teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


9月の3冊

 投稿者:瀬戸英治  投稿日:2018年10月 4日(木)09時07分41秒
返信・引用
  9月に読んだ中でお薦めの3冊は、次の通りです。

①、「八丁堀春秋 日暮れひぐらし」 花家圭太郎 集英社
 江戸の夏。両国川開きのこの日、花火見物に出掛けた元北町奉行所
 定町廻り同心・小山田采女と妻のおしゅんは雑踏の中でスリに遭遇
 する。残された財布の中には、奇怪な脅し文が入っていた。シリー
 ズ二作目。村田隆一さん推薦。

②、「天狗風 霊験お初捕物控(二)」 宮部みゆき 新人物往来社
 嫁入り前の若い娘が次々と神隠しにあった。忽然と姿を消した娘た
 ちの謎を追うお初と右京之介。不思議な煙に巻かれて消えた娘たち
 に何が起こったのか? 「震える岩」に続く「霊験お初捕物控」シリ
 ーズ第2弾。樋口隆さん推薦。

③、「日本史の内幕」 磯田道史 中央公論新社
 日本史にはたくさんの謎が潜んでいる。著者は全国各地で古文書を
 発見・解読し、真相へと分け入ってゆく。歴史の「本当の姿」は、
 古文書の中からしかみえてこない。小説や教科書ではわからない、
 日本史の面白さ、魅力がここにある!樋口隆志さん推薦。
 
 

7月8月の3冊

 投稿者:瀬戸英治  投稿日:2018年10月 2日(火)08時47分19秒
返信・引用
  7月8月で読んだ中でお薦めの3冊は次のとおりです。

①、「あやかし」 宮部みゆき他 PHP研究所
 こわい、せつない、おもしろい、江戸の怪奇を描いた時代小説
 アンソロジー。女性作家6人による短編6作。後、第2弾「なぞ
 とき」、第3弾「なさけ」と続く。樋口隆志さん推薦。

②、「無用庵隠居修行」 海老沢泰久 文藝春秋
 無用庵とは、出世のことしか考えない武士どもに嫌気の差した
 日向半兵衛が「あらゆる欲を捨て去る」ために暮らし始めた隠
 居所の名前。村田隆一さん推薦。

③、「ファーストラブ」 島本理生 文芸春秋
 父親を刺殺した容疑で逮捕された女子大生・聖山環菜の挑発
 的台詞が世間をにぎわせていた。臨床心理士の真鍋由紀は、
 この事件を題材としたノンフィクションの執筆を依頼され、環菜
 やその周辺の人々と面会を重ねていくが・・・。159回直木賞
 受賞作。高野努さん推薦。

 

ビールで鋭気を

 投稿者:野見山亮一  投稿日:2018年 8月 8日(水)12時40分32秒
返信・引用
  暑いです、干からびそうです。
16期今年も集ってビールで心身潤いましょう。


日時 8月29日 PM5:45
場所 ホテルオークラ博多 ロビー集合
   博多区下川端町3-2博多リバレイン
   TEL092-262-1111
会費 3,900円

出欠は野見山亮一(090-7448-2168)までお願いします。

 

6月の3冊

 投稿者:瀬戸英治  投稿日:2018年 6月30日(土)07時07分59秒
返信・引用 編集済
  6月に読んだ本の中でお薦めの3冊は、次のとおりです。

①、「風の市兵衛」 辻堂魁 祥伝社
 筆頭目付の家に生まれながら家を出てそろばんの技を身につけた
 主人公・唐木市兵衛(向井理)は、実は剣の達人でもあります。得意
 のそろばんで武家、大店(おおだな)などに雇われて家計を預かり、
 風のようにしなやかな剣で悪を退治していく物語。
 NHK土曜時代ドラマ5月19日スタート。3話ずつ3部構成で全9回。

②、「スィート・ホーム」 原田マハ ポプラ社
 平凡だけどおだやかな日々。それでじゅうぶんだった。あの日、あの
 人と出会うまでは…。美しい高台の街にある小さな洋菓子店で繰り
 広げられる、愛に満ちた家族の物語。

③、「傍流の記者」 本城雅人 新潮社
 優秀な記者ばかりがそろった黄金世代。だがこの中で社会部長にな
 れるのはたったひとり。出世レースが佳境を迎えたそのとき、新聞社
 が倒れかねない危機が。男たちが選んだ道とは…。
 今期の直木賞候補作。


 

還暦+X

 投稿者:北原純子  投稿日:2018年 6月29日(金)10時55分46秒
返信・引用
  案内のはがき送りましたが、手違いで届かなかった場合は
北原純子(090-2081-8756)まで出欠の連絡お願いします。
 

5月の3冊

 投稿者:瀬戸英治  投稿日:2018年 6月23日(土)07時04分32秒
返信・引用 編集済
  5月に読んだ中でお薦めの3冊は次のとおりです。

①、「おまじない」 西加奈子 筑摩書房
 短編8つ。少女、モデル、キャバ嬢、レズビアン…。社会の価値観に縛られ、
 「生きづらさ」を感じている「女の子」たちが「おじさん」のなにげない一言
 で救われ…。

②、「屈折率」 佐々木譲 講談社
 兄から引き継いだ経営不振のガラス工場は、売り払って整理するつもりだった。
 だが、元エリート商社マンは、物作りの復権に再起の夢を賭けた。ガラス製品
 を通して出会った男と女の心の交流を描く。

③、「天翔ける」 葉室麟 KADOKAWA
 坂本龍馬、西郷隆盛も信頼を寄せた、幕末4賢人の一人、松平春嶽を描く歴史物。
 

同窓会

 投稿者:有田公司  投稿日:2018年 6月18日(月)19時42分50秒
返信・引用
   稲耕会総会が16日行われました。

 16期生20名以上集まり再会を喜び、親睦を深めました。
関東から竪原くん、土屋くん、野見山憲二くん 鹿児島から原田くんが駆けつけてくれました。

 総会後2次会、飲み足らない人は3次会、帰りたくない人は4次会と繰り出しました。
ますます元気な70歳、71歳でした。

 原田くん持参のカメラで撮った2次会の様子添付します。誰だかわかりますか。


 画像W クリックすると拡大表示されます。
 

2018稲耕会総会

 投稿者:有田公司  投稿日:2018年 5月18日(金)14時11分31秒
返信・引用
  会場で待ってます。  

4月の3冊

 投稿者:瀬戸英治  投稿日:2018年 5月11日(金)06時59分27秒
返信・引用 編集済
  4月に読んだ中でお薦めの3冊は次のとおりです。

①、「おもかげ」 浅田次郎 毎日新聞出版
 商社マンの竹脇は65歳、送別会の帰り道、地下鉄の車内で倒れる。病院の
集中治療室で意識を取り戻すと、傍らには見知らぬ年配の女性がひとり。彼女
に誘われ病院を抜け出しレストランで食事。次に目を覚ますと、幼馴染のトオ
ルが見舞いに・・・・。死のふちをさまよう男が、清算できていない自らの過
去と向き合う物語。『毎日新聞』連載を単行本化。

②、「口笛に上手な白雪姫」 小川洋子 幻冬舎
 公衆浴場で赤ん坊を預かるのが仕事の小母さん、死んだ息子と劇場で再会し
た母親、敬愛する作家の本を方々に置いて歩く受付嬢、ひ孫とスパイ大作戦を
立てる曾祖父――など短編8つ。

④、「日の残り」 カズオ・イスグロ 早川書房
 品格ある執事の道を追求し続けてきたスティーブンスは、短い旅に出た。美
しい田園風景の道すがら様々な思い出がよぎる。長年仕えてきたダーリントン
卿への敬慕、執事の鏡だった亡父、女中頭への淡い想い、二つの大戦の間に邸
内で催された重要な会議の数々……。 失われつつある伝統的な英国を描き、英
国最大の文学賞ブッカー賞を受賞。
ノーベル賞の受賞作家なので第1作から3作と「わたしを離さないで」の4冊
を読みましたが、好みに合いませんでした。その中一作です。

 

稲高開校記念講演

 投稿者:有田公司  投稿日:2018年 4月28日(土)07時18分40秒
返信・引用 編集済
  野見山憲治(稲高16期)さんが志耕館高校開校記念日に講演を下記とおり
おこないます。
        記
日 時・・・5月2日(水曜)
      14時40分~15時20分頃
場 所・・・稲築志耕館高校:体育館
演 目・・・建設業における手法の推移について
その他・・・14時20分から40分まで記念式典
 

レンタル掲示板
/40