吹矢の技術

吹矢のあてかたについて質問やの思いついたこと、吹矢の基本動作についての疑問、Q&A、その他なんでも結構です。



カテゴリ:[ スポーツ ]


新着順:1/6
記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》


[6] Re: 矢の太さを気にしましょう。

投稿者: 森川 投稿日:2020年 3月 7日(土)12時06分1秒 p1413144-ipoe.ipoe.ocn.ne.jp  通報   返信・引用 > No.4[元記事へ]

Naraさん、この「矢は回転しながら飛ぶ」という考え方は面白いですね。
弾丸の場合、丸みがあって不格好なので、あのように早く回転させなければいけないけど、矢の場合はそれほど高速回転でなくても効果がありそうに思います。

で、本当に回転しているのかどうかということで話題を変えますが、こういうのはW社とかB社が研究して答えを公表しなくてはいけないことだと思いませんか。ユーザーとしては興味津々、そして練習の仕方、道具の選び方に大きく貢献することですよね。

私が一番欲しいのは、吹矢ロボット。同じ矢で同じ狙い、同じ強さで吹ける奴。
これさえあれば、矢や筒の製造時の工程(精度)管理にも使えるし、幅広いいろんな実験をして、吹矢の基礎データをいろいろ取って公表してほしいと思うのですが。

> >森川さんの記事は私も今まで考えていた事で、とても興味があり、それに追加するような方向で独りよがりの意見を以下に述べてみます。。
>
> 矢の太さとその軌道
> インターネットのどこかにビックサクセスが実験して、筒と余裕のない矢は、筒から飛び出したときにあらぬ方向に飛ぶことがある。という記述があった事を思い出しました。森川さんもその事を指摘していたので、これが真に近いのではという事を、以下に自分なりの独断で勝手な解釈をしてみた。
>
> (1)矢が筒の中を進むとき矢は無回転で進むわけでなく、筒内で回転しているのではと考えた。勿論超高速で回っている訳ではないとは思いますが、何らかの回転が与えられていると考えます。。
> (2)インターネットの黒田さんのブログ(Kroppy)の吹矢の分析記事のうち、高速撮影で矢の進み具合を撮影している映像がいくつもあります。それを見る限り矢は回転しているようには見えませんが、それは矢の速度は100km/h-120km/hもあり、その映像をスロー再生しているので、矢は小さくその回転は見えないのは当然かもしれないという勝手な観察を前提にしています。
>
> (3)またピストルは弾丸をまっすぐに飛ばすために、弾丸は回転が必要であり、そのために砲筒内にはらせん状の溝を掘ってあるといいます。
>
> (4)野球の投手が投げる無回転に近いナックルボールや、サッカーに本田選手がゴールに蹴りこむ無回転ボールは行き先が不安定で予測が困難と聞きます。
> 以上(3)と(4)を前提にして以下にへ理屈で説明してみたい。
>
> (5)筒に入れた矢を吹く時、筒と矢がピッタリだと回転は抑えられるが、隙間があると回転はピッタリの場合より回転が加わる可能性があると考える。
>
> (6)矢が太く筒とピッタリ合っている時、矢を吹いても回転はかなり抑えられるので、筒ぴったりの太い矢は不安定に飛行、行き先が予測できない方向に飛ぶ可能性がある。
> 回転がほとんどない状態で筒を飛び出すので不安定に進むと考えられる。
> これが森川さんの言われる変な飛び方をした矢野説明になるかもしれません。
>
> (7)一方、矢と筒の間に隙間がある、即ち矢が細く切っている場合には吹いたときから矢は自由に回転が出来るので、筒内でかなり速い速度で回る力が与えられる可能性がある。従ってその回転の為、安定して狙った場所に飛ぶのではないかと考えられる。
>
> (8)弓矢の矢は後ろに羽を付けており、この羽根の役割は矢を回転させることで矢を安定して直進させることであると聞きます。またラグビーのボールも投げる時には回転を与えて投げると安定して飛ぶという事も聞きます。
> このように考えると吹矢の矢も無回転より、回転がある方が矢の直進性は良いという事になり、例えば12.85又は12.0mmなどの様に細く切って、回転を与える方が矢の直進性は良いはずと勝手に思いはじめています。
>
> ただし、吹矢の場合、どの程度の回転を与えられるかはわからず、また吹矢仲間の中でも、8mクラスでは12.95mmなどでものすごい好成績を出す人が多いので、もしかしたら10mなど距細のが長くなれば、細く切れば有利になる可能性があるかもしれないと勝手に思っています。
>
> 吹く息の量が小さい人は、必ずしも上記勝手な推定が適用されないと思いますが、ある程度息の強い人なら試してみる価値はありそうだと思っています。
> 以上のは奈良が勝手に思い込んでいる事であって、皆様のご意見を参考にもうすこし考えてみようと思っています。
>
>
>
> ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
>
>
>
>  【吹矢の道具】の方の掲示板に書いた方が良かったのかもしれません。
> > 今、新型CV君のせいで公式練習が禁じられています。今こそ、自宅で得点を気にせずにいろんなことを試してみるチャンスです。
> > と、言うわけで、暇を見ては自宅練習をやってます。今朝は、太さ12.80mmという細い矢で10mを吹いていました。(我が家は9.9mまで取れるんです。)
> > 調子はいいんですが、1本”ポーン”という感じで極端に勢いよく上に飛びました。まあ、よくあることだと矢を回収してもう一回吹いたら、やはりその矢だけ”ポーン”という感じで極端に勢いよく上に飛びました。
> > もしかしてと確かめたら、なんと太さが12.95mmありました。私としたことが。
> > 皆さん普段、矢止め付きマウスピースを何気なく使っていると思いますが、あの【矢止め】が付いているだけで意外と飛びが違うって知ってました?私は最近、矢止めのない本来のマウスピースと併用してみて、その違いを実感しています。矢止めのないマウスピースで12.95mmの矢を吹いてみてもこんな飛び方はしませんよ。
> > 皆さん、昔、豆鉄砲を作って飛ばしてみたことがあるでしょう。最初は空気が圧縮されて、しばらくするといきなり”ポーン”と飛び出します。あの感じで矢止めで止められた矢が一気に勢いよく飛び出すんです。
> > 逆に言えば、素直に飛び出さないんです。場合場合で飛び出すタイミングが微妙に違うんです。
> > 以前、BS社に矢切り道具を買いに行ったとき言われました。「上手になると、細い矢を使う傾向にある。」と。それは、矢止めの効果が少なくなるからだと、私は思っています。
> > 皆さんも、いろんなことを実験して、思いついたことを教えてください。

https://freecalend.com/open/mem79870


新着順:1/6
記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》


お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.