ではない!

*宮﨑をアンカーとしている=鵜戸神宮は父親の天津日高日子波限建鵜葺草葺不合命が祭神。

  • [90]
  • 邪馬台国東遷

  • 投稿者:難升米
  • 投稿日:2022年 3月29日(火)15時53分39秒
  • 211.130.161.33
  • 返信
 
北部九州にあった邪馬台国=高天原は神武東征により、畿内に東遷している。

だから、のちの大和朝廷は畿内にあるのだ。

福島説はこのことがまったく判っておらず、相変わらず九州王朝説を唱えている。

こんな説を言い張るところまで、古田武彦氏と同じ。


https://www.amazon.co.jp/dp/4909566430/


  • [89]
  • Re: 難波の津は大阪湾

  • 投稿者:福島雅彦
  • 投稿日:2022年 3月28日(月)21時02分44秒
  • p1121-ipad108fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp
  • 返信
 
>>88
> *「裴世清」は隋の使人≠大唐と誤記。
>
> > 確かに、『日本書紀』は隋を唐と誤記しましたが、それは『日本書紀』編纂時の中国が唐の時代だったからに他なりません。
>
> しかし、だからと言って、難波の津が博多湾という話にはなりません。
>
> なにしろ、裴世清は畿内大和で、倭王アマタリシヒコにも会っていますからね。
>
> ところで、福島さんが耳納連山=邪馬台国=九州王朝と言い張るなら、倭王=アマタリシヒコは誰になりますかね?

※「阿毎多利思比孤」も「天照大神」も職掌名です!

※「天(あま・あめ)」出自の「彦=日子」、「天(あま・あめ)」出自の大神。

※「天(あま・あめ)」は「高天原」=水縄連山(耳納山地)の東の「浮羽」=“???”(u-kil-beol)=「旭日原」。

∴畿内とは無縁です!!!!!!

*文字化けは「古代倭語(方言と朝鮮語に片鱗を留める)」のハングル表記。

  • [88]
  • 難波の津は大阪湾

  • 投稿者:難升米
  • 投稿日:2022年 3月27日(日)22時11分58秒
  • dhcp05-049.ctb.ne.jp
  • 編集済
  • 返信
 
*「裴世清」は隋の使人≠大唐と誤記。

> 確かに、『日本書紀』は隋を唐と誤記しましたが、それは『日本書紀』編纂時の中国が唐の時代だったからに他なりません。

しかし、だからと言って、難波の津が博多湾という話にはなりません。

なにしろ、裴世清は畿内大和で、倭王アマタリシヒコにも会っていますからね。

ところで、福島さんが耳納連山=邪馬台国=九州王朝と言い張るなら、倭王=アマタリシヒコは誰になりますかね?



https://www.amazon.co.jp/dp/4909566430/


  • [87]
  • Re: 裴世清は確実に難波の津に至っている。

  • 投稿者:福島雅彦
  • 投稿日:2022年 3月27日(日)19時38分21秒
  • p3047-ipad11fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp
  • 返信
 
>>86
> 『日本書紀』には次のように記されます。
>
> 十六年夏四月、小野臣妹子至自大唐。唐国號妹子臣曰蘇因高。?大唐使人裴世淸・下客十二人、從妹子臣至於筑紫。遣難波吉士雄成、召大唐客裴世淸等。爲唐客更造新館於難波高麗館之上。六月壬寅朔丙辰、客等泊于難波津、是日以飾船卅艘迎客等于江口、安置新館。於是、以中臣宮地連烏磨呂・大河?直糠手・船史王平、爲掌客。
>
> このように、裴世清が来倭した時は、難波の高麗館(こうらいかん)に宿泊したと書いてあるのだから、裴世清らは当然の如く、難波之津に至っているのである。

※『日本書紀』は嘘を書いています。

*「裴世清」は隋の使人≠大唐と誤記。

・「難波」=波立ち難い=儺の津(博多湾)。

  • [86]
  • 裴世清は確実に難波の津に至っている。

  • 投稿者:難升米
  • 投稿日:2022年 3月27日(日)19時30分19秒
  • dhcp05-049.ctb.ne.jp
  • 返信
 
『日本書紀』には次のように記されます。

十六年夏四月、小野臣妹子至自大唐。唐国號妹子臣曰蘇因高。?大唐使人裴世淸・下客十二人、從妹子臣至於筑紫。遣難波吉士雄成、召大唐客裴世淸等。爲唐客更造新館於難波高麗館之上。六月壬寅朔丙辰、客等泊于難波津、是日以飾船卅艘迎客等于江口、安置新館。於是、以中臣宮地連烏磨呂・大河?直糠手・船史王平、爲掌客。

このように、裴世清が来倭した時は、難波の高麗館(こうらいかん)に宿泊したと書いてあるのだから、裴世清らは当然の如く、難波之津に至っているのである。


https://www.amazon.co.jp/dp/4909566430/


  • [85]
  • 何故…

  • 投稿者:福島雅彦
  • 投稿日:2022年 3月21日(月)22時35分40秒
  • p3219-ipad30fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp
  • 返信
 
愚説が理解できないのか、理解に苦しむ!?

  • [84]
  • 韓国の首都の”seoul”は意味不明!

  • 投稿者:福島雅彦
  • 投稿日:2022年 3月20日(日)12時47分18秒
  • p4222-ipad110fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp
  • 編集済
  • 返信
 
福島雅彦が、其の謎も解いた!

※「高天原」=「うきは市」=「倭國」の首都である。

「高天原」の東西の入り口に「三春原(うらせばる)」と「牛鳴(うしなき)峠(とうげ)」がある。

・「三春原」は「うらせばる」と読む。東側にあるが普通では読めない。

“??-?”(ul-soe-beol)=「鳴く鉄・原」(直訳)=鉄が唸る原(意訳)。

・「牛鳴峠」=“??”(soe-ul)峠=「鉄鳴く峠」=鉄が唸る峠。鉄⇔牛は同音。

・“??”(ul-soe)=「五月蝿い」の語源か。製鉄の音は「ウルセェ!」。

・「高天原」には、東多々羅、南多々羅、西多々羅と製鉄地名がある。

方位から見て北風自然送風の製鉄炉か。「素盞嗚尊」追放前の製鉄集団跡か。

・「高天原」には「諏訪神社」=「“?-?”(soe-wa)鉄来る神社」がある。

古代に在っては、鉄を制する者が国を制した。「高天原」の東西の入り口が製鉄絡みの地名である。

・韓国の首都の“??”(seoul)はこれの訛りを疑う。

*文字化けは「古代倭語(方言と朝鮮語に片鱗を留める)」のハングル表記。


  • [83]
  • 謎は謎を呼ぶ!

  • 投稿者:福島雅彦
  • 投稿日:2022年 3月17日(木)12時39分35秒
  • p2043-ipad111fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp
  • 返信
 
※間違った前提の謎を鵜呑みにして、その謎を追及しても五里霧中なのは当然である!!!!!!

*諸君! 好い加減に謎解きゴッコは終わらせませんか?

・謎は私(福島雅彦)が三十年前に解いていますョ!!!!!

  • [82]
  • 何が、謎なのか?

  • 投稿者:福島雅彦
  • 投稿日:2022年 3月13日(日)12時25分33秒
  • p1023-ipad108fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp
  • 編集済
  • 返信
 
 所謂「邪馬臺國」の所在地については新井白石や本居宣長らから約三百年余。

東京帝国大学・白鳥庫吉VS京都帝国大学・内藤虎次郎から百余年。

「九州説」と「畿内説」で論争して未だに決着を見ないのは双方とも間違っている、と断定。

中国正史に記載の「倭語」音写漢字を研究者が時の日本語読みで読んできたことが混沌の原因。

これらの語句に「古代倭語(方言と朝鮮語に片鱗を留める)」と命名、解読に成功。

中国正史書記官の勘違い表記と誤通訳による誤謬をも糺した。

中国正史の記述が良い加減であるとか、陳壽と范曄の長幼と、編纂時期の前後論には与しない。

『古事記』『日本書紀』(以後『記・紀』と略記)の編纂目的は、九州皇統の故事来歴を畿内皇統一元に見せかける為である。

不都合な事は隠蔽していると観る。

隠蔽を命じられた太安万侶は、反骨精神から後世の賢者が真実を暴くための伏線を敷いていると観る。

私は、それに応えて隠蔽箇所を読み解いた。

その結果辿り着いたのは、所謂「邪馬臺國」は天孫降臨の地=高天原=うきは市である、と。


  • [81]
  • Re: 「高牟礼山」は…

  • 投稿者:福島雅彦
  • 投稿日:2022年 3月12日(土)18時22分49秒
  • p5079-ipad31fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp
  • 編集済
  • 返信
 
>>80
> 福島さん、こん○○は。
>
> 相変わらずの、話の筋ずらしは止めて。(--〆)

※少しも、ズレていませんが…

> ありもしない「へその緒」はどうでもいいから。

※何処かに「へその緒」が落ちていましたか?

> 天をアマと読むことと、スレッド名の間違いをみとめてください。

※太安万侶は「天」を「あま」と読め、として理由を書かなかった=後世の賢者が天上界から地上に引き戻せるように仕込んだ鍵である。

*「稗田阿礼」=身分の低い舎人=『古事記』の暗唱者ではなく筑後弁を太安万侶に通訳した、と観ます。

・漢籍の「邪馬・邪靡」=「天(あま・あめ)」の筑後弁訛りです、とか…

  • [80]
  • Re: 「高牟礼山」は…

  • 投稿者:オヤジッチ
  • 投稿日:2022年 3月11日(金)13時51分29秒
  • dhcp-ubr1-0908.csf.ne.jp
  • 返信
 
福島さん、こん○○は。

相変わらずの、話の筋ずらしは止めて。(--〆)
ありもしない「へその緒」はどうでもいいから。
天をアマと読むことと、スレッド名の間違いをみとめてください。

  • [79]
  • 「高牟礼山」は…

  • 投稿者:福島雅彦
  • 投稿日:2022年 3月 9日(水)17時32分1秒
  • p6149-ipad03fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp
  • 編集済
  • 返信
 
※水縄山(みのやま)と同義の「古代倭語(方言と朝鮮語に片鱗を留める)」である。

*「水縄山」=「箕尾山」の古称がある。

・「水縄」も「蓑尾」も共に「水が垂れる」の共通項。

*「高牟礼山」は…

・「高」=集(たか)って、の意の当て字=「高天原」の項で詳述済み!

・「牟礼山」=“?-?”(mul-e)山=「水の山」の意。

∴「水縄山」=「蓑尾山」=「高牟礼山」=「水の山」である。

※その麓には「味水御井神社」があり、三井=徳間清水・磐井清水・朝妻清水、も在る。

*御井とは、高貴な方の井戸=「卑彌呼」の井戸か、と。

※弁辰「彌烏邪馬國」も「古代倭語(方言と朝鮮語に片鱗を留める)」である。

*半島に於いて、韓と「倭」は入り組んでいる、とあるが、境界が定まっていないのと、時代で領有が入れ代わった、か。

・「彌烏邪馬國」=「水生邪馬國」=水縄連山の故地。

・「伊奘諾尊」=「大伽耶國」建国王「伊珍阿岐王」。

・半島と列島に同じ地名。

・両方の「みの(お)やま」に区別をつけるために、定冠詞“???”(ku-reum-e)=「雲の…」を付けたのが「久留米」の語源。

・水縄山の山頂の小峰には「白雲台、紫雲台、凌雲台、碧雲台、渓雲台」がある。

・春夏秋冬朝昼晩照っても降っても雲が沸く。

・彌烏邪馬國が在ったと比定する「高霊郡」は「高良山」と対応する。

・そこの地名に「箕山(きざん)里(り)」があるが「倭語」の「箕山(みのやま)」と同義であり、「星山面」ともあるのは「星野村」と対応する。


*文字化けは「古代倭語(方言と朝鮮語に片鱗を留める)」のハングル表記。


  • [78]
  • 高良大社

  • 投稿者:オヤジッチ
  • 投稿日:2022年 3月 9日(水)14時38分15秒
  • dhcp-ubr1-0908.csf.ne.jp
  • 返信
 
高良山にはもともと高木神(=高御産巣日神、高牟礼神)が鎮座しており、高牟礼山(たかむれやま)と呼ばれていたが、高良玉垂命が一夜の宿として山を借りたいと申し出て、高木神が譲ったところ、玉垂命は結界を張って鎮座した(高木神は帰れなくなって麓に鎮座)との伝説がある。山の名前についてはいつしか高牟礼から音が転じ、良字の二字をあてて「高良」山と呼ばれるようになったという説もある。現在もともとの氏神だった高木神は麓の二の鳥居の手前の高樹神社に鎮座する。なお、久留米市御井町にある久留米市役所の支所の名前「高牟礼市民センター」や、久留米市内のいくつかの小中学校の校名や校歌の歌詞に「高牟礼」の名前が残っている。

  • [77]
  • Re: 高良大社

  • 投稿者:オヤジッチ
  • 投稿日:2022年 3月 9日(水)13時17分20秒
  • dhcp-ubr1-0908.csf.ne.jp
  • 返信
 
高良大社:福岡県久留米市の高良山にある神社。式内社(名神大社)、筑後国一宮。旧社格は国幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。

古くは高良玉垂命神社(こうらたまたれのみことじんじゃ)、高良玉垂宮(こうらたまたれのみや)などとも呼ばれた。
> ※主祭神=「玉垂尊」=全・「天照大神」+全「阿毎多利思比孤」
> ・「“?”(ta)全」「天(あま)」“???”(ddal-ri-da)付く、属する尊=歴代「天照大神」と歴代「阿毎多利思比孤」を祀っている。
> ※神無月に、出雲大社へはお出ましにならない=神格が上位だから…。
↑何の話??????
 “高”は「コウ」とも「タカ」とも読めるということ?
 「古事記}の“高天原(たかまがはら、たかあまはら、たかあまのはら、たかのあまはら、たかまのはら)”の“高”は訓読みの“タカ”、“コウ”は音読み。
 “天”の訓読みは“アマ”、“テン”は音読み。

  • [76]
  • 高良大社

  • 投稿者:福島雅彦
  • 投稿日:2022年 3月 7日(月)22時15分11秒
  • p1024-ipad104fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp
  • 編集済
  • 返信
 
※主祭神=「玉垂尊」=全・「天照大神」+全「阿毎多利思比孤」

・「“?”(ta)全」「天(あま)」“???”(ddal-ri-da)付く、属する尊=歴代「天照大神」と歴代「阿毎多利思比孤」を祀っている。

※神無月に、出雲大社へはお出ましにならない=神格が上位だから…。

  • [75]
  • Re: 同じ文面を毎回 張り付けて 古代史を混沌化させているのは 誰なのでしょう

  • 投稿者:福島雅彦
  • 投稿日:2022年 3月 7日(月)22時03分44秒
  • p4070-ipad107fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp
  • 返信
 
>>74
>  ことば遊び 歴史にあらず
> 倭王姓阿毎字多利思比孤を人名と読まず 職名と読むのは無理があるのでは?

※理解力・認識力の問題でしょう?

  • [73]
  • Re: ヤマト言葉もべんきょうしたら!

  • 投稿者:福島 雅彦
  • 投稿日:2022年 3月 7日(月)17時01分32秒
  • p1154-ipad110fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp
  • 編集済
  • 返信
 
>>71
> >>70
> > 福島さん、こん○○は。
> > > ※「天」を「あま」と読む説明になっていません。
> > > *反論の態を為していませんョ!
> > ↑大和言葉ですよ、「海」は、もともと「あま」。
> >  ありもしない古朝鮮語にばかり意識が言ってる。
> ↑「「天」を「あま」と読む説明」でしたね。失礼m(__)m
>  「天照大神」はなんとよみますか。
>  「あまてらすおおみかみ」ですよね。
>  わざわざこんな説明が必要ですか。

※古代史が混沌になっている現況を表現賜り多謝 謝々!

*「天照大神」=「天(あま・あめ)地方」「照=“??”(ttal-li)=付く、属する」」大神。

・「倭王姓阿毎字多利思比孤号阿輩雞彌」とは、固有名詞ではナイ!

 「天照大神」の異字表記である。

「阿毎=「天(あま・あめ)」」の意である。

・「多利思比孤」=「照彦=照日子」=“???”(ddal-ri-da)付く、属する、(『民衆書林・韓日辞典』)の語幹+「彦=日子」である。

*「阿毎多利思比孤」=「天(あま・あめ)出自(所属)の「彦=日子」」。

※「天(あま・あめ)」=「高天原」=「うきは」=所謂「邪馬臺國」出自。

∴何人でも何代でも襲名・即位可能である!!!!

※「高良玉垂尊」=「“?”(ta)全」「天(あま)」“???”(ddal-ri-da)付く、属する尊=歴代「天照大神」を祀っている。

・神社本庁は、別表・別格扱いである。

*文字化けは「古代倭語(方言と朝鮮語に片鱗を留める)」のハングル表記。


http:/・/


  • [72]
  • 普通に日本語読み

  • 投稿者:オヤジッチ
  • 投稿日:2022年 3月 7日(月)16時03分53秒
  • dhcp-ubr1-0908.csf.ne.jp
  • 返信
 
高天原=takamagahara
tak"a"magahara=tak"aa"mahara
同じ母音(ああ)が二音続く場合、一音となる。
こう言うのって、福島さん得意でしょう。

  • [71]
  • Re: ヤマト言葉もべんきょうしたら!

  • 投稿者:オヤジッチ
  • 投稿日:2022年 3月 7日(月)14時11分31秒
  • dhcp-ubr1-0908.csf.ne.jp
  • 返信
 
>>70
> 福島さん、こん○○は。
> > ※「天」を「あま」と読む説明になっていません。
> > *反論の態を為していませんョ!
> ↑大和言葉ですよ、「海」は、もともと「あま」。
>  ありもしない古朝鮮語にばかり意識が言ってる。
↑「「天」を「あま」と読む説明」でしたね。失礼m(__)m
 「天照大神」はなんとよみますか。
 「あまてらすおおみかみ」ですよね。
 わざわざこんな説明が必要ですか。

  • [70]
  • Re: ヤマト言葉もべんきょうしたら!

  • 投稿者:オヤジッチ
  • 投稿日:2022年 3月 7日(月)13時10分46秒
  • dhcp-ubr1-0908.csf.ne.jp
  • 返信
 
福島さん、こん○○は。
> ※「天」を「あま」と読む説明になっていません。
> *反論の態を為していませんョ!
↑大和言葉ですよ、「海」は、もともと「あま」。
 ありもしない古朝鮮語にばかり意識が言ってる。

  • [68]
  • Re: 「高天原」は地上に在る!

  • 投稿者:福島 雅彦
  • 投稿日:2022年 3月 6日(日)17時17分24秒
  • p6115-ipad104fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp
  • 返信
 
>>67
>  福島さん、こん○○は。
>
> 根拠の弱い記事ほど、修飾が多い。
>
> > 何故「天」を「あま」と読むか
> ↑(アマ)は海、高天原は海の向こう。
>  高天原(半島)から玄界灘の海霧(雲)を通ってキタッチャン。
>  天孫族ッチャ百済ン亡命貴族ジャナカト。

※「天」を「あま」と読む説明になっていません。

*反論の態を為していませんョ!

  • [67]
  • Re: 「高天原」は地上に在る!

  • 投稿者:オヤジッチ
  • 投稿日:2022年 3月 6日(日)16時13分29秒
  • dhcp-ubr1-0908.csf.ne.jp
  • 返信
 
福島さん、こん○○は。

根拠の弱い記事ほど、修飾が多い。

> 何故「天」を「あま」と読むか
↑(アマ)は海、高天原は海の向こう。
 高天原(半島)から玄界灘の海霧(雲)を通ってキタッチャン。
 天孫族ッチャ百済ン亡命貴族ジャナカト。

  • [66]
  • Re: ヤマト朝廷は 大和朝廷に非ず 

  • 投稿者:オヤジッチ
  • 投稿日:2022年 3月 6日(日)15時31分55秒
  • dhcp-ubr1-0908.csf.ne.jp
  • 返信
 
いつかコウヘイさん、こん○○は。
> 福島さんはヤマト、オヤジッチさんが想起した大和とは違う。
> 話を混乱化の方向へ させるには 山門説の人の参加もありうる。
> というジョークで 終了してほしいのですが。
↑福島さんは隋書の「邪靡堆」、遣隋使を派遣したのは大和です。
 隋書東夷伝は遣隋使に対する答礼使である裴世清の報告です。
 “竹斯國(チクシ、ツクシとは読めない)”の東にある(ヤマト)であり、
 日本書紀に『大唐使人裴世清 下客十二人』とある通り、大和です。

>  あやふやな漢字記載 混乱の原因は 大陸側の文面だから。
> 隋の 倭国が二つが 混乱原因の一つ。
↑二つの倭国ですか?
 ご教授ください。

>  「邪馬臺國」=邪馬壹國=「邪靡堆」 ここは漢人記載
>  「高天原」               ここは倭人記載
> 福島説 なぜ 神話の地名を持ち出すのか 私にはわからない。
↑全面的に同意です。
 福島さん独特の・・・我田引水、支離滅裂、妄想

> 高天原  天上界に同じなのでは?
↑そう思うのが普通、論理、常識でしょうネ。
 神話なのだから。

 福島さんの“隠蔽”は典型的な陰謀説、何の根拠もないですネ。
 「ナンデンカンデン水縄連山にモッテキタカ」だけ、「根拠」である「事実」がなく、
 福島流の「根拠」は本人の言う「へその緒」、客観的事実ではないです。

  • [65]
  • 「高天原」は地上に在る!

  • 投稿者:福島 雅彦
  • 投稿日:2022年 3月 6日(日)13時21分23秒
  • p5194-ipad31fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp
  • 返信
 
(1).「高天原」
 『古事記』書き出し、神話の舞台で神々がいる天上界の事を思わせる記述。

「天地初発之時 於高天原成神 名天御中主神<訓高下天云阿麻下效此>次高御産巣日神次神産巣日神 此三柱神者  …」に、<訓高下天云阿麻下效此>と註がある。

即ち「高天原」の「高」の下の「天」は「あま」と読み以下は此れに效く(倣う)、と。

何故「天」を「あま」と読むかには触れていない。

これは、時の権力者(藤原不比等)から隠蔽を命じられた太安万侶が反骨精神から、後世の賢者が読み解ける様に仕込んだ「鍵」と観る。

私は、それを以下の通りに読み解いた。
≪ハングル=「古代倭語(方言と朝鮮語に片鱗を留める)」≫

*「高」=高低の意ではなく、寄って「集(たか)って」の当て字で 朝鮮語“??-”(taka=[傍へ寄り付く、寄り添う、近付く、詰め寄る]と同じ語幹。

*「天(あま・あめ)」とは…。

 (イ)“?-”(a-)=朝の「あ・さ」=朝の来る方向(処)=東の意と同義。

東(あづま)(あ・詰(つま))=東の端。朝(あした)、明日 (あした)、(夜が)明ける、皆「あ」が付くのでもいえる。

朝鮮語の朝=“??”(a-chim)=朝、あした<雅>(『民衆書林・韓日辞典』)。

NHKハングル講座(ラジオ) 講師イ・ユニ先生 2007年4月号。
[ハングル物語―母音字はどうつくられたか]
母音字は「陰と陽の調和」という自然の法則を基に作られています。
母音[a]=「天(太陽)が人の東」→朝の明るいイメージ。≪一部抜粋≫

 (ロ)“?-”(mæ-)の母音は現代朝鮮語では“e”となっているが、本来は「ま・め」の中間音。故に「天(あま・あめ)」の両方に読める。

“?”=「山」の古語的表現(民衆書林・韓日辞典)。
*「山」が(やま)なのは「天(あま)」の九州弁訛り。「蟻」を「やり」と訛る。

 「山」は「(国の)東の聖なる山」=「高天原」限定用語だったのが他に敷衍した。

*「原=ばル」とは、“?”(beol)=[原;野原(民衆書林・韓日辞典)]で、筆者註としては、「耕作地=邑」である。

※従って、「高天原」=「東の山(聖地)に寄って集(たか)っている原」。

水縄連山(耳納山地)の東の端のうきは市(旧・浮羽町)の狭い谷間に、百箇所近くの「○○原」の字地名が犇(ひしめ)いている。

此地に「日向」の地名が現存。朝日に向いた地の意で「筑紫の日向」(国生み神話の舞台)である。「○○日向」の地名が十二ヶ所。

「浮羽」の地名も[旭日原] =“???”(u-kil-beol)の語尾子音欠落発音である。漢字音由来なのは、「徐福」渡来後の影響か。

「高天原」=「阿斯達」とも同義。旧・浮羽町役場の地名は「朝田」=「阿斯達」と同義=「朝日に輝く」の意。

≪「水縄連山(耳納山地)」は谷沢に刻まれた東西25㎞の保水力のある水源の山である。

水耕稲作に必要な水量を必要な期間供給、棚田稲作の穀倉を潤した。

『記・紀』神話は弥生文化を背景に語られている。今の平野部は未だ低湿地の荒野である。

『記・紀』が古く見せたがっても馬脚を現している=太安万侶の仕込んだ鍵≫

*「高天原」の東西の入り口に「三春原(うらせばる)」と「牛鳴(うしなき)峠(とうげ)」がある。

・「三春原」は「うらせばる」と読む。東側にあるが普通では読めない。

“??-?”(ul-soe-beol)=「鳴く鉄・原」(直訳)=鉄が唸る原(意訳)。

・「牛鳴峠」=“??”(soe-ul)峠=「鉄鳴く峠」=鉄が唸る峠。鉄⇔牛は同音。

・“??”(ul-soe)=「五月蝿い」の語源か。製鉄の音は「ウルセェ!」。

・「高天原」には、東多々羅、南多々羅、西多々羅と製鉄地名がある。

方位から見て北風自然送風の製鉄炉か。「素盞嗚尊」追放前の製鉄集団跡か。

・「高天原」には「諏訪神社」=「“?-?”(soe-wa)鉄来る神社」がある。

古代に在っては、鉄を制する者が国を制した。

「高天原」の東西の入り口が製鉄絡みの地名である。

*韓国の首都の“??”「西泣く」はこれの訛りを疑う。

・韓国の首都の語源は諸説あって定まっていない。

・「曽尸茂梨」「徐羅伐」「徐伐」の「倭語」の“?”(soe)=「鉄」を、“?”(seo)=「西」と訛っているから、混沌に陥っているのである。

・朝鮮半島には遍く「倭人」が居たので、「古代倭語(方言と朝鮮語に片鱗を留める)」として残存している言語を正しく継承していないのが原因である。

※福島雅彦説に就き[無断転載禁]で取り扱って下さい。

*文字化けは「古代倭語(方言と朝鮮語に片鱗を留める)」のハングル表記。




  • [64]
  • Re: ヤマト朝廷は 大和朝廷に非ず 

  • 投稿者:福島 雅彦
  • 投稿日:2022年 3月 6日(日)12時55分15秒
  • p5194-ipad31fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp
  • 返信
 
>>63
> 福島さんはヤマト、オヤジッチさんが想起した大和とは違う。
> 話を混乱化の方向へ させるには 山門説の人の参加もありうる。
> というジョークで 終了してほしいのですが。
>
>  あやふやな漢字記載 混乱の原因は 大陸側の文面だから。
> 隋の 倭国が二つが 混乱原因の一つ。
>
>  「邪馬臺國」=邪馬壹國=「邪靡堆」 ここは漢人記載
>  「高天原」               ここは倭人記載
>
> 福島説 なぜ 神話の地名を持ち出すのか 私にはわからない。
>
> 高天原  天上界に同じなのでは?

※『古事記』編纂の主眼は九州皇統の隠蔽です。

*「高天原」の故地が判ると九州皇統に行き着きます。

・太安万侶は、当然、不比等や時の為政者から隠蔽をめいじられた。

・反骨精神の太安万侶は、後世の賢者が隠蔽を看破する「鍵」を仕込んだ。

※其れに応えて、福島雅彦が地上に引き戻しました。

  • [62]
  • Re: 邪靡堆=大和

  • 投稿者:福島 雅彦
  • 投稿日:2022年 3月 5日(土)18時01分25秒
  • p2134-ipad108fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp
  • 返信
 
>>61
> > *最初から「邪馬臺國」=邪馬壹國=「邪靡堆」=「高天原」と申していますが…。
> ↑ですから、
> ①天孫族(ヤマト朝廷)は「高天原」から降臨した。
> ②「邪馬壹國」=「高天原」
> ∴ヤマト朝廷は「邪馬壹國」からきたことになるでしょう。簡単な三段論法ですよ。
>
> ところで、福島さんはいつから近畿説になったんですか。
> 隋書は『都於邪靡堆則魏志所謂邪馬臺者也』
> 俀國の王、多利思北孤(聖徳太子or蘇我馬子)は都を「邪靡堆」としており、“魏志の邪馬臺”であるとしています。これは、近畿説者の根拠の一つです。

※都を「邪靡堆」と認識しているのは「裴世清」です。

・其の地勢の「東高西下」=一望できる範囲の水縄連山(耳納山地)の山容・山態と筑後川の西流。
  畿内にはこの立地は存在しない!

*「阿毎多利思比孤」≠聖徳太子& 蘇我馬子。

・私は「畿内説」論者ではありません!

  • [61]
  • 邪靡堆=大和

  • 投稿者:オヤジッチ
  • 投稿日:2022年 3月 5日(土)08時56分4秒
  • dhcp-ubr1-0908.csf.ne.jp
  • 返信
 
> *最初から「邪馬臺國」=邪馬壹國=「邪靡堆」=「高天原」と申していますが…。
↑ですから、
①天孫族(ヤマト朝廷)は「高天原」から降臨した。
②「邪馬壹國」=「高天原」
∴ヤマト朝廷は「邪馬壹國」からきたことになるでしょう。簡単な三段論法ですよ。

ところで、福島さんはいつから近畿説になったんですか。
隋書は『都於邪靡堆則魏志所謂邪馬臺者也』
俀國の王、多利思北孤(聖徳太子or蘇我馬子)は都を「邪靡堆」としており、“魏志の邪馬臺”であるとしています。これは、近畿説者の根拠の一つです。

  • [60]
  • Re: 邪靡堆

  • 投稿者:福島 雅彦
  • 投稿日:2022年 3月 3日(木)21時15分32秒
  • p3031-ipad102fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp
  • 編集済
  • 返信
 
>>59
> 福島さん、相変わらずの語呂合わせ、無理なこじつけ、支離滅裂ですね。
>
> > *「裴世清」は前史の誤謬を訂正しているのです。
> > ・古の魏志所謂「邪馬臺」(國の文字倭はずして)は、来て観たら「邪靡堆」だつた、と。
> > ・倭人が発音する山=「邪馬・邪靡」で音写しています。
> ↑隋書(漢籍)は中国人が中国人のために漢文で書いたものです。
>  「邪馬・邪靡」の音写をみて、中国人は“山”だと判断しません。
>  倭人伝に『依山島爲國邑』とある通り、“山”なら『山』と書きます。

*「裴世清」は「山=san」の事を「倭人」が「やま」と発音しているとは認識していません。
「倭人」は「天(あま)」=「高天原」を訛って「やま」と言ったのを「邪馬・邪靡」と書き取られた。


> > ・「邪馬臺」=国名ではなかった、と。
> ↑『都於邪靡堆』とある通り「邪靡堆を都とする」です。

*古の魏志に謂う処の「邪馬臺」は、断っています!
>
> > ・「邪靡堆」=堆(うずたか)い山=水縄連山(耳納山地)を表しています。
> ↑単なる“音写”じゃなかったんですか。

*「倭人」が水縄連山(耳納山地)の事を「邪馬・邪靡」と謂っている、と認識。
>
> > *前便の「邪馬壹國」東遷説の意味が分かりませんが…。
> ↑簡単なことです。
>  “高天原”は、漢籍には一切出てきません。
>  記紀神話で、ヤマト勢力(天孫族、朝廷)が「中津国を統べよ」と言う神勅を受けて筑紫に降臨した出発地、
> 記紀神話を事実に基づくものとするならば、天孫族は「高天原=邪馬壹國」から大和にきたことになります。

*最初から「邪馬臺國」=邪馬壹國=「邪靡堆」=「高天原」と申していますが…。

  • [59]
  • Re: 邪靡堆

  • 投稿者:オヤジッチ
  • 投稿日:2022年 3月 3日(木)16時32分18秒
  • dhcp-ubr1-0908.csf.ne.jp
  • 返信
 
福島さん、相変わらずの語呂合わせ、無理なこじつけ、支離滅裂ですね。

> *「裴世清」は前史の誤謬を訂正しているのです。
> ・古の魏志所謂「邪馬臺」(國の文字倭はずして)は、来て観たら「邪靡堆」だつた、と。
> ・倭人が発音する山=「邪馬・邪靡」で音写しています。
↑隋書(漢籍)は中国人が中国人のために漢文で書いたものです。
 「邪馬・邪靡」の音写をみて、中国人は“山”だと判断しません。
 倭人伝に『依山島爲國邑』とある通り、“山”なら『山』と書きます。


> ・「邪馬臺」=国名ではなかった、と。
↑『都於邪靡堆』とある通り「邪靡堆を都とする」です。

> ・「邪靡堆」=堆(うずたか)い山=水縄連山(耳納山地)を表しています。
↑単なる“音写”じゃなかったんですか。

> *前便の「邪馬壹國」東遷説の意味が分かりませんが…。
↑簡単なことです。
 “高天原”は、漢籍には一切出てきません。
 記紀神話で、ヤマト勢力(天孫族、朝廷)が「中津国を統べよ」と言う神勅を受けて筑紫に降臨した出発地、
記紀神話を事実に基づくものとするならば、天孫族は「高天原=邪馬壹國」から大和にきたことになります。


レンタル掲示板