teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


5月の3冊

 投稿者:瀬戸英治  投稿日:2018年 6月23日(土)07時04分32秒
返信・引用 編集済
  5月に読んだ中でお薦めの3冊は次のとおりです。

①、「おまじない」 西加奈子 筑摩書房
 短編8つ。少女、モデル、キャバ嬢、レズビアン…。社会の価値観に縛られ、
 「生きづらさ」を感じている「女の子」たちが「おじさん」のなにげない一言
 で救われ…。

②、「屈折率」 佐々木譲 講談社
 兄から引き継いだ経営不振のガラス工場は、売り払って整理するつもりだった。
 だが、元エリート商社マンは、物作りの復権に再起の夢を賭けた。ガラス製品
 を通して出会った男と女の心の交流を描く。

③、「天翔ける」 葉室麟 KADOKAWA
 坂本龍馬、西郷隆盛も信頼を寄せた、幕末4賢人の一人、松平春嶽を描く歴史物。
 
 

同窓会

 投稿者:有田公司  投稿日:2018年 6月18日(月)19時42分50秒
返信・引用
   稲耕会総会が16日行われました。

 16期生20名以上集まり再会を喜び、親睦を深めました。
関東から竪原くん、土屋くん、野見山憲二くん 鹿児島から原田くんが駆けつけてくれました。

 総会後2次会、飲み足らない人は3次会、帰りたくない人は4次会と繰り出しました。
ますます元気な70歳、71歳でした。

 原田くん持参のカメラで撮った2次会の様子添付します。誰だかわかりますか。


 画像W クリックすると拡大表示されます。
 

2018稲耕会総会

 投稿者:有田公司  投稿日:2018年 5月18日(金)14時11分31秒
返信・引用
  会場で待ってます。  

4月の3冊

 投稿者:瀬戸英治  投稿日:2018年 5月11日(金)06時59分27秒
返信・引用 編集済
  4月に読んだ中でお薦めの3冊は次のとおりです。

①、「おもかげ」 浅田次郎 毎日新聞出版
 商社マンの竹脇は65歳、送別会の帰り道、地下鉄の車内で倒れる。病院の
集中治療室で意識を取り戻すと、傍らには見知らぬ年配の女性がひとり。彼女
に誘われ病院を抜け出しレストランで食事。次に目を覚ますと、幼馴染のトオ
ルが見舞いに・・・・。死のふちをさまよう男が、清算できていない自らの過
去と向き合う物語。『毎日新聞』連載を単行本化。

②、「口笛に上手な白雪姫」 小川洋子 幻冬舎
 公衆浴場で赤ん坊を預かるのが仕事の小母さん、死んだ息子と劇場で再会し
た母親、敬愛する作家の本を方々に置いて歩く受付嬢、ひ孫とスパイ大作戦を
立てる曾祖父――など短編8つ。

④、「日の残り」 カズオ・イスグロ 早川書房
 品格ある執事の道を追求し続けてきたスティーブンスは、短い旅に出た。美
しい田園風景の道すがら様々な思い出がよぎる。長年仕えてきたダーリントン
卿への敬慕、執事の鏡だった亡父、女中頭への淡い想い、二つの大戦の間に邸
内で催された重要な会議の数々……。 失われつつある伝統的な英国を描き、英
国最大の文学賞ブッカー賞を受賞。
ノーベル賞の受賞作家なので第1作から3作と「わたしを離さないで」の4冊
を読みましたが、好みに合いませんでした。その中一作です。

 

稲高開校記念講演

 投稿者:有田公司  投稿日:2018年 4月28日(土)07時18分40秒
返信・引用 編集済
  野見山憲治(稲高16期)さんが志耕館高校開校記念日に講演を下記とおり
おこないます。
        記
日 時・・・5月2日(水曜)
      14時40分~15時20分頃
場 所・・・稲築志耕館高校:体育館
演 目・・・建設業における手法の推移について
その他・・・14時20分から40分まで記念式典
 

3月の3冊

 投稿者:瀬戸英治  投稿日:2018年 4月12日(木)06時59分26秒
返信・引用
  3月に読んだ中でお薦めの3冊は次のとおりです。

①、「むーさんの自転車」 ねじめ正一 中央公論新社
 長野と高円寺。2つの街で少年・正雄が大きく成長していく“平成版純情商店街”。
 一茶の句とともに物語が展開する。

②、「総理の夫 Firsut Gentleman」 原田マハ 実業之日本社
 20XX年、少数野党の党首だった42歳の女性衆院議員が、与党を割って出た大
 物議員と手を組み初の女性首相に。所信演説で「日本を新しく生まれ変わらせま
 しょう」と呼びかけ、さまざまな改革を断行していく。
 「総理の夫人」は、このところ毎日、新聞・テレビ・国会で見聞きしますが・・・。

③、「天才棋士加藤一二三 挑み続ける人生」 加藤一二三 日本実業出版社
 藤井聡太6段が最年少記録を更新する度に、加藤一二三9段の名前が出てきま
 す。加藤9段の生まれ育ったところは、私の家から徒歩5分くらいです。
 

櫻花

 投稿者:瀬戸英治  投稿日:2018年 4月 1日(日)08時57分58秒
返信・引用
  弥生晦日前日、舞鶴公園に花見に行ってきました。
風に舞い散るさくらに物の哀れを感じ、わが人生を思いかえしてみました。
酒とさくらでセンチメンタルなおじさんになり、晩年は大切に生きねばと
肝に銘じて杯を重ねました。
またも肝臓に負担をかける一日となりました。
 

香月靖晴先生の米寿を祝う会

 投稿者:瀬戸英治  投稿日:2018年 3月23日(金)09時38分10秒
返信・引用 編集済
  3月17日(土曜)午後6時から「パドドゥ・コトブキ(旧寿会館)」で、「香月靖晴先生
の米寿を祝う会」を開催しました。有田会長のお祝いの言葉で始まり、記念品・花束贈呈、
香月先生のお礼の言葉と進み、堤内君の乾杯で和やかな懇談となりました。最後は、「炭坑
節」を踊り「高校3年生」を歌いお開きとなりました。参加者は27名、下記のとおり。
 【1組】相緒、有田、佐々木、瀬戸、田中、野見山亮一
 【2組】永水憲一、野見山利三、
 【3組】北崎(大津)、北原(浅田)、北村、西川(山本)
 【4組】大屋(苅谷)、古賀(鬼木)、西田義弘
 【5組】岡田(原)、川野(中島)、豊原(山下)、中ノ森(松熊)、野見山(田原)澄子
 【6組】木下、田村(辻野)、堤内
 【7組】西田(山辺)文子
 

2月の3冊

 投稿者:瀬戸英治  投稿日:2018年 3月15日(木)11時25分21秒
返信・引用 編集済
  2月は「本屋大賞」にノミネートされた本を中心に読みました。「本屋大賞」とは
全国の書店員が売りたい本を投票で決めるものです。ノミネートされた10冊を、
私の好みで順番をつけてみました。発表は4月10日です。

①、「盤上の向日葵」 柚木裕子 中央公論出版
 山中で発見された白骨死体、現場に残された唯一の手がかりは伝説の名駒だった。
 4ヶ月後、二人の刑事が竜昇戦の会場である天童に降り立つ。世紀の対局の先に
 待っていた、壮絶な結末とは・・・。
 将棋ミステリー。ときどき棋譜が出てきますが、深く考えず流し読みしてくださ
 い。将棋を知らなくても楽しめます。

②、「百貨の魔法」 村山早紀 ポプラ社
 閉店の噂が飛び交う星野百貨店。だが、スタッフたちは店を守ろうと、今日も売
 り場に立ち続ける。百貨店で働く人たちと館内に住むと噂される「白い猫」が織
 りなす、魔法のような物語。昨年ノミネートされた「松風堂ものがたり」の姉妹
 編。

③、「キラキラ共和国」 小川糸 幻冬舎
 夫からの詫び状、憧れの文豪からの葉書、大切な人への最後の手紙・・・。伝え
 たい思い、聞きたかった言葉、承ります。鎌倉を舞台にした代書屋の物語。昨年
 ノミネートされた「つばき文具店」の続編。

④、「騙し絵の牙」 塩田武士 KADOKAWA
 大手出版社で雑誌編集長を務める速水は、上司から廃刊を匂わせられたことをき
 っかけに、組織に翻弄されていく・・・。俳優大泉洋を「あてがき」にした長編
 社会派小説。

⑤、「たゆまえど沈まず」 原田マハ 幻冬舎
 1886年、栄華を極めたパリの美術界に、流暢なフランス語で浮世絵を売りさ
 ばく一人の日本人がいた。彼の名は、林忠正。その頃、売れない画家のフインセ
 ント・ファン・ゴッホは、放浪の末、パリにいる画商の弟テオドルスの家に転が
 り込んでいた。兄の才能を信じ献身的に支え続けるデオ。そんな二人の前に忠正
 が現れ、大きく運命が動きだす。

⑥、「崩れる脳を抱きしめて」 知念実希人 実業の日本社
 広島から神奈川の病院に実習に来た研修医の確氷は、脳腫瘍を患う女性・ユカリ
 と出会う。外の世界に怯えるユカリと、過去に苛まれる確氷。心に傷をもつふた
 りは次第に心を通わせていく。実習を終え広島に帰った確氷に、ユカリの死の知
 らせが届く。

⑦、「AX アックス」 伊坂幸太郎 KADOKAWA
 「兜」は超一流の殺し屋だが、家では妻に頭が上がらない恐妻家。引退を考えな
 がらも爆弾職人をかるがると始末した兜は、意外な人物から襲撃を受け・・・。
 全5編を収めた連作集。

⑧、「星の子」 今村夏子 朝日新聞出版
 林ちひろは中学3年生。出生直後から病弱だった娘を救いたい一心で、両親は「
 あやしい宗教」にのめり込んでいき、その信仰は少しずつ家族のかたちを歪めて
 いく・・・。

⑨、「かがみの孤城」 辻村深月 ポプラ社
 どこにも行けず部屋に閉じこもっていたこころの目の前で、ある日突然、鏡が光
 り始めた。輝く鏡をくぐり抜けた先の世界には、似た境遇のの7人が集められて
 いた。9時から17時まで、時間厳守のその城で、胸に踏めていた願いを叶える
 ために、7人は隠された鍵を探す・・・。

⑩、「屍人荘の殺人」 今村昌弘 東京創元社
 神紅大学ミステリー愛好会の葉村譲と明智恭介は、曰くつきの映画研究部の夏合
 宿に加わるため、紫湛荘を訪ねた。その夜、想像しえない事態に遭遇し紫湛荘に
 立て籠もった彼らだが、翌日部員の一人が密室で死体となって発見され・・・。
 ソンビ出てきて気持ち良くないので最下位としました。
 

訃報

 投稿者:有田公司  投稿日:2018年 3月 5日(月)09時56分41秒
返信・引用
  渡邊俊憲君(3組)がお亡くなりになりました。

 通夜 5日午後6時
 葬儀 6日午前11時
 会場 善光会館稲築会場
    嘉麻市鴨生277-17℡0948-83-5000

                    合掌
 

レンタル掲示板
/39