官能テキスト掲示板


人気ブログランキング
当掲示板は人気ブログランキング(官能小説)に参加しています
よろしければクリックしてくださいね!
(画像モデルは奈々子さんです)


★当掲示板は、官能小説、恋愛小説、体験談、エッセイ、オリジナル画像等コンテンツの更新時のお知らせ、広報活動等にご利用ください。
★メル友募集・SNS勧誘・営利目的の書込みは禁止です。また、無修正画像及び児童ポルノ画像の投稿は一切禁止とします。違反された場合は連絡することなく削除させていただきます。
★当掲示板では管理人からのレスは付きません。
★当掲示板のご利用にあたって相互リンクの有無は問いません。

当掲示板常連サイト様
官能文書わーるど羞恥の風
未知の星新・SM小説書庫2
未知の星 別館赤星直也のエロ小説
金沢の一夜妻 Mikiko's Room
ふたなりレズビアンナイト日々の妄想を形にして(SM小説)
愛と官能の美学

掲示板管理者・Shyrock



カテゴリ:[ 告白・裏話・体験談 ]


新着順:209/346


[140] 官能小説『陵辱メモリアル』

投稿者: 愛と官能の美学 投稿日:2020年 2月17日(月)17時42分29秒   通報   返信・引用   編集済

いつもお世話になっております。
「愛と官能の美学」管理人Shyです。

官能小説『陵辱メモリアル』
(ジャンル:凌辱)
第3話 青の555号 作

ベッドの上に無防備な肢体を投げ出される藤崎詩織。
「・・・・・ふう、結構重かったわね?」
二人がかりで下の居間から二階の夕子の部屋まで詩織を運んだ。
「・・・・さて、さっさと準備を始めないと詩織が起きちまうぞ」
「オッケー。で、最初は?」
「まずは制服を脱がせろ」
大きな黄色い胸元のリボンをほどき、セーラー服を脱がせる斗也。スカートの方は
夕子が脱がしている。
「意識のないヒトの服を脱がせるのってケッコー大変だね?」
「・・・・・まあな」
答えながらも斗也は慣れた手つきで衣服を剥ぎ取る。いままでにも何度かこうした
経験が有るのだろう。
夕子がパンティに手を掛けようとした時に斗也がやめさせる。
「なんで?」

を更新しました。
お手隙の時にお立ち寄りください。

http://shy8.x.fc2.com/


新着順:209/346


お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.